佐々木譲さんの「警官の血」


警官家族の三代にわたる歴史を描いた「警官の血」


昭和の警察内部を描いている本書
推理サスペンスだけでなく、
その時代に生きる人々の息遣いや
時代背景もしっかりと描かれ、
ノスタルジックで面白かったですよ。


警官の血 上巻
警官の血(上) BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

帝銀事件が世を騒がせた昭和23年。

希望に満ちた安城清二の警察官人生が始まった。

配属は上野警察署。

戦災孤児、愚連隊、浮浪者、ヒロポン中毒。

不可解な「男娼殺害事件」と「国鉄職員殺害事件」。

ある夜、谷中の天王寺駐在所長だった清二は、
跨線橋から転落死する。

父の志を胸に、息子民雄も警察官の道を選ぶ。

だが、命じられたのは北大過激派への潜入捜査だった。

ブント、赤軍派、佐藤首相訪米阻止闘争、
そして大菩薩峠事件―。

騒然たる世相と警察官人生の陰影を描く、大河小説の力作。



警官の血〈下〉
警官の血(下) BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

安城民雄は、駐在として谷中へと還ってきた。

心の傷は未だ癒えてはいない。

だが清二が愛した町で力を尽くした。

ある日、立てこもり事件が発生し、
民雄はたったひとりで現場に乗り込んだのだが―。

そして、安城和也もまた、祖父、父と同じ道を選んだ。

警視庁捜査四課の一員として組織暴力と対峙する彼は
密命を帯びていた。

ミステリ史にその名を刻む警察小説、堂々たる完結篇。



ドラマ化されました

警官の血 ドラマ


昭和23年、安城清二は上野警察署の巡査になる。
ある日男娼のミドリが上野公園の不忍池で扼殺体で発見される。
事件は未解決のまま、4年の歳月が過ぎ…。

昭和28年1月、自宅の長家の近所にある谷中墓地で、
若い国鉄職員・田川克三の遺体が発見される。
その死に様はミドリの事件を清二に否応なく思い出させた。
清二が独自に行った聞き込みで、
2人が警察官と接触していたことを知る…。


(CAST)
安城清二⇒江口洋介

安城民雄⇒吉岡秀隆

安城和也⇒伊藤英明

早瀬勇三⇒椎名桔平

香取茂一⇒益岡徹

窪田勝利⇒甲本雅裕



ドラマ版もよかったのですが

やはり佐々木さんの文章の持つ力強さか

佐々木さんの描く警察小説
その時代の空気まで感じられるように
緻密に描かれ、臨場感溢れていて
原作の方がより面白かったです。






テーマ : **本の紹介**    ジャンル : 本・雑誌
 2014_05_17




09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.