石田衣良さんの「うつくしい子ども」


タイトルに惹かれて手に取った本ですが…
読み始めて少し後悔…今のタイミングで読むのはちょっと…
でも結局最後まで読みました。

本書は1997年に神戸で起きた酒鬼薔薇事件と
内容が類似している。
もちろん偶然でなく、石田さんが意図的に行っている
解説にはそう記されていました。

本書の主人公は、犯人の14歳の兄・三村幹生

物語は、
犯人の身内の側から描いている、幹生の一人称での語りと、
事件を外側から描いている、
若手新聞記者・山崎の三人称での語りが交互に登場する。
そうすることで事件が立体的となり読者に迫ってくる。

後半にいくにつれ、幹生の占める割合が増え
物語の勢いも増していく。


とてもやりきれない物語ですが、
幹生は、苦しみ悩み、混乱や不安の中においても
仲間と共に、一歩一歩、ポジティブに行動していく。
その姿に僅かながら救いがあった。



うつくしい子ども

内容(「BOOK」データベースより)

緑豊かなニュータウンを騒然とさせた九歳の少女の殺人事件。

犯人として補導されたのは、ぼくの十三歳の弟だった!

崩壊する家族、変質する地域社会、沈黙を守る学校…。

殺人者のこころの深部と真実を求めて、
十四歳の兄は調査を始める。

少年の孤独な闘いと成長を痛ましくもみずみずしく描く、
感動のミステリー。



本書「うつくしい子ども」と、東野圭吾さんの「手紙」を
どうしても比べてしまう…
犯罪加害者の家族を真正面から描いているのは同じなのですが
「手紙」のほうがよりリアルに感じました。




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_10_02






石田衣良さんの「4TEEN」


石田衣良さん、テレビでのコメンテーターのイメージが強すぎて…。

「4TEEN]に出会って作家さんだと知りました…(^_^;) 
衣良さんスミマセンm(__)m


「4TEEN」は、14歳の少年たちの日常を瑞々しいタッチで描いており、
4人がお互いをいたわりあいながら成長していく姿が、
とても頼もしく愛おしい。



4TEEN BOOK



8つの短編連作です。

それぞれの物語は、ナオトの病気や、
死を間近にした老人との出会いなど、
かなり重たいテーマを扱っているのですが
 
なぜか清々しい気持ちにさせてくれる。


中学生時代を思い出しました。



内容紹介(新潮社文庫より)

東京湾に浮かぶ月島。

ぼくらは今日も自転車で、風よりも早くこの街を駆け抜ける。

ナオト・ダイ・ジュン・テツロー、中学2年の同級生4人組。

それぞれ悩みはあるけれど、一緒ならどこまでも行ける、
もしかしたら空だって飛べるかもしれない_。

友情、恋、性、暴力、病気、死。

出会ったすべてを精一杯に受けとめて成長してゆく
14歳の少年達を描いた爽快青春ストーリー。




4人のその後を描いた「6TEEN」もありますよ!




WOWOWでドラマ化も!


4TEEN ドラマ



ドラマ版も見ましたが、
それぞれのエピソードをうまく盛り込んでいて面白かったです。

ダイを柄本時生さん、死期間近の老人を菅原文太さんが演じてました。




(追記)
「4TEEN」とは関係ないのですが、過去記事に画像を追加しました。ご報告まで…。




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2013_12_19




11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.