桜庭一樹さんの「赤朽葉家の伝説」


第60回日本推理作家協会賞受賞


最初本書を手にした時、横溝正史さんの
「金田一耕助シリーズ」をイメージしていたので…
いい意味で裏切られました。

だってタイトルが紛らわしいというか何というか…
勘違いした私が悪いのですが^_^;


本作も、ミステリーではあるけれど、どちらかと言えば
ヒューマンストーリーに近いような感じがしました。

3世代の女性の生き方を描いていて、

Ⅰ部の万葉の時代はドッシリと力強く、

Ⅱ部の毛毬の時代は猪突猛進型?
スピーディーで濃い毛毬の人生、

Ⅲ部の瞳子の時代は、
回顧することで前に進むことができるのかな?

Ⅲ部は、ミステリーのおきまりで謎解きの部ではあるけれど…人物描写がとてもいい作品なので、
その分切なさが倍増でした(T_T)




赤朽葉家の伝説 BOOK


内容紹介(東京創元社より)

「山の民」に置き去られた赤ん坊。

この子は村の若夫婦に引き取られ、
のちには製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれて
輿入れし、赤朽葉家の「千里眼奥様」と呼ばれることになる。

これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。

――千里眼の祖母、漫画家の母、そしてニートのわたし。

高度経済成長、バブル崩壊を経て平成の世に至る
現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる3代の女たち、
そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の血脈を
比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編。

著者の新たなる代表作、桜庭一樹はここまで凄かった



桜庭一樹さんの本を初めて読んだのですが、
想像以上に面白かったです。

何といっても私の中では金田一シリーズでしたから…
…(しつこい)^_^;

登場人物がとても魅力的に描かれており、
感情移入しやすく、読んだ後もいい意味で引きずられて
いい作品でした。





テーマ : 推理小説・ミステリー    ジャンル : 本・雑誌
 2014_01_25




09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.