恩田陸さんの「夢違」


この本を読んだとき萩尾望都さんの「バルバラ異界」を
思い浮かべた。

二作品ともに、「夢」をキーワードに物語が進んでいく
斬新な発想が面白い!


恩田さんの夢の物語は、現代の日本を舞台に
描かれている。


夢判断の仕事をしている浩章のもとに、
小学校から仕事の依頼がきた。

子供たちが集団で悪夢に悩まされているというので、
子供たちの「夢札」をひいて原因を突き止めてほしい
ということらしいが…。

その夢のなかに、浩章の兄の婚約者だった古藤結衣子の顔が出てきた。


ー彼女は十年以上も前に死んでいるのに…。


ファンタジーとミステリー、そしてホラーがミックスされている物語です。

恩田ワールドの好きな方はきっとハマりますよ。

謎めいた結衣子の描き方にグイグイと引き込まれ、
あっという間に最後の頁をめくっていた。

ただ読み終えた後、不思議感&疑問が少し残りましたが…。

でも面白いことには変わりありません。




夢違い BOOK



あらすじ(角川書店より)

夢を映像として記録し、デジタル化した「夢札」。

夢を解析する「夢判断」を職業とする浩章は、
亡くなったはずの女の影に悩まされていた。

予知夢を見る女、結衣子。

俺は幽霊を視ているのだろうか?

そんな折、浩章のもとに奇妙な依頼が舞い込む。

各地の小学校で頻発する、集団白昼夢。

狂乱に陥った子供たちの「夢札」を視た浩章は、
そこにある符号を見出す。

悪夢を変えることはできるのか。

夢の源を追い、奈良・吉野に向かった浩章を待っていたものはー。



ドラマ化もされています。

タイトルは違いますが「悪夢ちゃん」

悪夢ちゃん ドラマ


ストーリーは原作とかなり違っているので
(子供向けに編集されている)
主人公も北川景子さんが演じる小学校の先生・武戸井彩未に変更されている。

彩未のクラスに、悲惨な未来を予知する
悪夢を視ることができる古藤結衣子が転校してくる。

結衣子はまだ小学生、という設定なので、
小説の主人公・浩章は出てきません。



まったく別物のドラマだと思えば面白いのかな?

ただ恩田ワールドは感じられなかったですね…残念(>_<)




http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-2299.html




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_01_17




12  « 2014_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.