有川浩さんの「図書館戦争」


本書は、有川浩さんの『図書館戦争シリーズ』の1作目です。

本作を読みながら、レイ・ブラッドベリの著書『華氏451度』を思い浮かべました。

『図書館戦争』の中に出てくる
「メディア良化法」最悪の法律ですが
現実の世界においても
国によっては、検閲という形で本の出版が規制されたり
禁止された本を持っているだけで罰せられる…

昔の日本にもそんな時代があったので
自由に読みたい本を読めて
出版できる今の時代に感謝です。

『図書館戦争』物語としては
とても面白かったですよ。
架空の世界で良かった~(^^)




図書館戦争 BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

2019年(正化31年)。
公序良俗を乱す表現を取り締まる
『メディア良化法』が成立して30年。

高校時代に出会った、
図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、
行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、
一人の女の子がいた。

名は笠原郁。
不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、
エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが…!?

番外編も収録した本と恋の極上エンタテインメント、スタート。




実写映画版


図書館戦争 MOVIE


解説(「allcinema」より)

表現の自由を巡って政府と図書館が
互いに武装して対立する架空の近未来を舞台に、
愛する本を守るべく図書館防衛組織に入隊した
熱血ヒロインの過酷な訓練と戦闘の日々、
そして淡い初恋の行方を、
リアルかつ迫力のミリタリー描写と
甘酸っぱいラブコメ要素を織り交ぜ描いた
有川浩の大人気ベストセラー『図書館戦争』シリーズが、
満を持して初の実写映画化。

主演は、原作ファンの間でかねてから実写化の際の
理想のキャスティングとして圧倒的支持を集めてきた
榮倉奈々と岡田准一。

監督は「修羅雪姫」「GANTZ」の佐藤信介。



内容(「allcinema」より)

2019年(正化31年)に制定された
“メディア良化法”による検閲と
それを実行するための武装組織
“メディア良化隊”に対抗すべく、
図書館が創設した防衛組織“図書隊”。

高校時代に大切な本を目の前で守ってくれた図書隊員を
“王子様”と慕い、図書隊に入隊した笠原郁。

ところがそんな彼女を待っていたのは、
鬼教官・堂上による地獄の特訓の日々だった。

それでも男子顔負けの身体能力だけが取り柄の笠原は、
堂上の過酷な訓練にも音を上げず、
ついには女性初の図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)に大抜擢される。

そして堂上や包容力あふれる先輩・小牧の指導の下、
同期の柴崎や手塚と切磋琢磨しながら
少しずつ図書隊員として成長していく笠原。

いまだ憧れの“王子様”は見つけられず、
その一方で王子様とは真逆のはずの堂上のことが
なぜか気になり始めてしまい…。



(CAST)

笠原郁⇒榮倉奈々さん

堂上篤⇒岡田准一さん

小牧幹久⇒ 田中圭さん

手塚光⇒福士蒼汰さん

柴崎麻子⇒栗山千明さん


映画のキャストとてもよかったです。

特に榮倉奈々さん、岡田准一さん、栗山千明さん
原作のまんまで、ナイスキャスティングでした。

岡田准一さんの演じた堂上教官、カッコ良かったです♡








テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_30





万城目学さんの「ホルモー六景」


本書は「鴨川ホルモー」のサイドストーリーです。

先に本書を読んで「鴨川ホルモー」を読んだので
読んでいる最中は謎が多かったのですが!?
逆にそれが良かったかも。

特に、『長持ちの恋』は長い歴史の上に成り立つ純愛なんだと
2作品を読むことで気付くことができたかな。
ロマン溢れる時空を超えた恋物語
大好きな作品です。



ホルモー六景 BOOK


内容(「KADOKAWA]より)

第一景『鴨川(小)ホルモー』
    最強チーム「二人静」に危機が…
    それはコンビの片方に訪れた初恋だった。
    女の意地と友情を懸けたホルモー対決がはじまる_

第二景『ローマ風の休日』
    妙に頭の大きい、人付き合いに不器用な
    眼鏡っ娘の先輩と、彼女が気になって仕方ない僕。
    だが彼女にはある秘密が…

第三景『もっちゃん』
    誰よりも多くを見通し、
    誰よりも純な魂を持つ“もっちゃん”
    彼とホルモーとの歴史的邂逅とは!?

第四景『同志社大学黄龍陣』
    「ホルモー」っていったい何さ?
    新入生トモエはわけのわからない探索にのりだすが…

第五景『丸の内サミット』
    ホルモー卒業生達が東京で邂逅したとき
    新しい歴史が動き出す!?

第六景『長持ちの恋』
    バイト先の古い長持ちの中に眠っていた拙い文書から
    時を超えた想いのやりとりがはじまる。



「ホルモー六景」を読んだことで
さらに、登場人物達への思いが深まり
素敵な京都の恋物語に、胸キュン度もUPしました(^^)






テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_29





万城目学さんの「鴨川ホルモー」


「鴨川ホルモー」万城目さんのデビュー作です。

第1作目からこの奇想天外さで、読者の度肝を抜いた作品。

本作を読んで「グレムリン」を思い出したのは私だけ?
(まるで違う作品ですけどね)
グレムリンより、こちらの方が可愛かったですが…(^^)




鴨川ホルモー BOOK

あらすじ(「ダ・ヴィンチ」より)

腹を空かせた新入生の安倍は、
葵祭からの帰り道、一枚の新勧コンパのビラを受け取る。

そのコンパ会場で出会った、早良京子にひと目惚れした彼は、
“京大青竜会”というサークルに入部。

しかし、オールジャンル系に見えたそのサークルは、
なんと式神や鬼を使った戦争ごっこ、
通称“ホルモー”を行うという、
なんとも奇妙なサークルだった。

軽快な語り口に惹き込まれること間違いなし、
読後感も鮮やかな青春小説。




映画化されました



鴨川ホルモー MOVIE

内容(「KADOKAWA]より)

鴨川のせせらぎが美しくも穏やかな五月の京都――。
二浪してようやく京大生となった安倍は、
同じ新入生である日本オタクの帰国子女
高村と葵祭のアルバイトの帰り、
三回生の菅原から「京大青竜会」という
怪しげなサークルの新歓コンパに誘われる。

入会する気など更々なく、
「ただ飯」にありつく目的でコンパに参加した安倍と高村。

しかし安倍は、
その席で「美しい鼻筋」を持つ早良京子に一目惚れし、
彼女に近づきたい一心で、思わず入会してしまう。


青竜会に入会したのは、安倍、高村、早良の他に、
大木凡人似のオタク系メガネ女子・楠木ふみ、
超高圧的で仕切り屋の芦屋、
見分けのつかない気弱な双子の三好兄弟など、
一風変わった個性的なキャラの持ち主ばかり。

当初はただのレジャーサークルと思われた青竜会だったが…。



(CAST)

本作の主人公で語り部:安倍
    ⇒山田孝之さん

安倍と共に青竜会に勧誘された経済学部一回生:高村
    ⇒濱田岳さん

安倍と高村を勧誘した理学部三回生:菅原真
    ⇒荒川良々さん

教育学部一回生で、安倍が思いを寄る:早良京子
    ⇒芦名星さん

流行遅れの髪型とレンズ面の広い眼鏡の理学部一回生:楠木ふみ
    ⇒栗山千明さん

法学部一回生、リーダーシップを取りたがるイケメン:芦屋満
    ⇒石田卓也さん

双子の京大生、文学部一回生。あまりにそっくりな三好兄弟
    ⇒斉藤祥太さん、斉藤慶太さん



あまりに奇想天外な物語なので
どう映画化されるのかなと、興味津々で観た映画です。

うじゃうじゃ湧いてくる小鬼をどう描くのか?
叫びの変身?シーンとかね

映画版は、少しアニメチックでしたが
面白かったですよ。
原作通りに描いたらアニメは仕方ないですね
なんせ鬼がうじゃうじゃですから^_^;




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_28



水森サトリさんの「星のひと」


表紙の美しさと、タイトルに惹かれて手に取った本です。

水森さんの本を読むのは初めてでしたが
とても爽やかな読後感で面白かったです。

本書は、4つの短編からなる連作小説で
内容的に対象年齢はYAだと思いますが、十分に楽しめました。
大人の方にもお薦めです。


第19回小説すばる新人賞受賞第一作


星のひと BOOK

あらすじ

ありふれた住宅地に落ちた隕石が、
孤立した人々に与えた一瞬の逢瀬。

夜明け前の住宅街に隕石が落下。

その日から人びとの日常は変化し始める。

星が引き寄せた、隕石が落ちてくるよりも、
もっと大きな奇跡の物語。

生の輝きを、みずみずしくうたいあげる連作集。

特別な存在でありたいと願う中3のはるき。

ある日、同級生の草太の家に隕石が落ちたことに嫉妬して、
UFOが呼べると言ってしまい…。

生の輝きを描く連作集。




隕石が落ちたエピソードを
それぞれの章の主人公の視点で描いている。


『ルナ』
 本章の主人公はるきは、亜子や七海と仲良しグループ!?
 学校生活の命綱を守るために自分自身を偽り
 無理していることへの不快感で、いつもイライラしていた。
 亜子の好きな草太が、はるきに笑顔を向けたり
 話しかけたりすることにも素直に答えられない…。
 そんな少女のツッパリが青春でいいね(^^)
 それにしても
 草太の「家に隕石が落ちてきた」に対抗して
 「私、UFOが呼べる!」とは…はるきどうする?

