有川浩さんの「アンマーとぼくら」


母と過ごす3日間。
恩返しは、今からでも遅くない。

「過去は変えられない。変えられるのは今だけだ」
~「帯紙」より~



アンマーとぼくら


休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、
親孝行のため「おかあさん」と3日間島内を観光する。
一人目の「お母さん」はリョウが子どもの頃に亡くなり、
再婚した父も逝ってしまった。
観光を続けるうち、リョウは何かがおかしいことに気がつく。
かりゆし58の名曲「アンマ―」に着想を得た、
書き下ろし感動長編。



「女性」と「母性」、
この小説に出てくる母親たちの愛情には、
二つの深さがある。二乗分の美しさがある。
~前川真悟(かりゆし58)


観光ガイドをしている母が
久々に帰省中の息子を観光案内している話
なので読みながら沖縄旅行をしている気分になれるかな?
と、心温まる親子の物語だと思い込み読み進めていると
…何か違うぞ???

リョウはお父さんの子どもっぽさに悩まされっぱなしで
なにかと気苦労の多い小学生
父の急な再婚話で
北海道から沖縄へいきなり転校することになり…
リョウにとっては新しいお母さんも沖縄での暮らしも
自ら望んだものではない、お父さんの突飛な行動に
いつも振り回されてばかりいる
でも転校先で金ちゃんと友達になれたのは良かったね
金ちゃんホントいいやつで!


実の母との死別
父親の急な再婚
慣れない土地への転校
大人になりきれない父親
子どもにとってはかなり過酷な環境で…
かなり重いテーマの物語でしたが
ファンタジーの要素も少し含まれ
文体も軽妙なので読み易かったです。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_07_28




有川浩さんの「図書館内乱」


本書で有川さんの『図書館戦争シリーズ』
全て読み終えました!

実写&アニメ映画を先に観たので
内容はすでに知っていましたが
「図書館内乱」面白かったです!

今回は「図書館内乱」文庫本を読んだので
巻末に嬉しいボーナスが(^^)

文庫化特別対談 有川浩✕児玉清(俳優)
『図書館戦争』そして、有川浩の魅力~その2~

(その2)ということは、1は『図書館戦争』
3は『図書館危機』の文庫本に掲載されている?

有川さんと児玉さんの対談、とてもいいお話だったので
他の文庫本もチェックしてみたいと思います。



図書館内乱 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

図書隊の中でも最も危険な任務を負う防衛隊員として、
日々訓練に励む郁は、中澤毬江という耳の不自由な女の子と出会う。
毬江は小さいころから面倒を見てもらっていた
図書隊の教官・小牧に、密かな想いを寄せていた。

そんな時、検閲機関である良化隊が、郁が勤務する図書館を襲撃、
いわれのない罪で小牧を連行していく―
かくして郁と図書隊の小牧奪還作戦が発動した!?
書き下ろしも収録の本と恋のエンタテインメント第2弾。



私が読んだ『図書館シリーズ』最後の作品なので
あらためて登場人物・他を紹介したいと思います。

登場人物のキャラ設定が本シリーズが大ヒットした要因!?

