近藤史恵さんの「サクリファイス」


5年前に読んだ本なのですが、
今でも、読後の衝撃を覚えています。

タイトルが「サクリファイス」犠牲なので
ただのスポーツ小説ではないよね。と
思ってはいたのですが
エンディングには茫然としました。


「サクリファイス」その言葉が重くのしかかる…


ロードレースのルール説明もあり、リーダー、アシスト、etc
1人のトップ選手を勝たせるためにチームで戦う
思っていた以上に過酷な競技で…
でも、だからこそ夢中になれる。

ロードレースを知らない私でも、
本書を読むことで面白さを実感させてもらえて
読後暫くは、『ツールドフランス』や
あと日本国内のロードレースもチェックしたりして
さすがに実際に見に行くことは出来なかったのですが
TV放送で見ていました。


受賞歴 第10回(2008年) 大藪春彦賞受賞



サクリファイス

内容紹介

ぼくに与えられた使命、
それは勝利のためにエースに尽くすこと――。

陸上選手から自転車競技に転じた白石誓は、
プロのロードレースチームに所属し、各地を転戦していた。

そしてヨーロッパ遠征中、悲劇に遭遇する。

アシストとしてのプライド、ライバルたちとの駆け引き。

かつての恋人との再会、胸に刻印された死。

青春小説とサスペンスが奇跡的な融合を遂げた!
大藪春彦賞受賞作。




ロードレースものですが、
ミステリー、サスペンスの仕掛けが、
あちらこちらに織り込まれていることで
読者は、どんどん物語の世界へと惹き込まれていく。


自らの全てをレースに捧げた石尾のストイックさに
言葉もなく、打ちのめされた・・・
それもチーム戦だからこそなのかな?

登場人物の描写が秀逸でした。
ラストは、涙が溢れ出て止まらない…




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_07_09




06  « 2014_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.