たつみや章さんの「神さま三部作」


「神さま三部作」とは?

『ぼくの・稲荷山戦記』⇒環境問題 
『夜の神話』⇒原発事故
『水の伝説』⇒自然災害

簡単に一言で表すと、このイメージです。が

たつみやさんの「神さま三部作」は
難しく重大な問題を
優しくユーモアを含みながら、
子どもたちにも分かるように描かれている。

特に『夜の神話』は
約20年前に出版された本なのですが
福島原発事故を目の当たりにした私たちにとって
とても意味深い本となっていると思います。

それにしても
こんなカッコイイ神さまがいたら会ってみたいな♡

小学生向けの本ですが、とても奥が深くて面白かったです。




第1弾『ぼくの・稲荷山戦記』
ぼくの稲荷山日記

先祖代々、稲荷山神社の巫女をつとめるマモルの家に
ある日、奇妙な下宿人がやってきた。

腰までとどく長髪に、和服の着流し
アブラアゲが大好きな美声年・守山さんの
不思議な魅力に、マモルはしだいに惹かれていく。

そして、レジャーランド開発の為に破壊されようとしている
山と古墳を守ろうと立ち上がった守山さんと
マモルは行動をともにするようになる。

海に山に森に、太古から宿り
人間達を見守ってきた“存在”との運命的な出会い
そして、明らかになった守山さんの驚くべき正体とは?

いま自然を守ることの大切さを熱く問いかける
秀作ファンタジー。




第2弾『夜の神話』
夜の神話

内容(「BOOK」データベースより)

とつぜん決まった引っ越しで、母方のおばあちゃんが住む
ド田舎で暮らすことになった六年生のマサミチ。

ダサくって幼稚な同級生ともなじめず
ふてくされているとき、ふと寄り道した古いお宮で
白い着物に白いはかま姿の青年に呼びとめられる。

その“きれいなお兄いさん”こそ
ツクヨミの神とあがめられる「夜のお方さま」の仮のお姿。

なりゆきで食べてしまったサトリまんじゅうの効きめで
マサミチは、家霊のヨネハラさんや猫のコトラをはじめ
いままで気にもとめなかった木や虫たちとも
対話できるようになる。

いっぽう、技術者のパパが勤める原子力発電所で
あるおそろしい事態が進行し
ぼくの大好きなスイッチョさんは全身を青い炎にむしばまれる。

スイッチョさんの命を救い
秒読みの危機をくい止められるのは、はたして?



第3弾『水の伝説』
水の伝説

東京の学校ではうまくやれなかった6年生の光太郎。

逃げ出すように山村留学してきた白水村は
川の上流のそのまたずっと奥にある小さな山村。

ヤマメがガバガバ釣れる川はあるし
寄宿先の子、竜雄という友達もできて
毎日がすごく楽しかった、が___。

大雨で水かさの増した川で
カッパらしきものを助けたその夜
原因不明の高熱におそわれた光太郎の夢に
不思議なメッセージが届けられ…。



登場人物達がとても魅力的!
特に、主人公の少年たちの成長していく姿が眩しくて
ハンサムな神さま達もカッコよかったです♡

本書は、小学生向けとありますが
内容はとても深いテーマを扱っているので
中高生や、大人の方にもお薦めしたいです。





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_08_04




07  « 2014_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.