東野圭吾さんの「プラチナデータ」


全国民のDNAを解析し、国が管理する。

「プラチナデータ」想像するだけで、すごく怖い話…。


なぜか、映画「未来世紀ブラジル」を思い出してしまった…。内容はまるで違うけど…犯人と決めつけられたら
逃げられない!その恐怖感が近かった!?


東野さんは「映画化を前提に小説を書く」ということで
執筆を始めたそうですが、執筆の過程で行き詰まり、
映画とのコラボレーション企画を一旦断念。
再度、自身が描きたかった物語を見つめなおし
描き切ったのが本作だそうです。

ストーリー展開がスピーディですごく面白かったです!



プラチナデータ BOOK



内容情報(「BOOK」データベースより)

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA捜査システム。

その開発者が殺害された。

神楽龍平はシステムを使って犯人を突き止めようとするが、コンピュータが示したのは何と彼の名前だった。

革命的システムの裏に隠された陰謀とは?

鍵を握るのは謎のプログラムと、もう一人の“彼”。

果たして神楽は警察の包囲網をかわし、
真相に辿り着けるのか。



映画化もされました。


プラチナデータ MOVIE


【プラチナデータ】から犯人を特定する
最先端のDNA捜査が可能になり、
検挙率100%、免罪率0%の社会が訪れようとしていた。

神楽龍平(二宮和也)は警視庁の科学捜査機関
『特殊解析研究所』に所属する、天才科学者。

いくつもの難事件を解決してきた彼は、
DNA捜査の重要関係者が殺される
連続殺人事件を担当することに。

しかし、わずかな証拠からDNA捜査システムが
導き出した犯人は、なんと、神楽自身だった_。

まったく身に覚えがない神楽は逃亡を決意。

“追うもの”だった神楽は自ら作り出したシステムによって
“追われる者”に。

神楽を追うのは、
警視庁捜査一課の辣腕刑事・浅間玲司(豊川悦司)。

現場叩き上げとしてのプライドを持つ百戦錬磨の浅間は、
逃げる神楽を徹底的に追い詰める。

そして、容疑者・神楽がもう一つの人格
“リュウ”を持つことを知る_。

神楽は、白か黒か?

信じられるのは科学か、自分自身か?

それは人類の希望か、絶望か_。 (公式サイトより)




最初は、原作の神楽と二宮さんのがイメージが
しっくりこなかったのですが、
神楽とリュウの演じ分けなど繊細な演技が素晴らしく、
最後の方になると、イメージ云々はどうでもよくなりました。

映画と原作では設定が違うのですが、水上洋二郎教授も
鈴木保奈美さん演じる水上江利子教授で
女性に変わっていたり、等々…でも、映画も面白かったです。

DNA解析所や蓼科早樹・蓼科耕作の研究書、隠れ家、
水上教授の研究書、映像&セットが綺麗~!


豊川悦司さんの浅間刑事、渋くてかっこよかったですよ!





テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
 2014_01_24




12  « 2014_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.