「アイネクライネナハトムジーク」


伊坂幸太郎×斉藤和義。
この2人の奇跡のコラボから生み出された同名連作小説を、
今泉力哉監督が映画化した恋愛群像ドラマ



アイネクライネナハトムジーク


マーケティングリサーチの会社に勤める佐藤。
ある日彼は、仙台駅前で街頭アンケートの調査中、
そこでギターの弾き語りに耳を傾けていた若い女性とふと目が合う。
思い切って彼が声を掛けると、彼女はアンケートに協力してくれ、
こうして佐藤と紗季の2人は、奇妙な出会いを果たす。
本来、劇的な運命の出会いを待ち望んでいた佐藤は、
既に妻子を持つ友人の織田や会社の上司・藤間らに、
出会いについてのアドバイスを求めるのだが…。



制作年/2019
内容時間/120分

監督/今泉力哉
脚本/鈴木謙一
撮影/月永雄太
音楽/斉藤和義

(CAST)
佐藤/三浦春馬
本間紗季/多部未華子
織田一真/矢本悠馬
美奈子/貫地谷しほり
藤間さん/原田泰造
織田由美/森絵梨佳
織田美緒/恒松祐里
久留米和人/萩原利久
ウィンストン小野/成田瑛基
亜美子/八木優希
斉藤/こだまたいち
板橋香澄/MEGUMI
久留米邦彦/柳憂怜
久留米マリ子/濱田マリ
青年/藤原季節
少年/中川翼
女子高生/祷キララ
セコンド/伊達みきお(サンドウィッチマン)
セコンド/富澤たけし(サンドウィッチマン)


ベストセラー作家・伊坂幸太郎さんと
人気ミュージシャン・斉藤和義さんによって誕生した小説
「アイネクライネナハトムジーク」は
かねてより斉藤ファンを公言していた伊坂さんが、
斉藤さんからの作詞のオファーに「小説なら」と短編を書き下ろし
それに新曲で応えた 斉藤さんの作品に再び伊坂さんが短編を書くという
夢のようなコラボで生まれた奇跡の作品です

伊坂幸太郎さんの作品はほぼ欠かさず読んでいるので
もちろん映画の原作小説「アイネクライネナハトムジーク」も読みました
最初タイトルを見て“モーツアルトの曲!?”と思いましたが
斉藤さんの曲をイメージして書かれ短編小説集ということで
小曲集からきているのかと納得

原作を読んだ時にも感じたことですが
伏線の張り方&回収の仕方がお見事でしたね
映画ではオムニバスではなく1つの物語になっていたので
(小説では短編集)映画化するのは難しいのかな?と
でもさすが今泉監督!バラバラのピースを上手くまとめ
心温まるステキな作品に仕上げていました

キャストもナイスキャスティングで
特に佐藤役の三浦春馬さんと紗季役の多部未華子さん
二人の出会いのシーンがとてもステキでした

心温まるエピソードを綺羅星のように散りばめた映画
「アイネクライネナハトムジーク」でしたが
中でも佐藤の友人・織田一真の(恋愛論)うんちくが?心に響きました(笑)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_11_25




「屍人荘の殺人」


今村昌弘さんのベストセラー小説を
神木隆之介さん、浜辺美波さん、中村倫也さん共演で
「仮面病棟」の木村ひさし監督が映画化


屍人荘の殺人


神紅大学ミステリー愛好会の葉村と明智は
学内の事件の謎を解く、自称“ホームズとワトソン”。
だが、葉村はミステリー小説オタクなのに推理が当たらず、
まるで明智の助手だった。
そんな彼らの前に謎の女子大学生探偵・比留子が現われ、
ロックフェス研究会の合宿への参加を持ち掛ける。
部員宛てに謎の脅迫状が届き、去年の参加者に
行方不明の女子部員がいたことを聞いた葉村と明智は、
比留子とともに合宿所のペンションに向かう。



制作年/2019
内容時間/121分

監督/木村ひさし
脚本/蒔田光治
撮影/葛西誉仁
音楽/Tangerin House
主題歌/Perfume「再生」

(CAST)
葉村譲/神木隆之介
剣崎比留子/浜辺美波
明智恭介/中村倫也
進藤歩/葉山奨之
重元充/矢本悠馬
静原美冬/山田杏奈
管野唯人/池田鉄洋
立浪波流也/古川雄輝
七宮兼光/柄本時生