笠原郁(熱血バカ)
図書特殊部隊・堂上班班員:一等図書士
高三の秋に図書隊員に助けられ、
彼を『王子様』と慕い、図書隊に入る。

堂上篤(怒れるチビ)
図書特殊部隊・堂上班班長:二等図書正
熱く激しい心を持つが、郁が関わった検閲事件後
冷静な性格になるよう努力している。

手塚光(頑な少年)
図書特殊部隊・堂上班班員:一等図書士
真面目で努力家。
堂上を慕うあまり郁が目障りだったが、
いつしか同志の気持ちを持つ。

柴崎麻子(情報屋)
図書館員:一等図書士
真の自分を隠し、八方美人に徹する。
あらゆる情報に精通する。

小牧幹久(笑う正論)
図書特殊部隊・堂上班副班長:二等図書正
冷静沈着で、決して弱みを見せない。
堂上の真の性格も見抜いていて、良き相談相手。

玄田竜助(喧嘩屋中年)
図書特殊部隊隊長:三等図書監
無茶を無茶と思わない性格。
郁の戦闘能力を高く買っている。
稲嶺の良き補佐役。

稲嶺和一
関東図書基地司令:特等図書監
『日野の悪夢』の後、『メディア良化法』の検閲に対抗して
武装組織『図書隊』を創設。

中澤毬江
高校二年生十八歳
小牧の幼なじみ。
中三の夏に突発性難聴にかかり中途難聴者になる。
小牧に憧れている。

手塚慧
図書館員:一等図書正
日本図書館協会内の研究会「未来企画」会長
手塚光の兄。
図書館界の若きエリートとして活躍している。

江口マキ
「週刊新世相」記者
玄田の良き同志として『メディア良化法』を批判。



『図書館戦争』(2006年2月)
『図書館内乱』(2006年9月)
『図書館危機』(2007年2月)
『図書館革命』(2007年11月)
『別冊 図書館戦争I』(2008年4月)
『別冊 図書館戦争II』(2008年8月)
『レインツリーの国』(2006年9月)

※『レインツリーの国』は、『図書館内乱』に登場する小説を実際に小説化したもの



(アニメ映画化)
図書館戦争 革命のつばさ(2012年6月16日公開)

(実写映画化)
図書館戦争 -LIBRARY WARS-(2013年4月27日公開)
図書館戦争 -THE LAST MISSION-(2015年10月10日公開)
レインツリーの国(2015年11月21日公開)

(TVアニメ化)
図書館戦争(2008年4月11日 - 6月27日、全12話)

(TVドラマ化)
図書館戦争 BOOK OF MEMORIES(2015年10月5日、全1話)

※実写映画シリーズのスピンオフドラマ

なんと漫画化もされています!
『図書館戦争 LOVE&WAR』(弓きいろ:花とゆめコミックス LaLa)
『図書館戦争 SPITFIRE!』(ふる鳥弥生:電撃コミックス)


「図書館戦争シリーズ」凄すぎます!!

実写映画版『図書館戦争 -LIBRARY WARS-』と
『図書館戦争 -THE LAST MISSION-』は
岡田准一さん、榮倉奈々さん、お二人が演じた
原作まんまの嵌まり役!堂上、郁に会いたいので
もう一度観たいな、と思っています(^_-)-☆






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_03_14




有川浩さんの「ラブコメ今昔」


乙女だってオタクだって
おっさんだって自衛官だって
ベタ甘ラブで何が悪い!
―「帯紙」より―




ラブコメ今昔


内容(「BOOK」データベースより)

「自衛隊員の皆さんに恋愛や結婚の経験談を語ってもらいたいんです」

二等陸佐・今村和久の前に現れたのは、
隊内紙の記者の元気娘・矢部千尋二等陸尉。

訊けば、夫婦の馴れ初めを、
コラムに掲載したいというのだが!?

「みっともない」と逃げる今村、ねばる千尋。
一歩もひかない攻防戦の顛末は―!?

様々な思いが交錯する、
自衛隊員の結婚を綴った表題作を含む、
十人十色の恋模様6編を収録した、
国を守る男女の本気印恋愛百景。




『ラブコメ今昔』
突っ走り系広報自衛官の女子が
鬼の上官に情報開示を迫るのは、
「奥様とのナレソメ」。
双方一歩もひかない攻防線の行方は?

『軍事とオタクと彼』
出張中新幹線の中で釣り上げた、
超かわいい年下の彼は自衛官。
遠距離も恋する二人にはトキメキの促進剤。
けれど……。

『広報官、走る!』
「広報官には女たらしが向いている」
と言われつつも彼女のいない政屋が、
仕事先で出会ったいい感じの女子。
だが現場はトラブル続きで……。

『青い衝撃』
旦那がかっこいいのはいいことだ。
旦那がモテるのもまあまあ赦せる。
しかし今度ばかりは洒落にならない事態が。

『秘め事』
よりによって上官の愛娘と恋に落ちてしまった俺。
彼女への思いは真剣なのに、
最後の一歩が踏み出せない。

『ダンディ・ライオン』
「ラブコメ今昔」では攻めに回った元気自衛官、
千尋ちゃんも自分の恋はいっこうにままならず……。



本書は『クジラの彼』に続く自衛隊ラブコメ短編集第2弾です!

『別冊・図書館戦争Ⅰ』ほどではないけれど!?
ベタ甘ラブコメ全開で楽しませてもらいました♡

有川さんのラブコメは家で読むことをお薦めします。
何故?
思わず出てしまう笑いをこらえられないこと必至!
なので電車内で読むと悲惨なことに…^_^;

でも6編とも心温まるステキな出会いを描いており
『秘め事』のような心に響く秀作も有で、
短編集とは思えないほど充実した内容でした。





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_02_26




有川浩さんの「別冊 図書館戦争Ⅰ」


武闘派バカップル恋人期間の紆余曲折アソート!
ベタ甘全開スピンアウト・別冊シリーズ第1弾!

