高田大介さんの「図書館の魔女 烏の伝言」


人を真実へと導くのは
“剣”か“魔法”か、それとも―?

囚われた姫君を助け出す―
陰謀に荒む港町を
山の民と兵士と、みなしごたちが
駆け抜ける。

~「帯紙」より~


烏の伝言

霧深いなか、道案内の剛力たちに守られながら、
ニザマの地方官僚の姫君ユシャッバと
その近衛兵の一行が尾根を渡っていた。
陰謀渦巻く当地で追われた一行は、
山を下った先にある港町を目指していた。
剛力集団の中には、鳥飼のエゴンがいた。
顔に大きな傷を持つエゴンは言葉をうまく使えないが、
鳥たちとは、障害なく意思疎通がとれているようだ。
そんな彼の様子を興味深く見ていたのは、
他ならぬユシャッバだった――。



“大反響を呼んだメフィスト賞受賞作
『図書館の魔女』に続くファンタジー巨編!”
と『帯紙』に記してあったので
一ノ谷を旅立ったキリヒトのその後の物語なのかと
勝手に決めつけ期待して本書を読みましたが
残念ながら本書にキリヒトは登場しません(T_T)
キリヒトは登場しない…でも続編でした
なので『帯紙に』に嘘偽りはないですよ(^_-)-☆


新たに登場した剛力や鼠達
ニザマから逃亡中の姫と近衛隊がとても魅力的です♡
姫は姫様っぽくなく逞しいキャラ!?(というか賢い)
近衛隊や剛力達のおとこぎに感涙(感動)
子鼠達(子ども達)の悲しい過去に絶句…そして健気さに(涙)

全体的に重苦しい雰囲気が漂う物語でしたが
後半部で一気に空気が和らいでくる
特に後半部分でのマツリカと剛力・ワカンの
言い争い?いや話し合いには
ハルカゼと同じく笑いが止まらず
マツリカのことを、姐さん、姐御呼ばわりしたワカンに
座布団3枚!ですね(^^)/

「図書館の魔女 烏の伝言」も秀作でした。
NHKで放送中の『精霊の守人』シリーズのような
大河ファンタジーになりそうな予感が!
「図書館の魔女」シリーズの次回作、今から楽しみです♡ 



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_02_01




高田大介さんの「図書館の魔女 第四巻」


裏表紙を閉じたあと、
私と同じようにつぶやくはずである。
「すごい」と。
―東えりか(書評家)

言葉の呪術的な力を熟知した著者による、
大スペクタル小説、完結!
~「帯紙」より~


図書館の魔女 第4巻

海峡地域の動乱を期するニザマ宰相ミツクビの策謀に対し、
マツリカは三国和睦会議の実現に動く。
列座するは、宦官宰相の専横を忍んできたニザマ帝、
アルデシュ軍幕僚、一ノ谷の代表団。
和議は成るのか。
そして、マツリカの左手を縛めた傀儡師は追い詰められるのか?
超大作完結編。第45回メフィスト賞受賞作。


最終巻を読み終えてすぐ
もう一度最初から読みたくなりました…^_^;
マツリカとキリヒトの出会いから
今度は細部を確かめながら読みたいな?と

本書「図書館の魔女」はファンタジーですが
実在の世界のように詳細に物語の背景が設定され
本を読んでいるだけでまるでその世界を
登場人物と共に旅しているような錯覚に陥る。
特に第4巻では船旅で厳冬の地へ赴いた上
様々な試練に立ち向かっていくマツリカ一行
マツリカとキリヒト達と共に読者にも試練が!?
(頁を捲る手が止まらない!試練ですけどね(^_-)-☆)

本書のラストでのマツリカの言葉
キリヒトの存在のあり方を
マツリカが切々と語り聞かせる姿に
言葉だけでなくマツリカの心の思いとして
とても共感し感動しました

『十二国記』『ゲド戦記』『指輪物語』『勾玉三部作』etc
今までに読んだファンタジーですが
「図書館の魔女」でもきっと同じような楽しみが味わえる!?
そう思いながら第1巻から読み始めましたが
第1巻を読んだだけでは本当の面白さは伝わらなかったので
本書を手にして第1巻で読むのをやめた方に
是非最後まで読んで下さい!とお薦めしたいです。
(余計なお世話かもしれませんけど^_^;)


私は「図書館の魔女」全巻を再読したいのですが
その前に続編が気になって仕方がないので
続きを読みたいなと思っています
でもまだ文庫化されていないので購入を思案中…^_^;





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_01_17




高田大介さんの「図書館の魔女 第三巻」


剣でも魔法でもない
少女は“言葉”で世界を拓く。
ファンタジー界を革新する超大作!