『夏空オリオン』
 草太君のお父さん、草一郎さんと
 お母さん、幸恵さんのお話。
 両親の影響が草太の影に 
 でも草太の優しさは、
 父からの贈り物!?
 「人殺し!」発言で草太を救った
 ビビアンが草一郎を訪ねてくる。
 
 
『流れ星はぐれ星』
 草一郎さんの実家の隣に住んでいた
 元耕平君(現ビビアン)のお話。
 草一郎さんに思いを寄せていた
 草太君の命の恩人
 今は、ニューハーフのビビアンが
 草一郎に会いに行く_。
  

『惑星軌道』
 行方不明になった草太と高宮くんを
 皆で一致団結して探しだすお話。
 それにしても、こんな大変な目にあっているときにも
 はるきが「高宮君」の名前を読んだって
 いじける?草太くん
 可愛いです(^^)
 
 
 
本作品、登場人物がいいですね
重たいテーマを、優しく爽やかに変えてくれた
キャラクターたちの力は大きいです。


 



テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_27





東直巳さんの「探偵はひとりぼっち」


本書「探偵はひとりぼっち」は、
映画「探偵はBARにいる2」の原作本で
『ススキノ探偵シリーズ』の第4作です。


ネタばれになるので細かな感想を書けないのですが
今までに読んだ3冊の中で
一番“俺”のことが好きになった作品です。

依頼者がいるのではないけれど
マサコちゃんの友人として
どんな危険な目にあっても
犯人を突き止めるため、とことん調査していく
その姿勢に惚れましたね♡

ただ“俺”の彼女、春子さんは大変だ…^_^;



探偵はひとりぼっち BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

みんなに愛されていたオカマのマサコちゃんが、
めった打ちにされて殺された。

若いころに彼と愛人同士だったという
北海道選出の大物代議士が、
スキャンダルを恐れて消したのではないかという
噂が流れはじめる。

マサコちゃんの友人だった俺は、
周囲が口を閉ざすなか調査に乗りだした。

やがて、身辺に怪しげな男たちが現われ、
奇怪な事件が…
日本推理作家協会賞受賞作家が描く、
軽快なハードボイルド・シリーズ第4作。



映画「探偵はBARにいる2」


探偵はBarにいる2 MOVIE


「探偵はBARにいる2~ススキノ大交差点」

解説(「allcinema」より)

札幌在住の作家・東直己の
人気ハードボイルド小説“ススキノ探偵シリーズ”を
大泉洋と松田龍平の主演で映画化した
大ヒット・サスペンス・アクションの続編。

原作シリーズの長編第4作『探偵はひとりぼっち』を基に、
友人を殺害された探偵とその相棒が、
敵討ちに燃える美人ヴァイオリニストと事件解決に乗り出し、
図らずも巨大な悪と対峙していくさまを
スケール・アップしたアクションとともに描き出す。

共演は尾野真千子、渡部篤郎、ガレッジセールのゴリ。

監督は前作に引き続き「相棒シリーズ X DAY」の橋本一。



内容(「allcinema」より)

北海道札幌の歓楽街ススキノ。

この街でみんなから愛されていたオカマのマサコちゃんが
何者かに殺される事件が発生する。

しかし警察の捜査は思うように進まず、
仲間たちの口もなぜか一様に重い。

やがて、事件の背後に浮かび上がるカリスマ政治家
橡脇孝一郎の影。

そんな中、探偵の前に自力で犯人を見つけ出すと息巻く
美人ヴァイオリニストの河島弓子が現われる。

探偵は向こう見ずな弓子を何とかなだめすかし、
彼女の依頼として事件の捜査を引き受けることに。

こうして相棒の高田と共に
真相究明に乗り出した探偵だったが…。



原作と映画かなり違っていました。
基本的な流れは変わらないけれど
原作には美人ヴァイオリニスト
河島弓子は出てきません。


この一周間で「ススキノ探偵シリーズ」の
本3冊「探偵はバーにいる」
「バーにかかってきた電話」「探偵はひとりぼっち」と
映画2作品を見たのですが

続けて見たので(読んだので)
実は、内容が頭の中でシャッフルされた状態に!?

それぞれのエピソードが混ぜこぜになってしまい
すぐに思い出せないほど…(>_<)

シリーズものは日をおいて読まないと
(見ないと)ダメですね^_^;





テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_26





ダン・ブラウン著「ダ・ヴィンチ・コード」


映画を先に観て、本を読みました。


映画「ダ・ヴィンチ・コード」
ルーブルの絵画等、映像が非常に美しかったので
本を読んでいる時にも、その映像が浮かんできて
二度楽しめた感じです。
映画を先に観たのは、正解だったと思います。

内容についても、どちらが先でも楽しめたのではないかな。

ストーリー設定がとても緻密なので
本当にあったことなのでは?と思い込んでしまうほど
臨場感溢れる作品でした。



「ダ・ヴィンチ・コード(上)」
ダヴィンチ・コード(上) BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

ルーヴル美術館館長ソニエールが
館内で死体となって発見された。

殺害当夜、館長と会う約束をしていた
ハーヴァード大教授ラングドンは、
フランス警察より捜査協力を求められる。

ソニエールの死体は、
グランド・ギャラリーでダ・ヴィンチの最も有名な素描
『ウィトルウィウス的人体図』を模した形で横たわっており、
さらに、死体の周りには、
複雑怪奇なダイイングメッセージが残されていた。

館長の孫娘でもあり、
現場に駆けつけてきた暗号解読官ソフィーは、
一目で祖父が自分だけに分かる暗号を残していることに
気付く…。

『モナ・リザ』『岩窟の聖母』
『ウィトルウィウス的人体図』―。

数々のダ・ヴィンチ絵画の謎が導く、歴史の真実とは。



「ダ・ヴィンチ・コード(中)」
ダヴィンチ・コード(中) BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

館長が死の直前に残したメッセージには、
ラングドンの名前が含まれていた。

彼は真っ先に疑われるが、
彼が犯人ではないと確信する
ソフィーの機知により苦境を脱し、
二人は館長の残した暗号の解読に取りかかる。

フィボナッチ数列、黄金比、
アナグラム…数々の象徴の群れに紛れたメッセージを、
追っ手を振り払いながら解き進む二人は、
新たな協力者を得る。

宗教史学者にして爵位を持つ、
イギリス人のティービングだった。



「ダ・ヴィンチ・コード(下)」
ダヴィンチ・コード(下) BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

ティービング邸で暗号解読の末、
彼らが辿り着いたのは、
ダ・ヴィンチが英知の限りを尽くして
メッセージを描き込んだ“最後の晩餐”だった。

そしてついに、
幾世紀も絵の中に秘され続けてきた驚愕の事実が、
全貌を現した!

祖父の秘密とその真実をようやく理解したソフィーは、
二人と共に、最後の鍵を解くため、イギリスへ飛ぶ―。

キリスト教の根幹を揺るがし、
ヨーロッパの歴史を塗り替えた世紀の大問題作。



映画「ダ・ヴィンチ・コード」トム・ハンクス主演


ダヴィンチ・コード MOVIE


解説(「allcinema」より)

ルーヴル美術館での殺人事件を発端に、
レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を解き明かし、事件の裏に秘められたキリスト教をめぐる
人類史上最大の秘密に迫るダン・ブラウンの
同名世界的ベストセラーを映画化した話題のミステリー大作。

主演はトム・ハンクス、
共演に「アメリ」のオドレイ・トトゥ。

監督は「ビューティフル・マインド」
「シンデレラマン」のロン・ハワード



内容(「allcinema」より)

ある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが
殺害される事件が起こる。

遺体は奇妙な体勢で横たわり、
周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた。

フランス司法警察のファーシュ警部は、
講演のためパリに滞在していたハーバード大学教授
ロバート・ラングドンに協力を依頼、事件現場に呼び出す。

宗教象徴学の権威であるラングドンは
さっそく暗号の解読を始めるが、
この時警部はラングドン自身をこそ疑っていた。

そこへ、暗号解読官ソフィー・ヌヴーが現われる。

ラングドンが無実で、
事件解決には彼の力が不可欠だと確信する彼女は、
直後、ある驚きの行動に出るのだった…。




映画を見終えた後
もう一期最初から観たい!と思うほど
映像が綺麗でした。

特にルーブル美術館のシーンは圧巻です。
よく撮影許可が下りましたね。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_25




ダン・ブラウン著「天使と悪魔」


「ダヴンチ・コード」を先に読んで、
本作「天使と悪魔」を読みました。

映画ではその順序で公開でしたが、
小説は、「天使と悪魔」の出版が先でしたね。

かなり長い物語でしたが、読み始めると頁を捲る手を止められず
いっきに読んでしまうほど_。面白かったです。

ただ内容がかなりハードだったので(殺人の描写等)
映画館で観る勇気がない小心者の私は
(小さい画面の)DVDで見ました。^_^;




天使と悪魔(上) BOOK

内容紹介

ハーヴァード大の図像学者ラングドンは
スイスの科学研究所長から電話を受け
ある紋章についての説明を求められる。

紋章は<イルミナティ>
十七世紀にガリレオが創設した科学者たちの結社_のもので
この世にはもう存在しないはずの伝説の紋章だった。

それが男の全裸死体の胸に焼印として押されていたのだ。

殺された男は、最近極秘のうちに
世界初の大量反物質の生成に成功した科学者。

反物質は核の数十倍のエネルギーをもつが
すでに殺人者に盗まれ
密かにヴァチカンに持ち込まれたという…。




天使と悪魔(下) BOOK

内容紹介

おりしも、ヴァチカンでは新ローマ教皇選挙会の当日。

だが、次期教皇候補四人が揃って失踪していた。

そこへ、<イルミナティ>を名のる人物から電話がかかる。

かって科学部を迫害した教会に復讐するため
教皇候補を、一時間に一人ずつ殺して
死体をさらしていくというのだ。

死体をさらす四つの場所とはどこなのか。

反物質はヴァチカンのどこにあるのか。

その鍵が十七世紀に書かれた詩に隠されていることに気付いた
ラングドンは、知力と体力の限りを尽くして、
姿なき敵が仕掛けた殺人ゲームに挑む!



トム・ハンクス主演で映画化


天使と悪魔 MOVIE


『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となる歴史犯罪ミステリー。

イタリアのローマで400年の時を超えてよみがえった秘密結社
イルミナティによるバチカンへの復讐を阻止するべく
ガリレオの暗号コードに挑む
宗教象徴学者・ラングドンの活躍を描く。

