海堂尊さんの「夢みる黄金地球儀」


“発明狂の親父、神学科卒のチンピラ、怪力の美人バーテンダー
 謎めいた歌姫と演奏家、究極の市役所員…。”
個性的な面々に振り回されつつ
凡人・平沼平介が挑む、黄金地球儀強奪ゲームの行方は?

謎めいた歌姫と演奏家は、
「ナイチンゲールの沈黙」の看護師・浜田小夜と
レティノブラストーマで両眼を失った・牧村瑞人で

海堂さんの著書は、ほとんどがチームバチスタに繋がっていて
バチスタシリーズ全作品を読んでいる私には
本書を読みながら“あの二人だ!”と懐かしく思いながら!?
面白く読めました。
「ナイチンゲールの沈黙」後の二人が気になっていたので
二人とも一緒で、元気で良かったな~と。


夢みる黄金地球儀

内容(「BOOK」データベースより)

1988年、桜宮市に舞い込んだ「ふるさと創生一億円」は、
迷走の末『黄金地球儀』となった。

四半世紀の後、投げやりに水族館に転がされたその地球儀を
強奪せんとする不届き者が現れわる。

物理学者の夢をあきらめ家業の町工場を手伝う俺と、
8年ぶりに現われた悪友・ガラスのジョー。

二転三転する計画の行方は?

新世紀ベストセラー作家による、
爽快なジェットコースター・ノベル。



正しくジェットコースター・ノベルです!
内容もスリリングでテンポもスピーディー
ハラハラドキドキしながら
エンディングへと一気に滑り込む感じです。

医療ミステリーを期待して読んだ方には少々ハズレ!?
かもしれませんが…
私にとっては、とても面白く素敵な物語でした(^_^)v




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_09_25




08  « 2014_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.