こんな壮大な世界、素晴らしい物語を
短い「言葉」(このスペース)で表現することは
僕にはできない。―勝間準

~「帯紙」より~


図書館の魔女 3巻

深刻な麦の不作に苦しむアルデシュは、
背後に接する大国ニザマに嗾けられ、
今まさに一ノ谷に戦端を開こうとしていた。

高い塔のマツリカは、
アルデシュの穀倉を回復する奇策を見出し、
戦争を回避せんとする。

しかし、敵は彼女の“言葉”を封じるため、
利き腕の左手を狙う。
キリヒトはマツリカの“言葉”を守れるのか?




第二巻のラストでマツリカとキリヒトが
急接近したように感じていたのですが
第三巻の冒頭ではまた元の関係に戻っていて
肩透かし?
でもマツリカが狙われたことで
マツリカはキリヒトを片時も離さず側に置くことに…


やっと第三巻で物語の世界が見えてきた!?
マツリカの置かれている立場や
一ノ谷の周辺国との複雑な関係
何故ニザマが一ノ谷を標的とするのか等々


第四巻では国々の紛争解決に重きが置かれるのか
それともマツリカやキリヒトたち登場人物を
より深く描いていくのか…
私としては人物中心の物語を期待しています!


読み進めるのに思いのほか時間がかかってしまい…^_^;
やっと最終巻が読めるぞ―!!
第四巻のラストシーンが楽しみです(^^)






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_01_06




高田大介さんの「図書館の魔女 第二巻」


なんなんだこれは。
読みながらこれほど楽しい小説は
久々だった。―北上次郎(文芸評論家)

本読みの間で大評判となった
恐るべきデビュー作!
~「帯紙」より~




図書館の魔女 第二巻

内容(「BOOK」データベースより)

図書館のある一ノ谷は、海を挟んで接する大国ニザマの
剥き出しの覇権意識により、重大な危機に晒されていた。

マツリカ率いる図書館は、軍縮を提案するも、
ニザマ側は一ノ谷政界を混乱させるべく、
重鎮政治家に刺客を放つ。

マツリカはその智慧と機転で
暗殺計画を蹉跌に追い込むが、
次の凶刃は自身に及ぶ!




第45回メフィスト賞受賞作。

「図書館の魔女」年内で最終巻まで読みたかったのですが
大掃除やらなにやらで結構忙しく…無理でした^_^;

第一巻はたんたんとしていましたが
第二巻ではかなり動きがあったので
続きがホント楽しみです(^_-)-☆



2016年の総決算!?
今年1年間で読んだ本は100冊ちょうど
目標(ギリギリ)達成です(^_^)v

今年1年間で観た映画は123本
邦画→91本
洋画→21本
韓国映画→4本
アニメ→7本


今年も圧倒的に邦画が多かった…^_^;

来年もWOWOWやBSプレミアムさんにお世話になり!?
もちろん『シン・ゴジラ』『君の名は。』のような
いい映画があれば劇場へ足を運びたい
とりあえず年間100本は観たいですね(^_-)-☆
読書も100冊目標なので、合わせて200!!


まずは「図書館の魔女 第三巻」を読むぞー!
新年の決意表明?


今年一年お世話になりました
来年もよろしくお願いします

良いお年をお迎え下さい\(^o^)/






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_12_31




高田大介さんの「図書館の魔女 第一巻」


超弩級異世界ファンタジー全四巻、
ここに始まる!

第45回メフィスト賞受賞作。




図書館の魔女 第1巻

内容(「BOOK」データベースより)

鍛冶の里に生まれ育った少年キリヒトは、
王宮の命により、史上最古の図書館に暮らす
「高い塔の魔女」マツリカに仕えることになる。

古今の書物を繙き、
数多の言語を操って策を巡らせるがゆえ、
「魔女」と恐れられる彼女は、
自分の声を持たないうら若き少女だった。





高田大介さんの作品は初読です。


まだ第一巻を読み終えたばかりなので
何とも摑みどころのない物語という印象ですが
ただ、凄い物語になりそうな予感がして
第2巻を読むのが今から楽しみです。


今までに読んだ図書館が舞台の作品
『図書館戦争』『サエズリ図書館のワルツさん』
『図書館の神様』etc…
どの本も分かりやすくて面白かった(^_^)v

でも「図書館の魔女」は先がまるで読めない!
この感覚は久々なので嬉しいですね(^_-)-☆
『十二国記』以来かも?


手元に全4巻揃っているので
年内に読みたいのですが…その前に大掃除?






テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_12_24




07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.