ヒロインには『ミュンヘン』のイスラエル人女優
アイェレット・ゾラーを抜てき。

ほかにユアン・マクレガーや
ステラン・スカルスガルドなど、
国際色豊かな実力派俳優たちが脇を固める。

監督は、ロン・ハワード

主演:ラングドンは、
『ダ・ヴィンチ・コード』に続いてトム・ハンクスが演じる。



映画、面白かったのですが、内容かなり変更されていました。

原作の軸をもっとしっかりと描いてほしかったのですが…

ただ一人だけ教皇候補のバッジア枢機卿が助かったこと、
そこは映画の方がよかったです。

唯つの救いでした。

原作には救いはなかったので。





テーマ : 洋書    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_24




長野まゆみさんの『凛一シリーズ』4冊を
 纏めて紹介したいと思います。


「上海少年」紹介の際にも少し触れましたが、
『凛一シリーズ』の4冊は、少年愛をテーマに描かれているので
BLが苦手な方はスルーして下さいね。

ただし、長野まゆみさんの作品は、
BLうんぬんよりも
文章表現、登場人物の心情表現の細やかさ
繊細な作風に魅力を感じられる作家さんです。

流麗な文章に惹かれました。


それでは
シリーズ1作目「白昼堂々」
2作目「碧空」
3作目「彼等」
完結編「若葉のころ」の順で
あらすじを紹介しますね。



「白昼堂々」
白昼堂々 BOOK

内容

1976年冬、由緒ある華道家元の、
若き後継ぎである 原丘凛一は、
従姉・省子の男友だちだった
アメリカンフットボール部のエース・氷川享介と出会う。

その邂逅が、やがて二人の運命を変えていくことに…。

冬から春、やがて夏へと移ろう季節の中で、
彼等の思いはどこへ向かうのか。

凛一の望は叶えられるのか。

少年達の切ない恋を描く。




「碧空」
碧空 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

高等部に上がって新聞部で写真を撮り始めた凛一は、
遠く京都の大学へ入学し
フットボール部で活躍を続ける氷川を思いながら、
ひとり過ごしていた。

そんなある日、有沢という謎めいた上級生が現れ、
凛一を写真のモデルにしたいと誘うのだった。

有沢に魅かれ、孤独な心を乱す凛一。

はなればなれになりながらも
お互いを求める少年たちの思いの行方は…。

好評シリーズ第二弾



「彼等」
彼等 BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

東京で受験生としての日々を送る凛一。

京都の大学でフットボール部の主力選手として活躍する享介。

遠く離れていてもこの思いは伝わっているはず―
そう信じていた凛一だったが、
京都を訪れた折りに、享介の意外な姿を見てしまう…。

絡み合う周囲の人々の思惑、
行き違いやためらいをのりこえて、
ゆっくりと心は結ばれていく。

二度とない、ふたりの季節を描く、
好評シリーズ第三弾。




「若葉のころ」
若葉のころ BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

京都の大学に進学し、二度目の春を迎えた凛一。

氷川と逢える平穏で幸福な日々がようやく訪れたかに思えたが、
三年ぶりに帰国した有沢が、
再び凛一の心に波紋を広げていくのだった。

そんなおり、
大学フットボール部の主将として活躍する氷川に関する情報を
外部に漏洩しているという疑いが凛一にかけられる。

ふたりはこのまま逢うことができなくなるのか…。
好評シリーズついに完結。



繊細な凛一の心情を、丁寧に描いているので
さらに凛一の切ない思いが伝わってくる。

登場人物ひとりびとりが魅力的で
自然に耽美的な世界へと導いてくれる
美しい純愛?物語でした。

BLが気にならない方
耽美的作風が好みの方には
お薦めの本です。






テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_23





長野まゆみさんの「ことばのブリキ罐」


本書は物語ではなく、長野さんの自家製辞書のような本です。

タイトル「ことばのブリキ罐」も素敵な響きですね。



ことばのブリキ罐ーBOOK

(以下「e-hon」より)

商品の内容

天体、色彩、鉱物、植物、玩具、乗り物…

言葉の標本箱から選りすぐった“原色少年字典”。



[目次]

少年の食べるもの
石のある風景
窓辺の風景
花ぬすびと
水紅いろのはなし
少年の名は
理科教室の中
三時のおやつ
遊園地
黄金の水辺
鉱石倶楽部
気象天文の図鑑
トイランド
卵から生れた少年



[出版社商品紹介]

螢星、十字石、鉱石ラヂオ…
長野まゆみワールドに煌めく言葉達の中から、
著者自身が選して解説しイラストをつけた究極のことば辞典。



「子どもの頃から辞書を読んだ。
 本の中の気に入った言葉を
 抜き書きをするのを好んでいた。
 それがいつか自家製の辞書となり
 近頃は創作に欠かせない資料となっている。」

長野さんの、言葉選びのセンスの良さは
そんなところに“秘密”があったのね
なるほどなるほど(^^)

「花ぬすびと」では、野ばらの説明があり
今ではよく知られているローズヒップが出てくる。
『野バラの実は漢方では利尿薬に
 西欧ではローズヒップとよび風邪薬にする』

「少年の名は②」では、頬白鳥(ほおじろ)の説明で
『小鳥と少年を結んだものとして強く印象に残るのは
 小学生の頃に読んだ、萩尾望都作「小鳥の巣」である。』
と記してあり、萩尾望都さん大好きの私としては
嬉しかったです(^^)

本作「ことばのブリキ罐」は、
長野さんの文章の美しさの謎を
ひも解いてくれる本でした。

タイトルの「罐」も旧漢字です!




 


テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_22



東直巳さんの「バーにかかってきた電話」


本書は、映画「探偵はBARにいる」の原作本です。

映画を先に見て、原作「バーにかかってきた電話」を
読みました。

原作と映画では設定が違う部分もあるのですが、
軸となる内容はあまり変えていないので、
映画でもちゃんと原作の面白さは伝わりました。
ただ映画の方が原作より悲しみ度強かったかな…。

原作本、映画どちらが先でも楽しめる作品です。

主人公「俺」と「高田」のからみが前作より増えています♡
本を読んでいる最中、俺=大泉洋さん
高田=松田龍平さん になってしまうほど
二人ともナイスキャスティング(^_-)-☆




バーにかかってきた電話 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

いつものバーで、いつものように酒を呑んでいた「俺」は、
見知らぬ女から、電話で奇妙な依頼を受けた。

伝言を届け相手の反応を観察してほしいという。

疑問を感じながらも依頼を果したのだが、
その帰り道、何者かによって殺されそうになった。

そして、ひとり調査を続けた「俺」が知ったのは
依頼人と同じ名前の女が、
地上げ放火ですでに殺されていたことだった。




映画「探偵はBARにいる」

探偵はBARにいる MOVIE


解説(「Allcinema」より)

札幌在住の作家・東直己の“ススキノ探偵シリーズ”を
「アフタースクール」の大泉洋と
「まほろ駅前多田便利軒」の松田龍平主演で映画化した
ハードボイルド・エンタテインメント・ミステリー。

原作シリーズ第2作『バーにかかってきた電話』を基に、
奇妙な依頼を受けた主人公の探偵“俺”が、
相棒の高田と共に、思いもよらぬ困難に遭遇しながらも
次第に複雑な事件の核心へと迫っていくさまを、
ユーモアを織り交ぜつつ、
ハードなアクションと哀愁をにじませた
ミステリアスなストーリー展開でスリリングに描き出していく。

共演は「ALWAYS 三丁目の夕日」の小雪、
「星守る犬」の西田敏行。

監督はTV「相棒」シリーズなどを手がける橋本一。




あらすじ(「Allcinema」より)

札幌のススキノでグータラな男・高田を相棒に
探偵稼業を営む“俺”。

携帯電話を持たない彼との連絡手段は、
もっぱら彼が入り浸るBAR“ケラーオオハタ”の黒電話。

ある夜、その黒電話に“コンドウキョウコ”と名乗る女からの
奇妙な依頼が舞い込む。

いぶかしく思いながらも、
簡単な依頼と引き受けてしまった探偵。

案の定、その筋の男に拉致されて危うく死にかける。

腹の虫が収まらない探偵は、
キョウコの依頼とは関係なく、
報復へと動き出す。

調べを進めていく探偵は、
その過程で謎の美女・沙織を巡る不可解な人間関係と
陰謀の匂い渦巻く複数の事件に行き当たるのだが…。



(CAST)

職業は「探偵」:俺
   ⇒大泉洋さん

探偵の相棒兼運転手:高田
   ⇒松田龍平さん

高級クラブ「コンチェルト」のオーナーで霧島の元妻:沙織
   ⇒小雪さん

「霧島グループ」社長で暴漢に殺された沙織の前夫:霧島敏夫
   ⇒西田敏行さん

近藤京子の母親:近藤百合子
   ⇒竹下景子さん




「アフタースクール」「まほろ駅前多田便利軒」
両作品とも見ていたので
特に松田龍平さんの演技見たさに
「探偵はBARにいる」を観ました。

大泉洋さんと、松田龍平さん主演ということで
なんとなくコメディー色がもっと強いのかな?
と思いこんでいました。 が、かなりハードボイルド!
探偵の俺を含め登場人物がボコボコ&ドンパチにされ
映画館で観なくてよかったーと思った次第です^_^;

ただ内容は面白かったですよ。
主人公二人の掛け合いのズレがいい感じで
血なまぐさいストーリー展開に
少しほのぼの感を与えてくれました。

やはり松田龍平さんの存在は大きいです!
不思議な雰囲気を持つ貴重な役者さんですよね。


本作品、(ハードボイルド映像苦手な私ですが)
映像ギリギリ?大丈夫だったので
「探偵はBARにいる2」も見るつもりです
見終えたらまた紹介したいと思います。


[受賞歴]

第24回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞を受賞
         助演男優賞ー西田敏行さん

第35回日本アカデミー賞優秀作品賞
     優秀脚本賞⇒古沢良太さん 須藤泰司さん
     優秀主演男優賞⇒大泉洋さん
     優秀助演男優賞⇒松田龍平さん
     優秀音楽賞⇒池頼広さん
     優秀録音賞⇒田村智昭さん 室薗剛さん
     優秀編集賞⇒只野信也さん





テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_21





東直巳さんの「探偵はバーにいる」


タイトルを見て、映画「探偵はBARにいる」の
原作だと思い込み!?本書を手に取りましたが…
どうやら違うらしい…ぞ?

なんと、『ススキノ探偵シリーズ』の2作目
「バーにかかってきた電話」が映画の原作本でした^_^;

確かに映画タイトルとしては「探偵はBARにいる」の方が
「バーにかかってきた電話」よりインパクトがあるけど
でもなんと紛らわしいこと。

そして『ススキノ探偵シリーズ』の第1作目が本書だとのことで
とりあえず出版順に読んでみようかと

しかし、読み始めたらもう止まらなくて
いっきに読んでしまった!面白いです!

本書の背表紙に
“新しい軽快ハードボイルド誕生”とありましたが
正しく!ですね。



探偵はバーにいる BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

札幌の歓楽街ススキノで便利屋をなりわいにする「俺」は、
いつものようにバーの扉をあけたが…
今夜待っていたのは大学の後輩。

同棲している彼女が戻ってこないという。

どうせ大したことあるまいと思いながら引き受けた相談事は、
いつのまにか怪しげな殺人事件に発展して…
ヤクザに脅されても見栄をはり、
女に騙されても愛想は忘れない。

真相を求め「俺」は街を走り回る。

面白さがクセになる新感覚ハードボイルド登場。




主人公の探偵“俺”のキャラクターが良かったです。

ハードボイルドなのでボコボコにされたり
ボコボコにしたりと…殺人事件、売春etc…
けっこうハードなストーリー展開ですが
“俺”や、俺の周りの登場人物のキャラがいいので
ハードボイルドのわりには重くなかったです。

確かに『ススキノ探偵シリーズ』クセになる面白さですね。

次は、映画原作の「バーにかかってきた電話」を読もうかな。
楽しみです(^^)









テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_20





東野圭吾さんの「幻夜」


本作『幻夜』は、『白夜行』の続編!?

東野さん自身が“続編です!”と
宣言しているわけではないのですが
そう思わせる個所が端々にあり
雪穂=美冬では?と読者に思わせる。

整形を何度も繰り返している美冬だけど、
目的のためなら、手段を選ばない。
顔は変わっても、その本質は変わらず
いや…さらに残忍酷薄になっているような…!?

『白夜行』もそうでしたが
本作も、読み始めると止まらない!!



