上田秀人さんの「流動の渦 お髷番承り候(七)」



『報復、そして報復
 天下がゆらぐ』

『将軍家綱、唯一無二の寵臣・賢治郎
 その真価が問われし正念場来たり』
            ーWOWOWー


※以下、多少ネタバレ有です。
 未読の方で、これから読む方はスルーして下さいね(^_-)-☆
  


流動の渦

内容(「BOOK」データベースより)

甲府藩主綱重の生母順性院に黒鍬衆が牙を剥いた。

九死に一生を得たものの、
用人山本兵庫は怒り心頭に発し、
黒鍬衆を次々に暗殺。

なぜ順性院は狙われたのか。

事件を知った将軍家綱は
お髷番深室賢治郎に全容解明を命じる。

やがて将軍後継争いのあらたな火種を探知した賢治郎だが、
覚えず巧妙な悪略に足をとられる。

家綱に誓った絶対的忠義。

身命を賭して二重三重に張り巡らされた罠に挑む!





順性院が襲われたことで
怒り心頭した山本兵庫が黒鍬者を襲う
しかし目付が出てきたことで
黒鍬者と明屋敷伊賀の代理争いに?

賢治郎の出世を妬む兄・主馬が暗躍
その主馬を踊らせる堀田備中守
将軍後継争いの泥沼の中
それぞれの思惑に振り回される賢治郎は
婚姻どころではない?
深室家当主・作右衛門が
堀田備中守に仲人をお願いしたものの
本書でも三弥との婚姻は行われず…
どうなる賢治郎?

賢治郎を支えるのは三弥と豊後守のみ
阿部豊後守のような人物がもっといればね…。


第八巻『騒擾の発』、タイトルからして物騒です
次巻も面白そうですが…賢治郎心配ですね…^_^;








テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_30




「恋愛の温度」


交際3年で破局したカップルを主人公に、
リアルな男女の恋愛模様を
ドキュメンタリータッチで綴るラブストーリー。
イ・ミンギとキム・ミニが等身大のカップルを好演した。
                   ーWOWOWよりー



恋愛の温度

解説(「WOWOWより」)

おとぎ話のようなロマンスではなく、“別れ”を発端にして、
破局の後に訪れる復縁話のごたごたや相手の新たな恋への嫉妬など
恋愛のいい面も悪い面も赤裸々に描いた異色のラブストーリー。

主人公カップルや同僚たちへのインタビューが
随所に挿入されるドキュメンタリー調の演出で、
本国韓国では「最も共感できるラブストーリー」と話題を呼んだ。

主人公カップルには「恋は命がけ」の人気男優イ・ミンギと
「泣く男」のキム・ミニが扮し、
同僚たちの前でつかみ合いの大げんかなどの修羅場を大熱演する。





内容(「WOWOW」より)

秘密の社内恋愛で愛を育んできた銀行員のドンヒとヨンは、
交際3年にして破局を迎えることになった。

翌日からはただの同僚として顔を合わせることになった2人だが、
なぜか愛し合っていたころより相手への執着心が燃え上がる。

互いのものを壊して着払いで送りつけたり、
相手に新しい恋人ができたと噂を聞けば、SNSを調べたり、
ついには尾行するなどストーカーまがいの行動まで。

別れたことで再び始まる2人の関係の行方は……。




ストーリーの進行中にインタヴューを挿入した
ドキュメンタリータッチの構成は面白かったのですが
内容的には、いまいちでした…。

ドンヒとヨンの別れた後の報復合戦や
よりを戻してしまうきっかけ等々
ラブストーリーを期待して観るならハズレの映画

でも、そこは異色のラブストーリ―とあるので
異色という視点のみで観ると面白いのかな!?
あとは好みの問題ですね…^_^;




テーマ : 韓国映画    ジャンル : 映画
 2015_04_29




上田秀人さんの「鳴動の徴 お髷番承り候(六)」


『躬は真の将軍になる
 頼むぞ、賢次郎』

『若き将軍家綱を襲う罠
 幕府が傾く』
       -帯紙よりー



※今更ですが「お髷番承り候」シリーズの紹介記事は、多少ネタバレあり!
  なので、未読で今から読む予定の方はスルーして下さい^_^;



鳴動の徴

内容(「BOOK」データベースより)

次期将軍の座をめぐり火花を散らす、
紀州徳川、甲府徳川、館林徳川の三家。

紀州藩主徳川頼宣は将軍家綱の大奥に刺客を忍ばせ、
虎視眈々と頃合いを窮う。

一方、館林家は黒鍬者を差し向け、頼宣排除に乗り出した。

さらに甲府家は事態の混沌に乗じ、
館林の黒鍬者の引き抜きを企てる。

風雲急を告げる三つ巴の争い。

かつてない危機に瀕した家綱を守れるか。

お髷番深室賢治郎の小太刀が奔る。



阿部豊後守の教えもあり
少しずつではあるが成長していく賢次郎。

本書では、後半に紀州家の頼宣と光貞の
お家騒動を描いているので
頼宣との絡みが多くて…
全体の内容は、あまり家綱・賢次郎中心ではなかった!?

とはいえ、賢次郎の機転で、
頼宣の命を救うという大活躍をしたことで
賢次郎と三弥の婚姻のための条件も整い
前のブログでも書きましたが…
今度こそ次号に期待大です(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_27




堀北真希さん主演の「麦子さんと」



幼い頃出ていった母親が突然舞い戻ってきたと思った矢先に他界。

残された娘は遺骨を納めに母の故郷を訪れるのだが……。

堀北真希主演のハートウォーミングドラマ。
               ~WOWOW~




麦子さんと MOVIE

解説(「WOWOW」より)

「純喫茶磯辺」などで独自の世界を築く吉田恵輔監督が、
「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや連続テレビ小説「梅ちゃん先生」で
国民的女優となった堀北真希を主演に迎えて描くヒューマンドラマ。

生前わだかまりしか持てなかった亡母の故郷を訪れた娘が、
知らなかった母の人生に触れることで心の空白に気付いていく。

若き日の母と現在の娘を堀北が一人二役で好演するほか、
無責任な兄役を松田龍平、他界間際の母役を余貴美子、
かつて母に憧れていた幼なじみ役を温水洋一と、
演技派たちのアンサンブルも見もの。




内容(「WOWOW」より)

父の死後、頼りない兄の憲男と2人暮らしの麦子。

そんなある日、幼い頃出ていった母・彩子が突然舞い戻ってくる。

兄は無責任にも恋人の家に逃げ込み、
麦子は顔も覚えていない母と2人で暮らすはめになった。

自分たち兄妹を捨てた彩子を親と思えず困惑する麦子だが、
同居早々に彩子は末期がんで他界し、
麦子は納骨のため彩子の故郷を訪れる。

そこで麦子は、町のアイドルだった彩子の再来として
異様な歓迎を受けるのだが……。


(CAST)
小岩麦子/若き日の彩子⇒堀北真希さん

小岩憲男⇒松田龍平さん

古里ミチル⇒麻生祐未さん

麻生春男⇒ガダルカナル・タカさん

麻生夏枝⇒ふせえりさん

麻生千蔵⇒岡山天音さん

井本まなぶ⇒温水洋一さん

赤池彩子⇒余貴美子さん、他

監督・脚本⇒吉田恵輔さん
脚本⇒仁志原了さん
撮影⇒志田貴之さん
音楽⇒遠藤浩二さん
プロデューサー⇒木村俊樹さん



何の前情報もなく「麦子さんと」を観たのですが、思いのほか面白くて
観終えた後、ホンワカと優しい気持ちになれました。

堀北真希さんのナチュラルな演技
松田龍平さんのグダグダ感?…そこがいいのよね(^_-)-☆
余貴美子さんや麻生祐未さんの、
さりげない優しさを感じさせる大人の演技
温水洋一さん、役柄に嵌っていました、等々…挙げれば切りがないくらい
CASTが良かったです♡

