湊かなえさんの「リバース」


「人殺し」と書かれた告発文。
唯一の闇を、告白するときがきた。

深瀬和久は平凡を絵に描いたようなサラリーマンで、
趣味らしいことといえばコーヒーを飲むことだった。

その縁で、越智美穂子という彼女もできて
ようやく自分の人生にも彩りが添えられる。
と思った矢先、謎の告発文が彼女に送りつけられた。

そこにはたった一行、『深瀬和久は人殺しだ』と書かれていた。
深瀬を問い詰める美穂子。
深瀬は懊悩する。
ついに“あのこと”を話す時がきてしまったのか、と。
                 ~「帯紙」より~




リバース

内容紹介

深瀬和久は、事務機会社に勤めるしがないサラリーマン。
今までの人生でも、取り立てて目立つこともなく、
平凡を絵に描いたような男だ。
趣味と呼べるようなことはそう多くはなく、
敢えていうのであればコーヒーを飲むこと。
そんな深瀬が、今、唯一落ち着ける場所がある。
それは〈クローバー・コーヒー〉というコーヒー豆専門店だ。
豆を売っている横で、実際にコーヒーを飲むことも出来る。
深瀬は毎日のようにここに来ている。

ある日、深瀬がいつも座る席に、
見知らぬ女性が座っていた。
彼女は、近所のパン屋で働く越智美穂子という女性だった。
その後もしばしばここで会い、
やがて二人は付き合うことになる。
そろそろ関係を深めようと思っていた矢先、
二人の関係に大きな亀裂が入ってしまう。
美穂子に『深瀬和久は人殺しだ』という告発文が入った手紙が
送りつけられたのだ。だれが、なんのために――。

深瀬はついに、自分の心に閉じ込めていた、
ある出来事を美穂子に話し始める。
全てを聞いた美穂子は、深瀬のもとを去ってしまう。
そして同様の告発文が、ある出来事を共有していた
大学時代のゼミ仲間にも送りつけられていたことが発覚する。
”あの件”を誰かが蒸し返そうとしているのか。
真相を探るべく、深瀬は動き出す。



私にとって本書「リバーズ」は
今までに読んだ湊作品の中で一番衝撃が大きかった
読後もかなり引き摺りました…^_^;

今までの湊作品では、人の持つ悪意を
意図して、あるいは無意識に相手にぶつけてしまう
そんな作品が多かったのですが
本作では思いもよらないことで
大切な友人を失うことに…
それは誰の身にも起こりうること
ラストのひと言に凍りついてしまい絶句

ネタバレになるので詳しくは書けませんが
日常に潜む恐怖に戦慄した作品でした

湊さんは警鐘を鳴らすために本書を書いたのかしら!?
知らないとホントに怖いですからね

何が怖いのか伝えられずスミマセンm(__)m
気になる方は、是非「リバース」を読んで下さい




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_02_07




湊かなえさんの「ユートピア」


善意は、悪意より恐ろしい。

海辺の町で出会い、ボランティア基金
「クララの翼」を設立した三人の女性たち。
ささいな不協和音から、やがて隠された事件が姿を現す―。

「新しく引っ越してきた人たち、
 あの土地で事件があったこと知らないんだね…」
                ~「帯紙」より~



ユートピア BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

地方の商店街に古くから続く仏具店の嫁・菜々子と、
夫の転勤により社宅住まいをしている妻・光稀。
そして移住してきた陶芸家・すみれ。

美しい海辺の町で、三人の女性が出会う。
自分の居場所を求めて、それぞれの理想郷を探すが―。





「ユートピア」、タイトルを見て真っ先に
湊かなえさんどんなブラック?ユートピアを描いたのかと
頁を捲る前からブラックを期待して?読み始めましたが

さすがイヤミスの女王・湊さん
その意味では期待通りの作品でした(^_^)v

人が持つ二面性を、『善意は、悪意より恐ろしい。』
その面を突っ込んで描いている本書。
日常に潜む悪意というのか、悪意がいつも隣り合わせにある?
それも善意という仮面をかぶって…。


読後の後味の悪さは湊さんの真骨頂なので今更驚きもしませんが
本書を読んだ後、人間不信になってしまいそうに?

正しく『善意は、悪意より恐ろしい。』でした。
新年早々に読む本ではなかったかな?

