「十年」


第35回香港電影金像奨で作品賞に輝き、
日本・タイ・台湾版も作られる国際共同プロジェクト
「十年」の原点となった野心作。
若手監督5人が想いを寄せた、香港の未来とは?


十年



「エキストラ」
2020年。男性2人はあるメーデーの集会で騒動を起こす仕事を引き受けるが、
それは事件をきっかけに国民を取り締まる新法を作りたい中央政府の陰謀だった。

「冬のセミ」
近未来、身の回りの物を毎日黙々と“標本”にする男女がいた。

「方言」
2025年、あるタクシー運転手は
香港でずっと使われてきた広東語を使うことを禁じられて戸惑う

他の2話もやはり2025年の物語である

「焼身自殺者」
ある朝早くイギリスの領事館前で焼身自殺があり…

「地元産の卵」
香港最後の養鶏場が歴史に幕を閉じる


原題/十年
制作年/2015
制作国/香港
内容時間/109分

『エキストラ』
監督/クォック・ジョン
脚本/リョン・プイプイ
脚本/フェーン・チョン
(CAST)
ピーター/ピーター・チャン

『冬のセミ』
監督/ウォン・フェイパン
脚本/ウォン・フェイパン
脚本/ウォン・チン
(CAST)
ウォン・チン/ウォン・チン
ラウ・ホチ/ラウ・ホチ

『方言』
監督/ジェヴォンズ・アウ
脚本/ジェヴォンズ・アウほか
(CAST)
タクシー運転手/リョン・キンピン

『焼身自殺者』
監督/キウィ・チョウ
脚本/キウィ・チョウ
(CAST)
オウヨン・キンファン/ン・シウヒン

『地元産の卵』
監督/ン・ガーリョン
脚本/ン・ガーリョン
(CAST)
サム/リウ・カイチー


“香港で公開された2015年から10年後の2025年(1本のみ2020年)の香港を、
若手監督5人が政治に対する不信感やグローバリゼーションの脅威など、
香港人が自分たちの未来に対して抱く不安をオムニバス短編映画で描写”

「十年」を見ながら頭に浮かんできたのが『未来世紀ブラジル』
情報管理社会を風刺したSF映画なのですが
両作品とも管理社会の歪みを描いているのでシンクロしたのかも!?
「十年」はリアルに、『未来世紀ブラジル』はSFファンタジーとして
香港の現状は「十年」の描くリアルに近くなりつつあるのでは・・・
5人の若手監督の危機意識が生んだ5つの短編映画
凄いエネルギーを感じました

2018年、同じコンセプトのオムニバス映画が、日本、タイ、台湾でも制作
日本版『十年』も見てみたいですね



テーマ : アジア映画    ジャンル : 映画
 2020_05_05




「サイバー・ミッション」


山下智久さんが海外映画に初出演したサスペンスアクション
元「SUPER JUNIOR」のハンギョン
『九月に降る風』などのリディアン・ヴォーン
『修羅:黒衣の反逆』などのリー・ユアンらが出演


サイバー・ミッション


プログラマーのハオミンは、過去にハッキング対決で破ったゼブラが
闇の仕事に手を出していると香港警察から聞かされる。
それから間もなく、スー・イーを介してゼブラが接触を図ってくる。
ハオミンは覆面捜査官としてゼブラがいるサイバーテロ組織に潜入し、
彼がたくらむ陰謀の情報をつかもうとする。
やがて組織のバックに潜むモリタケシに気に入られたハオミンは、
高度なセキュリティーが敷かれたインフラ管理システムの
ハッキングを命じられる。



原題/解碼遊戯 Reborn
制作年/2018年
制作国/中国・香港合作
内容時間/100分

監督/リー・ハイロン
脚本/スー・リャン
脚本/ユー・チャオ
脚本/リュー・シー他
制作/アンドレ・モーガン他
撮影/マイカル・ティウォニアク
アクション監督/ニコラス・パウエル
音楽/ネイサン・ワン

(CAST)
ハオミン/ハンギョン
ゼブラ/リディアン・ヴォーン
スー・イー/リー・ユアン
モリタケシ/山下智久


山下智久さんが出演していたので観た映画です
海外映画初出演、それも悪役!
これは見逃せません!
悪役でも山Pは美しい~♡
アクションシーンもカッコよかったです♡
ストーリー云々は置いといて・・・^^;
山Pファンの皆さまお薦めですよ~(^^)/

山P英語が堪能なのでこれからも海外作品へ
どんどんチャレンジしてくれるのでは!?
期待しています!