幻夜 BOOK


あらすじ(「集英社」より)


阪神淡路大震災の直後に、出会った男と女。

男が犯した殺人を知る女は、
彼を徹底的に利用し、野心を実現していく。

だが彼女にも恐るべき秘密が――。




WOWOWでドラマ化されました


幻夜 ドラマ


ストーリー(「WOWOW]より)

父の通夜の翌朝に起きた大地震直後に、
借金返済を迫ってきていた伯父を
思わず殺害してしまう水原雅也。

ふと気付くと、そばには見知らぬ女が立っていた。

雅也は、その美貌と才気に魅せられ、
「新海美冬」と名乗る彼女と共に生きて行くことになる。

やがて、二人は上京。

そして、「美」の世界で美冬がのし上がっていくのと並行して、
彼らの行く先々で、様々な事件と陰謀が巻き起こっていく。

やがて、ひとりの刑事が、
美冬と雅也に疑惑の目を向け始め…。



(CAST)

阪神・淡路大震災の被災者で
見るものを魅了する容姿を持つ:新海美冬
  ⇒深田恭子

阪神・淡路大震災の被災者で
新海美冬を愛し、数々の犯罪に手を染める:水原雅也
  ⇒塚本高史

警視庁捜査一課の刑事:加藤亘
  ⇒柴田恭兵

新海美冬の父親の元部下:曽我孝道
  ⇒尾美としのり

曽我孝道の妻:曽我恭子
  ⇒鈴木砂羽

高級宝飾店「華屋」の社長、後に美冬と結婚する:秋村隆治
  ⇒鈴木一真



深田恭子さんの演じる、美しい悪女・美冬
お見事でした。
ホント美冬の笑顔、恐かったです。

東野さんの描く悪女は容赦ないですよね。
そして美しすぎる。
それだから雅也は、愛の為に犯罪を犯すのだけど。


「白夜行」「幻夜」、両作品とも未読の方は
『白夜行』を読んで『幻夜』を読んだ方が
断然面白さが増すと思います。





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_19





岡嶋二人さんの「クラインの壺」


本作「クラインの壺」は、
NHK教育テレビでジュニアドラマとして、1996年に放送。

私は、先にテレビ放送を見て、
だいぶ後になって岡嶋二人さんの原作を読みました。

登場人物の年齢や、ストーリー設定が
TVと小説では違っていたのですが
得体のしれない恐怖を描いた原作の雰囲気は
十分に伝わりました。

でも原作の方が息苦しく、恐かったですけど…。




クラインの壺 BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

ゲームブックの原作募集に応募したことがきっかけで
ヴァーチャルリアリティ・システム
『クライン2』の制作に関わることになった青年、上杉。

アルバイト雑誌を見てやって来た少女、高石梨紗とともに、
謎につつまれた研究所でゲーマーとなって
仮想現実の世界へ入り込むことになった。

ところが、
二人がゲームだと信じていたそのシステムの実態は…。

現実が歪み虚構が交錯する恐怖。




【NHKドラマのCAST】

・ゲームブックの原作者で
 「クライン2」のテストプレイヤー:上杉彰彦
   ⇒国分博

・「クライン2」のテストプレーヤー(アルバイト)
 後に失踪:高石梨紗
   ⇒中山忍

・梨紗の友人。上杉とともに、失踪した梨紗を探す:真壁七美
   ⇒佐藤藍子

・イプシロン・プロジェクト営業企画部長:梶谷孝行
   ⇒嶋田久作

・イプシロン・プロジェクト社長:笹森貴美子
   ⇒小野みゆき



現実と仮想の境界が分からなくなる
非常に怖い話で
上杉の絶望が重苦しく圧し掛かってくる

ドラマ、原作のエンディングは異なるけど
いずれにしても心の空虚は埋められない…。


ドラマの舞台になった溝の口
当時、溝の口駅をよく利用していたので
(駅を含め開発でだいぶ変わりました)
今見ると懐かしいかも!?
残念ながらNHKでの再放送予定はないようですが。




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_18





恩田陸さんの「禁じられた楽園」


『さあ、新しい恐怖を語れ。』_現代の語り部が贈る、
めくるめく幻想ホラー超大作!

帯紙に記された文字に惹きつけられ、美しい装丁に魅せられる。
もう手放せない…。
そして読み始めると最後までノンストップです。

恩田マジックの術中に、又はまってしまった^_^;



禁じられた楽園 BOOK

あらすじ(「BOOK]データベースより)

平口捷は、若き天才美術家の烏山響一から招待され、
熊野の山奥に作られた巨大な野外美術館を訪れた。

そこは、むせかえるような自然と奇妙な芸術作品、
そして、得体の知れない“恐怖”に満ちていた。

現代の語り部が贈る、幻想ホラー超大作。



『禁じられた楽園』の世界は
エッシャーの絵のような不思議な世界。

物語の中の鬱蒼とした森の中に身を置き
得体のしれない恐怖にじわじわと締め付けられる
そんな不安感で心を支配され
異界への招待状を受け取ってしまう
そして、その招待は決して拒絶できない
まるで烏山響一に魅せられた平口捷のように。


終盤に入るまでは非常に不気味で恐かったのですが
読み終えたあとは “えっ!?” これで終わりなの?
それが私の感想です^_^;

とても面白い作品でしたが、
私が思い描いていたエンディングとは
かけ離れた終わり方で


でも芸術的な香りのする作品なので
物語の中の色彩が目に見えるようでした。

正しく、幻想ホラーですね。







テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_17





上橋菜穂子さんの「守り人シリーズ」


シリーズ第1作の「精霊の守り人」は、
NHKでアニメ化されました。
内容はもちろんのこと、美しい映像が当時話題になり
そして、主題歌も L'Arc〜en〜Cielが歌う
アニメのイメージにあった曲「SHINE」で
とても印象に残っています。


今回は、シリーズ第1作~第8作まで紹介します。
かなり長くなるので、あらすじのみでの紹介です。

※あらすじは全て新潮文庫より抜粋



1.「精霊の守り人」
精霊の守リ人1 BOOK

老練な女用心棒バルサは、
新ヨゴ皇国の二ノ妃から皇子チャグムを託される。
精霊の卵を宿した息子を疎み、父帝が差し向けてくる刺客や、
異界の魔物から幼いチャグムを守るため、
バルサは身体を張って戦い続ける。



2.闇の守り人
闇の守リ人2 BOOK

女用心棒バルサは、25年ぶりに生まれ故郷に戻ってきた。
おのれの人生のすべてを捨てて自分を守り育ててくれた、
養父ジグロの汚名を晴らすために。
短槍に刻まれた模様を頼りに、
雪の峰々の底に広がる洞窟を抜けていく彼女を出迎えたのは――。
バルサの帰郷は、山国の底に潜んでいた闇を目覚めさせる。
壮大なスケールで語られる魂の物語。
読む者の心を深く揺さぶるシリーズ第2弾。




3.夢の守人
夢の守リ人3 BOOK

人の夢を糧とする異界の“花”に囚われ、人鬼と化したタンダ。
女用心棒バルサは幼な馴染を救うため、命を賭ける。
心の絆は“花”の魔力に打ち克てるのか?
開花の時を迎えた“花”は、その力を増していく。
不可思議な歌で人の心をとろけさせる
放浪の歌い手ユグノの正体は? 
そして、今明かされる大呪術師トロガイの秘められた過去とは? 
いよいよ緊迫度を増すシリーズ第3弾。



4.虚空の旅人
虚空の旅人4 BOOK

隣国サンガルの新王即位儀礼に招かれた
新ヨゴ皇国皇太子チャグムと星読博士シュガは、
〈ナユーグル・ライタの目〉と呼ばれる
不思議な少女と出会った。
海底の民に魂を奪われ、生贄になる運命のその少女の背後には、
とてつもない陰謀が――。
海の王国を舞台に、
漂海民や国政を操る女たちが織り成す壮大なドラマ。
シリーズを大河物語へと導くきっかけとなった第4弾




5.神の守り人(上)来訪編
神の守リ人(上)来訪編5 BOOK

女用心棒バルサは逡巡の末、
人買いの手から幼い兄妹を助けてしまう。
ふたりには恐ろしい秘密が隠されていた。
ロタ王国を揺るがす力を秘めた少女アスラを巡り、
〈猟犬〉と呼ばれる呪術師たちが動き出す。
タンダの身を案じながらも、アスラを守って逃げるバルサ。
追いすがる〈猟犬〉たち。
バルサは幼い頃から培った逃亡の技と経験を頼りに、
陰謀と裏切りの闇の中をひたすら駆け抜ける!



5.神の守り人(下)帰還編
神の守り人(下)帰還編5 BOOK

南北の対立を抱えるロタ王国。
対立する氏族をまとめ改革を進めるために、
怖ろしい〈力〉を秘めたアスラには大きな利用価値があった。
異界から流れくる〈畏ろしき神〉とタルの民の秘密とは?
そして王家と〈猟犬〉たちとの古き盟約とは? 
自分の〈力〉を怖れながらも
残酷な神へと近づいていくアスラの心と身体を、
ついに〈猟犬〉の罠にはまったバルサは救えるのか? 
大きな主題に挑むシリーズ第5作。



6.蒼路の旅人
蒼路の旅人6 BOOK

生気溢れる若者に成長したチャグム皇太子は、
祖父を助けるために、罠と知りつつ大海原に飛びだしていく。
迫り来るタルシュ帝国の大波、海の王国サンガルの苦闘。
遥か南の大陸へ、チャグムの旅が、いま始まる!
──幼い日、バルサに救われた命を賭け、
己の身ひとつで大国に対峙し、
運命を切り拓こうとするチャグムが選んだ道とは? 
壮大な大河物語の結末へと動き始めるシリーズ第6作。




7.天と地の守り人(第一部)ロタ王国編
天地の守り人(第1:ロタ王国編)7 BOOK

大海原に身を投じたチャグム皇子を探して欲しい
──密かな依頼を受けバルサは
かすかな手がかりを追ってチャグムを探す
困難な旅へ乗り出していく。
刻一刻と迫るタルシュ帝国による侵略の波、
ロタ王国の内側に潜む陰謀の影。
そして、ゆるやかに巡り来る異界ナユグの春。
懸命に探索を続けるバルサは、
チャグムを見つけることが出来るのか……。
大河物語最終章三部作、いよいよ開幕!




7.天と地の守り人(第二部)カンバル王国編
天地の守り人(第2:カンバル王国編)7 BOOK

再び共に旅することになったバルサとチャグム。
かつてバルサに守られて生き延びた幼い少年は、
苦難の中で、まぶしい脱皮を遂げていく。
バルサの故郷カンバルの、美しくも厳しい自然。
すでに王国の奥深くを蝕んでいた陰謀。
そして、草兵として、
最前線に駆り出されてしまったタンダが気づく異変の前兆
──迫り来る危難のなか、道を切り拓こうとする彼らの運命は。
狂瀾怒濤の第二部。




7.天と地の守り人(第三部)新ヨゴ皇国編
天地の守リ人(第3:新ヨゴ皇国編)7 BOOK

ロタとカンバルがうごいた! 
北の諸国のうねりを背に、
瀕死の故国へ帰還するチャグムに父との対決の時が迫る。
緒戦の犠牲となったタンダの行方を必死に探し求めるバルサ。
大地が揺れ、天変地異が起こるとき、金の鳥が空を舞い、
地を這う人々の群れは、ひたすらに生きのびようとする。
──十年余りの時をかけて紡ぎだされた大河物語の最終章
『天と地の守り人』三部作、ついに完結!




