宮下奈都さんの「羊と鋼の森」


ゆるされている。
世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。

言葉で伝えきれないなら、
音で表せるようになればいい。

ピアノの調律に魅せられた一人の青年。
彼が調律師として、人として成長する姿を
温かく静謐な筆致で綴った、
祝福に満ちた長編小説。

~帯紙より~



羊と鋼の森

「才能があるから生きていくんじゃない。
そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。
あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。
もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」




第4回(2015年)ブランチブックアワード大賞2015
第13回(2016年)キノベス!2016 第1位
第13回(2016年)本屋大賞2016 第1位


「羊と鋼の森」タイトルもステキですが
装画&装丁にひと目惚れです♡
表紙に描かれた、楽譜と羊と音叉
そして、扉の木立ちと羊
思わず手に取ってしまいました^_^;


2016年度の本屋大賞受賞…なるほど
歴代の大賞作品『鹿の王』や『村上海賊の娘』
『海賊とよばれた男』に比べると
本書は、かなり地味な作品です。
でも、静謐だけど凛としていて
読後の余韻も爽やか♪
とても心地よい物語でした。


ピアノを森に例える描写が、特に好きです♡
漫画『ピアノの森』を思い出してしまった!
(※森の中にグランドピアノが置いてあったのよね♪)

そして何より、文体が優しく綺麗なので読み易い!
頁を捲る手を止められず一気読みでした(^_-)-☆


でも、読み終えた後、最初に感じたことは(反省?)
『家のピアノいつから調律していない?』
…多分5年程放りっぱなしです^_^;
(梅雨明け後、調律しようかな!?)

本書が、置き去りにされたピアノに
救いの手(調律)を差し伸べてくれる?かも…^_^;




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_05_15




07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.