吉田修一さんの「さよなら渓谷」



“どこまでも不幸になるために、
 私たちは一緒にいなくちゃいけない。”


“幸せになったら、きっと壊れてしまう。”



人の心に潜む「業」を描き切る。

物語の中に描かれている事柄に
怒り・悲しみ・拒絶…様々な思いが渦巻いて
読後は…虚しさが残るばかり…

『悪人』も悲しい物語でしたが
「さよなら渓谷」も、人としての尊厳を傷つけてしまう
とても悲しい物語でした。


さよなら渓谷 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

きっかけは隣家で起こった幼児殺人事件だった。

その偶然が、どこにでもいそうな若夫婦が抱える
とてつもない秘密を暴き出す。

取材に訪れた記者が探り当てた、15年前の“ある事件”。

長い歳月を経て、“被害者”と“加害者”を結びつけた
残酷すぎる真実とは―。



映画化されました


さよなら渓谷 MOVIE


解説(「 Yahoo!映画」より)

『悪人』『横道世之介』などの原作者として知られる
芥川賞作家・吉田修一の小説を
『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣監督が映画化。

幼児が殺害された事件をきっかけに暴かれる一組の夫婦の
衝撃的な秘密を描きながら、男女の愛と絆を問う。

愛と憎しみのはざまで揺れるヒロインの心情を、
『ベロニカは死ぬことにした』などの真木よう子が
リアルに体現。

その夫役には『キャタピラー』などの大西信満がふんするほか
大森監督の実弟である大森南朋をはじめ、井浦新
新井浩文ら実力派が名を連ねる。



あらすじ(「 Yahoo!映画」より)

緑が生い茂る渓谷で幼児の殺害事件が発生し
容疑者として母親が逮捕される。

隣の家に住んでいる尾崎俊介が
その母親と不倫していたのではないかという疑惑が
俊介の妻かなこの証言によって浮かぶ。

事件を取材する週刊誌の記者・渡辺が
さらに調査を進めていくうちに
尾崎夫妻をめぐる15年前の衝撃的な秘密にたどり着き……。


(CAST)
尾崎かなこ→真木よう子さん

尾崎俊介→大西信満さん

渡辺一彦→大森南朋さん

小林杏奈→ 鈴木杏さん

渡辺の妻→鶴田真由さん

井浦新さん、新井浩文さん、他



映画版まだ見ていないのですが…^_^;

CASTが、原作のイメージとピッタリですね!



凄い受賞歴です!

第35回モスクワ国際映画祭 審査員特別賞

第5回TAMA映画賞
 最優秀作品賞
 最優秀女優賞(真木よう子)

第38回報知映画賞 主演女優賞(真木よう子)

第37回山路ふみ子映画賞 女優賞(真木よう子)

第35回ヨコハマ映画祭
  日本映画ベストテン第6位
  主演女優賞(真木よう子)

第26回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞(真木よう子)

2013年第87回キネマ旬報ベスト・テン
  日本映画ベストテン 第8位
  主演女優賞(真木よう子)
 ※『そして父になる』『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
   の演技と合わせて

第37回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞(真木よう子)

第56回ブルーリボン賞 監督賞(大森立嗣)

第23回東京スポーツ映画大賞 主演女優賞(真木よう子)





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2014_11_04




10  « 2014_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.