柚木麻子さんの「伊藤くん A to E」


こんな男のどこがいいのか。

顔はいいけど、自意識過剰で
無神経すぎる伊藤誠二郎。

絶対に自分から行動しないのに
5人の女性たちをかき乱す。
~「帯紙」より~



「伊藤くん A to E」

内容(「BOOK」データベースより)

こんな男のどこがいいのか。
5人の女性を振り回す、伊藤誠二郎。
顔はいいが、自意識過剰、無神経すぎる男に
彼女たちが抱いてしまう恋心、
苛立ち、嫉妬、執着、優越感。
ほろ苦く痛がゆい著者会心の成長小説。




【目次】
・伊藤くんA
伊藤に長い間片思いするが、
粗末に扱われ続けるデパート勤務の美人

・伊藤くんB
伊藤からストーカーまがいの好意を持たれてブチ切れる、
バイトに身の入らないフリーター

・伊藤くんC
伊藤の童貞を奪う、男が切れたことのない
デパ地下ケーキ店の副店長

・伊藤くんD
処女を理由に伊藤にふられるも、
売れっ子放送作家を初体験の相手に選ぶ大学職員

・伊藤くんE
伊藤が熱心に勉強会に通う、
すでに売れなくなった33歳の脚本家




〝TBS『王様のブランチ』放送後、大反響!
伊藤くんが気になってしまう人続出
著者会心の成長小説。″~帯紙~

この帯紙を見たらもう読むしかない!ですよね(^^)


早速読みましたが…ん?
なんとも言えない読後感で…

『伊藤くんが気になってしまう人続出』???
伊藤くんが目の前にいたとしても
絶対に近づきたくないタイプなので
そのコピーに共感できなかった私…

柚木さんの作品好きなんですが
特に『アッコちゃんシリーズ』
でも、本書は今ひとつ入り込めなかった

なぜかと言うと
『こんな男のどこがいいのか。』
正しく!帯紙に書いてある通り!
こんなダメ男に引っかからない為のテキスト?
反面教師的に読むといいのかも!?




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_12_09




柚木麻子さんの「幹事のアッコちゃん」


元気がない時でも、元気があっても
どんな時でもアッコちゃん!!

背中をバシッと叩いて導いてくれる
アッコさん節、次々とサク裂!


妙に冷めている男性新入社員に、
忘年会プロデュースの極意を…「幹事のアッコちゃん」

敵意をもってやって来た取材記者に、
前向きに仕事に取り組む姿を見せ…「アンチ・アッコちゃん」

時間の使い方が下手な“永遠の部下”澤田三智子を、
平日の習い事に強制参加させて…「ケイコのアッコちゃん」


スパイス絶妙のアドバイスで3人は変わるのか?
そして「祭りとアッコちゃん」ではアッコ女史にも一大転機が!?
突破の大人気シリーズ第3弾。

~「帯紙」より~



幹事のアッコちゃん

(内容紹介)

アッコ女史&“永遠の部下"澤田三智子みたび!
「アッコちゃん・ロス」の方々の嘆きが編集部に届き、
期待にお応えして、今回はすべて黒川敦子登場の
「オール・アッコちゃん」短編集。

とてつもない存在感でいつでもブレない、
ご存じアッコ女史が今回もストレートすぎる叱咤激励を連打します!

妙に冷めた若手男性社員、
敵意を持ってやってきた取材記者、
そして時間がうまく使えない三智子。

栄養たっぷりのアドバイスはいかが。
さくっと読めて元気をもらえるビタミン小説、待望の第3弾!
アッコちゃんの意外な一面も!?




アッコちゃんシリーズ第3弾!
今回は全ての物語にアッコさんが登場
アッコさんファンの私としては嬉しかったです(^_-)-☆

内容はいつものパターンだったので
新鮮味には欠けますが!?
安定した面白さと言うのか
アッコさんの醸しだすパワーに
今回も酔いしれました(^^)


悩める人をいつも救っているアッコさんですが
本書ではアッコさんの弱さが垣間見れるシーンもあり
スーパーマンのようなアッコさんにも弱点はあるんだなと
アッコさんパワー全開だった
前の2作品とは少し趣が違っていました。

絵やけん玉が下手なアッコさんもいいですね(^_-)-☆



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_12_03




柚木麻子さんの「あまからカルテット」


女子校時代からの仲良し四人組も、いよいよ三十歳目前。
恋に仕事に押し寄せる悩みを、
美味しい料理をヒントに無事解決へ導けるか!?