吉田恵輔監督作品『ばしゃ馬さんとビッグマウス』も録画したので
そちらも観るのが楽しみです(^^)





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_04_26




岡田将生さん主演の「オー!ファーザー」


人気作家・伊坂幸太郎のベストセラーを
岡田将生主演で映画化したサスペンスコメディ。

個性的な4人の父親と暮らす高校生が、
周囲で起きる不可解な事件に巻き込まれていく。
             ~WOWOWより~




オー!ファーザー

解説(「WOWOW」より)

母が妊娠時に4人と同時交際していたため、
我こそが父親と譲らない彼ら全員に育てられることになった
高校生の主人公。
そんな彼ら奇妙な家族の絆と、
やがて主人公が巻き込まれていく怪事件の顛末を綴る。

50万部を超える伊坂幸太郎のベストセラーを
同じく伊坂原作の「重力ピエロ」でも主人公のひとりを演じた
岡田将生の主演で映画化。

4人の父親役には佐野史郎、河原雅彦、宮川大輔、村上淳と
アクの強い個性派をキャスティング、時に主張し合い、
時に意外なアンサンブルを見せる彼らの共演ぶりも見どころだ。




内容/物語(「WOWOW」より)

知事選が過熱する地方都市。
ここに暮らす由紀夫はごく普通の高校生だったが、
父親が4人いるという家庭の事情を抱えていた。

かつて4人と同時交際していた母が彼を妊娠、
自分が父親になると全員が名乗りを上げ、
母と子と父4人の家族ができあがったのだ。

そんなある日、彼は裏カジノという噂のあるゲームセンターで、
ある男がカバンをすり替えられる現場を目撃する。

それをきっかけに、彼は思わぬ事件へと巻き込まれることに…。





伊坂幸太郎さんの原作を先に読んで凄く面白かったので
映画も期待大!で観させてもらいました。

CASTが良かったです!
原作のイメージにほぼ合っていました。

CAST
由紀夫(4人の父を持つ高校生)⇒岡田将生さん

悟(父・大学教授)⇒佐野史郎さん

鷹(父・ギャンブラー)⇒河原雅彦さん

勲(父・体育教師)⇒宮川大輔さん

葵(父・元ホスト)⇒村上淳さん

多恵子(由紀夫の友達)⇒忽那汐里さん

富田林(闇社会のボス)⇒柄本明さん、他

監督 ・脚本⇒藤井道人さん
音楽⇒森野宣彦さん
製作総指揮⇒奥山和由さん
撮影⇒福本淳さん


原作ではイメージしづらいシーンが
(手旗信号やハンガーでの脱出、等々)
映画になったことで視覚的に観ることができ良かったです。
4人の父親たちのシンクロも面白かった(^^)


伊坂さんの小説『ガソリン生活』にも
由紀夫ファミリーがチョイ役で?登場していますよ!
原作・映画「オー!ファーザー」、『ガソリン生活』共にお薦めです(^_^)v





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_04_25




有川浩さんの「ヒア・カムズ・ザ・サン」



『大切な記憶を辿って、
 いま、物語の奥へ。』

有川浩 meets 演劇集団キャラメルボックス
小説 ✕ 演劇の全く新しいクロスオーバーから生まれた物語の光!


 “真也は30歳、出版社で編集の仕事をしている。
 彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。
 強い記憶は鮮やかに、何年経っても、鮮やかに、
 ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
 カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
 父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。
 しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。”


わずか7行のあらすじから誕生した二つの小説
大切な人への想いが、時間と距離を超え、人と人とを繋げていく
有川浩が贈る、物語という希望。
              ~帯紙より~



ヒア・カムズ・ザ・サン BOOK

内容(「新潮社」より)

編集者の古川真也は、特殊な能力を持っていた。

手に触れた物に残る記憶が見えてしまうのだ。

ある日、同僚のカオルが20年ぶりに父親と再会することに。

彼は米国で脚本家として名声を得ているはずだったが、
真也が見た真実は──。

確かな愛情を描く表題作と
演劇集団キャラメルボックスで上演された舞台に着想を得た
「ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel」を収録。

有川浩が贈る物語新境地。






演劇集団キャラメルボックス「ヒア・カムズ・ザ・サン」
 

ヒア・カムズ・ザ・サン 演劇

内容(Yahoo!より)

物に染み付いた記憶を読み取ることができる青年の目を通して語られる、
不器用な父親と娘の交流を描いた『ヒア・カムズ・ザ・サン』。

思い出と記憶にまつわる優しい物語。


※演劇集団キャラメルボックスのハーフタイムシアターで
  成井豊氏による同名の新作舞台
  「水平線の歩き方/ヒア・カムズ・ザ・サン」として上演された。



本書は、『ヒア・カムズ・ザ・サン』と
『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』2つの物語からなる。

『ヒア・カムズ・ザ・サン』は有川浩さんの完全オリジナル。
一方『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』は
舞台ヒア・カムズ・ザ・サンに着想をうけて執筆されたが
『舞台のノベライズ』とは異なり、人名や物語の大枠は共有しているが
話そのものは別物となっている。



2作品とも面白かったのですが、どちらかというと
『ヒア・カムズ・ザ・サン』の方がホロリとくる物語で
『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』では、ホロリとはしませんが
エンディングにホットしたかな!?

演劇版を観ていないので、3つ目の物語が
どういった内容なのか気になります。






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_24




上田秀人さんの「寵臣の真 お髷番承り候(五)」


将軍との断絶。 
賢次郎の命運は?

骨肉の将軍後継争い…
お髷番よ、目障りぞ!
     ~帯紙より~




寵臣の真

内容紹介(背表紙より)

お髷番深室賢治郎は
絶対的な忠義を誓う四代将軍家綱から
目通りを禁じられてしまう。

麹町で起きた浪人衆斬殺事件を報せず、
逆鱗に触れたのだ。

だがそこには紀州藩主徳川頼宣の関与があった。

将軍であろうと迂闊に手出しできぬ難事。

賢治郎は事の真相を探る。

待ち受けるは次期将軍を巡る陰謀。

次々に襲いかかる黒鍬者、根来者を討ち破り、
家綱の信頼を取り戻せるか。

孤独な闘いが始まる!




窮地に追いやられた賢治郎
その賢治郎を、叱咤激励して?支える三弥
孤独な戦いを強いられる賢治郎にとって
無くてはならない大切な女性に!
次巻での二人の進展が楽しみです。


本書「寵臣の真」では
4巻までのストレスが、少しは発散できました(^_-)-☆

(賢治郎に肩入れして読んでいると、どうしてもストレスがたまってしまい…^_^;)



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_22




有川浩さんの「レインツリーの国」


きっかけは「忘れられない本」
そこから始まったメールの交換。

あなたを想う。
心が揺れる。
でも、会うことはできません。
ごめんなさい。

青春恋愛小説に、新スタンダード!
        ~帯紙より~




レインツリーの国 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

きっかけは「忘れられない本」。
そこから始まったメールの交換。

共通の趣味を持つ二人が接近するのに、
それほど時間はかからなかった。

まして、ネット内時間は流れが速い。

僕は、あっという間に、
どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。

だが、彼女はどうしても会えないと言う。

かたくなに会うのを拒む彼女には、
そう主張せざるを得ない、ある理由があった―。





「レインツリーの国」、とてもステキな物語でした。

『痛みにも悩みにも貴賤はない。
 周りにどれだけ陳腐に見えようと、
 それに苦しむ本人にはそれが世界で一番重大な悩みだ。
 救急車で病院に担ぎ込まれるような病人が近くにいても、
 自分が指を切ったことが一番痛くて辛い、それが人間だ。』
 ~本文より~


とても深い内容に思わず涙が…(T_T)
仕事の合間に読んでいたので
凄く慌ててしまい…^_^;

2章まで読んでいたのですが
『今読むのは無理だぁー!』と
3章から家に帰って読むことに…

続きを家で読んだのは正解でした!