8.流れ行く者
流れ行くもの8 BOOK

王の陰謀に巻き込まれ父を殺された少女バルサ。
親友の娘である彼女を託され、
用心棒に身をやつした男ジグロ。
故郷を捨て追っ手から逃れ、流れ行くふたりは、
定まった日常の中では生きられぬ様々な境遇の人々と出会う。
幼いタンダとの明るい日々、賭事師の老女との出会い、
そして、初めて己の命を短槍に託す死闘の一瞬
──孤独と哀切と温もりに彩られた、
バルサ十代の日々を描く短編集。


「炎路を行く者」「春の光」(偕成社ワンダーランド)は
未読の為、読み終えてから紹介したいと思います。


「守り人シリーズ」児童書ですが、とても壮大な物語なので
大人の方が読んでも面白く読めると思います。





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_16





長野まゆみさんの「上海少年」


長野まゆみさんの本、かなりの冊数読んでいて
読書履歴を確認すると、あまりに多いので数えてみました。
なんと55冊読んでいます。
でもブログで紹介したのは「八月六日上々天気」1冊のみ。

今日は2冊目「上海少年」を紹介したいと思うのですが
何とも言葉にしづらい?面白さなんですよね^_^;


本書は短編連作集になっているので、まずは目次順に

『雪鹿子』-友人が亡くなってから八カ月。
      年明けまもない冬の日、
      三沢は未亡人と墓参へ出かけた。

『上海少年』-昭和二十四年、
       日本の港町で別れた人との再会を求め
       陸は今日も波止場へ向かう。

『満天星』-銀座の昭和通り。
      恩は、ある女に声をかけた。
      「母さん、母さんじゃありませんか」

『幕間』-路地の薄闇にたたずむ少年。
     道に迷ったという。
     橙子は横道まで案内しようと門の外へ…。

『白昼堂々』-凛が目覚めたのは、熱のひいた翌日の午後。
       その日は期末考査の追試試験だった。


「雪鹿子」は昭和初期、226事件前
「上海少年」は戦時中と、作品ごとに時代背景が
 少しずつ現代に向かっていく。
「幕間」では、学生運動が激しくなっていく時代。
「白昼堂々」では身代わり試験を受ける
 長閑な今の学生を描いている。



上海少年 BOOK

内容紹介(「集英社文庫」より)

兄さん、あの日の上海に還りたい―。

昭和24年、生き別れた兄の面影を追って、
今日もひとり波止場へ向かう少年・睦…。

懐かしく切ない時代を舞台に、
少年たちの運命と邂逅を詩情豊かに描く連作集。



長野作品、耽美的で魅惑的な小説や、
SF・ファンタジー等の幻想小説を主に描いており
特に最近では少年愛を多く描いているイメージが…
でも、本書「上海少年」では、昭和に生きる人々を
抒情的に描かれているので
BLのような長野作品が苦手な方でも比較的読みやすいのでは。

ただし五章の「白昼堂々」は、
凛一シリーズの始まりの作品なので少々BL的です。
その後、長編版の「白昼堂々」「碧空」「彼等」「若葉のころ」
へとシリーズ化されました。


長野さんの文体というか、流れるような文章表現が好みです。
旧字体をあえて使用したり、言葉の使い方が美しいんですよね。






テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_15





吉田修一さんの「悪人」


タイトル・装丁を見て手にした本。

赤字で、それも大きく「悪人」とあれば、
いやでも目につきます。

目について正解でした。

ストーリーは、簡単にいうと
殺人を犯した男と、
その男を愛したが故に共に逃亡する女の物語。

正しく悲劇です。が、どうしてそうなったのか
人物・ストーリー設定を、丁寧に緻密に描いているので
物語にグイグイと入り込めて面白かったです。



第61回毎日出版文化賞と
第34回大佛次郎賞をダブル受賞。


※以下、ネタばれ注意です。

悪人 BOOK

内容(「朝日新聞出版」より抜粋)

福岡市内に暮らす保険外交員の石橋佳乃が、
携帯サイトで知り合った金髪の土木作業員に殺害された。

二人が本当に会いたかった相手は誰だったのか? 

佐賀市内に双子の妹と暮らす馬込光代もまた、
何もない平凡な生活から逃れるため、
出会い系サイトへアクセスする。

そこで運命の相手と確信できる男に出会えた光代だったが、
彼は殺人を犯していた。

彼女は自首しようとする男を止め、
一緒にいたいと強く願う。

光代を駆り立てるものは何か? 

その一方で、
被害者と加害者に向けられた悪意と戦う家族たちがいた。

誰がいったい悪人なのか? 

事件の果てに明かされる殺意の奥にあるものは?



映画化されました。


悪人 MOVIE

あらすじ(「Allchinema」より)

長崎のさびれた漁村に生まれ、自分勝手な母に代わり、
引き取られた祖父母に育てられた青年、清水祐一。

現在は、土木作業員として働き、
年老いた祖父母を面倒見るだけの孤独な日々を送っていた。

そんなある日、出会い系サイトで知り合った
福岡の保険外交員・石橋佳乃を殺害してしまった祐一。

ところが、捜査線上に浮上してきたのは
福岡の裕福なイケメン大学生・増尾圭吾だった。

苦悩と恐怖を押し隠し、
いつもと変わらぬ生活を送る祐一のもとに、
一通のメールが届く。

それは、かつて出会い系サイトを通じて
メールのやり取りをしたことのある佐賀の女性
馬込光代からのものだった。

紳士服量販店に勤め、アパートで妹と2人暮らしの彼女もまた、
孤独に押しつぶされそうな毎日を送っていた。

そして、話し相手を求めて祐一に久々のメールを送った光代。

やがて、初めて直接会うことを約束した2人だったが…。




監督は、『フラガール』の李相日さん



(cast)
光代と逃亡する土木解体作業員:清水祐一
                ⇒妻夫木聡さん

祐一と逃亡する紳士服店の販売員:馬込光代
                ⇒深津絵里さん
裕福で自由気ままな大学生:増尾圭吾
                ⇒岡田将生さん
死体で発見される保険外交員:石橋佳乃
                ⇒満島ひかりさん




妻夫木聡さん、深津絵里さんはもちろんですが
満島ひかりさんの演技にも魅せられました。

満島さんの演じた石橋佳乃、ホント嫌味な女で
でもその陰にある寂しさもしっかりと伝わってきて。

俳優陣の素晴らしい演技に拍手です。


原作もそうでしたが、映画も
誰もが悪人であり、しかしそうなってしまった悲しい偶然に
“悪人”と一言で言いきれない…とても切ない物語でした。



【受賞歴】

第34回日本アカデミー賞 ・最優秀主演男優賞:妻夫木聡さん
            ・最優秀主演女優賞:深津絵里さん
            ・最優秀助演男優賞:柄本明さん
            ・最優秀助演女優賞:樹木希林さん
            ・最優秀音楽賞:久石譲さん

第34回モントリオール世界映画祭・最優秀女優賞:深津絵里さん

第34回山路ふみ子映画賞・映画賞:李相日さん
           ・新人女優賞:満島ひかりさん

第23回日刊スポーツ映画大賞・作品賞
             ・主演男優賞:妻夫木聡さん
             ・主演女優賞:深津絵里さん

第35回報知映画賞・作品賞
        ・主演女優賞:深津絵里さん
        ・助演男優賞:柄本明さん

第84回キネマ旬報ベスト10・日本映画ベスト・ワン
            ・日本映画監督賞
            ・日本映画脚本賞
            ・助演男優賞

第65回毎日映画コンクール:日本映画大賞

第53回ブルーリボン賞・主演男優賞:妻夫木聡さん




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_14




東野圭吾さんの「聖女の救済」



『男が自宅で毒殺されたとき、
 離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。

 草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。

 湯川が推理した真相はー虚数解。

 理論的には考えられても現実的にはありえない。

 ガリレオが迎えた新たなる敵…それは女。』


本書を読みながら、心情的には綾音の側に立っていた…。

殺された夫の身勝手さに!?憤りを感じていたけど

その夫を完全犯罪で殺してしまった妻に

それ以上にやるせなくなってしまい…。

物語だからね…って分かっているんだけど

つい感情移入してしまうようなストーリー展開でした。

でも東野さん、引き出しいくつ持っているのやら

トリックも含め、内容の濃さに毎回唸らされます。




聖女の救済 BOOK

あらすじ(「文藝春秋」より)

男がその言葉を口にしたとき、女は最後の決意を固めた。

あの白い粉の力を借りるときがやって来た――。

IT会社社長の真柴義孝が自宅で変死体となって発見された。

死因は毒物による中毒だ。

草薙刑事は被害者の愛人だった若山宏美を
第一容疑者として疑うが、
彼の同僚の内海 薫は真柴の妻・綾音の行動に不審を持ち
別行動で調べ始める。

だが綾音には鉄壁のアリバイがあった。

そのアリバイを崩すためには、
湯川 学の力を借りる以外にないが……。



「ガリレオ」でドラマ化されました


聖女の救済 ドラマ

内容(「フジテレビ」より)


綾音が留守中に
夫・義之が自宅で猛毒のヒ素が混入したコーヒーを飲み
亡くなる。

貝塚北署の刑事・岸谷美砂は、
綾音が湯川の中学時代の同級生と知ると湯川のもとを訪れる。

湯川も、美人でしかも同級生が関係している難事件を
断る理由はなかった。

そしてふたりは、葬儀会場で切ない27年ぶりの再会を果たす。


その後の捜査で、
綾音は義之から離婚を切り出されていたことが判明。

綾音に疑いの目が向けられるが、事件当日
綾音には北海道にいたという完全アリバイがあった。

一方、湯川も毒物混入の犯行手段の解明に手こずり…。

果たして犯人は誰なのか?!

そして湯川は完全犯罪をあばくことができるのか?!



連続ドラマ「ガリレオ」の最終回(前編・後編)で
放送されました。

原作と設定がかなり違っていたのですが
大好きな天海祐希さんが、綾音役を演じていたので
なんでもありでOKよ!でした。(^_-)-☆


原作では、草薙刑事が“美貌の妻に魅かれ”でしたが
湯川の初恋の人に変わっていましたね。

草薙刑事どこまで虐げられる!?
好きなキャラクターなので、
ドラマ版でも、もう少し活躍して欲しかったー。


Cast
湯川学⇒福山雅治さん

真柴綾音⇒天海祐希さん

岸谷美砂⇒吉高由里子さん

草薙俊平⇒北村一樹さん

栗林宏美⇒渡辺いっけいさん


それにしても、
湯川役の福山雅治さんと、綾音役の天海祐希さん

二人並ぶとオーラが凄すぎて、ドラマの内容が飛んでしまった^_^;






テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_13





恩田陸さんの「六番目の小夜子」


本書「六番目の小夜子」は、恩田陸さんのデビュー作です。

デビュー作品でこのクオリティーの高さ。
凄いです恩田さん


小夜子の持つ独特な世界観がとても面白い。
そして、かっちりとした答えのないあいまいなエンディング…
そこがまたいいですよね。

恩田ワールド、デビューから全開です!


