東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」
     ―「ガリレオ・シリーズ」の大傑作です!

・第134回直木賞受賞
・第6回本格ミステリー大賞受賞
・このミステリーがすごい!2006 1位
・2006年本格ミステリー・ベスト10 1位
・2005年週刊文春ミステリー・ベスト10 1位



慟哭しました…小説を読んでこんなにも泣けるのかと思えるほど…。

数学者としての人生に絶望していた石神、
その石神が再び生きる希望を見出したのは、
隣に引っ越してきた母娘の存在だった。




容疑者Xの献身 BOOK

あらすじ(文芸春秋より)

天才数学者でありながら不遇な日々を送っていた高校教師の石神は、
アパートの隣室に一人娘と暮らす靖子に秘かな想いを寄せていた。

靖子は、元夫の富樫にしつこくつきまとわれ、
発作的に自室で彼を殺してしまう。

警察への自首を覚悟した靖子だったが、殺害に気づいた石神は、
彼女たちを救うため、完全犯罪を企てる。

そして、靖子にこう言うのであった。

「私の論理的思考にまかせてください。」

草薙刑事から事件のあらましを聞いた帝都大学理学部の助教授
ガリレオこと湯川学は、関係者の中に
懐かしい名前が混じっていることに気づく。

帝都大学の同級生で、湯川が唯一天才と認めた男、石神哲也だった。



あまりにも哀しすぎるトリック…それゆえにその結末に言葉を無くす__。


映画化もされました。


容疑者Xの献身 映画


福山雅治さんの湯川先生、はまり役でしたね!

実際に湯川学が存在しているのでは?と思わせてくれるほど!

石神役の堤真一さん、凄かったです!!
言葉に表せないほど、堤さんの石神に感動しました。

靖子役の松雪泰子さん、綺麗でした。
石神が一目惚れするのも無理ないです!

柴咲コウさんが歌った主題歌「最愛」にも泣かされました。

福山さんがセルフカバーした「最愛」も大好きですが、
映画のエンドロールでの柴咲「最愛」優しく心に沁みました。



「容疑者Xの献身」…映画上映後、すぐ席を立てなかったです…
(目が真っ赤で…^_^;)

それにしても、石神さんの「献身」哀しすぎ_。
本を先に読んで、エンディングを知っていたのに…号泣しました。






テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
 2014_01_04




12  « 2014_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.