長岡弘樹さんの「教場」


長岡さんの著書を初めて読みましたが
294頁を一気読みするほど!面白かったです。


本書は、警察学校を舞台に描かれているのですが
警察学校って…犯罪者の卵を育てている?
もしくは、犯罪を犯しそうな者をここで篩にかけている?
そう思ってしまうほどハードな生徒&教官ばかりで…。

陰湿な嫌がらせ、脅迫、暴力…
そこを生きぬかなければ警察官になれないのか!?

本書で描かれていることはフィクションですが
警察官ってなるまでも大変なんだな!
そう思ってしまう作品でした。



教場

内容(「BOOK」データベースより)

君には、警察学校を辞めてもらう。

この教官に睨まれたら、終わりだ。

全部見抜かれる。

誰も逃げられない。

前代未聞の警察小説!



憧れ、希望、焦燥、復習…
さまざまな理由で警官を目指す
六人の若者は、白髪の教官・風間の課す
試練に翻弄されてゆく__。

不要な人間を排除する
篩にかけられた若き志望者と
謎多き教官が繰り広げる。
極限ミステリー。


謎多き教官・風間
鋭い観察眼、洞察力で
つぎつぎと難事件?を解き明かしていく

風間に見込まれる者
篩にかけられ落とされる者
その違は何なのか…?
風間にとっては、ただ優秀なだけでは駄目らしい!?

閉塞的な環境に置かれた学生達を
極限の状況にどんどん追い込んでいく
そんな過酷な環境の中でこそ
警察官は育っていく
極限を経験せずには育たない…

風間教官のキャラクターがとても良かったです。
ハードな内容だった割に、読後の爽快さは風間のお陰ですね(^_-)-☆





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_09_18




11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.