ー目次ー
1.直接会うのが駄目やったら、
  せめて電話だけでもどうかな。

2.「……重量オーバーだったんですね」

3.傷つけた埋め合わせに
  自信持たせてやろうなんて
  本当に親切で優しくてありがとう。

4.「ごめんな、君が泣いてくれて気持ちええわ」

5.歓喜の国




映画「レインツリーの国」、11月21日公開決定!

映画初主演のKis-My-Ft2の玉森裕太さんと
映画初出演となる西内まりやさんが共演。
片岡愛之助さんが医師役として特別出演する。
~「ねとらぼ」より~


本書「レインツリーの国」は
『図書館戦争』シリーズ第二弾
『図書館内乱』中に出てきた架空の小説。
もともとは劇中劇だったものを著者が作品化。

以前紹介した『図書館内乱』は、メディアワークス
「レインツリーの国」は、新潮社
出版社の垣根を越えたコラボ実現!とのことなので
『図書館内乱』⇒「レインツリーの国」の順に読むと
さらに面白く感じるのでは?




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_21




上田秀人さんの「傾国の策 お髷番承り候(四)」


『女が動くとき、天下が動く』

『大奥に刺客うごめく 幕府最大の危機!』
                ~帯紙より~



傾国の策

内容(「BOOK」データベースより)

紀州藩主徳川頼宣が出府を願い出た。

幕府に恨みを持つかつての大立者が沈黙を破ったのだ。

老中らに緊張が走る。

四代将軍家綱に危害が及ばぬよう目を光らせるのは、
お髷番にして風心流小太刀の使い手、深室賢治郎。

頼宣の想像を絶する企みとは―。

骨肉相食む、甲府と館林両家の将軍後継争いも
収束の気配を見せず、さらに大奥では刺客が蠢く。

相次ぐ天下の大事。

賢治郎は打破できるか。




賢治郎…腕は立つけど
若さゆえ洞察力に欠ける面が…
頼りの松平伊豆守を失い
これから大丈夫?

紀州藩主頼宣には、到底太刀打ちできないよね…
賢治郎贔屓で読んでいるとホント心配です^_^;

でも頼宣公の言っていることにも一理ある

将軍家綱の気持ちも分かるし…。

どちらの立ち位置で読むかで
ストレスの度合いが変わってくる
賢治郎よりだとストレス溜まりっぱなしに!?


とはいえ、賢治郎にも悪いことばかりではないです
賢次郎にとって、三弥は相変わらずしっかり者の許嫁で
なくてはならない存在になりそうだし
そして師匠である上野善養寺の巌路和尚が帰ってきたことで
松平伊豆守の代わりに賢次郎を助けてくれそうな予感が。

次巻に期待できそうです(^^)





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_18




海堂尊さんの「医学のたまご」


『中学生のボクが医学部で研究をすることになっちゃった!?』

『分厚い医学書が10冊宿題!?ご冗談を。』

『英語の論文なんて、ムリムリムリ!読めないって。』
                   ~帯紙より~



医学のたまご

内容(「BOOK」データベースより)

僕は曾根崎薫、14歳。
歴史はオタクの域に達してるけど、英語は苦手。
愛読書はコミック『ドンドコ』。
ちょっと要領のいい、ごくフツーの中学生だ。

そんな僕が、
ひょんなことから「日本一の天才少年」となり、
東城大学の医学部で医学の研究をすることに。
でも、中学校にも通わなくっちゃいけないなんて、
そりゃないよ…。

医学生としての生活は、冷や汗と緊張の連続だ。
なのに、しょっぱなから
なにやらすごい発見をしてしまった(らしい)。
教授は大興奮。研究室は大騒ぎ。

しかし、それがすべての始まりだった…。

ひょうひょうとした中学生医学生の奮闘ぶりを描く、
コミカルで爽やかな医学ミステリー。




本書「医学のたまご」は、YA向けの本ですが
大人が読んでも充分に楽しめると思います。

特に私が気に入ったのは、各章のタイトル

第1章「世界は呪文と魔方陣からできている」と
    パパは言った。

第2章「扉を開けたときには、勝負がついている」と
    パパは言った。

第3章「初めての場所でまず捜すべきは、身を隠す場所だ」と
    パパは言った。

第4章「エラーは気づいた瞬間に直すのが、最速で最良だ」と
    パパは言った。

第5章「ムダにはムダの意味がある」と
    パパは言った。

第6章「閉じた世界は必ず腐っていく」と
    パパは言った。

第7章「名前が立派なものほど、中身は空っぽ」と
    藤田教授は言った。

第8章「悪意と無能は区別がつかないし、つける必要もない」と
    パパは言った。

第9章「一度できた流れは、簡単には変わらない」と
    パパは言った。

第10章「世の中で一番大変なのは、ゴールの見えない我慢だ」と
     パパは言った。

第11章「心に飼っているサソリを解き放て」と
     パパは言った。

第12章「道は自分の目の前に広がっている」と
     僕は言った。



あちらこちらに海堂作品の欠片が散りばめられているので
それを探してピースを当て嵌めていくのも面白い!

主人公の曾根崎薫は、『ジーン・ワルツ』で生まれた双子のひとりで
ゲーム理論学者、曾根崎伸一郎・父親に引き取られたらしい。

曾根崎家に住み込みで働く家政婦の山咲さんは
『ジーン・ワルツ』『マドンナ・ヴェルデ』で
双子を代理出産したみどりさん?

スーパー高校生・佐々木アツシ君は、『ナイチンゲールの沈黙』
『モルフェウスの領域』『アクアマリンの神殿』に登場した
あのアツシ君。
こちらでは、カッコイイ頼りになるお兄さんとして登場しています。

教授になった田口先生や、高階学長、他も
チョイ役?で登場していますよ。




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_17




上田秀人さんの「血族の澱 お髷番承り候(三)」



『重ねた日々こそ絆也 賢次郎ここにあり』
                上田秀人

帯紙に記されたコメントは、上田氏の直筆?&サイン入りでした!




血族の澱

内容(「BOOK」データベースより)

徳川綱吉の行列が襲われた。
甲府徳川家の家臣の仕業だ。

綱吉に被害は及ばなかったものの、
館林徳川家は報復として桜田館を襲う。

将軍継承をめぐる弟たちの争いを憂慮した四代家綱は、
誰よりも信を置くお髷番深室賢治郎を密使として両家に差し向け、
事態の収束を図る。

しかし継承問題は血で血を洗う惨劇に発展。

家綱を、江戸幕府の泰平を賢治郎は守れるのか。

すべてはその小太刀にかかる。




歴史上には浮かび上がってこない
将軍家の裏側を覗き見る?

後継者争いを、将軍存命中にもかかわらず
懲りもせずに行ってしまう弟たち
歴史(結果)を知っているだけに
その辺をどう纏めて行くのか
とても興味深い。

緻密な時代考証と上田氏の筆力で
まるで大河ドラマを観ているよう。
毎回、次の巻を読むのが楽しみです。





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_15




ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」


「アルジャーノンに花束を」、だいぶ前に読んだ本ですが
今でも、初めてアルジャーノンを読んだ時の衝撃を忘れません
そして読みながら涙が溢れ出て止まらなかったことも…

その「アルジャーノンに花束を」が
野島伸司さん脚本監修、山下智久さん主演で
連続ドラマ化がされました。
※2015年4月10日(金)22:00~ TBS系の「金曜ドラマ」



アルジャーノンに花束を BOO

内容(「BOOK」データベースより)

32歳になっても幼児の知能しかない
パン屋の店員チャーリイ・ゴードン。

そんな彼に、夢のような話が舞いこんだ。

大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。

この申し出にとびついた彼は、
白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、
連日検査を受けることに。

やがて手術により、チャーリイは天才に変貌したが…

超知能を手に入れた青年の愛と憎しみ、
喜びと孤独を通して人間の心の真実に迫り、
全世界が涙した現代の聖書(バイブル)。






山P主演・ドラマ「アルジャーノンに花束を」


アルジャーノンに花束を 山P版ドラマ

TBS系の「金曜ドラマ」
野島伸司さん脚本監修ということなので、
すごーく期待して第1話観ました!

