加藤シゲアキさんの「チュベローズで待っている」


「チュベローズで待ってる AGE22」
2015年秋、僕はホストにスカウトされた―。
歌舞伎町の夜に交わる男と女のミステリー巨編。
“就活失敗ホスト?
この設定、面白過ぎてパクリたい!!”
~東村アキコ(漫画化)~
「チュベローズで待ってる AGE22」(帯紙より)


チュベローズで待っている AGE22

就活に惨敗し、自暴自棄になる22歳の光太の前に現れた、
関西弁のホスト・雫。
翌年のチャンスにかけ、就活浪人を決めた光太は、
雫に誘われるままにホストクラブ「チュベローズ」の一員となる。
人並み外れた磁力を持つ雫、
新入りなのに続々と指名をモノにしている同僚の亜夢、
ホストたちから「パパ」と呼ばれる異形のオーナー・水谷。
そして光太に深い関心を寄せるアラフォーの女性客・美津子。
ひとときも同じ形を留めない人間関係のうねりに翻弄される光太を、
思いがけない悲劇が襲う―。



「チュベローズで待ってる AGE32」
「君の意志なんかどこにもないんだよ」
2025年夏、ゲームの主人公は僕じゃなかった―。
すべてを覆す愛と衝撃のラストシーンに驚嘆
“目まぐるしく変化する物語に引き込まれ最後まで夢中で読んだ。
刺激的で危険な感覚と優しさがたまらなかった。”
~又吉直樹(芸人・作家)~
「チュベローズで待ってる AGE32」(帯紙より)


チュベローズで待っている AGE32

2025年。ゲーム会社に就職した光太は、
気鋭のクリエイターとして活躍しながらも、
心に大きな喪失感を抱えていた。
そんな彼の前に、再び現れたチュベローズの面々。
折しも、不気味な女子高生連続失踪事件が世間を騒がせ、
光太が心血をそそぐプロジェクトは大きな壁にぶつかろうとしていた。
停滞した時間が一気に動き出そうとするなか、
否応なしに過去と向き合った末に、
光太がたどりついた10年前の恐ろしくも哀しい真実とは―。



『現役アイドルにして、小説家。
唯一無二の肩書を持つ加藤シゲアキが満を持して放つ
上下巻500ページの大長編が緊急発売!』

本書は昨年末に発売されていたようですが
…私、発売されたこと知らなくて^_^;

いつも覗かせて頂いている読書ブログのブロガーさんが
「チュベローズで待っている」を紹介されていて大興奮♡
実は私、加藤シゲアキさんの本は全て読んでしまうほど
作家・加藤シゲアキさんのファンなんです(^^)
アイドルではなく作家業に集中してもらいたいほど!?
(『NEWS』ファンの皆さんスミマセン^_^;)
ちなみにNEWSが歌う日テレのW杯テーマソング『BLUE』
ノリノリの応援ソングで♪オリコン1位でしたね(^_-)-☆

話はチュベローズにもどります。
加藤さんの新作「チュベローズで待っている」
ホント面白かったです!
面白過ぎて「AGE22」「AGE32」続けて読みました!

AGE22の舞台は歌舞伎町のホストクラブ
AGE32ではクリエイタ―として成功した光太の会社
そこで起こった問題解決に奮闘する光太

10年の時の流れが光太を別人のように成長させ
就活失敗でホストになった頃の陰はまるで感じられない
AGE32を読みながらそこに違和感を感じていたのですが
後半の劇的なストーリー展開で、なるほどと納得!
ちゃんとAGE22での伏線があったからこその
AGE32での衝撃の真実!でしたね。
これありなのと思うような設定もありましたが
逆にそこが斬新で発想の凄さに拍手(パチパチ)

加藤さんの作品は『ピンクとグレー』等
複数の作品が映像化されているので
本作も映像化されるといいですね(^_-)-☆



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_07_08




加藤シゲアキさんの「傘をもたない蟻たちは」


無限の悲しみはどこまでも僕を埋め尽くす。
いまを生きる人々の「生」と「性」を浮き彫りにする6編の物語。


何でこんなに、面白いんだ。
言葉が持っている本物の孤独の力が心に染み渡る。

推薦コメント:園子温さん(映画監督)
~「帯紙」より~


傘をもたない蟻たちは BOOK


内容情報(出版社より)

雑誌等で発表済みの5編に加え、書き下ろし作品1編を収録。

ジャンルやタブーにとらわれることなく果敢にペンで挑戦を続ける加藤シゲアキの、
新たな才能が開花した6編を一気に味わえる初の短編小説集。




『染色』
充実した学生生活を送る美大生・市村の前に
天才的感性と不思議な魅力を持つ美優が突如現れた。
美大生の短くて激しい恋と、将来への葛藤を極彩色で綴る

『Undress』
エリートサラリーマン大西は、会社の駒として一生を終える気はなかった。
でも脱サラをしたとたん人生の歯車が狂い始め…。
男を取り巻く不条理な世界が綴られている。

『恋愛小説(仮)』
原稿の書き出しが夢の中で現実に起こってしまう
そんな奇妙なことに遭遇した男性作家が、その力?を利用して
理想のタイプの女性を夢の中に登場させようと試みるが…。

『イガヌの雨』
美味な生物・イガヌが突然空から降ってきた。
見た目はグロテスクだが超絶美味の内臓を持っている。
高校生の美鈴はイガヌを祖父から食べることを禁じられたのだが…。


『インターセプト』
自信家の男が同僚と賭けをした。
若くて魅力的な彼女を落とせば俺の勝ち。
自信家の男が用意した秘策とは!?

