横山秀夫さんの「64(ロクヨン)」


昨年放送されたNHKの「土曜ドラマ」を観て面白かったので
小説「64(ロクヨン)」を、Yさんより借りて読みました。

原作でどう描かれているのか興味があったので
Yさんに感謝ですm(__)m




ロクヨン上 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。
記者クラブと匿名問題で揉める中、
“昭和64年”に起きたD県警史上最悪の
翔子ちゃん誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定する。

だが被害者遺族からは拒絶され、刑事部からは猛反発をくらう。
組織と個人の相克を息詰まる緊張感で描き、
ミステリ界を席巻した著者の渾身作。




ロクヨン下 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

記者クラブとの軋轢、ロクヨンをめぐる刑事部と警務部の全面戦争。
その狭間でD県警が抱える爆弾を突き止めた三上は、
長官視察の本当の目的を知り、己の真を問われる。

そして視察前日、最大の危機に瀕したD県警を
さらに揺るがす事件が―。
驚愕、怒涛の展開、感涙の結末。
ミステリベスト二冠、一気読み必至の究極の警察小説。





映画版『64-ロクヨン-』


映画64

内容(「映画.com」より)

小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の前編。

わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。
事件は未解決のまま14年の時が流れ、平成14年、時効が目前に迫っていた。

かつて刑事部の刑事としてロクヨンの捜査にもあたった三上義信は、
現在は警務部の広報官として働き、記者クラブとの確執や、
刑事部と警務部の対立などに神経をすり減らす日々を送っていた。
そんなある日、ロクヨンを模したかのような新たな誘拐事件が発生する。


(CAST)
三上義信⇒佐藤浩市さん
諏訪⇒綾野剛さん
美雲⇒榮倉奈々さん
雨宮芳男⇒永瀬正敏さん
秋川⇒瑛太さん
松岡勝俊⇒三浦友和さん
三上美那子⇒夏川結衣さん
日吉浩一郎⇒窪田正孝さん
二渡真治⇒仲村トオルさん
目崎正人⇒緒形直人さん



監督⇒瀬々敬久さん
脚本⇒久松真一さん・瀬々敬久さん
撮影⇒斉藤幸一さん
音楽⇒村松崇継さん

主題歌⇒小田和正『風は止んだ』




ドラマ版『64(ロクヨン)』


ドラマ64

昭和64年に起きた未解決誘拐殺人事件・通称ロクヨン。
地方県警を舞台に、広報官の視点から描く話題作!


(CAST)
三上義信⇒ピエール瀧さん
三上美那子⇒木村佳乃さん
諏訪尚人⇒新井浩文さん
美雲志織⇒山本美月さん
雨宮芳男⇒段田安則さん
秋川修次⇒永山絢斗さん
松岡勝俊⇒柴田恭兵さん
二渡真治⇒吉田栄作さん
目崎正人⇒尾美としのりさん



脚本⇒大森寿美男さん
音楽⇒大友良英さん
演出⇒井上剛さん・増田靜雄さん
制作統括⇒屋敷陽太郎さん


平成27年度(第70回)文化庁芸術祭賞大賞(テレビ・ドラマ部門)を受賞


ドラマを先に観ていたので
もちろん内容は知っていたのですが
小説「64(ロクヨン)」時間を忘れてしまうほど
夢中になって読んでしまい
寝る前にちょこっと読むつもりが…なんと気がつけば朝!?
読み終え時間を確認したら午前7時を過ぎていました^_^;


警察の内部事情をここまで緻密に描いた物語は
他にはないのでは?と思えるほど凄い作品でした。

主人公の広報官(元刑事)、心を病んだ娘の家出、
警務部と刑事部の対立、記者クラブとの確執
未解決誘拐事件(ロクヨン)、警察庁長官視察、
ロクヨンを模倣した新たな誘拐事件、
まだまだありますが…
何本ものストーリが入り乱れ展開する
それを纏め上げた筆者の力量に喝采です!


D県警シリーズ、他にも
『動機』と『陰の季節』を読みましたが
「64(ロクヨン)」断トツでした(^_-)-☆






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_05_29




米澤穂信さんの「王とサーカス」


わたしはまだ、
なにをも知ってはいないのだ。
ひとにものを訊く意味も、
ひとにものを伝える意味も。

~帯紙より~



王とサーカス

内容(「BOOK」データベースより)

二〇〇一年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、
知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、
事前取材のためネパールに向かった。

現地で知り合った少年にガイドを頼み、
穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、
王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。

太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、
そんな彼女を嘲笑うかのように、
彼女の前にはひとつの死体が転がり…。
「この男は、わたしのために殺されたのか?あるいは―」
疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは?

『さよなら妖精』の出来事から十年の時を経て、
太刀洗万智は異邦でふたたび、
自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。

二〇〇一年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた
壮大なフィクションにして、米澤ミステリの記念碑的傑作!





ジャーナリズムにとっての正義とは?

