百田尚樹さんの「海賊と呼ばれた男」


出光興産の創業者・出光佐三さんをモデルにした
ノンフィクション・ノベル


海賊と呼ばれた男 上下巻


海賊とよばれた男(上)

一九四五年八月十五日、
敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。
男の名は国岡鐡造。
出勤簿もなく、定年もない、
異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。
一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、
借金を負いつつも、店員の一人も馘首せず、再起を図る。
石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。


海賊とよばれた男(下)
敵は七人の魔女、待ち構えるのは英国海軍。
ホルムズ海峡を突破せよ!
戦後、国際石油カルテル「セブン・シスターズ」に蹂躙される日本。
内外の敵に包囲され窮地に陥った鐡造は乾坤一擲の勝負に出る。
それは大英帝国に経済封鎖されたイランにタンカーを派遣すること。
世界が驚倒した「日章丸事件」の真実。


「海賊と呼ばれた男」第10回本屋大賞受賞作品
その当時うちのが購入した本です。
私は、岡田准一さん主演の映画版を先に観たので
本は暫くいいかな?と後回しに…
(読みたい本が次から次に出てくるので
積み本はどうしても後回しになるのよね^_^;)
でも、読み終えた本が段ボール3箱になったので
急遽本を整理することになり
BOOK○○が来る前にと慌てて読みました^_^;

本書を読んで感じたことは小説ではなく
どうせなら出光興産の創業者としての出光佐三さんを描いた
ノンフィクションを読んでみたいな!?と思いました。
出光佐三さん自身の著書も是非読んでみたいですね。

「海賊と呼ばれた男」が、近代史のなか埋もれてしまった真実に
もう一度スポットを当てたことは良かったと思います



映画「海賊と呼ばれた男」


海賊と呼ばれた男 MOVIE


1945年、焦土と化した東京。“国岡商店”の創業者、
国岡鐵造は従業員を誰も解雇しないと宣言する。
だが、石油業を再開したい国岡商店に対し、国内の販売業者、
欧米の石油メジャーなど常に様々な壁が立ちふさがる。
それでも常識を覆す奇想天外な発想と、
型破りの行動力で鐵造は新たな道を切り拓いていく。
そんな中、敗戦の悲嘆にくれる日本人に
大きな衝撃を与える“事件”が発生する。



制作年/2016
内容時間/145分

監督・脚本・VFX/山崎貴
音楽/佐藤直紀

(CAST)
国岡鐡造/岡田准一
東雲忠司/吉岡秀隆
長谷部喜雄/染谷将太
武知甲太郎/鈴木亮平
柏井耕一/野間口徹
藤本壮平/ピエール瀧
ユキ/綾瀬はるか
盛田辰郎/堤真一
木田章太郎/近藤正臣
鳥川卓巳/國村隼
甲賀治作/小林薫


鐡造役の岡田准一さん、カッコよすぎて
原作のイメージと少々違いましたが
それでも国岡鐡造になっているところは流石です!

原作を読んだら映画をもう一度観たくなりました(^_-)-☆




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_01_29



百田尚樹さんの「永遠の0」


この本は電車の中では読めないです…。
特に後半部分は、号泣ものですよ(T_T)

20年程前に?、大岡昇平さんの
『俘虜記』『レイテ戦記』『野火』を読んで
陸軍兵士のあまりの悲惨さに衝撃を受け
戦争の惨さを感じることが出来たのですが…。
海軍兵士のおかれた状況はまるで知らず
本書を読んだことで、海軍兵士の悲惨さも
少しは知ることが出来たように思いました。

本書は、フィクションなので
史実通りでない部分もあったかもしれませんが
それでも、戦争を知らない世代の私達に
戦争について興味を持ち、学ぶきっかけを与えてくれる。
貴重な一冊です。



永遠の0 BOOK

内容情報(「BOOK」データベースより)

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。

そう言い続けた男は、
なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。

終戦から60年目の夏、
健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。

天才だが臆病者。

想像と違う人物像に戸惑いつつも、
一つの謎が浮かんでくるー。

記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。

涙を流さずにはいられない、男の絆、家族の絆。



映画化されました。

永遠の0 MOVIE


解説

零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹さんのベストセラーを
山崎貴監督が映画化した戦争ドラマ。

祖父の歴史を調べる孫の視点から
“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、
現代と過去を交錯させながらつづっていく。

主人公の特攻隊員役に、岡田准一さん。
現代に生きる孫に三浦春馬さんがふんするほか
井上真央さんや夏八木勲さんなど
若手からベテランまで多彩な俳優が共演する。


あらすじ

祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父
宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。

進路に迷っていた健太郎は、
太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した
零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり
かつての戦友たちを訪ねる。

そして、天才的な技術を持ちながら
“海軍一の臆病者”と呼ばれ
生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を
健太郎は知ることとなり…。



原作を読んでいる時、私のなかでは、
宮部久蔵のイメージが岡田さんじゃなかったのですが…
映画の感想を読むと、岡田さん絶賛されていましたね。

NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」での岡田さんの演技も
とても素晴らしいので、映画も楽しみです。が…
実は、スピルバーグ監督の「プライベート・ライアン」を観て
あまりの映像にショックをうけ、トラウマに…!?
それ以来、戦争映画を映画館の大きなスクリーンでは、
観れなくなってしまったのです(>_<)

テレビの画面なら大丈夫なので、
「永遠の0」はDVDで見させてもらいます。







テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_04_02




09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.