神木隆之介さんをはじめキャストが良かったので
HDDに予約録画して観ました

実は、今村昌弘さんの原作を読んでいたのですが
読んだことを忘れていて・・・^^;
映画を見ながら“どうして先が分かるのかな?”と不思議で
私にしては珍しくかなり詳細に覚えていたのよね^^;
それで読書履歴のブログでチェックしたら19年6月に読んでいた!
原作を読んだ時にも感じた驚きは映画でも変わらず

NHKで放送中の木村ひさし監督のドラマ『タリオ』も観ていますが
本作で浜辺美波さん演じる比留子のキャラと
『タリオ』の白沢真実がかぶっている!?
仲間由紀恵さんが出演していた『トリック』の山田奈緒子とも同じ匂いが!?
しばらくは浜辺美波さんはこの手の役柄が続きそうですね(^^)

木村監督のドラマ『トリック』はもちろん『民王』『99.9』など、面白い作品だらけ!
『おカネの切れ目が恋のはじまり』も木村監督でしたね
映画もいいのですが、これからも面白いドラマ期待しています!



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_11_11




「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」


沖縄にある美ら海水族館で実際に行なわれた
世界初の人工尾びれプロジェクトを、
同水族館の全面協力で前田哲監督が映画化。


ドルフィンブルーフジ、もういちど宙へ


青年獣医の植村は世界最大級を誇る美ら海水族館で働くことに。
海獣課に配属になった彼はイルカの餌になる魚のひれの切り落としや
プールの掃除を一日中させられたり、たたき上げの先輩飼育員・比嘉と
激しく対立したりと不満がたまる毎日を過ごす。
ある日、バンドウイルカのフジが原因不明の病気で
尾びれが壊死する事態になり、尾びれを切る手術が施される。
植村はフジを再び泳がせるべく、人工の尾びれを作る計画を立ち上げる。



制作年/2007
内容時間/105分

監督/前田哲
脚本/川嶋澄乃
脚本/松本稔
脚本/前田哲
撮影/笠松則通
音楽/上野洋子

(CAST)
植村一也/松山ケンイチ
玉城ミチル/高畑充希
日下部七海/永作博美
福原謙三/山崎努
比嘉剛/池内博之
仲村圭一/利重剛
須藤勇治/田中哲司
玉城のオジイ /上間宗男


13年前の映画なので出演者の皆さま若い!
ミチル役の高畑充希さんは中学生?
ミチルは少年のような影のある可愛い女の子で
フジとのシーンがとても印象的でステキでした

主演の獣医師・植村一也役の松山ケンイチさんは
あまり変わらない(少し細めですが)
かなり細めの田中哲司さん、最初は気付かなかった(笑)
(今は恰幅がありすぎて・・・!?)
ブリジストンでフジの尾ひれを作った須藤役
かなり重要な役柄でしたが・・・細い田中さんを見ていると
今の田中さんのイメージが浮んできて映画の内容に集中できない
しつこいですね・・・^^; スミマセンm(_ _)m
須藤さんが頑張ってくれたのでフジもジャンプ出来ました!

美ら海水族館に行くときは毎回イルカショーも見るのですが
(美ら海水族館になる前の海洋博でのオキちゃん劇場から見てます!)
フジがブリジストン製の尾ひれを装着して泳ぐ姿を見て
心が震えるほど感動したことを今でもはっきりと覚えています

「 ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」
フジ、人工尾ひれで今も天国でジャンプしているかな?