取材で得た事実を取捨選択し報道することで
センセーショナルな物語を捏造しているのでは?

本書の主人公、フリーの記者・太刀洗万智は
海外旅行特集の事前取材でネパールを訪れていた
そこで偶発的に起きた王族殺害事件に遭遇
必然的に事件を追うことになるのだが
万智が情報を得るために接触した人物が
死体として発見される…背中に刻まれた文字
彼は自分と会ったことで殺されたのか?

真実を伝えるため取材を続ける万智
彼女は何を取捨選択したのか…


ミステリーとしても面白い作品ですが
ジャーナリズムが陥る問題に言及する等
社会派ドラマとしても読み応え十分!
とても深く考えさせられる秀作でした。

タイトルの「王とサーカス」
読む前は明るく軽快な印象でしたが
読後は真逆に!…深遠なタイトルだったのね^_^;





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_05_27




柚木麻子さんの「あまからカルテット」


女子校時代からの仲良し四人組も、いよいよ三十歳目前。
恋に仕事に押し寄せる悩みを、
美味しい料理をヒントに無事解決へ導けるか!?




あまからカルテット



内容(「BOOK」データベースより)

女子中学校の頃から仲良し四人組の友情は、アラサーの現在も進行中。

ピアノ講師の咲子、編集者の薫子、美容部員の満里子、料理上手な由香子は、
それぞれ容姿も性格も違うけれど、恋に仕事に悩みは尽きず…

稲荷寿司、甘食、ハイボール、ラー油、おせちなど
美味しいものを手がかりに、無事に難題解決なるか!?




本書の売りは?なんといっても食べ物の描写につきる!?

表紙の写真からも分かるように”美味しそう”なので
お腹がすいている時に読むと結構辛いかも?
特に夜中に読むのはやめた方がいいですね^_^;
本文にレシピの描写もあり、味も想像できるので?尚更食べたくなる!?


『恋する稲荷寿司』⇒ピアノ講師・咲子の物語
オクテの咲子が花火大会で出会った憧れの君を探せ!
ヒントは、タッパーに残った稲荷寿司のみ!?

『はにかむ甘食』⇒料理上手な主婦・由香子の物語
主婦・由香子がネットバッシングされたことでひきこもりなってしまい
そんな由香子の窮状を救うため、3人はノンちゃんを探すことに!

『胸さわぎのハイボール』⇒美容部員・満里子の物語
満里子の彼の発したひと言
「ユキコー、ハイボールおかわり!」
美貌の満里子に強敵あらわる?

『てんてこ舞いラー油』⇒編集者・薫子の物語
完璧主義者・薫子の唯一の弱点は、家事。
会社の同僚バキさんと結婚した薫子
中庭の素敵なマンションに引っ越してきたのはいいけれど
マンションの住人や姑とのやりとりが薫子を追いこむ?

『おせちでカルテット』⇒4人それぞれの物語
大雪の大晦日、はなればなれの親友を襲った災難とは?
家事の苦手な薫子の為に、大晦日の夜は
4人揃っておせちを作るはずだったのだが…。


本書は、4人に起こる様々な問題を
食をメインに次々に解決していく連作短編集です。が、
仲良し4人組の物語よりもレシピに気がいってしまうのは何故?
柚木さんって、食べ物の描写が上手いんですよね
特に稲荷寿司編では、作ってみようかな?と思ってしまうほど

ただ『ランチのアッコちゃん』シリーズのような
心にグッと迫ってくる物語ではなかった
アッコちゃんシリーズを期待して読んだので
私としては少し物足りなかったかな…^_^;

でも読後感はさっぱりしているので
電車での移動中など軽く読みたいときにお薦めです(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_02_17




山田風太郎さんの「柳生忍法帖(上)」


風太郎作品中、最高のヒーロー・柳生十兵衛の記念すべき初登場作!

風太郎の柳生十兵衛は、身震いするほどかっこいい。
             ―貴志祐介― 「帯紙」より

柳生忍法帖(上)

内容(「BOOK」データベースより)

会津四十万石加藤明成は、淫虐の魔王ともいうべき大名。

家老の堀主水は毎々諌言したが、ついに主家を見限って退転し、
一族の女三十人を鎌倉の東慶寺に託し、高野山に入った。

怒り狂った明成は、幕府の許可状をもとに会津七本槍を使い、
主水一族と女達を捕らえて江戸に引きずってゆく。

芦名銅伯によって育った幻法を操る七本槍と戦う女達。
影のように彼女達を援護特訓する柳生十兵衛。

忍法対幻法の凄絶な闘いを描く、
山田風太郎の代表的傑作長編。






山田風太郎さんの「柳生忍法帖(下)」


七匹のけだものは、必ず女の手によって
討ち果たしてくれようぞ。

十兵衛自らは手を下さぬことが仇打ちのルール。
だが、恐ろしい幻法使い・芦名銅伯が立ちはだかる。
                ―「帯紙」より―


柳生忍法帖(下)