でも面白かった!
あまりにも夢中になり頁を捲っていたので
最後の頁を読み終えたときには、なんと夜が明けていた^_^;

これから読む方へのアドバイス
「夜に読み始めると朝まで寝れませんよ!?」




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_01_06




湊かなえさんの「境遇」


デビュー作の絵本
「あおぞらリボン」がベストセラーとなった陽子と、
新聞記者の晴美は親友同士。
共に幼いころ親に捨てられた過去を持つ。

ある日、
「真実を公表しなければ、息子の命はない」という
脅迫状とともに、陽子の息子が誘拐された。
ふたりが辿り着いた「真実」とは…。

人と人との“絆”を描くヒューマンミステリー
             ~帯紙より~



境遇

内容(「楽天ブックス」より)

主人公は36歳のふたりの女性。

政治家の夫と幸せな家庭を築き、
さらに絵本作家としても注目を浴びる主婦の陽子。

家族のいない天涯孤独な新聞記者の晴美。

ふたりは親友同士であるが、
共に生まれてすぐ親に捨てられた過去を持つ。

ある日、「世間に真実を公表しなければ、息子の命はない」という
脅迫状と共に、陽子の5歳になる息子が誘拐された。

真実とは一体何なのか ……。

晴美と共に「真実」を求め奔走する陽子。

すると、陽子の絵本のファンだという一人の女性の存在が浮上する。

犯人はその女性なのか、それとも……。

人 は生まれる環境を選べない。

しかし、その後の人生は自分の意思で選び、
自分の手で築いていくことができる。

犯人の示す「真実」が明らかになるとき、
ふたりの歩んできた境遇 =人生の意味が改めて浮き彫りになっていく。





テレ朝でドラマ化されました



境遇 ドラマ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気ミステリー作家・湊かなえの書き下ろし小説を
松雪泰子とりょうのW主演でTVドラマ化。

子供のために描いた絵本が新人賞を受賞した陽子。

周囲の人間が彼女を売り出そうと躍起になり始めたある日、
5歳の息子が誘拐され、脅迫状が送り付けられる。




2011年12月3日、テレビ朝日系列にて放映。
「朝日放送創立60周年記念作品」として、
テレビドラマ化を前提に書き下ろされた作品。

(CAST)
高倉陽子:松雪泰子さん
      (17年前:谷村美月さん)

相田晴美:りょうさん
      (17年前:市川由衣さん)

高倉正紀:沢村一樹さん

岩崎健介:東幹久さん

後藤亜紀:田畑智子さん

下田俊幸:名倉潤さん

後藤良隆:岸部一徳さん

高倉裕太:西本晴紀さん

宮下浩平:西村雅彦さん

本屋主人:加藤茶さん

高松ひとみ:木内晶子さん

高松秀夫:嶋尾康史さん

ミツコ:野際陽子さん

高倉弘子:白川由美さん

橋本弥生:いしだあゆみさん
     (35年前:芦名星さん)他





ドラマを観ていなかったので
原作本「境遇」、最後まで楽しく読めました。
(私としては珍しく!?犯人が誰なのか分かってしまった!)

ドラマ化を前提に書き下ろされたようなので
衝撃的な内容をあえて避けた?

今まで読んだ湊作品と趣が違い
読後の後味の悪さは、あまり無かったです(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_04_06




湊かなえさんの「豆の上で眠る」




タイトルや装丁は、アンデルセン童話のようで可愛らしい
でもタイトルとは裏腹に、湊節全開の作品でした。


ー帯紙よりー
あなたの「価値観」を激しく揺さぶる、
究極の謎(ミステリー)。


私の幸せな時間は、小1の夏に、消えた__


失踪した姉。
真偽の境界線から、逃れられない妹。


お姉ちゃん。
あなたは、本物なの?


疑惑の芽は、微かな「違和感」を養分にし、育つ。
眠っているときでさえも__



豆の上で眠る

内容(「新潮社」より)

私だけが、間違っているの? 

13年前に起こった姉の失踪事件。

大学生になった今でも、
妹の心には「違和感」が残り続けていた。

押さえつけても亀裂から溢れ出てくる記憶。

そして、訊ねられない問い――
戻ってきてくれて、とてもうれしい。

だけど――ねえ、お姉ちゃん。

あなたは本当に、本物の、万佑子ちゃんですか? 




読み始めると止まらずに一気に読み終えました。
でも面白い半面、読んでいて苦しくなる内容で…。


結衣子の
本ものって、何ですか_。

その一言を残して物語は閉じられる。


結衣子のように疎外感を感じるというのか…
ひとり取り残されたようなやるせなさ
そんな気持ちにさせられる読後感でした。



読後の後味が悪くても、それでもまた
私はきっと湊作品を手に取ってしまう

湊かなえさん、新刊が出版される度に
気になる作家さんのひとりなので
しかたがないですね^_^;







テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_01_07




湊かなえさんの「高校入試」



「入試をぶっつぶす」のは、誰だ!?


ベストセラー『告白』以来の渾身のミステリー!

