恩田陸さんの「ロミオとロミオは永遠に」



昨日紹介した恩田作品『朝日のようにさわやかに』と
本作『ロミオとロミオは永遠に』は、まるで違います。

本作は、あまり恩田さんらしくない作品でしたが
それでもグイグイ物語に惹き込まれ、
あっという間に読み終えてしまいました。

“バトルロワイヤルのノリで駆け抜けて行く?”

生徒たちが様々な問題に立ち向かう姿には
スピード感があり、ハラハラドキドキさせられ
読みながら、映画を見ているような気持に!?
そんなテンポ感のある面白い作品でした。


ロミオとロミオは永遠に

内容(「BOOK」データベースより)

日本人だけが地球に居残り、
膨大な化学物質や産業廃棄物の処理に従事する近未来。

それを指導するエリートへの近道は、
「大東京学園」の卒業総代になることであった。

しかし、苛酷な入学試験レースをくぐりぬけた
アキラとシゲルを待ち受けていたのは、
前世紀サブカルチャーの歪んだ遺物と、
閉ざされた未来への絶望が支配するキャンパスだった。

やがて、学園からの脱走に命を燃やす
「新宿」クラスと接触したアキラは、
学園のさらなる秘密を目の当たりにする…。

ノスタルジーの作家・恩田陸
郷愁と狂騒の20世紀に捧げるオマージュ。



本書は『SFマガジン』に連載されていただけあって
エンターテイメントとしても楽しめる作品でした。

“二十世紀へのオマージュ”
正しくですね(^_-)-☆






テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_12_10




11  « 2014_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.