東野圭吾さんの『沈黙のパレード」


ガリレオ、再始動!
容疑者は彼女を愛したふつうの人々。
哀しき復習者たちの渾身の謎(トリック)が、
湯川、草薙、内海薫の前に立ちはだかる。


沈黙のパレード


突然行方不明になった町の人気娘・佐織が、
数年後に遺体となって発見された。
容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。
だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。
さらにその男が、堂々と遺族たちの前に現れたことで、
町全体を「憎悪と義憤」の空気が覆う。

かつて、佐織が町中を熱狂させた秋祭りの季節がやってきた。
パレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたか。
殺害方法は?アリバイトリックは?
超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。



「ガリレオシリーズ」大好きで全作品読んでいますが
本書を読みながら
今回も『容疑者Xの献身』は越せないかな?と
勝手に決めつけながら頁を捲っていました
でも最後まで読み終えた感想は
「面白かった!」の一言に尽きます!

物語の後半部分で
『容疑者Xの献身』を踏まえた湯川の回想シーンがあり
湯川が事件を解決することで抱え込んでしまった心の葛藤
(『真夏の方程式』でもあったと思いますが…)
湯川は草薙(内海)に依頼され仕方なく警察に協力しているのですが
それ以外にも学者としての好奇心?で事件を解いている印象があり
でも本作では事件のトリックを見破るだけではなく
事件に関わった人々の気持ちに寄り添うという
いままでの湯川とは違う一面を見せてくれた作品でした。

それ以上感想を書くとネタバレになってしまうので
感想はこの辺で…^^;

でも確信に触れない程度のネタバレを少々
東野さん映画化を意識して書いているな?
そう思わせるシーンがありました
なんと湯川先生がギターを弾くシーンが♪
映画で福山さんのギターが聴けるよ~♡
私の頭の中では映画化決定でーす(^^)/




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_12_23




東野圭吾さんの「恋のゴンドラ」


この恋の行方は天国か地獄か
怒濤の連続どんでん返し!

恋をするには
愛以上に覚悟と度胸が必要―
書きながら改めて
思いました。
東野圭吾
~『帯紙』より~


恋のゴンドラ


真冬に集う男女8人の運命は?
あの東野圭吾が“恋愛"という永遠のミステリーに真っ向から挑む。
衝撃の結末から目を逸らすな!




読み始めの感想は、
7つの物語の短編集?
東野さんの作品としてはちょっと物足りないかな?
と思いながら読んでいましたが
特に、『ゴンドラ』と『リフト』がいまひとつで^_^;
でも『プロポーズ大作戦』あたりで???
もしかしたら面白くなるかも!?

その後の物語
『ゲレコン』『スキ― 一家』
『プロポーズ大作戦 リベンジ』
『ゴンドラ リプレイ』
最後まで一気読みしました!

ミステリーではなかったけれど
このノリ嫌いではないです。
どちらかと言うと好きかも


本書の帯紙で紹介されていたので
『雪煙チェイス』、本書の続編なのかしら?と
勝手に思っていましたが、どうやら違うようですね

「恋のゴンドラ」ラストの物語
『ゴンドラ リプレイ』での絶叫のその後が気になる!
東野さん、続編書いてくれませんかね!?



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_09_19




東野圭吾さんの「危険なビーナス」


失踪した弟の嫁を見た瞬間、俺は雷に撃たれた。

弟の妻・楓は、夫の失踪の原因を探るため弟の家族に近づく。
伯朗は楓に頼まれ協力するが、時が経てば経つほど
彼女に惹かれていく―。
「ごめん、好きにならずにはいられない。」

解けない謎が、出逢うはずのなかった二人を近づける。

真相を知った人は、どんな顔をするだろう―東野圭吾
~「帯紙」より~


危険なビーナス


弟が失踪した。
彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。
楓は夫の失踪の原因を探るため、
資産家である夫の家族に近づく。
兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、
時が経てばたつほど彼女に惹かれていく。



『帯紙』に記された東野さんの言葉に納得です!

※真相を知った人は、どんな顔をするだろう―東野圭吾
後半部分を読んでいた私の心の声⇒“エーーーーッ!!!!そうきたか!!”
東野作品としては読後感がめずらしく!?かなり爽やかでした
特にラストの頁がいいですね(笑)

何に驚いて、何が良かったのか、残念ながら記せませんが
(ネタバレになるので)
私にとってはかなり面白い本でした。

ただ東野さんの『白夜行』や『容疑者Xの献身』のような
重いストーリー展開が好きな方には肩透かしになるかも?