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_10_30




「決算!忠臣蔵」


『忠臣蔵』の物語を、“予算”という角度から読み解いた
歴史学者・山本博文さんの著書を
『殿、利息でござる!』の中村義洋監督が映画化


決算!忠臣蔵


幕府の重臣・吉良上野介に切りかかった
赤穂藩主・浅野内匠頭は即日、切腹させられる。
藩はお取り潰しになり、家老の大石は
幼なじみの勘定方・矢頭に力を借りて
残務整理の日々を過ごす。
御家再興の道が閉ざされた彼らに残された希望は
宿敵・吉良邸への討ち入りだが、
討ち入りには費用が必要で、使える予算は
現在の貨幣価値に換算すると9500万円
生活費や食費、家賃、江戸往復など、
お金が出ていくばかりで、大石は頭を抱える



制作年/2019
内容時間/126分

監督/中村義洋
原作/山本博文
脚本/中村義洋
撮影/相馬大輔
音楽/高見優

(CAST)
大石内蔵助/堤真一
矢頭長助/岡村隆史
大高源五/濱田岳
不破数右衛門/横山裕
大石理玖/竹内結子
瑤泉院/石原さとみ
浅野内匠頭/阿部サダヲ
大野九郎兵衛/西川きよし


「決算!忠臣蔵」、正しくタイトル通りの映画でした
赤穂浪士たちが討ち入りまでに使った費用
金額をただ知らせるための映画(笑)
それもクライマックスの討ち入りシーンが・・・
本来の忠臣蔵を楽しみにしていた方からはクレームがでるのでは?
でも日本人ならほとんどの人が知っている話なので
討ち入りシーンほぼカットもありかな!?

これまでに忠臣蔵を描いたドラマや映画は沢山ありますが
討ち入りまでの費用に視点を置いた斬新な忠臣蔵
意表を突いて面白かったです
それにしても3月討ち入り予定がお金がなくて12月?
本当かな?
山本博文さんの原作本も読みたくなりました



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_10_26




「長いお別れ」


直木賞作家・中島京子さんの実体験に基づく小説を
『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野監督が映画化


長いお別れ


東家の父親・昇平の70歳の誕生日、母親・曜子に呼ばれ、
結婚して米国で暮らす長女の麻里、
独立して暮らす次女の芙美が集まった。
そこで昇平が認知症であることを知らされた娘2人はショックを受ける。
それから昇平と曜子、娘2人の生活が始まった。
次第に記憶を失い、突飛な行動を起こす昇平に家族は翻弄されるが、
一方でそんな状態でも変わらない昇平の愛情にも気付かされていく。
やがて、昇平との別れの時が近づき……。


制作年/2019年
内容時間/128分

監督/中野量太
原作/中島京子
脚本/中野量太
脚本/大野敏哉
撮影/月永雄太
音楽/渡邊崇

(CAST)
東芙美/蒼井優
今村麻里/竹内結子
東曜子/松原智恵子
東昇平/山崎努
今村新/北村有起哉
磐田道彦/中村倫也
今村崇/杉田雷麟
少年期の今村崇/蒲田優惟人


1999年に放送されたNHK朝ドラ 『あすか』でのヒロイン役で
竹内結子さんの天使のような笑顔に癒やされ
それ以来竹内さんの出演するドラマや映画をチェックするようになりました
『ランチの女王』での麦田なつみの可愛い笑顔
映画『春の雪』のヒロイン綾倉聡子の輝くような美しさ
どの作品に出演しても竹内さんはとても印象的で
沢山の映画やドラマで楽しませてもらえました
多くの素晴らしい作品を残して下さり本当に有り難うございました
竹内結子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます


映画「長いお別れ」や「決算!忠臣蔵」
WOWOWで放送された竹内さん出演映画を
HDDに録画していたのですがなかなか観ることが出来ず・・・
・・・でもやっと観ることが出来ました

映画の中での麻里の笑顔を見て涙が溢れてきましたが
それでもとても素晴らしい作品だったので
最初から最後まで心から映画の世界を楽しめました

芙美役の蒼井優さんのナチュラルな演技が素晴らしい!
山崎努さんと松原智恵子さんが演じた東夫妻もステキで
山崎さんのおとぼけシーン(認知症)ではクスッと笑え
松原さんのおっとりしているけど何事にもめげない逞しさに
見ているだけで元気をもらえました
そんな母の生き様が芙美や麻里の柔軟な強さに繋がっているのかな
人生いろいろあって悩み多い芙美や麻里だけど
ラストシーンでは山をひとつ乗り越えたのでは?
そう思えるラストでした

タイトルの「長いお別れ」
認知症を煩った父との別れを迎えるまでの7年間
ゆっくりと時間をかけ家族との長いお別れをしていたんですね
とても優しい気持ちになれる素晴らしい映画でした



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_10_23




10  « 2020_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.