六番目の小夜子 BOOK

あらすじ(「新潮文庫」より)

津村沙世子――とある地方の高校にやってきた、
美しく謎めいた転校生。

高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。

三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、
見えざる手によって選ばれるのだ。

そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。

学園生活、友情、恋愛。

やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、
漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。



NHKでドラマ化されました


六番目の小夜子 ドラマ

潮田玲はバスケに夢中な中学二年生。

彼女の通う西浜中学校には、
「サヨコ」に関する奇妙な言い伝えがあった。

三年に一度、一人の生徒がサヨコとして「選ばれ」、
「約束」を果たす。

成功すると「大いなる扉」が開かれ、
その年の西浜中の生徒には幸福になり、
三年後、次のサヨコが出現するというのだ。

約束は三つ。

「一、サヨコは赤い花を活ける」
サヨコに選ばれた生徒には、
ある日ポストに小さな鍵が送られてくる。
その生徒は始業式の朝、
鍵で北校舎の決まった棚にしまってある花瓶を出し、
「赤い花」を決まった場所に活けなければならない。

「二、サヨコはサヨコを演じる」
鍵と同封されてくる「台本」で、文化祭初日、
全校生徒の眼前でサヨコの芝居を上演しなければならない。

「三、サヨコはサヨコを指名する」
サヨコになった生徒は卒業する時、
誰かにあてて密かに鍵を送らなければならない。

今年のサヨコに選ばれたのは誰?


第1回「謎の転校生」
第2回「亡霊」
第3回「見えない敵」
第4回「謎のメッセージ」
第5回「不思議なうたごえ」
第6回「七夕の秘密」
第7回「罠」
第8回「恐怖の文化祭(前)」
第9回「恐怖の文化祭(後)」
第10回「サヨコはここにいる」
第11回「サヨコの正体」
最終回「そして扉が開く」。


(cast)
潮田玲⇒鈴木杏さん

津村沙世子⇒栗山千明さん

関根秋⇒山田孝之さん

花宮雅子⇒松本まりかさん

唐沢由紀夫⇒勝地涼さん

※ドラマでの主人公・潮田玲は、原作には登場しません。



ドラマ版は、登場人物や内容設定が
原作と違う部分もありましたが、とても面白かったです。

原作の持つ不思議感や、
登場人物の思春期の不安定な内面など
とても上手く描かれていて
恩田作品のもつ、読後の独特な余韻を、
ドラマでもしっかりと感じ取ることができました。





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_12





安室奈美恵、自身“初”のバラードベスト発売&夏には全国アリーナツアーも


バラードベストアルバム「Ballada」
2014年6月4日発売


バラード曲15曲と、ミュージックビデオ17曲を完全収録した豪華盤が完成!

商品概要 -
Namie Amuro
Ballad Best Album『Ballada』(※読み:バラーダ)
2014.6.4 on sale
※予約開始 2014.4.10
※初回仕様有り


安室奈美恵バラードベスト CD+DVD
CD+DVD 3,800円+税


安室奈美恵バラードベスト CD+Blu-ray
CD+Blu-ray 4,200円+税


安室奈美恵バラードベスト CD only
CD only 2,900円+税


CD収録内容
SWEET 19 BLUES
CAN YOU CELEBRATE?
Dreaming I was dreaming
NEVER END
HimAWArI
think of me
I WILL
Wishing On The Same Star
Four Seasons
ALL FOR YOU
White Light
The Meaning Of Us
Love Story
Let Me Let You Go
TSUKI
-BONUS TRACK-
Contrail Ballad Ver.
※全15曲+ボーナストラック1曲
※曲順未定

DVD収録内容 ※Blu-ray共通
SWEET 19 BLUES
CAN YOU CELEBRATE?
Dreaming I was dreaming
NEVER END
※ HimAWArI
think of me
I WILL
Wishing On The Same Star
※ Four Seasons
ALL FOR YOU
White Light
The Meaning Of Us
Love Story
Let Me Let You Go
TSUKI
※ SWEET 19 BLUES
※ CAN YOU CELEBRATE?
全17曲収録予定
収録順未定
※=New Music Video


トリプルミリオンを記録したアルバム「SWEET 19 BLUES」からの
リカットシングルとして発売された「SWEET 19 BLUES」(1996年発売)、

邦楽女性ソロアーティ スト 歴代1位のシングル売上を記録している
「CAN YOU CELEBRATE?」(1997年発売)、

フジテレビ系月9ドラマ 「私が恋愛できない理由」の主題歌として話題を呼んだ
「Love Story」(2011年発売)など、

ダンスナンバーのみならず数多くのバラード曲を発表してきた安室奈美恵。

今まで発表してきたバラード全38曲を対象にバラード人気投票を実施し、
そこから選ば れた上位15曲を収録するバラードベストアルバムが発売決定!
上位15曲の音源に加え、更に、ボーナストラックには
「Contrail」のバラードVer.を収録!!

CD+DVD 盤とCD+Blu-ray盤には、
「SWEET 19 BLUES」「CAN YOU CELEBRATE?」の新ミュージックビデオを収録し、
さらにミュージックビデオが存在しなかった「HimAWArI」「Four Seasons」も
新たに制作され、計17曲のミュージックビデオが収録される!

(「安室奈美恵 オフィシャルサイト」より抜粋)


「Wishing On The Same Star」や「Let Me Let You Go」など
好きなバラード曲が沢山収録されているので
バラードアルバム、楽しみです(^_-)-☆




テーマ : 女性アーティスト    ジャンル : 音楽
 2014_04_11





角田光代さんの「八日目の蝉」


本作は、最初に本を読み、次にNHKのドラマ、
そして映画の順に観ました。


本書「八日目の蝉」、
幾度かブログに記事を載せようとトライしたけど…挫折

辛く重いテーマなので、
感想を語るにも言葉を続けることが出来ずにいて
でもいつも気になっていたので、
今回は頑張って記事にしてみようと思います。

※以下の記事、ネタばれ注意です。


八日目の蝉 BOOK


内容を簡単に説明すると

[第0章〕
希和子は愛人・秋山宅に侵入し、
眠っていた赤ん坊(恵理菜)を衝動的に誘拐してしまう。

[第1章〕
赤ん坊に薫と名づけ逃亡生活を始めた希和子。
友人の家に身を寄せ、
次に立ち退きを迫られている女の家での滞在
そして女性だけで共同生活を送る「エンジェルホーム」へ、
その「エンジェルホーム」からも逃げ出し、
最後にいきついたのは小豆島だった。
しかし1枚の写真がきっかけで希和子は逮捕される。

[第2章〕
成人した恵理菜のその後を描いている。
恵理菜の前に、
かつてエンジェルホームにいたという女性が訪ねてきたことで
恵理菜は過去の出来事を振り返ることになる。


こうやって内容紹介のみを見ると、
断然希和子が悪い人ですよね。

でも本作はそこが辛いところなんですよ…。

本書を読んでいると、
希和子と薫を応援している自分がいるんです。

愛人秋山の妻が、希和子に投げつけた
“悪意を込めた言葉の暴力”がどうしても許せない。
もちろん秋山自身の優柔不断さが招いたこと
そんな男の愛人だった希和子も悪いのだけど…。

しょっぱなからこうなので、読み進めていくことで
さらに葛藤が生まれてくる。

一番の被害者は薫(恵理菜)ですが。


NHKのドラマ版です。

八日目の蝉 ドラマ

あらすじ(「NHK」より)

「私はもう、今までの私とは違う。私はこの子の母なのだ。」

不実な男との実らない愛。

男は女が母となることを否定するかたわら、
妻との間には子をもうける。

絶望の中、女はその子を奪う。

母になるとは、女として生きるとは…。

血のつながりを越えた母子の5年半にわたる逃亡劇。

現代的課題に真っ向から向き合うドラマです


(cast)
希和子⇒檀 れいさん

希和子の愛人・秋山丈博⇒津田寛治さん

秋山の妻・恵津子⇒板谷由夏さん

誘拐された恵理菜=薫⇒幼少時:小林星蘭さん
          ⇒成人時:北乃きいさん



映画版です。


八日目の蝉 MOVIE

内容(「Allcinema」より抜粋)

生まれてすぐに誘拐され、
犯人の女によって4歳になるまで育てられた秋山恵理菜。

両親のもとには戻ったものの、
もはや普通の家庭を築くことは出来なくなっていた。

やがて21歳となった彼女は、
妻子ある男の子供を身ごもってしまう。

恵理菜はやがて、
封印していた記憶と向き合うべく逃亡生活を辿る旅に出る──。



監督は『孤高のメス』で日本アカデミー賞を受賞した
成島出さん。
脚本は『サマーウォーズ』の奥寺佐渡子さんです。


(cast)
恵理菜⇒成人時:井上真央さん

希和子⇒永作博美さん

安藤千草⇒小池栄子さん

希和子の愛人・秋山丈博⇒田中哲司さん

秋山の妻・恵津子⇒森口瑤子さん

誘拐された恵理菜=薫⇒幼少時:渡邉このみさん
          

ドラマでは、希和子の視点を中心に、
映画では、成人した恵理菜を主人公に描かれていました。

基本的なストーリー展開は同じなのですが
細部では違っていたので、受ける印象も微妙に違います。

私は、先に見たのがドラマの方なので、
NHKドラマ版の印象の方が強く残っていますが
両作品とも、希和子が逮捕される間際に叫んだ言葉に
号泣しました。

映画の恵理菜役を演じた井上真央さんの演技
素晴らしかったです。
傷ついた心を持て余し、自らの生きる居場所を見出せない辛さを
見事に演じきっていました。

希和子を演じた、檀 れいさんと永作博美さん
二人の希和子、お見事でした。
おかげで、希和子に感情移入しすぎてしまい
ずっと泣かされっぱなしでした(T_T)


【映画:受賞】凄い受賞歴です!全て載せますね。

第36回報知映画賞・作品賞 / 主演女優賞:永作博美さん

2012年エランドール賞 プロデューサー賞:有重陽一さん(日活)

第85回キネマ旬報ベスト・テン・主演女優賞:永作博美さん
              ・助演女優賞:小池栄子さん

第66回毎日映画コンクール・女優助演賞:永作博美さん

第54回ブルーリボン賞・主演女優賞:永作博美さん

第35回日本アカデミー賞・最優秀作品賞・最優秀監督賞:成島出さん
           ・最優秀主演女優賞:井上真央さん
           ・最優秀助演女優賞:永作博美さん
           ・最優秀脚本賞・最優秀音楽賞・最優秀撮影賞
           ・最優秀照明賞・最優秀録音賞・最優秀編集賞

第3回日本シアタースタッフ映画祭 主演女優賞:井上真央さん

第35回山路ふみ子映画賞 新人賞:井上真央さん

第3回TAMA映画賞 ・最優秀新進女優賞:井上真央さん
         ・主演女優賞:永作博美さん

第24回日刊スポーツ映画大賞 新人賞:井上真央さん

第21回日本映画批評家大賞 監督賞:成島出さん

第66回日本放送映画藝術大賞・最優秀助演女優賞:小池栄子さん
             ・最優秀作品賞・最優秀脚本賞・最優秀音楽賞
             ・最優秀撮影賞・最優秀録音賞・最優秀音響効果賞