あまからカルテット



内容(「BOOK」データベースより)

女子中学校の頃から仲良し四人組の友情は、アラサーの現在も進行中。

ピアノ講師の咲子、編集者の薫子、美容部員の満里子、料理上手な由香子は、
それぞれ容姿も性格も違うけれど、恋に仕事に悩みは尽きず…

稲荷寿司、甘食、ハイボール、ラー油、おせちなど
美味しいものを手がかりに、無事に難題解決なるか!?




本書の売りは?なんといっても食べ物の描写につきる!?

表紙の写真からも分かるように”美味しそう”なので
お腹がすいている時に読むと結構辛いかも?
特に夜中に読むのはやめた方がいいですね^_^;
本文にレシピの描写もあり、味も想像できるので?尚更食べたくなる!?


『恋する稲荷寿司』⇒ピアノ講師・咲子の物語
オクテの咲子が花火大会で出会った憧れの君を探せ!
ヒントは、タッパーに残った稲荷寿司のみ!?

『はにかむ甘食』⇒料理上手な主婦・由香子の物語
主婦・由香子がネットバッシングされたことでひきこもりなってしまい
そんな由香子の窮状を救うため、3人はノンちゃんを探すことに!

『胸さわぎのハイボール』⇒美容部員・満里子の物語
満里子の彼の発したひと言
「ユキコー、ハイボールおかわり!」
美貌の満里子に強敵あらわる?

『てんてこ舞いラー油』⇒編集者・薫子の物語
完璧主義者・薫子の唯一の弱点は、家事。
会社の同僚バキさんと結婚した薫子
中庭の素敵なマンションに引っ越してきたのはいいけれど
マンションの住人や姑とのやりとりが薫子を追いこむ?

『おせちでカルテット』⇒4人それぞれの物語
大雪の大晦日、はなればなれの親友を襲った災難とは?
家事の苦手な薫子の為に、大晦日の夜は
4人揃っておせちを作るはずだったのだが…。


本書は、4人に起こる様々な問題を
食をメインに次々に解決していく連作短編集です。が、
仲良し4人組の物語よりもレシピに気がいってしまうのは何故?
柚木さんって、食べ物の描写が上手いんですよね
特に稲荷寿司編では、作ってみようかな?と思ってしまうほど

ただ『ランチのアッコちゃん』シリーズのような
心にグッと迫ってくる物語ではなかった
アッコちゃんシリーズを期待して読んだので
私としては少し物足りなかったかな…^_^;

でも読後感はさっぱりしているので
電車での移動中など軽く読みたいときにお薦めです(^_-)-☆





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_02_17




柚木麻子さんの「3時のアッコちゃん」


働き女子の悩み、ズバッと解決!
明日の元気が湧いてくるサプリメント小説!

待望のアツコちゃんシリーズ第2弾!
《心においしい短編集》
        ~帯紙より~



3時のアッコちゃん BOOK

内容紹介

アッコ女史ふたたび!
大人気の「ランチのアッコちゃん」に、待望の続編が登場!!

澤田三智子は高潮物産の契約社員として、
シャンパンのキャンペーン企画チームに入っているが、
会議は停滞してうまくいかない。

そこに現れたのが黒川敦子女史、懐かしのアッコさんであった。

イギリスでティーについて学んできたというアッコさんが、
お茶とお菓子で会議の進行を激変させていく。

またもやアッコさんの底知れぬ力を
まざまざと見せつけられる三智子であった――

表題作ほか、「メトロのアッコちゃん」「シュシュと猪」
「梅田駅アンダーワールド」を含む全4編。



『ランチのアッコちゃん』でドラマ化も!

NHKドラマのランチのアッコちゃん


ドラマ版は、2015年5月12日~6月30日まで
NHK BSプレミアムよるドラマ」にて全8話が放送されました。

第1回:恐怖のアッコちゃん
第2回:屋上のアッコちゃん
第3回:三智子とカレーとアッコちゃん
第4回:ポトフのアッコちゃん
第5回:夜食のアッコちゃん
第6回:バレンタインのアッコちゃん
第7回:3時のアッコちゃん
最終回:さよならアッコちゃん

(CAST)
澤田三智子⇒蓮佛美沙子さん
黒川敦子(アッコちゃん)⇒戸田菜穂さん
原田ちひろ⇒野呂佳代さん
清水公子⇒堀内敬子さん
笹山隆一郎⇒成田凌さん
山川部長⇒鶴見辰吾さん
井川芳夫⇒田山涼成さん



ドラマ版では、『ランチのアッコちゃん』「3時のアッコちゃん」を
上手くおりまぜており、とても面白かったです!



