上田秀人さんの「潜謀の影」



本書は、「お髷番承り候」シリーズの第1巻で
只今、第9巻まで出版されています。

『御広敷用人 大奥記録』シリーズも面白かったので
本シリーズも期待して読み始めましたが
期待にたがわずかなり面白い!!


※上田さんの本は全て義兄に送って頂いたもの
  心より感謝ですm(__)m
  他の作家さんの時代小説も送っていただいたので
  (全部で50冊!!凄い!!)
  今から読むのがとても楽しみです(^^)



潜謀の影

内容(背表紙より)

将軍の身体に刃物を当てることが唯一許されるだけに、
かえって絆が深くなるお髷番。

四代家綱は、秘命を託すのに最適なこの役に、
かつてお花畑番として寵愛した深室賢治郎を抜擢した。

謹慎が解け、帰藩する紀州大納言徳川頼宣の
「我らも源氏でございます」という言葉の真意を
探らんがためだった。

務めを遂げんとする賢治郎の前に、
将軍位奪略を巡る徳川家重鎮らの姦計が立ちはだかる。





今までに江戸時代を描いた小説を
何冊も読んできましたが
司馬遼太郎さん、山岡荘八さん等々

でも将軍の身の回りの世話を担う人物を
主人公にした物語を読むのは初めてで
とても新鮮で興味深く読めました。

上田さんの本は、
余分な心情表現描写があまりなく
あっさりとしているので読み進めやすい。
その分登場人物への感情移入はあまりできませんが…^_^;


時代劇+サスペンス仕立の内容に
どんどん惹き込まれていったので
第2巻『奸闘の緒』、続きを読むのが今から楽しみです。






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_03_29




02  « 2015_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.