NHKのドラマ版でも
第27回 ATP賞テレビグランプリ2010にて、グランプリを受賞


受賞歴・あまりに多いので、文字を小さくしました^_^;




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_10




 待ってました!2014年の本屋大賞決定です


【第11回本屋大賞順位】

1位 『村上海賊の娘』 和田竜/新潮社

2位 『昨夜のカレー、明日のパン』 木皿泉/河出書房新社

3位 『島はぼくらと』 辻村深月/講談社

4位 『さようなら、オレンジ』 岩城けい/筑摩書房

5位 『とっぴんぱらりの風太郎』万城目学/文藝春秋

6位 『教場』 長岡弘樹/小学館

7位 『ランチのアッコちゃん』 柚木麻子/双葉社

8位 『想像ラジオ』 いとうせいこう/河出書房新社

9位 『聖なる怠け者の冒険 』森見登美彦/朝日新聞出版

10位 『去年の冬、きみと別れ』中村文則/幻冬舎

(WEB本の雑誌より)



5位・万城目学さんの『とっぴんぱらりの風太郎』と
9位・森見登美彦さん『聖なる怠け者の冒険 』が
私の手元にありますが、まだ未読です…^_^;

本屋大賞ノミネートされていたのは知っていたのですが
結果発表をみたら、
「寝かせている場合じゃないぞ!」という気になったので
そろそろ読み始めようかな。


1位 『村上海賊の娘』 和田竜さん、おめでとうございます。
「のぼうの城」も面白かったので
『村上海賊の娘』も読むのがとても楽しみです。


和田氏、本屋大賞受賞について
「この度は本屋大賞をいただきありがとうございました。
 資料読みから、シナリオ作成、執筆と4年間、
 苦労しながらやり続けてきました。
 この苦労が実ったというか...
 過大なご褒美をいただいたと思っています」
とコメントしていました。


本屋大賞を受賞した作品にハズレはないですからね。
私のように、
受賞を聞いて「読まなくちゃ!」って思う読者が
多数いるとおもうので、本屋大賞の力は絶大です


第1回本屋大賞からずっと、
読む本を選ぶ際の参考にさせてもらっていたので
今回の受賞作、1位~10位の本も、読みますよ~楽しみです(^_-)-☆





テーマ : 本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_09



東野圭吾さんの「赤い指」


5年前に読んだ本です。

何度かブログにUPしようと思い、記事を書きはじめるけど
内容の重さに打ちのめされ!?書き続けられず挫折…。

今回は、書き切ろうと思い…まずは本の感想から。

とにかく、読んでいて辛い

重すぎるテーマが、読者の心を押しつぶすほど…
フィクションなんだからね、と分かっていても
あまりの仕打ちに憤り、悲しみに言葉をなくしてしまう。

それでも、さすが東野作品です!

息もつかせぬたたみかけるようなストーリー展開で
読み始めたら頁を捲る手を止められません。



赤い指 BOOK

内容紹介(「講談社」より)

どこの家でも起こりうること。

だけどそれは我が家じゃないと思っていた。

平凡な家庭で起こった、2日間の悲劇

人は事件の裏側にある別のものを隠し、苦しんでいる。

加賀恭一郎は、その苦しみから救済し、人の心を解きほぐす。

「刑事の仕事は、真相を解明すればいいというものではない。
 いつ、どのようにして解明するか、ということも大切なんだ」

少女の遺体が住宅街で発見された。

捜査上に浮かんだ平凡な家族。

一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。

「この家には、隠されている真実がある。
 それはこの家の中で、彼等自身の手によって
 明かされなければならない」

刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意味は?

家族のあり方を問う直木賞受賞後第1作。




ドラマ化されました。


赤い指 ドラマ

(2011年の「TBS」新春SPドラマ紹介より)

スペシャルドラマ『赤い指』には原作同様、
元刑事である加賀恭一郎の父・隆正が登場。

加賀親子の間にある深い悲しみと愛情の物語とともに、
これまで決して明かされることのなかった“秘密”が
明らかとなる。

さらに、黒木メイサ演じる青山亜美と加賀の出会いや、
溝端淳平演じる加賀の従弟・松宮脩平が刑事になった理由、
そして加賀と松宮の“すれ違い”関係の謎など…
ドラマ『新参者』では知ることのできなかった
それぞれのキャラクターにまつわるエピソードも
ふんだんに盛り込まれる予定。

そして、今回加賀の前に立ちはだかるのは、
ある平凡な家庭に起こった悲劇―。

“家族”が最大のテーマとなる今回の作品。

「『本当の家族』のあり方とは一体何なのか」を
じっくりと考えさせられる奥深い作品となるに違いない。



加賀親子の最後の会話が、将棋のやり取りで
…それも第三者を介して
不器用で意固地なふたりが、貫き通した意思
でも最後にはその意固地さにも、ほろりとさせられました。

ここにも、もう一つの家族のあり方が描かれており
そこに、この物語の救いがある。

辛い物語でしたが、作品としては面白かったです。




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_08




有川浩さんの「塩の街」


本作は、有川さんのデビュー作であり、
自衛隊三部作の「陸」に当たります。

「塩害」によってすべてが塩で埋め尽くされようとした世界で
秋庭と真奈は出会った。
社会が崩壊した過酷な状況の中で
偶然出会った男と少女の恋愛物語。

【塩害について】(「Wikipedia」より)
この作品中での塩害は東京湾羽田空港沖に
建設中の埋め立て用地基礎に落下した、
巨大な塩化ナトリウムの結晶を視認したことにより
人が感染・塩化し、死に至る病が広がっていることを指す。

入江はこの巨大な結晶を「暗示性形質伝播物質」と呼び、
紛れもない生物だと明言している。

これに感染・塩化し、死に至った人間の亡骸である
「塩の柱」もこの病の感染源となる。

ただし直接的に塩を目視しない限り感染効果はなく、
そのためテレビ等では塩害にはならない。

斬新な設定でとても面白い物語。
デビュー作で、このクオリティの高さ。
有川さん凄いです!



塩の街 BOOK

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。

塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。

その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女。

男の名は秋庭、少女の名は真奈。

静かに暮らす二人の前を、さまざまな人々が行き過ぎる。

あるときは穏やかに、あるときは烈しく、あるときは浅ましく。

それを見送りながら、二人の中で何かが変わり始めていた。

そしてー「世界とか、救ってみたいと思わない?」。

そそのかすように囁く男が、二人に運命を連れてくる。

第10回電撃ゲーム小説大賞・大賞受賞作。

圧倒的な筆力で贈るSFラブ・ファンタジー



有川作品は、読後感が清々しい。
本作は、重く暗いテーマを扱った作品でしたが
やはり読み終えた後は、ここちよかったです。





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_07




万城目学さんの「鹿男あをによし」

本作はドラマを先に見ました。
ドラマ⇒本と読みましたが、文句なく面白い!

万城目さんのデビュー作「鴨川ホルモー」
奇想天外な作品でビックリしましたが
2作目の本作も、奇想天外さでは“負けていません!”

奈良の女子高に赴任した主人公の教師「おれ」が、
奈良公園の鹿に命を受け、
日本の滅亡を防ぐために奮闘するファンタジー小説。

そんな「おれ」が、ある朝起きて鏡を見ると、
そこには鹿が映っていた。
なんと、この鹿は「おれ」の服を着ているぞ!?

どこからこんな発想が出てくるのでしょう、面白すぎます(^^)


鹿男あをによし BOOK

内容紹介(「BOOK」データベースより)

大学の研究室を追われた二十八歳の「おれ」。

失意の彼は教授の勧めに従って奈良の女子高に赴任する。

ほんの気休めのはずだった。

英気を養って研究室に戻るはずだった。

渋みをきかせた中年男の声が鹿で話しかけてくるまでは。

「さあ、神無月だ―出番だよ、先生」。

彼に下された謎の指令とは?

古都を舞台に展開する前代未聞の救国ストーリー。



2008年フジテレビ系列でドラマ化されました。

鹿男あをによし ドラマ

この国を守るため、
愚かな人間たちのため、
愛する人のため、
“神々の使い”である動物たちとある儀式のため
“神に選ばれし普通の人間たち”が、
古の都に隣接する学校を舞台に繰り広げる、
1800年もの歴史を越えた、
大真面目なのになぜかおかしい
いまだかつてない壮大なストーリー。
 
キャスティングもよかったです。

本作の主人公・小川孝信〔あだ名:鹿せんべい〕⇒玉木宏さん

藤原道子〔あだ名:かりんとう〕⇒綾瀬はるかさん
※原作では男性で、藤原君25歳・歴史教師。

堀田イト(大和杯では剣道部大将を務める)
                 ⇒多部未華子さん

長岡美栄〔あだ名:マドンナ〕⇒柴本幸さん

小治田史明〔あだ名:リチャード〕⇒児玉清さん

キムラ緑子さん、佐々木蔵之介さん、篠井英介さん、他

特に、主人公の玉木宏さん、ナイスキャスティングでした。
綾瀬はるかさんの演じた藤原道子もスゴク良かったので
女性に変更して正解でしたね。

佐橋俊彦さんの音楽も秀逸でした。
テーマ曲と映像がベストマッチしていて
テーマ曲が流れるだけで、私の目の前を鹿が走っていく!?





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_06




 「体脂肪計タニタの社員食堂」


タニタの社員食堂のレシピ本が、
空前のベストセラーを記録!
映画では、タニタの社員食堂にまつわる実話を、
大胆に脚色し、優香さん演じる栄養士の春野菜々子が
社運を懸けた肥満社員たちのダイエットプロジェクトに挑む。

映画を観ていると無性にお腹がすいてくる!?
それでダイエット出来るのかな?
ミルフィーユもやたら美味しそうで^_^;

タニタのレシピ本が欲しくなりました。



体脂肪計タニタの社員食堂 MOVIE


そのレシピ本です。

体脂肪計タニタの社員食堂 BOOK続体脂肪計タニタの社員食堂 BOOK

他にも、「丸の内タニタ食堂」や
限定版のレシピ本も出版されています。



CDとのコラボ・レシピ本も出ていますよ。

体脂肪タニタの社員食堂 CD

レシピ本「タニタの社員食堂」や体脂肪計などで
健康をサポートする株式会社タニタと、
“心と身体にやさしい”音楽で、
快適なライフスタイルを提供する株式会社デラのコラボCD。

CDブックレットには、レシピ本未収録の新レシピを掲載。


タニタ レシピ 豆腐バーグ
タニタ レシピ 豚肉の香味炒め 

タニタのレシピカード付きのCD、興味あります。
“心と体に優しい音楽”って、どんな音楽なんだろう!?
ジョージ・ウィンストンのようなニューエイジ風?