テーマ : アジア映画    ジャンル : 映画
 2020_01_15




映画「バーフバリ 王の凱旋」


本国インドで記録的ヒットを飛ばしたスペクタクル大作2部作の完結編。
陰謀で殺された偉大な父と、自らが王の血筋とは知らずに育った息子、
2人のバーフバリの運命を描いた叙事詩的アクション大作2部作の完結編。


バーフバリ 王の凱旋


国民に愛され、次期国王に選ばれながらも、
ライバルであるバラーラデーヴァの陰謀によって王位を追われた先代バーフバリ。
老剣士カッタッパから父の人生とその死にまつわる衝撃の真実を聞いた青年シヴドゥは、
ついに自らの宿命に目覚め、マヘンドラ・バーフバリを名乗る。
恋人の戦士アヴァンティカたち反乱組織や
暴君バラーラデーヴァに不満を抱く民衆の力を借り、
バーフバリは王国を取り戻し、父の無念を晴らすべく兵を挙げる。



原題/Baahubali 2: The Conclusion
制作年/2017
制作国/インド
内容時間/141分

監督/S・S・ラージャマウリ
原案/V・ヴィジャエーンドラ・プラサード
脚本/S・S・ラージャマウリ
撮影/K・K・センティル・クマール
音楽/M・M・キーラヴァーニ

(CAST)
シヴドゥ(マヘンドラ・バーフバリ)・アマレンドラ・バーフバリ
/プラバース
バラーラデーヴァ/ラーナー・ダッグバーティ
デーヴァセーナ/アヌシュカ・シェッティ
カッタッパ/サティヤラージ
シヴァガミ/ラムヤ・クリシュナ
ビッジャラデーヴァ/ナーサル
アヴァンティカ/タマンナー


前編「バーフバリ 伝説誕生」のラストシーンで
カッタッパがシヴドゥに語った衝撃の告白
王位継承争いが起きた過去の出来事から後編はスタート

バーフバリの超人的な強さを持っても適わない!?
女性が強いですね!(権力だけでなく性格も)
国政を一任されている国母シヴァガミには誰も逆らえない!
そのシヴァガミにも臆せず意見したデーヴァセーナ
25年間鎖に繋がれながらも生き抜けたのは
その強さがあったればこそ!
デーヴァセーナの強さはシヴァガミ以上かも!?

「王の凱旋」を観終えたからこそ分かったこと
『伝説誕生』でのシヴァガミの冒頭シーンには胸が詰まり
もう一度『伝説誕生』から観たくなりました

「バーフバリ」ストーリー的には目新しいものではなかったけれど
迫力ある特撮映像がインド映画独特なノリで撮られていたのがよかった
そしてなによりインド音楽がとても面白くて印象に残りました
今も頭の中でインド音楽の独特なリズムが流れ続けている♪




テーマ : アジア映画    ジャンル : 映画
 2019_01_10




映画「バーフバリ 伝説誕生」


インドで当時歴代最高の興収記録を打ち立てた
冒険スペクタクル「バーフバリ」2部作の第1部。


バーフバリ 伝説誕生


王宮で争いが起こり、生まれて間もない赤ん坊の王子が
貴婦人シヴァガミの命と引き換えにひとり逃がされる。
赤ん坊は村人の夫婦に拾われ、シヴドゥと名付けられた。
やがてたくましい青年に成長したシヴドゥは、
村のそばにそそり立つ大滝の向こうに広がる世界に憧れを抱き、
母に厳しく禁止されながらも、ついに滝の上にたどり着く。
そこで彼は、暴王バラーラデーヴァと戦う
反乱組織の女性戦士アヴァンティカに出会い、恋に落ちる。



原題/Baahubali: The Beginning
制作年/2015
制作国/インド
内容時間/138分

監督/S・S・ラージャマウリ
原案/V・ヴィジャエーンドラ・プラサード
脚本/S・S・ラージャマウリ
撮影/K・K・センティル・クマール
音楽/M・M・キーラヴァーニ

(CAST)
シヴドゥ(マヘンドラ・バーフバリ)/アマレンドラ・バーフバリプラバース
バラーラデーヴァ/ラーナー・ダッグバーティ
アヴァンティカ/タマンナー
カッタッパ/サティヤラージ
シヴァガミ/ラムヤ・クリシュナ
ビッジャラデーヴァ/ナーサル
サンガ/ロヒニ


私が今までに観たインド映画とは印象がまるで違いました
いい意味でビックリです!!
正しく、冒険スペクタクル「バーフバリ」
まるで『ロード・オブ・ザ・リング』の戦闘シーンを再現したかのようで
「バーフバリ」大迫力で凄かった!
ただ私の好みは、『ムトゥ 踊るマハラジャ』のようなベタなインド映画で…
「バーフバリ」はまるでハリウッド映画のようでした
シヴドゥ(バーフバリ)の超人的強さはターミネーターみたい?
いずれにしてもベタなインド映画ではなかったです
インド映画がこれでもか!というくらい本気出して制作した「バーフバリ 伝説誕生」
続編の『バーフバリ 王の凱旋』も楽しみです(^^)





テーマ : アジア映画    ジャンル : 映画
 2019_01_09




10  « 2020_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.