ソン・ジュンギ主演の「私のオオカミ少年」



不思議な野生児“オオカミ少年”と、
病のため心を閉ざした少女との淡い恋を綴った
ファンタジーラブロマンス。

人気俳優ソン・ジュンギが
純粋な心を持った少年役を好演する。



私のオオカミ少年

解説(「WOWOW」より)

TVドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」でブレイクした
ソン・ジュンギが、人間社会から隔絶されて育った
“オオカミ少年”役を演じたファンタジーラブロマンス。

言葉もしゃべれない野生児という設定で
セリフもごくわずかしかない役ながら、
全身で感情を込めた熱演を見せるジュンギの姿に注目したい。

ヒロイン役は、「過速スキャンダル」のパク・ボヨン。

少年と少女が心を通わせていく姿が感涙を誘う
ハートウォーミング作だ。




内容(「WOWOW」より)

持病のため心を閉ざしていた少女スニは、
家族とともに静かな村へと引っ越してきた。

そんな矢先、彼女は闇に身を潜める不思議な少年を発見する。

彼は言葉もしゃべれず、人間を極度に警戒する、
まるで“オオカミ少年”だった。

成り行きから彼を保護することになったスニの一家は、
少年をチョルスと名付けて迎え入れる。

スニはチョルスに辛抱強く人間らしい振る舞いを教え、
その献身に応えるようにチョルスも心を開いていくが…。





本作「私のオオカミ少年」は
ティム・バートン監督の『シザーハンズ』を彷彿とさせる
ファンタジーラブロマンス

オオカミ少年・チョルスを演じたソン・ジュンギの演技が
とてもピユアで素晴らしく
オオカミ少年という役柄上、ほとんど台詞が無いのですが、
表情や仕草のみの演技だけで
チョルスの思いがちゃんと伝わってきました。

物語はおきまりのパターン!?でしたが
ソン・ジュンギとパク・ボヨンの演技が
レトロなラブストーリであっても
新鮮に感じさせてくれて面白かったです。

特に二人の目の演技がよかったですね。





テーマ : 韓国映画    ジャンル : 映画
 2015_02_16




01  « 2015_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.