入試とは何か。
教育とは何か。
湊かなえが問いかける問題作! -帯紙よりー



今、教育現場が抱えている問題を
高校入試という一大行事を通してあぶり出していく。



語り手がかなり入れ替わるので
読み始めは、戸惑いましたが…
その上、登場人物も多く、何度か確認のため!?頁を戻りました^_^;

でもその手法が臨場感に繋がったように思えるので
しかたないですよね。

これから読む方は、最後までめげずに読んで下さい(^_-)-☆


※以下の記事ネタバレ注意です!



高校入試 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

県内有数の進学校・橘第一高校の入試前日。

新任教師・春山杏子は教室の黒板に
「入試をぶっつぶす!」と書かれた貼り紙を見つける。

そして迎えた入試当日。

最終科目の英語の時間に、
持ち込み禁止だったはずの携帯電話が教室に鳴り響く。

さらに、ネットの掲示板には教師しか知り得ない情報が
次々と書き込まれ…。

誰が何の目的で入試を邪魔しようとしているのか?

振り回される学校側と、思惑を抱えた受験生たち。

やがて、すべてを企てた衝撃の犯人が明らかになる―。




ドラマ化されました

高校入試 ドラマ

解説(「wikipedia」より)

2012年10月6日から12月29日まで、
フジテレビ系の「土ドラ」枠で放送されました。

脚本は、テレビドラマ初執筆となる作家の湊かなえさん

主演は、長澤まさみさん

主題歌「青い春」 - back number




あらすじ(「wikipedia」より)

地元で有名な進学校である県立高校で
その入試を妨害するために勃発する出来事を描く
ミステリードラマ。

入試日とその前日に起こる
試験を阻止するための様々な出来事を
同校教師の視点から
その犯人や目的を明らかにしながら
入試制度に一石を投じようとする物語である。

前日には入試を妨害する予告の張り紙、
教師の携帯電話の盗難
当日は答案用紙の紛失
試験中の試験問題の漏洩
携帯電話の鳴動などのほか
それらのネット掲示板への投稿などに加え
親、教え子の不審・情動的な行動も交え
教師自身も不審な行動をとるなど
関係教師が困惑する出来事が次々に起きる。

登場する教師や生徒らには
それぞれ入試にまつわる過去や互いの人間関係の軋轢があり
誰もが疑わしい中で話が進んでいくが
後半から思わぬ方向に展開していく。

結局、首謀者、共犯者が明らかにされ
教師、生徒がかかわっていたことが明らかになるが
大きな制度の流れは変わらず
またいつもの日常が戻って
繰り返されていくという内容のモノローグで終了する。


(CAST)

【教職員】
英語担当(帰国子女)春山杏子 (28)→長澤まさみさん

音楽担当(菫ヶ丘女子高校出身)滝本みどり (25)→南沢奈央さん

体育担当、生徒指導部(一高出身)相田清孝 (28)→中尾明慶さん

英語担当(清煌学院高校出身)小西俊也 (33)→徳山秀典さん

数学担当(県立橘第三高校出身)村井祐志 (25)→篠田光亮さん

美術担当(一高出身)宮下輝明 (43)→小松利昌さん

情報処理担当、入試部長(一高出身)荻野正夫 (55)
→斉木しげるさん

社会担当(一高出身)水野文昭 (43)→阪田マサノブさん

英語担当(一高出身)松島崇史 (45)→羽場裕一さん

英語教科主任(一高出身)坂本多恵子 (48)→高橋ひとみさん

教頭(一高出身)上条勝 (50)→清水一彰さん

校長(一高出身)的場 一郎 (58)→山本圭さん


【学校関係者】
2年B組の女子生徒:石川衣里奈 (17)→山崎紘菜さん

同窓会会長:沢村幸造 (50)→入江雅人さん

麻美の母親:芝田昌子 (38)→生田智子さん


【受験生徒】
受験番号77番:芝田麻美 (15)→美山加恋さん

受験番号46番:田辺淳一 (15)→柾木玲弥さん

受験番号59番:松島良隆 (15)→高杉真宙さん

受験番号55番:沢村翔太 (15)→清水尋也さん


【その他】
元高校教師、杏子の元恋人:寺島俊章→姜暢雄さん

淳一の兄、引きこもり:田辺光一 (20)→中村倫也さん

旅行会社「大洋ツーリスト」社員:徳原優介 (28)→倉貫匡弘さん



登場人物、かなり多いのですが、誰ひとり省けなくて…
結局全員載せました^_^;

Studio Lifeの姜暢雄さんが、長澤まさみさん演じる杏子の恋人
寺島俊章役で出演しています(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2014_11_20




11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.