1話を観ての感想は、まずキャストが凄い!

野島作品に、いしだ壱成さんは外せませんよね!
ベテランどころで、河相我聞さん、萩原聖人さん
若手では、窪田正孝さん、工藤阿須加さん
女優陣も、栗山千明さんを筆頭に
谷村美月さん、草刈民代さん、大政絢さんと
私好みの役者陣だらけで(*^_^*)

その上、音楽まで私好みなので嬉かった♡
『ゴールドベルグ変奏曲』『ローズ』

2話からどう山下さんが変貌していくのか
今から楽しみです(^_-)-☆

(CAST)
白鳥 咲人⇒山下智久さん

望月遥香⇒栗山千明さん

柳川隆一⇒窪田正孝さん

檜山康介⇒工藤阿須加さん

小久保一茂⇒菊池風磨さん

河口梨央⇒谷村美月さん

小出舞⇒大政絢さん

杉野史郎⇒河相我聞さん

白鳥久人⇒いしだ壱成さん

白鳥窓花⇒草刈民代さん

河口玲二⇒中原丈雄さん

竹部順一郎⇒萩原聖人さん

蜂須賀大吾⇒石丸幹二さん





ユースケさん主演ドラマ「アルジャーノンに花束を」


アルジャーノンに花束を ユースケ版ドラマ

ユースケ・サンタマリアさん、菅野美穂さん主演で
2002年にフジテレビ系にて放送されました。

こちらのドラマも当時欠かさす観ました。
ユースケさん嵌り役で、とても面白かったです。


「アルジャーノンに花束を」は、ドラマ意外にも
映画・演劇・ミュージカルと、数多く実写化されていますが
あまりにも多くて…今回は紹介を省きますね^_^;


「アルジャーノンに花束を」
ダニエル・キイスさんの、不朽の名作!
未読の方に、是非お薦めしたい傑作です。
詳細を知らずに読んだ方が断然面白いと思うので
本書に興味を持たれた方には
できればドラマを観る前に読んでほしいですね…^_^;





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_14




「四十九日のレシピ」


あまりにも突然逝った育ての母。

人生に迷うヒロインが、
その母の遺した“暮らしのレシピ”に導かれるようにたどる
49日間の心の旅を描く。

永作博美主演の心温まるドラマ。
             ~WOWOW~



四十九日のレシピ MOVIE

解説(「WOWOW」より)

TVドラマ化もされた伊吹有喜の小説を
「ふがいない僕は空を見た」のタナダユキ監督が映画化。

自らの人生につまずいて実家に戻り、
亡き育ての母の想いを受け止める
主人公を演じた永作の感情豊かな表情と、
狂言回し的な役回りを担う
二階堂ふみと岡田将生という若手の明るさ、
そしてベテラン・石橋蓮司の味のある演技が化学反応を起こし、
じわじわと心にしみるような感動を呼び起こす。

クライマックスとなる“四十九日の大宴会”シーンが見どころで、
その明るさが母の人柄を浮かび上がらせるあたりも心憎い。




内容(「WOWOW」より)

再婚後三十数年連れ添った妻・乙美を突然亡くした良平は、
これからのことが見当もつかずにぼうぜんとしていた。

そこに、夫の浮気を知り、離婚届と結婚指輪を置いて
家を出てきた娘の百合子が帰ってくる。

家には乙美に世話になったというイモがいた。

イモは乙美が生前作っていた
“暮らしのレシピカード”を良平に手渡す。

カードを見た良平と百合子は、
カードの中に書かれた“四十九日の大宴会”という
彼女の希望を叶えようとする。



(CAST)
高岩百合子⇒永作博美さん

熱田良平⇒石橋蓮司さん

ハル⇒岡田将生さん

イモ⇒二階堂ふみさん

高岩浩之⇒原田泰造さん

珠子⇒淡路恵子さん、他




伊吹有喜さん原作「四十九日のレシピ」


四十九日のレシピ BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

妻の乙美を亡くし気力を失ってしまった良平のもとへ、
娘の百合子もまた傷心を抱え出戻ってきた。

そこにやってきたのは、真っ黒に日焼けした金髪の女の子・井本。

乙美の教え子だったという彼女は、乙美が作っていた、
ある「レシピ」の存在を伝えにきたのだった。





NHKドラマ版「四十九日のレシピ」


四十九日のレシピ ドラマ

内容(「NHK ON LINE」より)

私がいなくなっても、あなたが明日を生きていけるように…。

母の乙美が亡くなって2週間後、百合子は実家に戻ってきた。

父・良平を気づかっての里帰り・・・ではなく、
夫との離婚を決意しての帰郷だった。

ところがそこに、井本と名乗る二十歳の女の子と
日系ブラジル人の青年ハルミが加わって、
乙美の四十九日の法要までの期限付きで、
ちょっと変わった四人の生活が始まる。

大切な人を亡くした家族が、生きることのつらさを乗り越えて
再生に向かうまでの日々を描く、あたたかな奇跡の物語。




(CAST)
遠藤百合子⇒和久井映見さん

熱田良平⇒伊東四朗さん

熱田乙美⇒風吹ジュンさん

井本幸恵⇒徳永えりさん

ハルミ⇒渡部豪太さん

遠藤浩之⇒宅間孝行さん

笹原亜由美⇒野波麻帆さん

熱田万里子⇒笛木優子さん

桐野聡美⇒吉行和子さん

奥津珠子⇒水谷八重子さん、他



NHKのドラマ版と映画、両作品共観ました。
映画も面白く良かったのですが
NHKドラマ版の方が時間が長い分丁寧で
百合子や良平の心象風景が、
より伝わってきたように思います。

両作品とも、乙美の書き遺したレシピに感動!
思わず涙がホロリ(T_T)
見終えた後、寂しいけれどホンワカとさせてくれる
心温まる映画(ドラマ)でした。






テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_04_13




お髷番承り候シリーズ(二)「奸闘の緒」


将軍位を巡る戦慄の謀り…
大奥の闇が幕府を呑みこむ

神速の小太刀、悪漢を撫で斬る!
           -帯紙よりー



奸闘の緒

内容(「BOOK」データベースより)

「このままでは躬は大奥に殺されかねぬ」

将軍継嗣をめぐる大奥の不穏な動きを察した四代将軍家綱は、
お髷番深室賢治郎に動向を探るよう直命を下す。

そこで蠢いていたのは、順性院と桂昌院の思惑。

それぞれ実子を五代将軍につかせんと権謀術数を競っていた。

家綱放逐を企む者にとって、腹心のお髷番は目下の敵。

襲い来る刺客と死闘を繰り広げる賢治郎。

風心流小太刀が電光石火で悪を断つ。





お髷番深室賢治郎は、相変わらず刺客に狙われるが
そんな賢治郎を案じる三弥へ、次第に心を開いていく。
殺伐とした賢治郎の日常の中で、唯一和やかにさせられるシーン。


本書「奸闘の緒」
時代小説ですが、文体が読み易いこともあり
頁を捲る手を止められない!

いつもなら文庫本は、電車の移動中のみ読むのですが
ついつい家に帰ってからも読んでしまい
結局“あっという間に”1冊読み終えてしまった^_^;








テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_12




New Album「_genic」発売決定および全国アリーナツアー開催決定!


安室ちゃん


※以下の記事は、Namie Amuro Officialより抜粋してお借りしました。


全曲未発表の新曲を収録した約2年ぶりのNew Album「_genic」が6月10日に発売決定!
本日予約開始!

