東野圭吾さんの「虚像の道化師 ガリレオ7」


テレビ版のガリレオシリーズが大ヒットしたことで
“ガリレオ=福山雅治さん!”と言えるほどイメージが定着し
本書を読んでいる最中も、湯川先生の顔が福山さんのお顔に(^^)
セリフも、“もちろん福山さんの声で聴こえてくる!”という
とても美味しい!?本でした。


『幻惑す』
 教祖の念力?その話は物理学とは関係がなさそうだな

『心聴る』
 人の意見に耳を傾けないのは、怠け者のやることだ

『偽装う』
 科学捜査は驚くほどに進んでいる。昭和の時代と違うのです。

『演技る』
 これが笑わずにいられるか。
 こんな単純なトリックに騙されていたとはね


湯川先生語録、福山さんの声で聴こえてきませんか?



虚像の道化師BOOK

内容

『幻惑(まどわ)す』
ビル5階にある新興宗教の道場から、信者の男が転落死した。
その場にいた者たちは、男が何かから逃れるように勝手に
窓から飛び降りたと証言し、
教祖は相手に指一本触れないものの、
自分が強い念を送って男を落としてしまったと自首してきた。
教祖の“念”は本物なのか?

『心聴(きこえ)る』
湯川は教団に赴きからくりを見破る。
突然暴れだした男を取り押さえようとして草薙が刺された。
逮捕された男は幻聴のせいだと供述した。
そして男が勤める会社では、
ノイローゼ気味だった部長が少し前に自殺し、
また幻聴に悩む女子社員もいた。
幻聴の正体は――。

『偽装(よそお)う』
大学時代の友人の結婚式のために、
山中のリゾートホテルにやって来た湯川と草薙。
その日は天候が荒れて道が崩れ、
麓の町との行き来が出来なくなる。
ところがホテルからさらに奥に行った別荘で、
夫婦が殺されていると通報が入る。
草薙は現場に入るが、草薙が撮影した現場写真を見た湯川は、
事件のおかしな点に気づく。

『演技(えんじ)る』
劇団の演出家が殺された。
凶器は芝居で使う予定だったナイフ。
だが劇団の関係者にはみなアリバイがあった。
湯川は、残された凶器の不可解さに着目する。

読み応え充分の4作を収録。
湯川のクールでスマートな推理が光る、ガリレオ短編集第4弾。



ドラマ版

ガリレオ ドラマ

ドラマの原作は以下の4冊です。
『ガリレオの苦悩』、『聖女の救済』
「虚像の道化師ガリレオ7」
『禁断の魔術ガリレオ8』


ドラマ版、凄く良く出来ていて、とても面白かった。

ドラマを見て原作を読みましたが、
原作をしっかりと再現されていたので面白いわけですね(^_-)-☆

ただこちらのドラマでは、
ヒロインが内海薫 (柴咲コウさん)から、
岸谷美砂(吉高由里子さん)に変更されています。
原作に岸谷美砂は登場しません。
そして相変わらず、
草薙刑事(北村一輝さん)は隅に追いやられています…
草薙刑事のキャラ好きなんですけどね…

華のあるヒロインが登場しないと視聴率に影響があるのかしら?





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_10_06




09  « 2014_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.