内容(「BOOK」データベースより)

怨敵「会津七本槍」の四人までを討ち果たし、加藤明成に迫る復讐の刃!
だが見よ、七本槍衆の総帥、不死身の妖人
芦名銅伯の自信に満ちた不敵な笑いを―。

慈僧沢庵をともない、敵陣会津に乗りこむ柳生十兵衛と堀一族の七美女。
彼らを待つは、驚天動地の地獄の幻法「夢山彦」。
妖異壮絶の大対決、最高潮へ。




本書「柳生忍法帖」は、昨年の春頃、義兄に送って頂いた本です。

あとがきに、1963年『尼寺五十万石』のタイトルで地方紙に連載され
1964年にタイトルを「柳生忍法帖」と改めたうえ刊行されたとある。

約50年も前に出版された本なのですが、義兄に頂いたので今回読むことに
山田風太郎さんの本は、きっと自分ではチョイスしなかっただろうな!?
古いけど?私にとっては新ジャンルとの出会いでした。

会津藩主・加藤明成の時代に起こった江戸時代前期のお家騒動
会津騒動をベースに書かれた本書ですが
本書での加藤明成の淫虐ぶりがあまりにも凄まじく
山田風太郎さん独特の世界観ですかね!?
妖しい伝奇物語に脚色されていました。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_01_30




柚木麻子さんの「3時のアッコちゃん」


働き女子の悩み、ズバッと解決!
明日の元気が湧いてくるサプリメント小説!

待望のアツコちゃんシリーズ第2弾!
《心においしい短編集》
        ~帯紙より~



3時のアッコちゃん BOOK

内容紹介

アッコ女史ふたたび!
大人気の「ランチのアッコちゃん」に、待望の続編が登場!!

澤田三智子は高潮物産の契約社員として、
シャンパンのキャンペーン企画チームに入っているが、
会議は停滞してうまくいかない。

そこに現れたのが黒川敦子女史、懐かしのアッコさんであった。

イギリスでティーについて学んできたというアッコさんが、
お茶とお菓子で会議の進行を激変させていく。

またもやアッコさんの底知れぬ力を
まざまざと見せつけられる三智子であった――

表題作ほか、「メトロのアッコちゃん」「シュシュと猪」
「梅田駅アンダーワールド」を含む全4編。



『ランチのアッコちゃん』でドラマ化も!

NHKドラマのランチのアッコちゃん


ドラマ版は、2015年5月12日~6月30日まで
NHK BSプレミアムよるドラマ」にて全8話が放送されました。

第1回:恐怖のアッコちゃん
第2回:屋上のアッコちゃん
第3回:三智子とカレーとアッコちゃん
第4回:ポトフのアッコちゃん
第5回:夜食のアッコちゃん
第6回:バレンタインのアッコちゃん
第7回:3時のアッコちゃん
最終回:さよならアッコちゃん

(CAST)
澤田三智子⇒蓮佛美沙子さん
黒川敦子(アッコちゃん)⇒戸田菜穂さん
原田ちひろ⇒野呂佳代さん
清水公子⇒堀内敬子さん
笹山隆一郎⇒成田凌さん
山川部長⇒鶴見辰吾さん
井川芳夫⇒田山涼成さん



ドラマ版では、『ランチのアッコちゃん』「3時のアッコちゃん」を
上手くおりまぜており、とても面白かったです!



「3時のアッコちゃん」4編からなる短編集です。
表題作『3時のアッコちゃん』はTVでも放送されましたが
他の3作、『メトロのアッコちゃん』『シュシュと猪』
『梅田駅アンダーワールド』は
ドラマに挿入されていなかったので初読みでした♡

『ランチのアッコちゃん』
・三智子の会社の会議にティーサービスとして訪れたアッコさん。
 うっとりとした気分でお茶を飲んだ三智子のティーソーサーの中央に
 アッコさんからの指令メモが!

『メトロのアッコちゃん』
・榎本明海が地下鉄のホームに立っていると
「ちょっと、そこの紺色のシャツを着ているあなた!」
 ジューススタンドの奥に立つ大柄な女性が声をかけてきた。

『シュシュと猪』
・岡本へ引っ越してきたばかりの岸和田塔子
 なぜかイノシシのベティーに気に入られてしまい
 ベティーに遭遇する度に追いかけられてしまう。

『梅田駅アンダーワールド』
・生まれて初めて降り立った阪急梅田駅はまるで迷路のよう!
 リクルートスーツ姿の若林佐江は、最終面接まで時間がないのに
 迷路のような梅田駅地下街で迷ってしまった!



明日の元気が湧いてくるサプリメント小説!
と、帯紙にもありましたが、正しくですね!

心が折れそうな時、疲れた時、この本に出会えると、
元気エナジー充電できること間違いなし!

心にほんのり温かさを取り戻してくれる
ステキなサプリメント小説でした。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_12_04




08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.