米澤穂信さんの「氷菓」


さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ
第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。


氷果 BOOK


いつのまにか密室になった教室。
毎週必ず借り出される本。
あるはずの文集をないと言い張る少年。
そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実―。
何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、
なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、
日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。


本書は米澤穂信さんのデビュー作です。
「古典部シリーズ」の1作目ということなので
デビュー作からシリーズ化!って、凄すぎ!

私が今までに読んだ米澤作品は
『王とサーカス』と『満願』の2冊
かなりハードな内容の本を先に読んでいたので
「氷菓」は私が抱いていた米澤作品のイメージとは違い
軽い内容でサラリと読めました
登場人物4人のその後が気になるので
シリーズの続きも読んでみたいですね(^^)


実は、「氷菓」は頂いた本で
(毎年、姉夫婦が読み終えた文庫本を郵送してくれる)
送ってもらえなかったら出会えなかった本
アニメ化&映画化されたことも知らなかった^_^;


2012年にテレビアニメ化


氷果 アニメ


映画は11月3日から公開されているので
まだ劇場で観ることが出来るかも?

氷果 MOVIE


監督・脚本: 安里麻里

折木奉太郎: 山崎賢人
千反田える: 広瀬アリス
関谷純: 本郷奏多
伊原摩耶花: 小島藤子
福部里志: 岡山天音


本郷奏多さんが関谷役で出演している♡
それだけでも観たい!と思えるのですが
残念ながら私の住む地域では上映されていません(>_<)




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_12_27




米澤穂信さんの「王とサーカス」


わたしはまだ、
なにをも知ってはいないのだ。
ひとにものを訊く意味も、
ひとにものを伝える意味も。

~帯紙より~



王とサーカス

内容(「BOOK」データベースより)

二〇〇一年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、
知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、
事前取材のためネパールに向かった。

現地で知り合った少年にガイドを頼み、
穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、
王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。

太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、
そんな彼女を嘲笑うかのように、
彼女の前にはひとつの死体が転がり…。
「この男は、わたしのために殺されたのか?あるいは―」
疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは?

『さよなら妖精』の出来事から十年の時を経て、
太刀洗万智は異邦でふたたび、
自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。

二〇〇一年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた
壮大なフィクションにして、米澤ミステリの記念碑的傑作!





ジャーナリズムにとっての正義とは?

取材で得た事実を取捨選択し報道することで
センセーショナルな物語を捏造しているのでは?

本書の主人公、フリーの記者・太刀洗万智は
海外旅行特集の事前取材でネパールを訪れていた
そこで偶発的に起きた王族殺害事件に遭遇
必然的に事件を追うことになるのだが
万智が情報を得るために接触した人物が
死体として発見される…背中に刻まれた文字
彼は自分と会ったことで殺されたのか?

真実を伝えるため取材を続ける万智
彼女は何を取捨選択したのか…


ミステリーとしても面白い作品ですが
ジャーナリズムが陥る問題に言及する等
社会派ドラマとしても読み応え十分!
とても深く考えさせられる秀作でした。

タイトルの「王とサーカス」
読む前は明るく軽快な印象でしたが
読後は真逆に!…深遠なタイトルだったのね^_^;





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2016_05_27




米澤穂信さんの「満願」


第27回山本周五郎賞受賞
2015年版「このミステリーがすごい! 」第1位
2014「週刊文春ミステリーベスト10」 第1位
2015年版「ミステリーが読みたい! 」 第1位
2015年「本屋大賞」第7位
TBS系列「王様のブランチ」
  ブックアワード2014 谷原章介賞受賞

『切れ味極上。
 これぞ、ミステリの至芸』
            ー帯紙よりー


※以下、多少ネタバレ有なので、これから読む方はスルーして下さいね^_^;


満願

内容(「BOOK」データベースより)

人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは―。

驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、
交番勤務の警官や在外ビジネスマン、
美しき中学生姉妹、
フリーライターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。

入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、
ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。




6つの短編が収められている本書
『世にも奇妙な物語』を彷彿とさせるサスペンス・ミステリーに
頁を捲る手を止められず、一気に読んでしまいました。

『夜警』
妻に切りつけ110番通報された夫・田原が
駈けつけた警官たちに切りかかったため
川藤巡査が拳銃を五発発砲。
田原はその場で死亡。
刺された川藤巡査は殉職。
…交番長の俺が呟いた独り言…
『あいつは所詮、警察には向かない男だったよ。』

『死人宿』
元恋人・佐和子を探して山奥にある温泉宿を訪ねた私。
その宿は、自殺志願者たちのあいだで評判となり
不便な山奥にもかかわらず『死人宿』と呼ばれ客足は絶えないらしい。
佐和子は、そんな『死人宿』で仲居をしているという。

『柘榴』
さおりが大学のゼミで知り合った佐原は
けっして美男子ではないが、彼の心地よい声の響きが
妙に異性を魅了し、さおりもそんな佐原に惹かれていき
容姿が美しいさおりは、ライバル達を篩い落とし佐原と結婚する。
しかし結婚した後の佐原は、生活力がなく仕事を転々とし
その上、浮気をして次第に家にも帰らなくなった。
さおりは、離婚しようと決意するが…
娘の親権をめぐり、佐原と家庭裁判所で争うことになる。

『万灯』
私は裁かれている。
アラムを殺したのも、森下を殺したのも
全て必要なことだったのだ。
露見しないはずだった。不愉快な仕事は片付いて
元の有意義な仕事に胸を張って戻っていけるはずだった。
だがいま、私は裁かれつつある。
思いも寄らなかった存在によって。

『関守』
ライターの俺は、知り合いの編集者から
都市伝説を書いてくれと依頼を受ける。
手持ちのネタが無い俺は、先輩のところに駆け込んだ。
先輩に渡されたネタは『死を呼ぶ峠(仮題)』
しかし先輩は、『いや、やっぱりそれはやめた方がいいかもしれない』
『そいつは、ホンモノだって気がするんだ。』と言い
俺をひき止めた。

『満願』
鵜川妙子の裁判は、私が弁護士として独り立ちしてから
初めて取り扱った殺人事件だ。
妙子は、私が学生の頃下宿していた家の奥さんで
その家の主人・重治の商売が旨くいかず
みるみるうちに商売は左前になっていった。
借金を重ねていた重治が入院したため
妙子の元を金貸しの矢場が訪れ
妙子はその矢場を刺殺してしまう。


タイトルにもあるとおり
それぞれの業、願い、思惑によりなされた満願。
登場人物の深層に潜む心の闇が
緊張感溢れる文体で描かれており
なかでも『関守』のストーリー展開には唸らされた。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2015_05_05




07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.