近藤史恵さんの「ねむりねずみ」


「サクリファイス」の記事にて
Mさんより頂いたコメントに
『近藤史恵さんの「ねむりねずみ」は読んだのですが』と
コメントされていて…私は未読だったので「読みたい!」と思い
早速、読ませてもらいました(^^)
Mさんありがとうございますm(__)m


タイトル変わっていますよね?
「ねむりねずみ」って何だろう?
物語の中に納得のいく説明を見つけました。
『ネムリネズミとお医者さん』という絵本の詩、だそうです。

“ねむりねずみは幸せだった。
 目を閉じていたから、菊の花は見えなかった。
 頭に浮かぶのは、ただ、
 青いヒエンソウ、赤いゼラニウム”

本書を読み終えた後にこの詩を読み返すと
なんとも言えない気持ちに…

“そう、たぶんかれはねむっているのだ。
 舞台という華やかな夢のなかで、目覚めるため。
 その夢で生きるため、かれは日常をねむり続ける。”


『惚れた男はねむりねずみ。
 ちっともわたしの愛にこたえようとしない…
 どこまでも平行線を辿る愛の行方
 梨園を舞台に、愛と疑惑と殺人の三幕の悲劇』
                  ~帯紙より~



ねむりねずみ

内容紹介(「東京創元社」より)

失語症状を呈し始め役者生命の危機に瀕する若手歌舞伎役者と、
後ろめたさを忍びつつ夫を気遣う若妻。

第一幕に描かれる危うい夫婦像から一転、
第二幕は劇場内の怪死事件へ。

大部屋役者瀬川小菊とその友人今泉文吾は、
衆人環視下における事件を手繰っていくが……。

梨園を巻き込んだ三幕の悲劇に際会した名探偵は、
いかなる真相を導くか?



本作「ねむりねずみ」の登場人物には
あまり共感できなかったなぁ…
特に、女性陣に?
(一子には同情してもよさそうだけどね)
ミステリーだから共感しすぎても困りますが^_^;
物語としては面白かったので
特に歌舞伎好きの方にお薦めです(^_-)-☆

共感出来る登場人物、ひとりだけいました!
しがない中二階の瀬川小菊のキャラクターよかったです。

歌舞伎に対する真摯な思い
歌舞伎界の光と闇を知りながらも
その世界に魅せられてしまった小菊

沢山の小菊に支えられて
歌舞伎界は成り立っているんですよね
これから歌舞伎を見る目が変わってしまうかも?
そんな予感をさせてくれる物語でした。
“小菊応援しているよ!!”






テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_07_12




06  « 2014_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.