『にべもなく、よるべもなく』
二人の男子中学生の愛と性。
大人になることへの葛藤を、
関東の閉塞的な海辺の街を舞台に描く。





ドラマ版「傘をもたない蟻たちは」


傘をもたない蟻たちは ドラマ


(ストーリー)

“SF”しか書いたことがない純が背水の陣で
“恋愛”をテーマに小説を書くこととなり苦悩する。

そんな純のもとを幼なじみの村田啓介が訪れ、
啓介 との会話の中から、純は作家デビュー当時に、
熱狂的なファンが自分のゴミを持って帰ってしまった出来事を思い出す。
その出来事から着想を得てようやく
小 説「インターセプト」を書き上げるが


(CAST)
小説家:橋本純⇒桐山漣さん
純の幼馴染み:村田啓介⇒加藤シゲアキさん
編集者:館山⇒阪田マサノブさん
妄想のマドンナ:仲村安未果⇒足立梨花さん
純の中学時代の彼女:赤津舞⇒南沢奈央さん
純の地元の漁師:根津爺⇒竜雷太さん




ドラマを先に観ました。
なので、小説を読んでの感想が
“ドラマの脚本家って凄い!”…^_^;

何のつながりのない物語を上手くまとめ
ちゃんと一つの物語にした上、面白いなんて!

原作の良さがちゃんと描かれていました。


加藤シゲアキさんの最新作は短編集のうえ
かなりチャレンジした作品揃いでビックリ!

でもどちらかというと、長編の方が私の好みかな!?
短編は惹き込まれる前に物語が終ってしまう?

でも『インターセプト』はインパクトが強く
短編だからこそ描けた面白い作品でした。
『Undress』も違う意味でインパクトがあり衝撃的?

加藤さんの次回作も今から楽しみです。





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_02_29




加藤シゲアキさんの「閃光スクランブル」


夜7時、渋谷スクランブル交差点。
女性アイドルとパパラッチ ―
心に傷を負った者同士が、本当の居場所を求め
踏み出す一歩から始まる愛と再生の物語。



注:多少ネタバレ有!未読の方はスルーして下さい。


閃光スクランブル BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

5人組の女性アイドルグループ、MORSEのメンバー・亜希子は、
年の離れたスター俳優の尾久田と不倫関係にある。

パパラッチの巧は、ゲームに熱中するかのように
亜希子のスクープを狙っていた。

MORSEに押し寄せる世代交代の波に自分を失いかけている亜希子と、
最愛の妻を失くして、空虚から逃れられない巧。

最悪と思われた出逢いは思いがけない逃避行となって…。
夜7時、渋谷スクランブル交差点、瞬く光の渦が2人を包み込む―。




加藤シゲアキさんの作品を読むのは3作目ですが
こちらも期待を裏切らずとても面白かったです。

デビュー作の「ピンクとグレー」と同じく
芸能界の裏側を描いた作品ですが
前作からさらにパワーアップした!?
アイドル作家ではなく、正しく小説家・加藤シゲアキ!ですね。
これからの作品もホント期待大です!!


本書「閃光スクランブル」の主人公は
過去のトラウマから抜け出せずにいる巧と亜希子。

その二人の出会いを、パパラッチとアイドルの立場で描き
敵対するであろう二人が出会ったことで
お互いの傷を癒し再生へと向かっていく―。

その過程の描き方が上手い!
スピーディーなストーリー展開の中で、
登場人物の心の機微もしっかりと描かれており
最後まで物語の世界に入り込んで読むことができました。

ラストシーンで亜希子が歌う『さよならオルフェウス』に
その後の二人の未来を描いている!?
お洒落なラストシーンでしたね(^_-)-☆

ドラマ化された『傘をもたない蟻たちは』も読むのが楽しみです。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_02_01




加藤シゲアキさんの「Burn. -バーン-」


『レイジ、魂を燃やせよ』

あの夏、抜け殻だった僕は
彼らから心を教わった。

機械のようにさめきった天才子役・レイジが出会ったのは、
魔法使いのようなホームレスと愛に満ちた気さくなドラッグクイーン。
人生を謳歌する彼らに触れ、レイジは人間らしい心を取り戻し、
いつしか家族のようにお互いを慈しむようになる。
だが幸せな時は無慈悲で冷酷な力によって破られ、
レイジはただひとつの居場所であった宮下公園から引き離されてしまう―

家族、愛の意味を問う、熱情溢れる青春小説!


