西加奈子さんの「i」


「想うこと」で生まれる
圧倒的な強さと優しさ―
直木賞作家・西加奈子の渾身の「叫び」に
心揺さぶられる傑作長編!

残酷な現実に対抗する力を、
この優しくて強靭な物語が与えてくれました。
―又吉直樹

読み終わった後も、ずっと感動に浸っていました。
なんてすごいんだろう。
この小説は、この世界に絶対に存在しなければならない。
―中村文則
~「帯紙」より~



i


「この世界にアイは存在しません。」
入学式の翌日、数学教師は言った。
ひとりだけ、え、と声を出した。
ワイルド曽田アイ。
その言葉は、アイに衝撃を与え、
彼女の胸に居座り続けることになる、
ある「奇跡」が起こるまでは―。



西加奈子さんの物語を読む度感じること
心がざわざわして時には痛くなることも…
でもラストに何かしら仕掛けがあるので
我慢して?最後まで読み進めるしかないのよね
途中で読むのを諦めたら辛さしか残らない…


本書「i」あまりにも深すぎる内容だったので
感想をまとめることができない(>_<)
ただ終盤を読みながら涙が溢れて止まらず
でも溜まっていた辛さの澱を
涙がすべて洗い流してくれました


西さんはラストの救いを描く為
長く辛い物語を描いているのかしら?
本書ではそれが際立っていたように思います
なので、やはり辛くてもラストまで読まないとダメ!
そう言う意味でも期待を裏切らなかったですね


本書「i」は私が読んだ西作品の中では一番でした!
とは言ってもまだ5作品しか読んでいませんが…^_^;



追記
東方神起の東京ドームライブ参戦の為
来週から一週間東京へ行きます。
旅先ではブログをUP出来ないので
帰ってくるまで(ブログ)お休みしますね(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_11_19




西加奈子さんの「サラバ」


※ネタバレ有です!未読の方はスルーして下さいm(__)m


「サラバ(上)」

ひとりの男の人生は、
やがて誰も見たことのない軌跡を描いて、地に堕ちていく。
だが、いまはまだ、その少し手前。

その力の途轍もなさに、
まだ少しも気づいてはいなかった。

サラバとは何か。
    ~「帯紙」より~



バサラ(上)

内容(「BOOK」データベースより)

1977年5月、圷歩は、イランで生まれた。
父の海外赴任先だ。チャーミングな母、変わり者の姉も一緒だった。
イラン革命のあと、しばらく大阪に住んだ彼は小学生になり、
今度はエジプトへ向かう。
後の人生に大きな影響を与える、
ある出来事が待ち受けている事も知らずに_。




「サラバ(下)」

第152回 直木賞受賞作
本年度最大の衝撃と感動

凄かった。
西加奈子の全部がここにある。
          ―又吉直樹さん(ピース)

こんな作品を書かれた後、
自分は何を書くべきか。途方に暮れた。
         ―朝井リョウさん

TBS「王様のブランチ」
NHKEテレ「SWITCHインタビュー達人達」
朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、毎日新聞
共同通信、「anan」「ダ・ヴィンチ」など絶賛紹介!
                 ~「帯紙」より~



サラバ(下)


内容(「BOOK」データベースより)

父の出家。母の再婚。
サトラコヲモンサマ解体後、
世間の耳目を集めてしまった姉の問題行動。
大人になった歩にも、異変は起こり続けた。
甘え、嫉妬、狡猾さと自己愛の檻に囚われていた彼は、
心のなかで叫んだ。お前は、いったい、誰なんだ。




『第一章 猟奇的な姉と、僕の幼少時代』
僕はこの世界に、左足から登場した。

本書は、“左足から登場した”僕の独白で綴られている。

それにしても第一章のタイトルから度肝を抜かれ
書きだしの一行で心を鷲掴みにされる。
西加奈子さん、凄いです!

上巻の1頁を捲ったときすでに『この本は凄いことになるぞ!』
そう予感して読み進めていたのですが…?
読んでいるうちに思っていたのとは違う方向に?

もしかして最後まで僕の人生を読まなくてはいけないのかしら?

そうなんですよ!
本書は一人の人生の軌跡を徹底して描いている
ここまでの長編を僕のみの視点で描いたことに驚愕!

僕こと歩の姉が言った言葉
『あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ』

その言葉を、反発し憎んでいた姉に言われた歩
もちろん今更そんなこと言われても受け入れるわけない
そんな歩にそのことを受け入れさせる為にも
いや、そのことを読者に納得させる為にもこの長い物語が必要だった
そう思います。

読んでいて楽しい物語ではないけれど
心に何かずしっとくる物語でした。



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_12_30



西加奈子さんの「ふる」


20冊目となる西加奈子の本はまさに著者新境地作品。

今この瞬間生きていることの温もりと切なさが、
120%胸にしみわたる密度の濃さ。

著者にとってもトライアルでもあったこの渾身の書きおろし作品は、
日常の生々しさをやわらかく包み込み、
すぐ隣にある「奇跡」そのものに気付かされる、
始まりのための物語 。

