恩田陸さんの「黄昏の百合の骨」



「黄昏の百合の骨」装丁&挿絵がとても素敵で
その上、目次も詩的でお洒落ですよ。


ー目次ー
   ある独白
Ⅰ章 蕾と雨
Ⅱ章 花と風
Ⅲ章 棘と蛇
Ⅳ章 種と鳥
Ⅴ章 灰と海


本書「黄昏の百合の骨」は
『麦の海に沈む果実』の主人公・水野理瀬のその後の物語




黄昏の百合の骨

内容(「BOOK」データベースより)

「自分が死んでも、水野理瀬が半年以上ここに住まない限り
 家は処分してはならない」

亡き祖母の奇妙な遺言に従い、
「魔女の館」と噂される洋館に、理瀬は、やってきた…。

華麗なる恩田ミステリー。




ミステリアスな水野理瀬シリーズ
どの作品も、かなり面白いです(^^)

未読の方で興味をもたれた方は
『麦の海に沈む果実』と『図書室の海:睡蓮』を
先に読まれた方が、本作をより楽しめると思います。

そして『三月は深き紅の淵を』や
『青に捧げる悪夢:水晶の夜、翡翠の朝』にも
理瀬のエピソードがあるので、
こちらの2作品もお薦めですよ(^_-)-☆




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2015_01_25




12  « 2015_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.