「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」


沖縄にある美ら海水族館で実際に行なわれた
世界初の人工尾びれプロジェクトを、
同水族館の全面協力で前田哲監督が映画化。


ドルフィンブルーフジ、もういちど宙へ


青年獣医の植村は世界最大級を誇る美ら海水族館で働くことに。
海獣課に配属になった彼はイルカの餌になる魚のひれの切り落としや
プールの掃除を一日中させられたり、たたき上げの先輩飼育員・比嘉と
激しく対立したりと不満がたまる毎日を過ごす。
ある日、バンドウイルカのフジが原因不明の病気で
尾びれが壊死する事態になり、尾びれを切る手術が施される。
植村はフジを再び泳がせるべく、人工の尾びれを作る計画を立ち上げる。



制作年/2007
内容時間/105分

監督/前田哲
脚本/川嶋澄乃
脚本/松本稔
脚本/前田哲
撮影/笠松則通
音楽/上野洋子

(CAST)
植村一也/松山ケンイチ
玉城ミチル/高畑充希
日下部七海/永作博美
福原謙三/山崎努
比嘉剛/池内博之
仲村圭一/利重剛
須藤勇治/田中哲司
玉城のオジイ /上間宗男


13年前の映画なので出演者の皆さま若い!
ミチル役の高畑充希さんは中学生?
ミチルは少年のような影のある可愛い女の子で
フジとのシーンがとても印象的でステキでした

主演の獣医師・植村一也役の松山ケンイチさんは
あまり変わらない(少し細めですが)
かなり細めの田中哲司さん、最初は気付かなかった(笑)
(今は恰幅がありすぎて・・・!?)
ブリジストンでフジの尾ひれを作った須藤役
かなり重要な役柄でしたが・・・細い田中さんを見ていると
今の田中さんのイメージが浮んできて映画の内容に集中できない
しつこいですね・・・^^; スミマセンm(_ _)m
須藤さんが頑張ってくれたのでフジもジャンプ出来ました!

美ら海水族館に行くときは毎回イルカショーも見るのですが
(美ら海水族館になる前の海洋博でのオキちゃん劇場から見てます!)
フジがブリジストン製の尾ひれを装着して泳ぐ姿を見て
心が震えるほど感動したことを今でもはっきりと覚えています

「 ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」
フジ、人工尾ひれで今も天国でジャンプしているかな?



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_10_30




「決算!忠臣蔵」


『忠臣蔵』の物語を、“予算”という角度から読み解いた
歴史学者・山本博文さんの著書を
『殿、利息でござる!』の中村義洋監督が映画化


決算!忠臣蔵


幕府の重臣・吉良上野介に切りかかった
赤穂藩主・浅野内匠頭は即日、切腹させられる。
藩はお取り潰しになり、家老の大石は
幼なじみの勘定方・矢頭に力を借りて
残務整理の日々を過ごす。
御家再興の道が閉ざされた彼らに残された希望は
宿敵・吉良邸への討ち入りだが、
討ち入りには費用が必要で、使える予算は
現在の貨幣価値に換算すると9500万円
生活費や食費、家賃、江戸往復など、
お金が出ていくばかりで、大石は頭を抱える



制作年/2019
内容時間/126分

監督/中村義洋
原作/山本博文
脚本/中村義洋
撮影/相馬大輔
音楽/高見優

(CAST)
大石内蔵助/堤真一
矢頭長助/岡村隆史
大高源五/濱田岳
不破数右衛門/横山裕
大石理玖/竹内結子
瑤泉院/石原さとみ
浅野内匠頭/阿部サダヲ
大野九郎兵衛/西川きよし


「決算!忠臣蔵」、正しくタイトル通りの映画でした
赤穂浪士たちが討ち入りまでに使った費用
金額をただ知らせるための映画(笑)
それもクライマックスの討ち入りシーンが・・・
本来の忠臣蔵を楽しみにしていた方からはクレームがでるのでは?
でも日本人ならほとんどの人が知っている話なので
討ち入りシーンほぼカットもありかな!?

