ダン・ブラウン著「ダ・ヴィンチ・コード」


映画を先に観て、本を読みました。


映画「ダ・ヴィンチ・コード」
ルーブルの絵画等、映像が非常に美しかったので
本を読んでいる時にも、その映像が浮かんできて
二度楽しめた感じです。
映画を先に観たのは、正解だったと思います。

内容についても、どちらが先でも楽しめたのではないかな。

ストーリー設定がとても緻密なので
本当にあったことなのでは?と思い込んでしまうほど
臨場感溢れる作品でした。



「ダ・ヴィンチ・コード(上)」
ダヴィンチ・コード(上) BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

ルーヴル美術館館長ソニエールが
館内で死体となって発見された。

殺害当夜、館長と会う約束をしていた
ハーヴァード大教授ラングドンは、
フランス警察より捜査協力を求められる。

ソニエールの死体は、
グランド・ギャラリーでダ・ヴィンチの最も有名な素描
『ウィトルウィウス的人体図』を模した形で横たわっており、
さらに、死体の周りには、
複雑怪奇なダイイングメッセージが残されていた。

館長の孫娘でもあり、
現場に駆けつけてきた暗号解読官ソフィーは、
一目で祖父が自分だけに分かる暗号を残していることに
気付く…。

『モナ・リザ』『岩窟の聖母』
『ウィトルウィウス的人体図』―。

数々のダ・ヴィンチ絵画の謎が導く、歴史の真実とは。



「ダ・ヴィンチ・コード(中)」
ダヴィンチ・コード(中) BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

館長が死の直前に残したメッセージには、
ラングドンの名前が含まれていた。

彼は真っ先に疑われるが、
彼が犯人ではないと確信する
ソフィーの機知により苦境を脱し、
二人は館長の残した暗号の解読に取りかかる。

フィボナッチ数列、黄金比、
アナグラム…数々の象徴の群れに紛れたメッセージを、
追っ手を振り払いながら解き進む二人は、
新たな協力者を得る。

宗教史学者にして爵位を持つ、
イギリス人のティービングだった。



「ダ・ヴィンチ・コード(下)」
ダヴィンチ・コード(下) BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

ティービング邸で暗号解読の末、
彼らが辿り着いたのは、
ダ・ヴィンチが英知の限りを尽くして
メッセージを描き込んだ“最後の晩餐”だった。

そしてついに、
幾世紀も絵の中に秘され続けてきた驚愕の事実が、
全貌を現した!

祖父の秘密とその真実をようやく理解したソフィーは、
二人と共に、最後の鍵を解くため、イギリスへ飛ぶ―。

キリスト教の根幹を揺るがし、
ヨーロッパの歴史を塗り替えた世紀の大問題作。



映画「ダ・ヴィンチ・コード」トム・ハンクス主演


ダヴィンチ・コード MOVIE


解説(「allcinema」より)

ルーヴル美術館での殺人事件を発端に、
レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を解き明かし、事件の裏に秘められたキリスト教をめぐる
人類史上最大の秘密に迫るダン・ブラウンの
同名世界的ベストセラーを映画化した話題のミステリー大作。

主演はトム・ハンクス、
共演に「アメリ」のオドレイ・トトゥ。

監督は「ビューティフル・マインド」
「シンデレラマン」のロン・ハワード



内容(「allcinema」より)

ある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが
殺害される事件が起こる。

遺体は奇妙な体勢で横たわり、
周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた。

フランス司法警察のファーシュ警部は、
講演のためパリに滞在していたハーバード大学教授
ロバート・ラングドンに協力を依頼、事件現場に呼び出す。

宗教象徴学の権威であるラングドンは
さっそく暗号の解読を始めるが、
この時警部はラングドン自身をこそ疑っていた。

そこへ、暗号解読官ソフィー・ヌヴーが現われる。

ラングドンが無実で、
事件解決には彼の力が不可欠だと確信する彼女は、
直後、ある驚きの行動に出るのだった…。




映画を見終えた後
もう一期最初から観たい!と思うほど
映像が綺麗でした。

特にルーブル美術館のシーンは圧巻です。
よく撮影許可が下りましたね。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_25




03  « 2014_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.