皆川博子さんの「戦国幻野」新今川記



“今川義元の波乱の生涯!”

“東には相模の北条、北に甲斐の武田
 駿河の今川は、強国との戦舌しが絶えない”

戦国の世を生きのびる政略と陰謀。

今川義元の骨肉相食む数奇な運命を描く。


本書は、歴史長編というよりも、伝奇浪漫小説!?

虚実織り交ぜた伝奇物語なので
純粋に歴史小説を読みたい方には??かも…。

私にとっては、
今川の興亡を、史実通りではなく
荒唐無稽なストーリー展開で表現したことが、
逆に新鮮で、面白かったです。



戦国幻野 BOOK

内容紹介(「講談社」より)

東海の強国駿河は、
守護今川氏親の手で着々と覇道を進んでいた。

東に北条、北に武田、大国が激しく牽制しあう戦国の世、
氏親とその妻妾の息子たちも、
奇しき愛憎の闘いに巻きこまれてゆく。

野望のままに、
広大な富士の裾野を馳ける武者の
修験者たちの凄絶な生と死。

今川一族が興亡を描き切った傑作長編。



本来の歴史からは、かなりずれていますが
登場人物の描き方が非常に面白く
どんどん物語の中へと引き摺り込まれていきます。

本書を読むことで
戦国時代の違った面を垣間見ては如何でしょう。





テーマ : 歴史・時代小説    ジャンル : 本・雑誌
 2014_06_08




05  « 2014_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.