これまでに忠臣蔵を描いたドラマや映画は沢山ありますが
討ち入りまでの費用に視点を置いた斬新な忠臣蔵
意表を突いて面白かったです
それにしても3月討ち入り予定がお金がなくて12月?
本当かな?
山本博文さんの原作本も読みたくなりました



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_10_26




「長いお別れ」


直木賞作家・中島京子さんの実体験に基づく小説を
『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野監督が映画化


長いお別れ


東家の父親・昇平の70歳の誕生日、母親・曜子に呼ばれ、
結婚して米国で暮らす長女の麻里、
独立して暮らす次女の芙美が集まった。
そこで昇平が認知症であることを知らされた娘2人はショックを受ける。
それから昇平と曜子、娘2人の生活が始まった。
次第に記憶を失い、突飛な行動を起こす昇平に家族は翻弄されるが、
一方でそんな状態でも変わらない昇平の愛情にも気付かされていく。
やがて、昇平との別れの時が近づき……。


制作年/2019年
内容時間/128分

監督/中野量太
原作/中島京子
脚本/中野量太
脚本/大野敏哉
撮影/月永雄太
音楽/渡邊崇

(CAST)
東芙美/蒼井優
今村麻里/竹内結子
東曜子/松原智恵子
東昇平/山崎努
今村新/北村有起哉
磐田道彦/中村倫也
今村崇/杉田雷麟
少年期の今村崇/蒲田優惟人


1999年に放送されたNHK朝ドラ 『あすか』でのヒロイン役で
竹内結子さんの天使のような笑顔に癒やされ
それ以来竹内さんの出演するドラマや映画をチェックするようになりました
『ランチの女王』での麦田なつみの可愛い笑顔
映画『春の雪』のヒロイン綾倉聡子の輝くような美しさ
どの作品に出演しても竹内さんはとても印象的で
沢山の映画やドラマで楽しませてもらえました
多くの素晴らしい作品を残して下さり本当に有り難うございました
竹内結子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます


映画「長いお別れ」や「決算!忠臣蔵」
WOWOWで放送された竹内さん出演映画を
HDDに録画していたのですがなかなか観ることが出来ず・・・
・・・でもやっと観ることが出来ました

映画の中での麻里の笑顔を見て涙が溢れてきましたが
それでもとても素晴らしい作品だったので
最初から最後まで心から映画の世界を楽しめました

芙美役の蒼井優さんのナチュラルな演技が素晴らしい!
山崎努さんと松原智恵子さんが演じた東夫妻もステキで
山崎さんのおとぼけシーン(認知症)ではクスッと笑え
松原さんのおっとりしているけど何事にもめげない逞しさに
見ているだけで元気をもらえました
そんな母の生き様が芙美や麻里の柔軟な強さに繋がっているのかな
人生いろいろあって悩み多い芙美や麻里だけど
ラストシーンでは山をひとつ乗り越えたのでは?
そう思えるラストでした

タイトルの「長いお別れ」
認知症を煩った父との別れを迎えるまでの7年間
ゆっくりと時間をかけ家族との長いお別れをしていたんですね
とても優しい気持ちになれる素晴らしい映画でした



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_10_23




「4月の君、スピカ。」


杉原美和子さんの人気漫画を
福原遥さんと佐藤大樹さんのダブル主演で
大谷健太郎監督が実写映画化。


「4月の君、スピカ。」


東京から長野の高校に転校してきた星は、
登校初日にうっかり空気の読めない発言をして
失敗デビューをしてしまう。
なかなか友達ができない星の前に、
ちょっと意地悪で強引な学年トップの秀才・泰陽と、
天文好きで無口な深月が現われるが、
星の名前にまつわる天文の話を静かに熱く語る深月に、
星は心惹かれる。一方、深月と幼なじみの泰陽は
星が天文部に入るのを不純だと反対するが、
会う度にケンカとなる星への恋心を自覚していく。


制作年/2019
内容時間/100分


監督/大谷健太郎
脚本/池田奈津子
撮影//川口次男
音楽/吉俣良

(CAST)
早乙女星/福原遥
宇田川泰陽//佐藤大樹
大高深月//鈴木仁
天川咲/井桁弘恵
須藤瑠衣/夏目かな
鴻池鈴/南山あずさ
立花楓/大原優乃
購買のおじさん/大谷亮平
天文台の管理人/酒井美紀