「みんな自分が好きなんだ。
でも、誰かを愛してるって、強い気持ちがあったら、
その人を傷つけることは怖くなくなるはずなんだ」

----奇跡が空を舞う、書きおろし長編。
           ~紹介文より引用~




ふる

あらすじ(「河出書房新社」より)

池井戸花しす、28歳。
たまたま行った産婦人科で出会った2歳年上のさなえと、
2匹の猫と一緒に暮らしている。

数年前に職場不倫をしていたデザイン事務所を辞めた花しすの今の仕事は、
アダルトビデオへのモザイクがけ。

「いつだってオチでいたい」と望み、
周囲の人間に嫌われないよう受身の態度をとり、
常に皆の「癒し」であろうとして、
誰の感情も害さないことにひっそり全力を注ぐ毎日だった。

一方で、花しすには誰にも言っていない趣味があった。
電源の入ったICレコーダーを常にポケットにしのばせ、
街の音や他人との会話を隠し録りして、
そしてそれを寝る前にこっそり再生し、反芻すること。

くり返し花しすの前に現れる謎の男性、新田人生。

寝たきりのまま亡くなった父の母である祖母、
そしてその祖母を介護していた母。

モニター越しに性器を露にする見知らぬ外国人女優EVRYN。

そして常に傍らに漂う「白いもの」……

花しすが見つめ、他の誰かにいつも見つめられてきた自らの人生。
その記憶を反芻するように、彼女は何度もICレコーダーを再生する。

そんな時、レコーダーから突然声が響く。
「忘れんといてな」
それは花しすの母が、かつて不意に花しすに向けてつぶやいた一言だった----




読後の感想は、正直に言うと
『よくわからなかった・・・』

内容がというよりも、物語の核心がぼやけていて
表現しきれていないような?
作者自身は心から溢れ出てくる思いを
真摯に書き綴ったのだと思いますが
表現が難しく?その思いを私には掴むことができなかった

他の方の読書メーターを読むと、
『感動した』『壮大な物語でした』『心に響きました』etcとあったので
読み説くことができなかったのは、私の感性が鈍いからかも

以前読んだ、西加奈子さんの他の作品「きろいゾウ」は
とても心に響く作品だったので「ふる」も期待していたのですが
本書は私には難解でした^_^;



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_12_06




西加奈子さんの「きいろいゾウ」です。


夏の明るい季節の中、新婚のツマとムコさんは
仲良く家庭菜園で野菜摘み。
身体の弱いツマを気づかう優しいムコさん、
ツマは生き物たちとおしゃべりをしたりでとても可愛いく
前半、物語はメルヘン?のノリで進んでいったのですが…。

そんな二人には、お互い話していない秘密が

ムコ宛てに届いた宛先不明の手紙、
そこから次第に齟齬をきたしてしまい
ツマを追いこんでいくことに…。

物語の中で、ツマとムコ、セイカとアレチ、緑と夏目、
様々な夫婦の在り方があり
色々な問題が各夫婦の間に起るのですが
それを乗り越えていける“愛”を描いていたように思う。

少し辛く痛いけど
最後まで我慢して読み切りましょう…。

途中でやめたら辛いまんまです…。


きいろいゾウ BOOK

内容紹介(「小学館文庫」より)

夫の名は無辜歩(むこあゆむ)、
妻の名は妻利愛子(つまり・あいこ)。

お互いを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う
都会からやってきた若夫婦が、田舎暮らしを始める。

背中に大きな鳥のタトゥーがある売れない小説家のムコは、
周囲の生き物(犬、蜘蛛、花、木など)の声が聞こえてしまう
過剰なエネルギーに溢れた明るいツマを
やさしく見守っていた。

夏から始まった二人の話は、
ゆっくりゆっくりとその年の冬まで進んでいき、
「ある出来事」を機にムコがツマを残して東京へ向かう。

それは背中の大きな鳥に纏わる出来事に
導かれてのものだった



映画化もさました。

きいろいゾウ MOVIE


互いに秘密を抱えたまま、
田舎で穏やかな新婚生活を始めた若い夫婦の関係が、
夫に差出人不明の手紙が届いてから揺らぎ始める。


監督は『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一さんです。


生き物の声が聞こえる:ツマを、宮崎あおいさん

売れない小説家:ムコさんを、向井理さん

ムコが昔好きだった人:緑を、 緒川たまきさん

緑の夫:夏目を、リリーフランキーさん

ツマの家の近所に住む:セイカを、松原智恵子さん

セイカの夫:アレチを、柄本明さん

不登校の少年:大地を、濱田龍臣さん

(ツマにだけ聞こえる生き物の声)は
大杉漣さん、柄本佑さん、安藤サクラさん、高良健吾さん


キャスティングが、すごくよかったです!

特に、ツマ役の宮崎あおいさん、凄かった!!

ツマの心の傷みや揺れを、見事に演じきっていたので、
見ているこちらの心も痛かったです。

(前半)夏の季節のツマが、天真爛漫だったので、
そのギャップが怖かったくらい…。




テーマ : 紹介したい本    ジャンル : 本・雑誌
 2014_03_08




09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.