有川浩さんの「図書館革命」


図書館戦争シリーズ4 「図書館革命」、シリーズの完結編。


完結編ということなので、
郁と堂上教官の恋の行く末も気になるところですが
本作、いきなり原発事故から始まります!!

でもそんな緊迫した状況でも、二人は青春真只中♡

読んでいる最中、“柴崎”になって突っ込みを入れたくなる(^^)


本シリーズを読むと、毎回思うのですが、
登場人物が生き生きと描かれているので
すんなり物語の世界へと惹き込まれていき
登場人物になりきってしまうほど…
郁になって照れくさかったりね(赤面)
柴崎のようにカッコよく…はなれないか^_^;



図書館革命 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

原発テロが発生した。

それを受け
著作の内容がテロに酷似しているとされた
人気作家・当麻蔵人に
身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。

当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。

郁たち図書隊は一発逆転の秘策を打つことに。

しかし、その最中に堂上は重傷を負ってしまう。

動謡する郁。

そんな彼女に、堂上は任務の遂行を託すのだった―
「お前はやれる」。

表現の自由、そして恋の結末は!?

感動の本編最終巻。




アニメ劇場版「図書館戦争~革命のつばさ」

図書館戦争 革命のつばさ アニメ


内容(「allcinema」より抜粋)
 
2019年:正化31年に制定された“メディア良化法”を根拠とした
武装組織“メディア良化隊”に対抗すべく、
図書館が創設した防衛組織“図書隊”。

高校時代に大切な本を目の前で守ってくれた図書隊員を
“王子様”と慕い、図書隊に入隊した笠原郁。

類い希な身体能力を買われ図書特殊部隊に抜擢された彼女は、
鬼教官・堂上の厳しい訓練を乗り越え、
現場で過酷な経験を積みながら図書隊員として日々成長する。

また、憧れの王子様がその堂上と分かり、
不器用ながらも距離を縮めていく郁。

そんな中、郁と堂上は、新たな任務として人気小説家・当麻蔵人の身辺警護に当たることに。

当麻は、日本を震撼させたテロの手口が彼の著書に似ていたとして良化隊による拘束、執筆権剥奪の危機に直面していた。良化隊の執拗な襲撃にも、身体を張って懸命に当麻を守り抜く郁と堂上だったが…。




アニメ劇場版は、「図書館革命」を主として描かれており
ラストの郁の活躍は必見です!!

カッコイイ郁を楽しんで下さい。
もちろん堂上教官や、他の隊員達もスゴクカッコイイですよ♡

以前紹介した、映画「図書館戦争」も
アニメ同様にカッコよく、面白かったので
図書館戦争シリーズを読んだけど、まだ見ていないという方には
2作品とも是非お薦めしたいです。





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_06_11




05  « 2014_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.