「家へ帰ろう」


第2次世界大戦中、自分を救ってくれた命の恩人に再会すべく、
88歳のユダヤ人の老人がアルゼンチンからポーランドまで
苦難の旅に出るさまを描いた感動のロードムービー。


家に帰ろう


第二の故国アルゼンチンで、
大勢の子どもたちや孫に囲まれながらも、
今一つ冴えない表情を浮かべる
88歳のユダヤ人の老仕立屋アブラハム。
老人ホームに明日入居する予定となっていた彼は、
しかし家族に黙って家出を決行。
実は彼は第2次世界大戦中、故国のポーランドで
ナチスによるユダヤ人狩りに遭ったものの、
奇跡的にホロコーストから生還。
その際、彼を救ってくれた命の恩人に再会すべく、
ポーランドへ向けて単身旅に出る。


原題/El ultimo traje
制作年/2017
制作国/スペイン/アルゼンチン
内容時間/93分

監督/パブロ・ソラルス
製作/ヘラルド・エレーロ
製作/アントニオ・サウラ
製作/マリエラ・ベスイェフシほか
脚本/パブロ・ソラルス
撮影/フアン・カルロス・ゴメス
音楽/フェデリコ・フシド

(CAST)
アブラハム/ミゲル・アンヘル・ソラ
マリア/アンヘラ・モリーナ
ゴーシャ/オルガ・ボラズ
クラウディア/ナタリア・ベルベケ
レオナルド/マルティン・ピロヤンスキー


映画の冒頭でのアブラハムと子ども達のやりとりで
子ども達にホームへ入れられることに不満を持った老人が
子どもへの抗議のため家出する話なのかなと
勝手に思い込んで観ていましたが
そんな単純な動機ではなかったです
アブラハムの旅の目的は正しく『家へ帰ろう』でしたね
映画を見終えた後にタイトルを見るとそれだけで泣けます(T_T)

旅の途中で様々な災難に見舞われ
無事ポーランドにたどり着けるの?と心配に・・・
でもその度にアブラハムを助けてくれる人があらわれ
心温まるラストへと導かれていく
とてもステキな映画でした。秀作です。


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_02_27




「女王陛下のお気に入り」


ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモスが監督を務めた
18世紀初頭のイングランドを舞台にした宮廷ドラマ

第91回(2018)アカデミー賞主演女優賞「オリヴィア・コールマン」


女王陛下のお気に入り


18世紀初頭。
アン女王が統治するイングランドは目下、フランスと交戦中。
病弱で気まぐれな女王を意のままに操り、
彼女に代わって王室の絶大な権力をほしいままにしていたのは、
女官長のサラだった。
そんなある日、没落貴族の娘のアビゲイルが
いとこのサラを頼って姿を見せ、宮廷で働くことに。
やがて侍女となり、アン女王の孤独な心をつかんだアビゲイルは、
女王陛下の新たなお気に入りとしてサラの地位を脅かすようになる。



原題/The Favourite
制作年/2018
制作国/アイルランド/イギリス/アメリカ
内容時間/120分

監督/ヨルゴス・ランティモス
製作/セシ・デンプシー
製作/エド・ギニー
製作/ヨルゴス・ランティモスほか
脚本/デボラ・デイヴィス
脚本/トニー・マクナマラ
撮影/ロビー・ライアン

(CAST)
アン女王/オリヴィア・コールマン
アビゲイル・ヒル/エマ・ストーン
レディ・サラ/レイチェル・ワイズ
ロバート・ハーリー/ニコラス・ホルト
サミュエル・マシャム/ジョー・アルウィン


映画を観た後のあとあじはあまりよくなかったです
でも映像が美しくそれだけでも観てよかったかな
そして3女優のドスのきいた演技にも拍手喝采!
アン王女役のオリヴィア・コールマンの万華鏡のような演技
アビゲイル役のエマ・ストーンとサラ役のレイチェル・ワイズ
女王の寵愛を奪い合う二人の火花が散るような攻防も凄かった!
3人の女優陣の迫力に飲まれた!?ハーリーとマシャム
2人は3人の女優陣にいいように振り回される道化師のようでした

ドロドロした権力争いの渦中で行われる欺し騙されの駆け引きは
まるで喜劇のように立場が入れ替わり
最終的にはアビゲイルの一人勝ちに!?
でも女王にウサギを虐待していることに気付かれ
ラストシーンはアビゲイルのその後をウサギになぞらえたようで
サラにしてみれば溜飲が下がるラストシーンになった!?
でもそのことをサラは知ることが出来ないので
結局3人とも何かを失う結末に・・・
あとあじのいい映画ではなかったのですが面白かったです(^^)



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_02_23




「ウィンストン・チャーチル/ヒットラーから世界を救った男」


戦時下、英国の首相になったチャーチルの苦悩を描く歴史ドラマ。

第90回(2017)アカデミー賞主演男優賞「ゲイリー・オールドマン」
第90回(2017)アカデミー賞メイク・ヘアスタイリング賞


ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男


1940年5月、イギリス。
野党の攻撃を受けて辞任したチェンバレン前首相に代わり、
新たに首相になったチャーチル。
西欧各国へのドイツ軍の侵攻は進み、
フランスのダンケルクに取り残された多数の英軍兵が
いつドイツ軍に全滅させられてもおかしくない事態に。
チャーチルは兵士たちをダンケルクから脱出させようと手を尽くすが、
ドイツに徹底抗戦する姿勢から、
イタリアを通じたドイツとの講和を主張する一部の閣僚と対立し…。