それにしてもタニタすごいですね。
「丸の内タニタ食堂」も時間前から並んでいるほど
大盛況のようです。




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2014_04_05




吉田修一さんの「横道世之介」

原作を先に読んで、映画を見ました。
どちらが先がいいのかな?
もしかしたら、映画を先に見たほうが良かったかも^_^;

いや、原作⇒映画⇒原作がBEST!!かな。

大学進学のため上京した世之介の一年間を、
現在と過去をリンクさせて描いている。

学生時代の友人達が、世之介を懐かしんで思い出し
人のいい世之介が、皆の記憶の中で生き続け…。

世之介の平凡な日々が、美しく、そして切ない…。

登場人物が、とても魅力的でした!
特に祥子ちゃん、好きでしたね。


横道世之介 BOOK

内容紹介(「文藝春秋」より)

大学進学のため長崎から上京した横道世之介18歳。
愛すべき押しの弱さと隠された芯の強さで、
様々な出会いと笑いを引き寄せる青春小説の金字塔。


映画化されました。

横道世之介 MOVIE

解説(「allcinema」より)

「南極料理人」「キツツキと雨」の沖田修一監督が
吉田修一の同名小説を映画化した感動の青春ドラマ。

大学進学のため田舎から上京してきた
真っ直ぐで心優しい青年“横道世之介”が、
周囲の人々と織り成す決して特別ではないけれど
かけがえのない青春の日々を、
ユーモアと80年代ノスタルジーを織り交ぜ、
心温まるタッチで綴る。

主演は「蛇にピアス」「苦役列車」の高良健吾、
共演に吉高由里子、池松壮亮、伊藤歩、綾野剛。

長崎の港町で生まれ育った横道世之介、18歳。
この春、大学進学のために上京。

少々お人好し過ぎるものの、
明るく素直な性格で周囲の人々を魅了していく。

そんな世之介は、入学式で出会った倉持一平や
同級生の加藤雄介らと友情を育む一方、
年上の女性・片瀬千春に片思いをしたり、
あるいはお嬢様の与謝野祥子との間に
淡い恋が芽生えたりと大学ライフを謳歌していくのだが…。


沖田修一監督作品、何気ない心情表現が見事です。
本作でも、登場人物が生き生きと描かれ
とても面白く、そして心が揺さぶられました。

Cast絶妙でした。
原作を読んだイメージでは、私の中ではどちらかというと
池松壮亮さんが世之介だったのですが…
高良健吾さんの世之介、ナイスキャスティングでした。
さすが、沖田監督。

吉高由里子さんの祥子ちゃんもとてもキュートで
大人になった祥子さんとの演じ分けが、心にぐっときました。




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_04




東野圭吾さんの「使命と魂のリミット」


4年前に読んだ本です。

心臓外科を扱った物語だったので、
海堂尊さんの作品だとばかり思いこんでいて…^_^;
ブログに記事を書こうと調べ直したら、
本作「使命と魂のリミット」は、なんと東野作品でした。

“白鳥も、グッチーも出ていないのに気付けよ!!”

確かにギャグ?無しの、本格派医療ミステリーだったので…
どうして勘違いしたのかしら?


『笑顔で手術室に入った父は、冷たい骸となって戻って来た。
 誰も予想していなかった、術中死。
 さっきまで、あんなに元気だったのに――。
 それをきっかけに心臓外科医を目指した夕紀は、
 実は誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。
 その目的を果たすべき日に、
 手術室を前代未聞の危機が襲う!』

東野作品の持つ、鋭くエッジのきいたストーリー展開
過去への不信、疑惑が、現在の事件へと繋がっていく。
登場人物のからみ、筋立ても絶妙である。



使命と魂のリミット BOOK

あらすじ(「新潮社」より)

中学生のころに心臓手術の失敗により
父親を失った氷室夕紀。

彼女はそれをきっかけに自分も心臓外科医となることを
決意する。

その後帝都大学医学部を卒業した夕紀は現在、
同大学病院の心臓血管外科で研修医をしている。

目標に向けて一歩一歩進んでいる彼女の心のなかには、
しかしながら、別の想いも宿っていた。

彼女は父親の死に関して、ある疑いを抱いていたのだ。

その疑念もまた、
彼女を現在の場所に導いた一つの理由であった……。



2011年にNHK『土曜ドラマスペシャル』枠で
ドラマ化されました。


使命と魂のリミット ドラマ

番組紹介(「チャンネル銀河」より)

東野圭吾原作、石原さとみ×舘ひろし主演。

総額2億円の医療機器を配置した手術室セット等、
リアリティを追求し、
サスペンスならではの臨場感に満ちた作品であると同時に、
人命を救うことに情熱を傾ける医師たちの
感動のヒューマンドラマ。

自分の父が命を落とした大病院の研修医となった
ヒロイン(石原)と、彼女の父を殺したかもしれない医師(舘)。

病院を破壊するという脅迫状が続く中、
2人は心臓手術に臨む。
果たして爆破は起きるのか・・・。



ドラマも面白かったです。
特に、主演の石原さんの演技が良かった。
「失恋ショコラティエ」の紗絵子さんを演じた石原さん
同じ人が演じているのに、こうも変わるのか!
凄いですね!




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_03



百田尚樹さんの「永遠の0」


この本は電車の中では読めないです…。
特に後半部分は、号泣ものですよ(T_T)

20年程前に?、大岡昇平さんの
『俘虜記』『レイテ戦記』『野火』を読んで
陸軍兵士のあまりの悲惨さに衝撃を受け
戦争の惨さを感じることが出来たのですが…。
海軍兵士のおかれた状況はまるで知らず
本書を読んだことで、海軍兵士の悲惨さも
少しは知ることが出来たように思いました。

本書は、フィクションなので
史実通りでない部分もあったかもしれませんが
それでも、戦争を知らない世代の私達に
戦争について興味を持ち、学ぶきっかけを与えてくれる。
貴重な一冊です。



永遠の0 BOOK

内容情報(「BOOK」データベースより)

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。

そう言い続けた男は、
なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。

終戦から60年目の夏、
健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。

天才だが臆病者。

想像と違う人物像に戸惑いつつも、
一つの謎が浮かんでくるー。

記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

涙を流さずにはいられない、男の絆、家族の絆。



映画化されました。

永遠の0 MOVIE


解説

零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹さんのベストセラーを
山崎貴監督が映画化した戦争ドラマ。

祖父の歴史を調べる孫の視点から
“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、
現代と過去を交錯させながらつづっていく。

主人公の特攻隊員役に、岡田准一さん。
現代に生きる孫に三浦春馬さんがふんするほか
井上真央さんや夏八木勲さんなど
若手からベテランまで多彩な俳優が共演する。


あらすじ

祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父
宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。

進路に迷っていた健太郎は、
太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した
零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり
かつての戦友たちを訪ねる。

そして、天才的な技術を持ちながら
“海軍一の臆病者”と呼ばれ
生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を
健太郎は知ることとなり…。



原作を読んでいる時、私のなかでは、
宮部久蔵のイメージが岡田さんじゃなかったのですが…
映画の感想を読むと、岡田さん絶賛されていましたね。

NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」での岡田さんの演技も
とても素晴らしいので、映画も楽しみです。が…
実は、スピルバーグ監督の「プライベート・ライアン」を観て
あまりの映像にショックをうけ、トラウマに…!?
それ以来、戦争映画を映画館の大きなスクリーンでは、
観れなくなってしまったのです(>_<)

テレビの画面なら大丈夫なので、
「永遠の0」はDVDで見させてもらいます。







テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_02



劇団Studio Life 公演「トーマの心臓」


≪トーマの心臓 Story ~物語~≫

ドイツのギムナジウム(高等中学校)と寄宿舎生活を舞台にくり広げられる物語。


冬の終わりの土曜日の朝、一人の少年が自殺した。


彼の名はトーマ・ヴェルナー。

そして月曜日、一通の手紙がユリスモールのもとへ配達される。

「これが僕の愛、これが僕の心臓の音…」

トーマからの遺書だった。その半月後に現れた転入生エーリク。

彼はトーマに生き写しだった。

人の心を弄ぶはずだった茶番劇。

しかし、その裏側には思いがけない真実が秘されていた。



  トーマ<br />の心臓 イラスト

トーマの心臓 告知

≪トーマの心臓 CAST~出演者~≫
[A]アウスレーゼ:[S]シュペートレーゼ:[R]リースリング:[K]カビネット   

ユリスモール
   ⇒山本芳樹(A・S)/松本慎也(R・K)
エーリク
   ⇒及川健(A・S)/久保優二(R)/田中俊裕(K)
オスカー
   ⇒岩﨑大(A)/仲原裕之(S・R・K)
レドヴィ
   ⇒関戸博一(A・S・R・K)
アンテ
   ⇒宇佐見輝(A・S・R・K)
バッカス
   ⇒牧島進一(A・S)/原田洋二朗(R・K)
サイフリート
   ⇒青木隆敏(A・S・R・K)
ミュラー校長
   ⇒曽世海司(A・S・R・K)
ユヴァルツ
   ⇒楢原秀佳(A・S・R・K)
ヴェルナー氏
   ⇒山﨑康一(A・S・R・K)
ヴェルナー夫人
   ⇒石飛幸治(A・S・R・K)
緒方和也/澤井俊輝/鈴木翔音/若林健吾/千葉健玖/藤波瞬平 他

※A・S・R・Kのクアドラブルキャスト公演になります。
※出演者は都合により変更となる場合もあります。


『After The Graduation』

2003年に「トーマの心臓」の生徒役を卒業したスタジオライフのシニアを中心に
「トーマの心臓」のリーディングを行います。

■2014年6月10日(火) 開演19:00 ■17日(火) 開演 19:00 

<会場>紀伊國屋ホール

出演 
山﨑康一 笠原浩夫 石飛幸治 曽世海司 楢原秀佳 及川健 松本慎也 他


『Past & Future』大阪限定イベント!

■2014年7月12日(土) 開演19:00

<会場>梅田芸術劇場 シアタードラマシティ

出演  「トーマの心臓」出演者 笠原浩夫 他

(以上の記事は「スタジオ ライフ オフィシャル ホームページ」より、転載しました)


劇団Studio Life の「トーマの心臓」を過去に2度観たのですが、
萩尾望都さんの耽美的世界観を、見事に舞台化され
漫画から抜け出てきたような俳優陣に感動しました。

今回もチケットが確保出来れば、是非観に行きたいです(^^)


紀伊國屋ホール開場50年 紀伊國屋書店提携公演 
劇団スタジオライフ 舞台「トーマの心臓」は、
5月24日から6月22日に東京・紀伊國屋屋ホール、
7月11日から13日に大阪・シアタードラマシティで上演。
チケットは前売5,800円(税込)で4月13日発売。

≪以下の記事を追加しました≫
※e+★Studio Life 東京・大阪公演 プレオーダー受付のお知らせが
昨日私のメールに届いていました。(今日、気が付いた^_^;)

Studio Life 「トーマの心臓」 
東京・大阪公演 プレオーダー受付のお知らせ
プレオーダー受付:
4/1(火) 12:00 ~ 4/6(日) 18:00

一般発売:4/13(日) 10:00

ということで、私は本日申し込み完了しました。

詳細・お申込みは下記のURLからどうぞ
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002000927
P0050001P006001P0030183P0030184P0030185P0030186



≪追記≫
今日から4月なので、テンプレートを「いぬダルマ」から変更しました。



 2014_04_01




03  « 2014_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.