水森サトリさんの「星のひと」


表紙の美しさと、タイトルに惹かれて手に取った本です。

水森さんの本を読むのは初めてでしたが
とても爽やかな読後感で面白かったです。

本書は、4つの短編からなる連作小説で
内容的に対象年齢はYAだと思いますが、十分に楽しめました。
大人の方にもお薦めです。


第19回小説すばる新人賞受賞第一作


星のひと BOOK

あらすじ

ありふれた住宅地に落ちた隕石が、
孤立した人々に与えた一瞬の逢瀬。

夜明け前の住宅街に隕石が落下。

その日から人びとの日常は変化し始める。

星が引き寄せた、隕石が落ちてくるよりも、
もっと大きな奇跡の物語。

生の輝きを、みずみずしくうたいあげる連作集。

特別な存在でありたいと願う中3のはるき。

ある日、同級生の草太の家に隕石が落ちたことに嫉妬して、
UFOが呼べると言ってしまい…。

生の輝きを描く連作集。




隕石が落ちたエピソードを
それぞれの章の主人公の視点で描いている。


『ルナ』
 本章の主人公はるきは、亜子や七海と仲良しグループ!?
 学校生活の命綱を守るために自分自身を偽り
 無理していることへの不快感で、いつもイライラしていた。
 亜子の好きな草太が、はるきに笑顔を向けたり
 話しかけたりすることにも素直に答えられない…。
 そんな少女のツッパリが青春でいいね(^^)
 それにしても
 草太の「家に隕石が落ちてきた」に対抗して
 「私、UFOが呼べる!」とは…はるきどうする?

『夏空オリオン』
 草太君のお父さん、草一郎さんと
 お母さん、幸恵さんのお話。
 両親の影響が草太の影に 
 でも草太の優しさは、
 父からの贈り物!?
 「人殺し!」発言で草太を救った
 ビビアンが草一郎を訪ねてくる。
 
 
『流れ星はぐれ星』
 草一郎さんの実家の隣に住んでいた
 元耕平君(現ビビアン)のお話。
 草一郎さんに思いを寄せていた
 草太君の命の恩人
 今は、ニューハーフのビビアンが
 草一郎に会いに行く_。
  

『惑星軌道』
 行方不明になった草太と高宮くんを
 皆で一致団結して探しだすお話。
 それにしても、こんな大変な目にあっているときにも
 はるきが「高宮君」の名前を読んだって
 いじける?草太くん
 可愛いです(^^)
 
 
 
本作品、登場人物がいいですね
重たいテーマを、優しく爽やかに変えてくれた
キャラクターたちの力は大きいです。


 



テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_27




08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.