原題/Darkest Hour
制作年/2017
制作国/イギリス
内容時間/126分

監督/ジョー・ライト
製作/ティム・ビーヴァン
製作/エリック・フェルナー
製作/リサ・ブルースほか
脚本/アンソニー・マクカーテン
撮影/ブリュノ・デルボネル
音楽/ダリオ・マリアネッリ
特殊メイク/辻一弘ほか

(CAST)
ウィンストン・チャーチル/ゲイリー・オールドマン
クレメンティーン・チャーチル/クリスティン・スコット・トーマス
エリザベス・レイトン/リリー・ジェームズ
ハリファックス/スティーヴン・ディレイン
ネヴィル・チェンバレン/ロナルド・ピックアップ
ジョージ6世/ベン・メンデルソーン


映画はチャーチルが首相なったエピソードで始まり
首相就任後の約一ヶ月に焦点を当てて描かれている
ドイツとの講和条約問題やダンケルクの舞台裏等
結果は知っているけど経過は知らなかったので
とても興味深く最後まで観ることが出来ました

第二次世界大戦についてはもちろん知っていますが
チャーチルについて私が知っているのは
ナチスと徹底抗戦しイギリスを勝利に導いた
強靱な意志を持ち続けた偉大な首相!それくらい・・・^^;
なので映画で苦悩するチャーチル像に人間味を感じ
特にラストの地下鉄のシーン「never」
乗客達や少女のその一言を聞き涙したチャーチル
このシーンを観ながら私ももらい泣き(感涙)
心に沁みる良いシーンでしたね

「ウィンストン・チャーチル/ヒットラーから世界を救った男」
とても面白い映画でした (^^) 秀作です!



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_02_18




「九月の恋と出会うまで」


松尾由美さんの同名小説を
高橋一生&川口春奈ダブル主演で山本透監督が映画化。


九月の恋と出会うまで


写真が趣味のOL志織は、
アーティストしか入居できない風変わりなマンションに引っ越した。
ある夜、彼女はエアコンの穴から聞こえる不思議な声に耳を傾ける。
声は1年後の未来にいる隣室の平野だと名乗り、
現在の自分を尾行してほしいという。
不審に思いながらも尾行を始める志織だが、
そのおかげで自宅に強盗殺人犯が入った時、
鉢合わせして殺されることを免れた。
志織は思い切って現在の平野に相談を持ち掛けるのだが…。



制作年/2019
内容時間/106分

監督/山本透
原作/松尾由美
脚本/山本透
脚本/草野翔吾
脚本/山田麻以
撮影/飯田佳之
音楽/Evan Call

(CAST)
平野進/高橋一生
北村志織/川口春奈
倉/浜野謙太
祖父江/中村優子
香穂/川栄李奈
森秋真一/古舘佑太郎
権藤/ミッキー・カーチス


松尾由美さんの原作小説は未読です

高橋一生さんが出演していたので観ました
ヒューマンドラマかな?と思っていましたが
こてこての!?ラブファンタジー映画でした
設定にかなり無理がありましたが
ファンタジーですからね・・・まぁ許容範囲と言うことで(笑)

大河ドラマに出演中の川口春奈さん演じる志織に
この張り込みではみつかっちゃいますよ!?と
思わずつっこみを入れたくなりましたが
高橋一生演じる平野は全然気付いていませんでしたね




テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_02_07




「春の雪」


行定勲監督が三島由紀夫の遺作を映画化。
妻夫木聡さんと竹内結子さんを主演に迎え
大正時代に展開される切なくも美しい恋愛劇を綴る


春の雪


大正初期。
幼なじみとして育った侯爵家の子息・松枝清顕と
伯爵家の令嬢・綾倉聡子はいつしか惹かれ合っていたが、
互いにそれに気付かずにいた。
そんなある日、聡子に宮家の洞院宮治典王から縁談が舞い込む。
綾倉家にとっては願ってもないことで、
また断わることなど許されない話でもあった。
正式な婚約の勅許が下りた後、清顕はようやく自らの本当の想いを知る。
聡子もまた、自分が本当に愛しているのは清顕だと気付くのだが…。



制作年/2005年
内容時間/151分

監督/行定勲
製作/富山省吾
脚本/伊藤ちひろ
脚本/佐藤信介
撮影/リー・ピンビン
音楽/岩代太郎
主題歌/宇多田ヒカル「Be My Last」

(CAST)
松枝清顕/妻夫木聡
綾倉聡子/竹内結子
本多繁邦/高岡蒼佑
パッタナディド殿下/スウィニット・パンジャマワット
クリッサダ殿下/アヌチット・サパンポン
洞院宮治典王殿下/及川光博
松枝家執事の山田/田口トモロヲ
洞院宮妃/高畑淳子
綾倉伯爵/石丸謙二郎
綾倉伯爵夫人/宮崎美子
清顕の祖母/岸田今日子
月修寺門跡/若尾文子


三島由紀夫さんの原作小説は未読です

映像がとても美しい映画でした
内容よりも映像の美しさに惹かれて続けて二度観てしまった^^;

妻夫木聡さんが演じた清顕の子どもっぽさに辟易し
(そう言ったら子どもに失礼ですね^^;)
男性中心の昔の純文学をそのまま映画化
三島作品は好きで何冊か読みましたが
本作の世界観にはいまひとつ入り込めませんでした

ただ聡子役の竹内結子さんの輝くような美しさに
美しい聡子に出会えるだけでも観る価値あり!です(^^)



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_02_06




01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.