紅玉いづきさんの「サエズリ図書館のワルツさん1」です。


先に「サエズリ図書館のワルツさん②」を読んでしまった、
うっかり者の私^_^;
②が面白かったので、①も読みたいなと思っていて
やっと読みましたよ(^_^)v

①にも、素敵な言葉が、綺羅星のように散りばめられていて
一つ一つを書き留めていたくなるほど。


『今の教育はすべてカリキュラム化されているから。
 
 余分な知識を埋め込む場所がないんだ。
 
 でも、教育にも贅肉は必要なんだ。 そう思わない?』



サエズリト図書館のワルツさん BOOK

内容(「背表紙」より)

本が手の届かないほど遠くにあると思っていたこと。

本が母と娘を繋ぐ絆であったこと。

本が祖父への畏れであり、
忘れ得ぬ思い出であったこと。

そして、強すぎる願いゆえに、
たった一冊の本すら手放せないこと。


そこにあるすべての本には数えきれない“想い”があり、
そこに集うすべての読者にはその数だけの“物語”があった。


さえずり町のサエズリ図書館。

それは本の“未来”が収められた、
美しく、不思議な図書館。


紅玉いづきが詠う、すべての書物への未来譚_。

あなたにとっての大切な一冊は、きっとここでみつかる。


「だって、みんな、本を愛していらっしゃるでしょう?」



ワルツさんをはじめ、登場人物のキャラクターがいいですね。

無愛想だけど心優しいタンゴ君や、
低い声の有能な正職員サトミさん

常連の、上緒さん、岩波さん、古藤さんetc…



いま、データベース化はあたりまえ。
日常生活の中で手軽に使えるデータは本当に便利だ。
検索をかけるだけで、答えに導いてくれる。

でも、簡単に答えだけ得てもね…

本は確かに嵩張るし、重いし
でも、私はこれからも電子書籍では読まないかな…

本書では、本のおかれる未来が描かれているけど
そうならないよう心から願ってやみません。

図書館は、癒しの場所。

本屋さんは、オアシス。

家の本棚は、思い出の住処。

紙の書籍だからいいのよね。





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2014_03_10




02  « 2014_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.