クラシカルなダンスビートやR&Bグルーヴなど80’s−90’sリバイバルを、
国内外の気鋭クリエイターと共にカラフルなダンスポップにまとめ上げた全13曲の最新作。

DVD・Blu-rayには、新曲で撮り下ろした全5曲のミュージックビデオを収録。



さらに、全国アリーナツアー「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」のスケジュールも決定!

9月5日のさいたまスーパーアリーナを皮切りに、全国15ヵ所44公演が決定しております。

公演の詳細はコチラからご確認ください。
http://namieamuro.jp/live/

また、4月11日12:00より安室奈美恵オフィシャルファンクラブ fan spaceでの
チケット先行受付がスタートいたします(5月11日(月)まで)。

この機会に是非ファンクラブへ入会して、お申込みください。

ご入会はコチラ
http://fanspace.jp/



【New Album「_genic」商品概要】

Namie Amuro
New Album「_genic」 (※読み:ジェニック)
2015.6.10 On Sale

初回限定:型抜きデジパック仕様

安室奈美恵CD+DVD
「_genic」CD+DVD
CD+DVD
AVCN-99024/B 3,800円+tax



安室奈美恵 CD+BL
CD+Blu-ray
AVCN-99025/B 4,200円+tax



安室奈美恵 CD
CD
AVCN-99026 3,000円+tax


先着予約特典:非売品B2ポスター
amuro

※一部取扱いの無い店舗(ECサイト)もございますので、ご注意ください。
※特典には数に限りがございます。先着となりますのでご予約はお早めに!



<収録内容>
CD ※順不同

Anything
Birthday
Every Woman
Fashionista
Fly
Golden Touch
It
Photogenic
Scream
Space Invader
Stranger
Time Has Come

他全13曲



DVD・Blu-ray ※順不同

Anything
Birthday
Fashionista
Golden Touch
Stranger



やっと出ます!
New Album「_genic」ホント楽しみです(*^_^*)

TOURも今年こそは参戦したいので、 fan space早速申し込みしました(^_^)v
※fan spaceの更新手続きを忘れてしまい、昨年退会になってしまった…
 


テーマ : 女性アーティスト    ジャンル : 音楽
 2015_04_11




染谷将太さん主演「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」


“少年よ、大木を抱け。”

ひょんなことから林業の世界に飛び込んだ少年の悪戦苦闘を、
染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明ら豪華共演で描いた、
2014年の大ヒットコメディ。
                   ~WOWOW~



WOOD JOB MOVIE

解説(「WOWOW」より)

三浦しをんによる原作小説「神去なあなあ日常」を、
「裸足のピクニック」「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の
ヒットメーカー矢口史靖監督が映画化。

林業という、表面的にはマイナーなイメージがつきまとう世界が、
実は長い時間を必要とする極めて日本的で力強い産業だと捉え直して、
そこからまたひとひねりして爆笑コメディを展開させたのが味わい深い、
2014年の日本映画を代表する逸品。

主要キャスト3人を囲んだ、優香、西田尚美、マキタスポーツ、
光石研、柄本明ら実力派の好演も大きな見どころだ。




内容(「WOWOW」より)

大学受験に失敗した勇気は、
たまたま目にしたパンフレットに写っていた美女・直紀に憧れ、
三重の山奥で営まれていて直紀もいるという
林業に従事すべく現地の村に引っ越す。

そこで飯田家の世話になるが、
東京で暮らしてきた勇気にとっては
すべてがカルチャーショックだった。

それでも勇気は直紀の気を引こうと
一人前の林業マンになろうと目指す。

しかしそんな村には大人になるための
“通過儀礼”というべき、ある儀式があって……。


(CAST)
平野勇気⇒染谷将太さん

石井直紀⇒長澤まさみさん

飯田ヨキ⇒伊藤英明さん

飯田みき⇒優香さん

中村祐子⇒西田尚美さん

田辺巌⇒マキタスポーツさん

中村清一⇒光石研さん

山根利郎⇒柄本明さん、他


監督・脚本 ⇒矢口史靖さん

撮影⇒芦澤明子さん

音楽⇒野村卓史さん





三浦しをんさんの原作「神去りなあなあ日常」


神去りなあなあ日常 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。

先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。

しかも村には秘密があって…!?

林業っておもしれ~!

高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは
三重県の山奥にある神去村。

林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。





三浦しをんさんの原作を先に読んでいたので
映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」
とても楽しみにしていました。

ヨキ役の伊藤英明さん、嵌り役でカッコよかった~♡

勇気役の染谷将太さん
始めはおどおどした今時の若者で、
次第に林業青年に目覚めていく
その勇気になりきった姿がとても良かったです!

笑いあり、涙ありの
(迷子のシーンで、思わず涙がホロリ、
 山から見下ろした景色の美しさにジーンときました(T_T))
とてもステキな映画だったので、
劇場で観るべき映画でしたね(>_<)


原作と映画では違う部分が多小あり
原作をもう一度読んでみたくなりました(^_-)-☆








テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_04_10




「 テルマエ・ロマエII」


ローマ時代の浴場設計技師ルシウスは
再び“平たい顔族”の世界(現代)にタイムスリップ。
戦争勃発の危機を救えるのか。
阿部寛と上戸彩が共演したヒットコメディの続編。
                  ~WOWOW~



テルマエ・ロマエⅡ

解説(「WOWOW」より)

ヤマザキマリの大ヒットコミックを、
武内英樹監督ら前作のスタッフとキャストが集結して映画化。

阿部演じるルシウスが
何度も“平たい顔族”の国にタイムスリップする前半と
上戸演じる真実がローマに行ってからのシリアスな後半に分かれ、
前作同様にクラシック音楽が流れる中、
ルシウスが風呂や最先端のトイレを見て驚くリアクションや
ナレーションなど大げさな演出が笑いを誘う。

そのほか、風呂に入ったときに思わず出てしまう歌が
北島三郎の「与作」(エンドロールにも見ものが)だったりと
肩の力を抜いて楽しめる。




内容(「WOWOW」より)

斬新なテルマエ(風呂)を作ったことで一躍人気者になった、
古代ローマの浴場設計技師であるルシウス。

コロッセオにグラディエーターを癒やすテルマエの建設を命じられ、
またもアイデアに困ってしまったルシウスだが、
再び現代の日本にタイムスリップしてしまう。

ルシウスはそこで
風呂専門雑誌のライターに転向した真実と再会するが、
直後、ルシウスは平和推進派のハドリアヌス帝と
武力行使派の元老院の対立に巻き込まれていく。



(CAST)
ルシウス⇒阿部寛さん

山越真実⇒上戸彩さん

ケイオニウス⇒北村一輝さん

館野⇒竹内力さん

アントニヌス⇒宍戸開さん

山越修造⇒笹野高史さん

ハドリアヌス⇒市村正親さん、他




アニメ化もされました


テルマエ・ロマエ アニメ

2012年1月12日~1月26日、
フジテレビ系「ノイタミナ」枠にて放送されました。




ヤマザキマリさんの「テルマエ・ロマエ I 」


テルマエ・ロマエ マンガ

内容紹介(「エンターブレイン」より)

マンガ大賞2010 大賞受賞!
世界で最も風呂を愛しているのは、日本人とローマ人だ!!
風呂を媒介にして日本と古代ローマを行き来する男・ルシウス!!
彼の活躍が熱い!!
……風呂だけに。






前作、映画「テルマエ・ロマエ」に嵌まり
アニメ版も観てしまった^_^;

映画「テルマエ・ロマエⅡ」
またまた楽しませてもらいましたよ(^^)

顔の濃い俳優陣、登場するだけで笑えます!






テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_04_09




【2015年本屋大賞】上橋菜穂子さんの『鹿の王』に決定!


全国の書店員が“今いちばん売りたい本”を決める
「2015年本屋大賞」
上橋菜穂子さんの『鹿の王』が、大賞に選ばれました!


