紅玉いづきさんの「サエズリ図書館のワルツさん2」です。


全ては一瞬のうちに消えた。

あの日。

ピリオドと呼ばれた…人類史上最大の人災
三十六時間だけの、戦争が全てを奪ったのだ。

『国会図書館は焼けたよ』

呆然としていた彼に、誰かが言った。

『でも安心しろ』

『データは残った!データがあってよかったな!』

…物語はピリオド後の世界。

全てが電子化された日常の中で
稀少価値のある紙の本を、膨大に所有する
「サエズリ図書館」でのお話。

チドリさんⅠ・Ⅱ・Ⅲと、
サトミさんの短編が収められている

サトミさん編では
サトミさん、そうくるの!!
おもわずニッと笑ってしまいました。(^^)

チドリさん編では、ハッとさせられる言葉が随所に
散りばめられ、思わず唸ってしまう。

「そういう漠然とした悲しみや寂しさに、本は効くと思うんだよ」

「本が薬になるとしたら」

「わたしはもう、とうの昔に中毒なのでしょうね」

なるほど_。

私も同じ部類に入るかも?

自称、活字中毒!?

本に、救われ、癒されたことって
想えば数えきれないほどあります。

感謝ですね。



サエズリ図書館のワルツさん2 BOOK


内容(背表紙より)

就職活動に全敗し、頼みの綱でもあった
「LB(リストベース)管理者採用試験」も
体調不良による棄権を余儀なくされた千鳥さん。

ただ、自分にとっての天職を見つけたいだけなのに…。

自分に自信がなく、といって好きなことも思い浮かばず、
回復しない体調に苛立ちながら、なやみ、
うなだれていた彼女に差し伸べられたものは、
人々の羨望を集めた“神の手”を持ちながらも、
紙の本が稀少化したこの世界に絶望した、
ひとりの“図書修復家”の手だった__。

“本の未来”が収められた、美しく、不思議な図書館を、
紅玉いづきが紡ぐ待望の第二弾。



待望の第二弾!?

私、第一弾まだ読んでいない…^_^;

タイトルにつられて、おもわず手にした本なので
2の数字を見落としていた(T_T)

「サエズリ図書館のワルツさん1」も読まなくては!

ワルツさんのことを、もっと知りたいので
読むのが楽しみです。





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2014_02_14




01  « 2014_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.