岡嶋二人さんの「クラインの壺」


本作「クラインの壺」は、
NHK教育テレビでジュニアドラマとして、1996年に放送。

私は、先にテレビ放送を見て、
だいぶ後になって岡嶋二人さんの原作を読みました。

登場人物の年齢や、ストーリー設定が
TVと小説では違っていたのですが
得体のしれない恐怖を描いた原作の雰囲気は
十分に伝わりました。

でも原作の方が息苦しく、恐かったですけど…。




クラインの壺 BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

ゲームブックの原作募集に応募したことがきっかけで
ヴァーチャルリアリティ・システム
『クライン2』の制作に関わることになった青年、上杉。

アルバイト雑誌を見てやって来た少女、高石梨紗とともに、
謎につつまれた研究所でゲーマーとなって
仮想現実の世界へ入り込むことになった。

ところが、
二人がゲームだと信じていたそのシステムの実態は…。

現実が歪み虚構が交錯する恐怖。




【NHKドラマのCAST】

・ゲームブックの原作者で
 「クライン2」のテストプレイヤー:上杉彰彦
   ⇒国分博

・「クライン2」のテストプレーヤー(アルバイト)
 後に失踪:高石梨紗
   ⇒中山忍

・梨紗の友人。上杉とともに、失踪した梨紗を探す:真壁七美
   ⇒佐藤藍子

・イプシロン・プロジェクト営業企画部長:梶谷孝行
   ⇒嶋田久作

・イプシロン・プロジェクト社長:笹森貴美子
   ⇒小野みゆき



現実と仮想の境界が分からなくなる
非常に怖い話で
上杉の絶望が重苦しく圧し掛かってくる

ドラマ、原作のエンディングは異なるけど
いずれにしても心の空虚は埋められない…。


ドラマの舞台になった溝の口
当時、溝の口駅をよく利用していたので
(駅を含め開発でだいぶ変わりました)
今見ると懐かしいかも!?
残念ながらNHKでの再放送予定はないようですが。




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_18




03  « 2014_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.