黒岩重吾さんの「聖徳太子ー日と影の王子」


かっては、肖像画が一万円札にも使用されていた聖徳太子


冠位十二階や十七条憲法を定め
中央集権国家の礎を創った聖人。

でもそれ以外は、あまり詳しくは知らなかったので
本書を読んで人間「聖徳太子」に出会えたような気がしました。

古代史の息吹に触れ
そこに自分自身が存在しているかのように
錯覚してしまうほど臨場感のある物語でした。

登場人物の名前が難しく、名前の読み方に慣れるまでは
なかなか読み進めることが出来ないかもしれませんが
それさえクリアできれば
とても読み応えのある面白い物語です。

面白いだけでなく、古代史の勉強にもなりましたよ(^_-)-☆



「聖徳太子(①)」
聖徳太子1

内容(「背表紙」より)

父・橘豊日大王(用明)の死後まもない・587年7月
14歳の厩戸皇子(聖徳太子)は
大臣蘇我馬子に請われ物部守屋討伐に従軍した。

その戦旅の間に天性の才質を現した皇子は
三年後、馬子の娘・刀自古郎女と結婚した。

馬子は蘇我氏の血を大王家に入れることにより
蘇我王朝を成立させようと夢見ていたのである。




「聖徳太子②」
聖徳太子2

内容(「背表紙」より)

蘇我馬子は、娘婿となった厩戸皇子を皇太子に立て
いずれ自分の意のままになる大王に仕立てようとする。

しかし厩戸は、傀儡大王なら大王にならなくともよい
と側近たちに明言。

馬子と対抗するために、馬子も一目置く大后(のちの推古)の娘
菟道貝蛸皇女を正妃に迎えようと決意し
開明派の豪族たちと結びはじめた。




「聖徳太子③」

聖徳太子3

内容(「背表紙」より)

大臣蘇我馬子は、泊瀬部大王(崇峻)を次第に軽んじる。

厩戸皇子は、両者の調停をはかるが、592年
大王はついに馬子の手の者によって暗殺された。

翌年、推古女帝が即位すると
厩戸は馬子に推されてやむなく皇太子となる。

だがこの聡明な皇子は、氏族制度の打破と
人間平等主義という破天荒な思想を持っていた…。




「聖徳太子④」

聖徳太子4

内容(「背表紙」より)

皇太子厩戸皇子は、つぎつぎに新しい政策を打ち出した。

斑鳩宮を造営、冠位十二階の制定
飛鳥寺の建立、遣隋使の派隋…。

さすがは皇太子、と蘇我馬子は表面上感心してみせたが
その胸の底には厩戸を傀儡として操ろうという
強烈な意志が潜んでいた。

厩戸の野望と挫折を描いた
古代史大河小説完結編。



漫画版・聖徳太子「日出処の天子」

日出処の天子1


山岸凉子さんの漫画「日出処の天子」全7巻
聖徳太子を主人公に描かれているが
なんとこちらの厩戸皇子は、超能力を持っている上
毛人(蘇我蝦夷)に心を寄せる設定で…BL!?

荒唐無稽な設定&BLが気にならない方なら
「日出処の天子」と、黒岩さんの「聖徳太子」を
読み比べてみるのも面白いかも?

私はどちらの作品もとても面白く読ませていただきました。






テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_08_10




07  « 2014_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.