宮部みゆきさんの「楽園」


「摸倣犯」から9年―前畑滋子、再び事件の渦中に!


自宅の床下で16年間眠り続けた少女の死体。

その死体を“透視”した少年の交通事故死。

親と子をめぐる謎に満ちた物語が幕を開ける。
                ー(上巻)帯紙よりー



「楽園(上巻)」
楽園(上)

内容(「BOOK」データベースより)

「模倣犯」事件から9年が経った。

事件のショックから立ち直れずにいる
フリーライター・前畑滋子のもとに、
荻谷敏子という女性が現れる。

12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。

少年は16年前に殺された少女の遺体が発見される前に、
それを絵に描いていたという―。




「楽園(下巻)」
楽園(下)

内容(「BOOK」データベースより)

土井崎夫妻がなぜ、長女・茜を殺さねばならなかったのかを
調べていた滋子は、夫妻が娘を殺害後、
何者かによって脅迫されていたのではないか?
と推理する。

さらには茜と当時付き合っていた男の存在が浮かび上がる。

新たなる拉致事件も勃発し、
様々な事実がやがて一つの大きな奔流となって、
物語は驚愕の結末を迎える。




新たなる拉致事件も勃発、物語は驚愕の結末へ!


少年の目には何が見えていたのか。

少女の死は何を残したのか。


少女殺害事件の関係者たちに話を聞くうちに
滋子は少女の背後にいた人物の存在に気付く。

子を想う親の愛の形を問いかける物語は
いよいよ佳境へ。
           ー(下巻)帯紙よりー



実は、かなり前に読んだ作品なので
内容を覚えていなくて…^_^;

(読書記録のためにブログにUPしました。)

『摸倣犯』があまりにインパクトが強すぎたので
「楽園」のイメージが『摸倣犯』に打ち消されてしまい
詳細を思い出せない(>_<)

面白かったことは覚えているのですが…
再読するしかないかな?





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2015_01_19




12  « 2015_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.