杉原美和子さんの原作マンガは未読です

福原遥さん出演とのことでHDDに録画して観ました
私が福原さんのことを知ったのは主演していたドラマ『声ガール!』
その時は声優さんが女優として活動しているの?と思っていましたが
NHKの『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』の”まいんちゃん”でした
まいんちゃんのことは知っていたけど・・・福原遥さんだったとは^^;

本作で早乙女星を虐めていた立花楓役の大原優乃さんと福原さんは
ドラマ『ゆるキャン△』でも共演していましたね
『ゆるキャン』でのなでしことは真逆のいじめっ子楓役でしたが
美人キャラ・天川咲がライバルで登場すると
星を応援する側に変貌した楓たち3人(笑)憎めないキャラでした

それにしてもイケメン2人に告白されるヒロイン・星
正しく少女マンガの王道!って感じで
見ているこちらが恥ずかしくなるような台詞満載!
泰陽役の佐藤大樹さんと深月役の鈴木仁さん
イケメンお二人の台詞なのでギリセーフでしたが
星たちと同世代の頃に見ていたらときめいたのかな?(かなり前^^;)
・・・無理だ・・・イメージ出来ない
原作が少女マンガなので(くさい台詞・スミマセン^^;)もOKです!

美しい風景と星空を眺めるシーンに癒やされました



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_10_14




「日日是好日」


森下典子さんのエッセイを
樹木希林さん、黒木華さん、多部未華子の共演で
大森立嗣監督が映画化


日日是好日


真面目で理屈っぽいが、少々おっちょこちょいな20歳の典子は、
母親からの突然の勧めに加え、
同い年の従姉妹・美智子からの誘いで茶道を習うことになった。
2人は武田先生のもとを訪ねるが、
あいさつもそこそこに稽古を始める先生に驚かされる。
毎土曜、先生のもとへ行っては稽古する日々が続き、
典子は次第に茶道の魅力に引き込まれていく。
年月がたち、美智子は故郷で結婚し、
一方、典子にはある決定的な転機が訪れるが……。



制作年/2018
内容時間/100分

監督/大森立嗣
原作/森下典子
脚本/大森立嗣
撮影/槇憲治
音楽/世武裕子

(CAST)
典子/黒木華
武田先生/樹木希林
美智子/多部未華子
雪野/鶴田真由
典子の父親/鶴見辰吾
田所/原田麻由
早苗/川村紗也
由美子/滝沢恵


『茶道教室に通った約25年について記した
森下典子さんのエッセイを映画化した人間ドラマ。』
なのでほとんどが茶道教室のシーン
主人公の典子を演じた黒木華さんと
茶道の先生・武田先生役の樹木希林さん
お二人のやりとりがとても自然で
まるでドキュメンタリー映画を観ているようでした

樹木希林さんの凄さを再認識!
樹木希林さんではなくお茶の武田先生にしか見えない!
優しい物腰や口調がほんとうにステキな先生で
茶道にまるで興味の無い私でも
『武田先生になら習ってみたいな』と思いました

茶道にはまるで興味がないと書きましたが
落ち着きのなかった典子がお稽古を重ねることで
所作が次第に美しくなっていき
茶道の日本の様式美!?(生け花や他の芸事もそうですね)
武田先生の熟練した型の美しさに見惚れました
長い年月をかけた修練により得ることが出来る美
本当にその美しさには心動かされ憧れました

ところでタイトルの「日日是好日」とは?
『人生は雨の日もあり、風の日もあり、晴れの日もあります。
しかし、雨の日は雨の日を楽しみ、
風の日には風の日を楽しみ、
晴れの日は晴れの日を楽しむ。
すなわち楽しむべきところはそれを楽しみ、
楽しみ無きところもまた無きところを楽しむ、
これを日々是れ好日というわけです。』
《※細川景一著『白馬蘆花に入る』より抜粋引用》

「日日是好日」でのワンシーン
『初釜を毎年開催することができる、
これが幸せなことですよねぇ』
武田先生のその言葉がジーンと心に響きました



テーマ : 邦画    ジャンル : 映画
 2020_10_08




09  « 2020_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.