≪CAUTION!≫
恋愛成分が苦手な方は
ご健康のために購入をお控え下さい。
(笑える!?~「帯紙」より~)


別冊 図書館戦争Ⅰ

内容(「BOOK」データベースより)

晴れて彼氏彼女の関係となった堂上と郁。
しかし、その不器用さと経験値の低さが邪魔をして、
キスから先になかなか進めない。

あぁ、純粋培養純情乙女・茨城県産26歳、
図書隊員笠原郁の迷える恋はどこへ行く―!?

恋する男女のもどかしい距離感、
そして、次々と勃発する、複雑な事情を秘めた事件の数々。

「図書館革命」後の図書隊の日常を、爽やかに、あまーく描く、
恋愛成分全開のシリーズ番外編第1弾。
本日も、ベタ甘警報発令中。




バカップル全開の育と堂上教官、正しくベタ甘で
「帯紙」の告知に間違いなし!

本編でも二人のバカップリは時々顔を覗かせていましたが
別冊にあたる本書では、その比じゃないですよ^_^;
スゴ~ク楽しませてもらいました♪

図書館戦争、小説はもちろんのこと
実写映画&アニメも観てしまうほど大好きなので
未読だった「別冊 図書館戦争Ⅰ」を
やっと読むことができ嬉しい限りです(^^)

でも本書を一番先に手にしていたら2冊目はなかったかも!?
(私が読んだ順です)
1.図書館戦争
2.別冊図書館戦争Ⅱ
3.図書館革命
4.図書館危機
5.別冊図書館戦争Ⅰ
出版順序を無視して読んでしまった^_^;

あと残るは『図書館内乱』のみ
是非、近いうちに読みたいと思います!




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_02_20




有川浩さんの「明日の子供たち」



想いがつらなり響く時、
昨日と違う明日が待っている!

児童養護施設を舞台に
繰り広げられるドラマティック長編。

諦める前に、踏み出せ。
思い込みの壁を打ち砕け!
        ~帯紙より~


明日の子供たち

内容(「宮脇書店Blog」より

「明日の子供たち」は、
児童養護施設を舞台をした作品で施設で働く大人達、
そして子供達の心の葛藤や成長、
明日へ踏み出そうとする力強い姿が描かれています。

元営業マンから転職してきた新任職員の三田村慎平は、
やる気満々で児童養護施設『あしたの家』にやってきた。

しかし3年目の先輩女性・和泉にはいきなり叱られ、
見た目は陰気だがベテランで信頼の篤い猪俣にも諭されてしまい、
どうにも空振りしている。

しかも施設内で“問題のない子供”と言われている少年・久志はともかく、
少女・奏子に何故か嫌われてしまったみたいで・・・? 

この主人公格の三田村君、はじめはヒサやカナより情けなく、
大丈夫かとつい思ってしまうのですが、
物語が進むにつれ彼によって周りが変わっていく様子が実に爽快です。

変わらずバカな所もあるのですが、彼によって物語が始まり、
彼の成長した姿で締めくくられる珠玉のヒューマンドラマ。 



私自身、勝手な思い込みで理解していることが多々あり…
新人の頃の三田村先生に近いかも?
「明日の子供たち」は、その偏見に!?気付かせてくれた本
そんな私にとって、厳しくも優しい猪俣先生のような本でした。

本書を読みながら、
正しく「目から鱗が落ちる」気付きが沢山あり
知らないのは無関心と同じ?
有川さんの本が知る機会を与えてくれました。
ありがとうございますm(__)m

未読の方には、ステキな登場人物達に出会って欲しい
その想いを込めて帯紙にあった登場人物紹介を載せますね(^_-)-☆

・三田村慎平:やる気は人一倍の新人職員

・和泉和恵:愛想はないが涙もろい3年目(仕事の壁)

・猪俣吉行:理論派の熱血ベテラン

・谷村加奏子:聞き分けのよい“問題のない子供”16歳(将来の夢)

・平田久志:大人より大人びている17歳(恋の行方)
※()の言葉は、帯紙では吹き出しになっていました。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_09_08




11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.