【田口・白鳥シリーズ】の第3弾は、
 「ジェネラル・ルージュの凱旋」です。



「ナイチンゲールの沈黙」と「ジェネラル・ルージュの凱旋」は、
ストーリーが同時進行している。

本作の舞台は、救命救急センターを中心に描かれており、
日本の救急医療の置かれている現状を、
少なからず垣間見ることができるのでは…?

ドクターヘリの必要性を説く速水と、
財政面で導入を渋る事務局、
…医療問題、収賄事件、大災害パニック…
あらゆる要素がつまった、読み応え抜群の物語です。



ジェネラルルージュの凱旋 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、
伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、
不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、
一枚の怪文書が届いていた。

それは救命救急センター部長の速水晃一が
特定業者と癒着しているという、匿名の内部告発文書だった。

病院長・高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、
倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田による嫌味な介入や、
ドジな新人看護師・姫宮と厚生労働省の“火喰い鳥”白鳥の登場で、
さらに複雑な事態に突入していく。

将軍(ジェネラル・ルージュ)の異名をとる速水の悲願、
桜宮市へのドクターヘリ導入を目前にして
速水は病院を追われてしまうのか…。

そして、さらなる大惨事が桜宮市と病院を直撃する。




ドラマ、映画化もされています。


ジェネラルルージュの凱旋 映画 ジェネラルルージュの凱旋 ドラマ



速水晃一を、ドラマでは西島秀俊さん、
映画では堺雅人さん
(二人とも、今、最も旬の素晴らしい俳優さんですね。)

救命救急センター看護師長の花房美和を、ドラマでは白石美帆さん、
映画では羽田美智子さんが演じています。


他、メインキャストの面々は前シリーズと同じです。


ドラマ版では、連続ドラマ終了後、SP版も放送されました。

映画・ドラマ(SPドラマ)ともに、
とても見ごたえがあり、面白かったです。

特に、速水役のお二人最高でした!!


(ストーリーは、原作と若干違う部分もありますが…。)



テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
 2013_12_29




27日に無事大掃除を終えたので、ご褒美に?
 28日はクラシック・コンサートへ行ってきました。

久々にオーケストラ演奏を生で聴けて嬉しかったです。

やっぱり生はいいですね!


演奏曲目は、

「交響曲 弟9番 ニ短調 作品125」 L.V.Beethoven 

(ベートーヴェンの交響曲の中では、
 第5番「運命」と並び、とても有名な曲)
第4楽章のソリストが、とても素晴らしかったです。


他にも、普久原恒夫・作曲の「芭蕉布」、
モーツァルトの「ピアノ協奏曲 第21番 K.467 ハ長調」
の演奏もあり、とても楽しめました。





ベートーヴェンの「第9」は、
大好きなのでCDを数種類持っていますが、
カラヤン:ベルリンフィル版、何度聴いても感動します。


第9 CD

カラヤン:ベルリンフィルは、DVDもお薦めですよ!まさしく芸術!!




テーマ : クラシック    ジャンル : 音楽
 2013_12_29




11  « 2013_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.