「3時のアッコちゃん」4編からなる短編集です。
表題作『3時のアッコちゃん』はTVでも放送されましたが
他の3作、『メトロのアッコちゃん』『シュシュと猪』
『梅田駅アンダーワールド』は
ドラマに挿入されていなかったので初読みでした♡

『ランチのアッコちゃん』
・三智子の会社の会議にティーサービスとして訪れたアッコさん。
 うっとりとした気分でお茶を飲んだ三智子のティーソーサーの中央に
 アッコさんからの指令メモが!

『メトロのアッコちゃん』
・榎本明海が地下鉄のホームに立っていると
「ちょっと、そこの紺色のシャツを着ているあなた!」
 ジューススタンドの奥に立つ大柄な女性が声をかけてきた。

『シュシュと猪』
・岡本へ引っ越してきたばかりの岸和田塔子
 なぜかイノシシのベティーに気に入られてしまい
 ベティーに遭遇する度に追いかけられてしまう。

『梅田駅アンダーワールド』
・生まれて初めて降り立った阪急梅田駅はまるで迷路のよう!
 リクルートスーツ姿の若林佐江は、最終面接まで時間がないのに
 迷路のような梅田駅地下街で迷ってしまった!



明日の元気が湧いてくるサプリメント小説!
と、帯紙にもありましたが、正しくですね!

心が折れそうな時、疲れた時、この本に出会えると、
元気エナジー充電できること間違いなし!

心にほんのり温かさを取り戻してくれる
ステキなサプリメント小説でした。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_12_04




柚木麻子さんの「本屋さんのダイアナ」



私の呪いを解けるのは、私だけ――。

「大穴(ダイアナ)」という名前、金色に染められたバサバサの髪。

行方知れずの父親。
自分の全てを否定していた孤独なダイアナに、
本の世界と彩子だけが光を与えてくれた。

正反対の二人は、一瞬で親友になった。

そう、“腹心の友”に――。

自分を受け入れた時、
初めて自分を好きになれる!
すべての女子を肯定する、現代の『赤毛のアン』

最強のダブルヒロイン小説。

試練を乗り越えて大人になる、
二人の少女の15年間。
       ~帯紙より~




本屋さんのダイアナ

内容(「WEBきらら」より)

金色に染められた髪、大穴(ダイアナ)という名前、
日本人なのにティアラと名乗るキャバ嬢の母親。

だけど彼女は文系少女。
孤独な小学三年生、ダイアナの楽しみは本を読むことだ。

一方、真っ黒なおかっぱ頭で、
編集者の父と料理研究家の母を持つのはクラスメイトの彩子。

お行儀のよい彼女もまた、本が大好き。

正反対のタイプの二人は読書を通じて、
かけがえのない友情を育んでいく。

『本屋さんのダイアナ』は、二人の視点を交互に交え、
十数年にわたる彼女たちの成長と変化を描いた物語。

幼い頃はじめて知った小説を読む愉しみや、
それを語らう相手と出会えた喜びを思い出す人は多いに違いない。




本書には、『赤毛のアン』をはじめ、
日本や世界の名作がどんどん登場します!
本好きにはたまらない一冊!
2015年本屋大賞4位受賞!も頷けます。

私にとっては、大賞受賞作の『鹿の王』よりも
「本屋さんのダイアナ」の方が面白かったかも
まぁ、ジャンルがまるで違うので
二作品を比べるのはナンセンスだとは思いますが…^_^;


本書では、二人の主人公が対照的に描かれていますが
お互いがないものねだりで?
相手の持っているものに憧れを抱き
自分の身の上を斜めにみてしまう
とくにダイアナはコンプレックスの塊のような少女で…

多かれ少なかれ誰もが心の中に秘めている思いを
二人の少女の成長を通して追体験させてもらい
誰もがありのままの自分を受け入れることで
もっと楽に生きていけるのだと
幸せは遠くにあるのではなく、すぐそばにあるのだと
そう気づかせてくれる物語でした。


『人生には、待つということがよくあるのです。
自分の希望どおりにまっしぐらに進める人は
もちろんしあわせだと思いますが、たとえ希望どおりに進めなくても
自分にあたえられた環境のなかで、せいいっぱい努力すれば、
道はおのずからひらかれるものです。
こういう人たちは、順調なコースにのった人たちよりも
人間としての厚みも幅もますように、わたしには思えるのです。』
~本文より~

他にも綺羅星のような言葉が、あちらこちらに散りばめられた
ステキな物語でした。





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_08_21




11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.