大賞:『鹿の王』上橋菜穂子(KADOKAWA 角川書店)
鹿の王


2位:『サラバ!』西加奈子(小学館)
サラバ!


3位:『ハケンアニメ!』辻村深月(マガジンハウス)
ハケンアニメ


4位:『本屋さんのダイアナ』柚木麻子(新潮社)
本屋さんのダイアナ


5位:『土漠の花』月村了衛(幻冬舎)
土漠の花


6位:『怒り』吉田修一(中央公論新社)
怒り


7位:『満願』米澤穂信(新潮社)
満願


8位:『キャプテンサンダーボルト』阿部和重・伊坂幸太郎(文藝春秋)
キャプテンサンダーボルト


9位:『アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎(幻冬舎)
アイネクライネナハトムジーク


10位:『億男』川村元気(マガジンハウス)
優男


毎年楽しみにしている「本屋大賞」ついに決まりましたね!


ちなみに
■歴代大賞作品
第1回:『博士の愛した数式』小川洋子(新潮社)
第2回:『夜のピクニック』恩田陸(新潮社)
第3回:『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
    リリー・フランキー(扶桑社)
第4回:『一瞬の風になれ』佐藤多佳子(講談社)
第5回:『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎(新潮社)
第6回:『告白』湊かなえ(双葉社)
第7回:『天地明察』冲方丁(角川書店)
第8回:『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉(小学館)
第9回:『舟を編む』三浦しをん(光文社)
第10回:『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)
第11回:『村上海賊の娘』和田竜(新潮社)

『海賊とよばれた男』以外は、全て読みましたよ。

『海賊とよばれた男』は、購入したまま本棚の積み本に^_^;
 そろそろ読まなくては!

毎年「本屋大賞」でノミネートされた本は
1位~10位までの作品、できるだけ読むようにしています。

今年の10作品未読なので、今から読むのが楽しみです(^^)




テーマ : 紹介したい本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_08




中島健人主演映画「銀の匙 Silver Spoon」


昨年wowowにて放送された
“完全解剖!映画『銀の匙 Silver Spoon』”
2014年3月7日公開の映画『銀の匙 Silver Spoon』。
主演の中島健人ほか、キャストのコメントや
メイキング映像を織り交ぜながら
作品の見どころを紹介するナビ番組。

メイキング・ドキュメントを先に観て面白そうだなと思い
WOWOWでの放送を待っていました。
(最近なかなか劇場に行けなくて…^_^;)

原作漫画もアニメも観ていない私
映画版「銀の匙 Silver Spoon」
何の先入観も持たずに観たことが良かったのか?
とても楽しめました(^_-)-☆




銀の匙 MOVIE

解説(「WOWOW」より)

荒川弘の大ヒットコミックを
「ばしゃ馬さんとビッグマウス」「麦子さんと」の
吉田恵輔監督が実写映画化。

農業に関してはまったく素人という、
中島演じる主人公・勇吾の目を通して描かれる物語は、
現在の日本の農業(特に酪農)の厳しい現実を描きつつ、
それをユーモアのオブラートで包みながら描き、
思わずくすくすと笑いが出てしまうほど楽しくスケッチ。

中島、ヒロイン役の広瀬を囲む脇役陣が
適材適所で実にいい仕事ぶりを見せる。

特に、哀川翔と竹内力という
“Vシネマの帝王”たちのツーショットはまさに圧巻。




内容(「WOWOW」より)

進学校に通ったが受験に失敗してしまい、
寮があるからという理由だけで
逃げるように大蝦夷農業高校(通称・エゾノー)に入学した勇吾。

将来の目標や夢を抱く同級生のアキや駒場に劣等感を感じながら、
酪農科学科の数々の実習、体育の授業での20キロマラソン、
アキに誘われて入部した馬術部での朝4時起きなど
悪戦苦闘の日々を送る。

彼は実習で出会った子豚に“豚丼”と名付けかわいがるが、
“豚丼”が出荷される日がやって来る。





原作漫画「銀の匙」


銀の匙 マンガ 1巻

内容(「小学館」より)

寮があるという理由で
大蝦夷農業高校(エゾノー)に入学した八軒勇吾は、
悪戦苦闘の日々をおくりながら賢明に悩んで考える。

八軒にとっては何もかもが初体験だけど、
仲間も楽しみも増えた高校生活。

しかし時折、農業の厳しい現実にもぶつかる…
進路を考える時期になり、
八軒は思い切って起業することを決意。

「人の夢を否定しない人になりたい。」

そんな思いから「絆の農業ビジネスプロジェクト」を立ち上げ、
手探りでひとつひとつ実行してみる… 
そんな農業高校生・八軒と仲間たちの、
汗と涙と泥まみれの酪農青春グラフィティ!!

荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」(小学館「週刊少年サンデー」連載)




アニメ化もされています!


銀の匙1期アニメ


2013年7月11日~9月19日、毎週木曜日
フジテレビ『ノイタミナ』で第1期が放送された。

オープニングテーマ「kiss you」miwa
エンディングテーマ「Hello Especially」スキマスイッチ





銀の匙 アニメ

2014年1月9日 - 3月27日 毎週木曜曜日
フジテレビ『ノイタミナ』で第Ⅱ期が放送された。

オープニングテーマ「LIFE」
作詞・作曲 - 山内総一郎 / 編曲・歌 - フジファブリック
エンディングテーマ「オトノナルホウヘ→」
作詞・作曲・編曲・歌 - Goose house






映画「銀の匙 Silver Spoon」

豚の屠畜シーンもしっかりと描かれ
青春群像劇のみでは終わらない
骨太の作品になっていたと思います。

色々なことを考えさせられる映画でした。





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_04_07




湊かなえさんの「境遇」


デビュー作の絵本
「あおぞらリボン」がベストセラーとなった陽子と、
新聞記者の晴美は親友同士。
共に幼いころ親に捨てられた過去を持つ。

ある日、
「真実を公表しなければ、息子の命はない」という
脅迫状とともに、陽子の息子が誘拐された。
ふたりが辿り着いた「真実」とは…。

人と人との“絆”を描くヒューマンミステリー
             ~帯紙より~



境遇

内容(「楽天ブックス」より)

主人公は36歳のふたりの女性。

政治家の夫と幸せな家庭を築き、
さらに絵本作家としても注目を浴びる主婦の陽子。

家族のいない天涯孤独な新聞記者の晴美。

ふたりは親友同士であるが、
共に生まれてすぐ親に捨てられた過去を持つ。

ある日、「世間に真実を公表しなければ、息子の命はない」という
脅迫状と共に、陽子の5歳になる息子が誘拐された。

真実とは一体何なのか ……。

晴美と共に「真実」を求め奔走する陽子。

すると、陽子の絵本のファンだという一人の女性の存在が浮上する。

犯人はその女性なのか、それとも……。

人 は生まれる環境を選べない。

しかし、その後の人生は自分の意思で選び、
自分の手で築いていくことができる。

犯人の示す「真実」が明らかになるとき、
ふたりの歩んできた境遇 =人生の意味が改めて浮き彫りになっていく。





テレ朝でドラマ化されました



境遇 ドラマ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気ミステリー作家・湊かなえの書き下ろし小説を
松雪泰子とりょうのW主演でTVドラマ化。

子供のために描いた絵本が新人賞を受賞した陽子。

周囲の人間が彼女を売り出そうと躍起になり始めたある日、
5歳の息子が誘拐され、脅迫状が送り付けられる。




2011年12月3日、テレビ朝日系列にて放映。
「朝日放送創立60周年記念作品」として、
テレビドラマ化を前提に書き下ろされた作品。

(CAST)
高倉陽子:松雪泰子さん
      (17年前:谷村美月さん)

相田晴美:りょうさん
      (17年前:市川由衣さん)

高倉正紀:沢村一樹さん

岩崎健介:東幹久さん

後藤亜紀:田畑智子さん

下田俊幸:名倉潤さん

後藤良隆:岸部一徳さん

高倉裕太:西本晴紀さん

宮下浩平:西村雅彦さん

本屋主人:加藤茶さん

高松ひとみ:木内晶子さん

高松秀夫:嶋尾康史さん

ミツコ:野際陽子さん

高倉弘子:白川由美さん

橋本弥生:いしだあゆみさん
     (35年前:芦名星さん)他





ドラマを観ていなかったので
原作本「境遇」、最後まで楽しく読めました。
(私としては珍しく!?犯人が誰なのか分かってしまった!)

