重松清さんの「きみの友だち」


『友だち?他人だよ、そんなの。

 でも特別な他人。

 うっとうしくて、面倒くさくて、ややこしくて。

 だからー大切な他人。』


『「西村さんは、友だち、たくさん欲しいでしょ」

 きみが答える前に恵美ちゃんは

 「私は違う」と言った。

 「いなくなっても一生忘れない友だちが一人いればいい」

 「一生忘れたくないからたくさん思い出、ほしい」…。』


物語の中でのワンシーンですが、
綺羅星のような素敵な言葉が、
あちらこちらに散りばめられています。 




きみの友だち BOOK

内容(新潮社文庫より)

わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる__。

足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、
ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。

学校の人気者、ブンちゃんは、
デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない…。

優等生に、ひねた奴。

弱虫に、八方美人。

それぞれの物語がちりばめられた、
「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。



一番大切なものを描き切った、珠玉の物語です。


映画化もされています。


きみの友だち MOVIE


足の不自由な和泉恵美役を、石橋杏奈さん

病気がちな楠原由香役を、北浦愛さん

恵美たちのクラスメイト花井恭子役を、吉高由里子さん

大人になった恵美の婚約者・中原役を、
福士誠冶さんが演じています。


映画もとても面白かったです。

静かな映画ですが心に沁みるいい映画でした。


観るときは、ハンカチの準備必須です!





テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_01_09




12  « 2014_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.