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_08_13




東野圭吾さんの「疾風ロンド」


「疾風ロンド」阿部寛さん主演で映画化!

未読だったので図書館で借りて読むことに
予約したらすぐに借りることができました(^_^)v




疾風ロンド BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

強力な生物兵器を雪山に埋めた。
雪が解け、気温が上昇すれば散乱する仕組みだ。
場所を知りたければ3億円を支払え―
そう脅迫してきた犯人が事故死してしまった。

上司から生物兵器の回収を命じられた研究員は、
息子と共に、とあるスキー場に向かった。
頼みの綱は目印のテディベア。
だが予想外の出来事が、次々と彼等を襲う。
ラスト1頁まで気が抜けない娯楽快作。






映画「疾風ロンド」


疾風ロンド MOVIE

映画あらすじ

大学の研究施設の違法生物兵器「K-55」が盗難に遭い、
さらに国民を人質に身代金3億円を用意するよう脅迫メールが届く。
残された時間は4日間、主任研究員の栗林和幸は
ひそかに兵器を探索するという任務を依頼されるも、
手掛かりはゼロ。
そんな折、犯人死亡というまさかの事態に
ぼうぜんとしながらも大惨事を回避すべく、
犯人の遺品をヒントに国内屈指の規模を誇るスキー場へと向かう。



映画「疾風ロンド」只今上映中!ですが?
残念ながら映画館が遠いので観に行けません^_^;
(近くにシネコンあるけど…そこでの上映無し)



「疾風ロンド」最初から最後までドキドキもので
とても面白かったです!
もちろん一気読みでした(^_^)v

ラストの1頁を読み終えるまで息がつけません!


それにしてもスキー初心者の栗林和幸に
生物兵器探索をまかせて大丈夫なの?

案の定!?ドジなおじさん栗林のお陰で
シリアスサスペンスのはずが
なぜかドタバタ劇の様相に

目印のテディベアからして不思議だったのよね
どうしてテディベアなの?と思っていましたが
東野さん、こうきましたか!


ドジな栗林が頑張れば頑張るほど
おかしな方向に転がっていく
重い内容なのに軽いノリで押し切ってしまった!?
このノリ結構好きです(^^)


『白銀ジャック』に登場した
根津昇平と瀬利千晶が
栗林を助ける役回りで登場しています。

両作とも疾走感あり!一気読み間違いなし(^_-)-☆




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_12_07




東野圭吾さんの「人魚の眠る家」


答えてください。
娘を殺したのは私でしょうか。

過酷な運命に苦悩する母親。
その愛と狂気は成就するのか――。

~帯紙より~



人形の眠る家

内容(「BOOK」データベースより)

娘の小学校受験が終わったら離婚する。
そう約束した仮面夫婦の二人。

彼等に悲報が届いたのは、
面接試験の予行演習の直前だった。
娘がプールで溺れた―。

病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。
そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。

過酷な運命に苦悩する母親。
その愛と狂気は成就するのか―。




東野圭吾さんの本なので
サスペンスなのかと勝手に思い込み
気軽に読み始めましたが
いやはや読んでビックリ
臓器移植や脳死判定等を描いた
社会派小説でした。

1997年臓器移植法が施行された頃
脳死判定による脳死に対し
分からないこと理解出来ないことが多々あり
当時かなり嵌まっていた立花隆さんの著書
『脳死』『脳死再論』『脳死臨調批判』を
読み漁ったことを思い出しました。

でもいくら本を読んでも答えは出ない
いくら法律で決まっているからと言われても
理論上は理解できたとしても
当事者になれば薫子のように受け入れられず
磁気刺激装置を使ってでも
娘は生きていると信じてしまうかも…

薫子とは対極にいる和昌の父親
機械で無理やり孫の身体を動かしている
母親のエゴを満足させるだけの操り人形
そう言いきる祖父
それは薫子のエゴでしかなかったのか…


水難事故で脳死に陥った娘
それを受け入れられない母親
孫を救えなかった祖母
心臓移植を待つ少女
海外移植資金の募金活動
身体が付随になった人の為の研究
偶然出会った少女が忘れられない男の子
などなど、様々なエピソードを上手く絡め
読者を物語の中へと引き込んでいく
その筆力は流石です!
あっという間に読み終えました。


エンタテイメント作品としても十分に読み応えがあり
脳死や臓器移植に対して今一度考えさせられた
とても深く心に響く作品でした。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_06_23




08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.