なんだかわからないけど
とにかく圧倒される異様なリアリティ!
あらすじを超えてる切実さ!すごいぞ…!
         (よしもとばななさん)
以上「帯紙」より



Burn 
内容(「book walker」より)

「レイジ、魂を燃やせよ」愛と希望で、世界を灯せ。

心を失くした天才子役、魔法使いのようなホームレス、
愛に満ちた気さくなドラッグクイーン。
渋谷・宮下公園で巡り逢った3人は、
やがて家族のように互いを慈しみ大切な存在になっていく。

家族と愛を問う、感動物語! 加藤シゲアキ第三弾




『ピンクとグレー』が面白かったので
早速、加藤さんの3作目「Burn. -バーン-」読みました!
こちらも期待以上で、ホント面白かったです!

登場人物のキャラがスゴクいい!
ホームレスの徳さん、
ドラッグクイーンのローズさん
特にローズさんには惚れましたね(^_-)-☆

いつもさめた目で世の中を見ている天才子役のレイジ、
そのレイジが彼らに出会ったことでどんどん変わっていく

3人が出会ってからのシーンあたりから
どんどん物語の世界へと惹き込まれ
とてもテンポよく読むことが出来ました。

あと、レイジと奥さん・望美の出会いもいいですよ♡
レイジが記憶を蘇らせているシーンに少しだけ登場しますが
転校してきた高杉さんが望美だよね?

登場人物の設定に無理がなく
最後までしっかりと人物を描ききっていました。


加藤さんの作品は、今までに4冊出版されているので
未読の『閃光スクランブル』『傘を持たない蟻たちは』の2冊も
是非、近いうちに読んでみたいです(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_01_10




加藤シゲアキさんの「ピンクとグレー」


そして僕はやるしかない。
やらないなんてないから。

ステージという世界の魔法、幻想に魅入られた
幼なじみの二人の青年の愛と孤独を描く
せつない青春小説。

この本はジャニーズの誰かが描いた
芸能界の裏話ではなく、才能あるひとりの青年が
全力で書いた“リアル”だ。
―石田衣良氏推薦!―

NEWS・加藤シゲアキ渾身のデビュー作


ピンクとグレー BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

大阪から横浜へ越してきた小学生の大貴は、
マンションで同い年の真吾と出会う。
性格は全く違う2人だったが惹かれあい、親友に。

やがて高校生になった2人は、
雑誌の読者モデルをきっかけに芸能活動をスタート。
同居も始めるが、真吾だけがスターダムを駆け上がっていくことで
2人の仲は決裂してしまうが…。

ステージという世界の魔法、幻想に魅入られた
幼なじみの2人の青年の愛と孤独を鮮やかに描いた、
切ない青春小説。




2016年1月9日公開の映画『ピンクとグレー』


ピンクとグレー MOVIE

内容(「映画紹介」より)

大阪から横浜へ越してきた小学生の河田大貴は、
同じマンションに住む同い年の鈴木真吾と出逢い、
中学高校大学と密接した青春時代を送る。

高校生になった二人は、雑誌の読者モデルをきっかけに
バイト替わりの芸能活動をスタート。

大学へ進学した二人は同居生活を始めるが、
真吾がスターダムを駆け上がっていく一方で、
エキストラから抜け出せない河田だけが取り残されていく。

やがて二人は決裂。

二度と会うことのない人生を送るはずだった二人が
再びめぐり逢ったその時、運命の歯車が回りだす…。


(CAST)
白木蓮吾:鈴木真吾(ごっち)⇒中島裕翔さん

河田大貴(りばちゃん)⇒菅田将暉さん

石川紗理(サリー)⇒夏帆さん

岸井ゆきのさん

柳楽優弥さん



監督⇒行定勲さん
原作⇒加藤シゲアキさん
脚本⇒蓬莱竜太さん・行定勲さん

主題歌⇒ASIAN KUNG-FU 「GENERATION」


私の中では、加藤シゲアキさんはNEWSの加藤さんというよりも、
金八先生に出演していた優等生のハセケンなんですよ。
なのでハセケン小説家になったんだね、という気持ちで
あまり期待せずに「ピンクとグレー」を手に取りました。

でも期待を裏切り?「ピンクとグレー」かなり面白かったです!
アイドルの書いた小説とは思えない!(・・・失礼^_^;)
物語の中へと惹き込まれ、一気読みでした。

本書を読みながら、まるで映画を観ているようで
私の頭の中では、白木蓮吾は岡田 将生さん
河田大貴は生田斗真さんが浮かんできました。

映画化されるということでCASTをチェックしたら
私の配役イメージとは違いましたが、
中島裕翔さん、菅田将暉さん、二人の出演したドラマを観て
いい役者さんだなと思っていたので、
二人が、“ごっち”と“りばちゃん”を、どう演じるのか楽しみです。


本書は、芸能界を描いた作品だったので
加藤さんだから書けたリアルさを感じましたが
今度は違うテーマを描いた他の作品を読んでみたいです(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_01_02




07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.