ドラマ化を前提に書き下ろされたようなので
衝撃的な内容をあえて避けた?

今まで読んだ湊作品と趣が違い
読後の後味の悪さは、あまり無かったです(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_06




映画「おしん」


世代を超え、国境を超えて愛された不朽の名作TVドラマ「おしん」が、
新たなキャストを得て映画で復活。
幼い少女おしんは奉公先で、苦労を重ねながらも一生懸命に生きる。
                        ~WOWOW~



おしん MOVIE

解説(「WOWOW」より)

橋田壽賀子の脚本で1983年に放送されたNHK連続テレビ小説を、
主人公・おしんの少女時代に焦点を絞って映画化。

TV版で小林綾子が演じたおしん役には、約2500名の中から選ばれた
宮崎県出身の新星・濱田ここねがキャスティングされた。

同じく泉ピン子が扮した母親役には上戸彩があたり、
有名な川の入水シーンも再現されている。

小林、泉の両オリジナルキャストも別の役で出演を果たし、
オープニングには坂田晃一作曲の「おしんメインテーマ」も流れるなど、
原作へのリスペクトを感じさせるあたりも心憎い。




内容(「WOWOW」より)

明治40年早春。
山形県最上川上流の寒村に生まれたおしんは、
すきま風が吹きすさぶわらぶきのみすぼらしい
家で家族とともに暮らしていた。

ある日、父・作造の一存で、おしんは“口べらし”のために
川下にある材木店へ1年間の年季奉公に出されることが決められる。

泣いて嫌がるおしんを手元に残すため、母のふじは冷たい川につかり、
おなかの子どもを堕ろそうとした。
そんな母の姿を見たおしんは奉公に出る覚悟をする。





1983年から1984年まで、NHK連続テレビ小説として放送され
平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%という絶大な人気を得た
ホントにホントに凄いドラマ「おしん」
その「おしん」が映画化されると聞いた時に
私が最初に発した言葉
『なんと無謀な!』
誰もがそう思ったのでは?

映画という短い時間枠で、
あの「おしん」の世界観を伝えるのは無理じゃない?


今回映画化された少女時代のみを再現した「おしん」
主役の“おしん”を演じた濱田ここねちゃんの演技に拍手です!

小林さんが演じた“おしん”の模倣ではなく
ここねちゃんの“おしん”がちゃんと存在していました。

おしんの母ふじを演じた上戸彩さん
父作造を演じた稲垣吾郎さんは、
極貧の中生きているはずなのに綺麗すぎたかな?

只、作造を演じたのが稲垣吾郎さんだと知らなくて
エンディングロールを見てビックリ!
もう一度最初から確認のため作蔵のシーンをリピート
確かに吾郎さんでした^_^;



(CAST)
谷村しん⇒濱田ここねさん

谷村ふじ⇒上戸彩さん

谷村作造⇒稲垣吾郎さん

つね⇒岸本加世子さん

八代みの⇒小林綾子さん

八代清太郎⇒乃木涼介さん

八代加代⇒井頭愛海さん

谷村なか⇒吉村実子さん

俊作⇒満島真之介さん

松造⇒ガッツ石松さん

八代くに⇒泉ピン子さん




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_04_05




海堂尊さんの「アクアマリンの神殿」


“ ぼくの願いは、
 彼女が無事に目覚めること。
 それだけだ。”

人口凍眠から目覚めた少年は、
最新の医療が生み出した過酷な現実を
乗り越えられるのか。
          ~帯紙より~



アクアマリンの神殿

内容(「BOOK」データベースより)

桜宮市にある未来医学探究センター。

そこでたったひとりで暮らしている佐々木アツシは、
ある深刻な理由のため世界初の「コールドスリープ」技術により
人工的な眠りにつき、五年の時を超えて目覚めた少年だ。

“凍眠”中の睡眠学習により高度な学力を身につけていたが、
中途編入した桜宮学園中等部では平凡な少年に見えるよう
“擬態”する日々を送っていた。

彼には、深夜に行う大切な業務がある。

それは、センターで眠る美しい女性を見守ること。

学園生活に馴染んでゆく一方で、
少年は、ある重大な決断を迫られ苦悩することとなる。

アツシが彼女のためにした「選択」とは?

先端医療の歪みに挑む少年の成長を瑞々しく描いた、
海堂尊の新境地長編!




『モルフェウスの領域』の、その後を描いている本書では
『モルフェウス』でアツシを見守り続けていた涼子が
今度はアツシに見守られている。

『モルフェウス』では、
涼子のアツシへの想いが優しく、そして切なかったけど
「アクアマリン」では、アツシの成長していく姿が眩しい。

ただ私としては『モルフェウス』の方が好みでしたね。

「アクアマリン」でも、その空気感を引き続き感じられるかなと
楽しみにしていたので、少し残念…。

「アクアマリン」は、学園青春もの感が強くて…
特に、アツシと友人たちの絡みには、
いまいち付いていけなかった…^_^;


涼子が目覚めた後の物語を、是非読んでみたいです!
「アクアマリン」の続編?にあたる「医学のたまご」
まだ未読なので、こちらを先に読まなくては!
「医学のたまご」YA向けですが、
今から読むのが楽しみです(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_04




映画「RENT/レント」


1996年の初演以来、
トニー賞ほか数々の賞に輝いたブロードウェイの傑作ミュージカルを映画化。

さまざまな問題に直面しながら、なお夢を追う若き芸術家たちの姿を描く。
(WOWOW)


「RENT」を観た最初の印象はというと
ミュージカルは、やはり舞台が一番かな?

そう言ったら身も蓋もないけど…^_^;


でも映画「RENT」も、抜群の歌唱力で魅せてくれて
充分面白かったですよ。
只、生には敵わないと・・・(しつこい)



RENT

解説(「WOWOW」より)

社会問題に切り込んだリアルなテーマと、
ダイナミックな歌と踊りを織りまぜた内容が高く評価され、
トニー賞やピュリッツァー賞など数々の賞に輝いた
ブロードウェイのロングランミュージカルを完全映画化。

家賃の支払いにも困るような貧しい芸術家の卵たちが、
貧困やエイズ、ドラッグ等、さまざまな問題に直面しながら
懸命に日々を生きようとする姿を綴る。

初演時のオリジナル・メンバーを中心にした演技陣の
見事な熱演も見もの。




内容(「WOWOW」より)

ニューヨーク、イーストビレッジ。
ロフトの一室に共同で暮らすロジャーとマークは、
クリスマス・イヴというのに家賃滞納で電気も暖房も止められていた。

かつて人気ロックバンドの一員だったロジャーは、
恋人がエイズを苦に自殺して以来ふさぎ込み、
映像作家志望のマークは、バイセクシャルの恋人が
女性の新しい恋人のもとへ去ったことに傷ついていた。

そんなある日、ロジャーは階下の部屋に住むダンサー、ミミに心惹かれ……。



「RENT」は、プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』の世界を
現代に置き換えたミュージカル
ヒロインの名前ミミは同じですね。

オペラ『ラ・ボエーム』は舞台で観たことがありますが
残念ながら「RENT」を観たことがなく…

日本版「RENT」も何度も再演されているので
機会があれば観てみたいです。

…でも、地方に住んでいるので、なかなかその機会が無いのよね^_^;





テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2015_04_03





劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」 [前編] 始まりの物語
劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」 [後編] 永遠の物語
劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」 [新編] 叛逆の物語


「魔法少女まどか☆マギカ」
TV版がWOWOWにて放送された際、
12話を連続で観てしまうほど嵌ってしまった私

劇場版3本も続けて観てしまった…^_^;


『セーラームーン』をイメージした?コスチュームや
5人の少女達…でも内容があまりにもダークすぎて

想像を絶する世界観を見事に描き切っている「まどか☆マギカ」
アニメだからと言って侮ってはいけません

子ども向けのアニメではないですよ!



劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語
まどかマギカ 始まりの物語 前編

解説(「WOWOW」より)

かわいらしい美少女たちに宝石のような変身アイテム、
サポート妖精といった《魔法少女アニメ》の
フォーマットを用いながら、
次第にダークな世界観が明らかになっていく
予測不能の展開で衝撃を与えた
傑作TVアニメを前後編の劇場版に再編集。

後に続く完全新作を加えた劇場版3部作の第1部となる本作は、
全12話のTV版のうち第8話までを再構成した。

作画修正やディテールの追加など、
ほぼ全編にわたって手が加えられている。




内容(「WOWOW」より)

平凡な女子中学生まどかは、ある日の放課後、
親友のさやかと奇怪な異空間にとらわれてしまう。

異様な怪物に襲われた2人を救ったのは、
同じ学校の先輩で、戦う魔法少女に変身したマミだった。

言葉をしゃべる不思議な生き物・キュゥべえから、
どんな願いも叶えることを条件に、
マミのような魔法少女にならないかと誘われる2人。

だが、まどかのクラスの転校生で
同じく魔法少女だったほむらが、
なぜかまどかの契約を激しく妨害する。





劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語

まどかマギカ 永遠の物語 後編

解説(「WOWOW」より)

ファンシーな魔法少女アニメの典型をなぞるようで、
一転したダークな世界観と衝撃の展開が
センセーションを巻き起こしたTVアニメ全12話を、
前後編に再編集した劇場版・後編。

その後を描く完全新作「~[新編]叛逆の物語」へと続く
3部作の第2部となる。

本作では、まどかたちと行動を異にしていた
魔法少女・ほむらがもうひとりの主人公となり、
彼女の謎が明かされるとともに、
物語は予測不能のクライマックスへと突き進む。




内容(「WOWOW」より)

魔女との戦いで傷ついていく仲間たちの姿に心を痛めるまどか。

キュゥべえは、途方もないポテンシャルを秘めたまどかなら
並外れた魔法少女になれると契約をうながすが、
まどかはまだ心を決められずにいた。

一方、同じ魔法少女ながら、ある理由でキュゥべえを敵視し、
まどかの契約を妨げるほむらは、
自身が契約とひきかえに望んだ心からの願いに想いをはせる。

そんな中、最強の魔女《ワルプルギスの夜》が
姿を現わそうとしていた。





劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語
まどかマギカ新編 反逆の物語

解説(「WOWOW」より)

わずか1クールの深夜アニメながら、密度の濃い物語と
予測不能の展開でアニメ界を超える衝撃を与えた
「魔法少女まどか☆マギカ」。

TVシリーズを再編集した前後編に続き、
完全新作で贈る劇場版第3弾。

総監督の新房昭之、脚本の虚淵玄、
異空間設計の劇団イヌカレーら主要スタッフが再結集した。

まどかの決意により
魔法少女の運命の連鎖が断ち切られた世界で、
ただひとり彼女を救いたいと願い続ける
ほむらの孤独な戦いが描かれる。




内容(「WOWOW」より)

見滝原町に暮らす中学生のまどかは魔法少女。

親友のさやか、先輩のマミ、
隣町から転校してきた杏子とともに、
人の悪夢が具現化した怪物・ナイトメアと戦い続けていた。

そんなある日、
まどかのクラスにほむらという転校生がやって来る。

彼女もまた新たな魔法少女だった。

5人となった魔法少女たちは、
激しい戦いの一方で仲間との絆に充実した日々を送る。

だがやがて、ほむらはあまりに理想的なこの世界に
強い違和感を覚え始める。





実は、Kalafinaが主題歌を歌っているので
「魔法少女まどか☆マギカ」を観た次第で…

思いのほか夢中になって観てしまった自分自身に
かなり驚いています^_^;

放送当時、センセーションを巻き起こしたのも
この内容なら頷けますね。



[前編]
エンディングテーマ「Magia [quattro]」
挿入歌「未来」
作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - Kalafina

[後編]
主題歌/エンディングテーマ「ひかりふる」
挿入歌 「Magia [quattro]」
作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - Kalafina

[新編]
エンディングテーマ「君の銀の庭」
挿入歌「misterioso」
作詞・作曲・編曲 - 梶浦由記 / 歌 - Kalafina






テーマ : アニメ    ジャンル : 映画
 2015_04_02




「武士の献立」


上戸彩と高良健吾共演のユーモア満載のヒューマン時代劇。

料理上手な女性が嫁いだのは藩に仕える由緒ある包丁侍の家。

料理が苦手な年下の夫への料理指南が始まる。 -WOWOW-



『武士の家計簿』のような映画?と思って観ましたが

「武士の献立」では、妻が凛々しくて、夫が少し頼りない…

そんな駄目夫に
『つまらないお役目だと思うから、
 つまらない料理しかできないのではないですか』
そう言って料理の腕前勝負を挑む妻
カッコイイ~♡

何事も心を伴わないと成し遂げることはできない
現代にも通じるいい言葉ですね。


武士の献立

解説(「WOWOW」より

江戸時代の加賀藩を舞台にした
「武士の家計簿」に続く時代劇シリーズ。

今回は主君とその家族の食事をまかなう
武士の料理人が主役となり、
実在した“包丁侍”の舟木安信と
父の伝内が残した献立書をもとに、
武家や庶民たちが実際に食べていた料理が再現される。

おいしそうな料理を見るだけでも一見の価値ありだ。

年下の夫を心の底から支える女房を演じた上戸彩の健気な姿と、
彼女に支えられて一人前に成長していく夫を演じた高良健吾の
実直さがストレートに胸を打ち、
西田敏行をはじめベテランたちの名演も味わい深い。




内容(「WOWOW」より)

優れた味覚と料理の腕を持つが
気の強さがあだとなって嫁ぎ先から1年で離縁された春。

ある日、彼女はその料理の才能を買われ、
加賀藩の料理方である舟木に息子の嫁にと懇願される。

一度は断わるものの、
お貞の方の勧めもあって春は2度目の結婚を決意する。

春が嫁いだ加賀の舟木家は
代々藩に仕える由緒ある包丁侍の家で、
夫となる跡取りの安信は料理が大の苦手で4歳も年下。

春は姑の満の手を借りながら、安信に料理を教える。



(CAST)
舟木春⇒上戸彩さん

舟木安信⇒高良健吾さん

舟木満⇒余貴美子さん

舟木伝内⇒西田敏行さん

お貞の方~真如院⇒夏川結衣さん

今井佐代⇒成海璃子さん

今井定之進⇒柄本佑さん

大槻伝蔵⇒緒形直人さん、他



主演の春を演じた上戸彩さん
凛とした姿がとてもステキで
お役目に不満を持つ安信を叱りつけるなど
気の強い嫁さん“古狸”、嵌り役でした。


他の役者陣もとても良かったです。
もう一人の主役、安信を演じた高良健吾さん
安信の母を演じた余貴美子さん
父役の西田敏行さん
舟木ファミリーの空気感が温かくて


加賀藩のお家騒動や親しき者の死
悲しみや苦しみも描かれていたけれど
見終えた後は幸せな気持ちになりました。





テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2015_04_01




03  « 2015_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.