宮沢賢治「グスコーブドリの伝記」


昨日に引き続き、宮沢賢治作品を紹介したいと思います。

「グスコーブドリの伝記」は、
賢治の代表的な童話の一つであり、
生前発表された数少ない童話の一つでもある。
と(Wikipedia)に記されていましたが
本作も「銀河鉄道の夜」と同様に、
賢治の童話の中であまりにも有名ですね。

盛岡高等農林学校で地質調査研究を行い、後に
農業学校で先生をしていた賢治らしいエピソードが満載の本作

火山が爆発すると気温が上がる
CO2ガスの噴出で温暖化させるという冷害対策等
専門家ならではの見識に唸らされる。


ますむらひろし版「グスコーブドリの伝記」
グスコードブリの伝記 漫画

<内容>
イーハトーブ森の木樵りの息子として
両親と妹と穏やかに暮らしていたグスコーブドリは、
森を襲った冷害のため家族を亡くし
一人ぼっちになってしまいます。

それでもブドリは、生きるために精一杯働き、
やがて成長し火山局に勤めるようになります。

そこに再び大きな冷害が襲ってきました。

あの悲劇を繰り返さないためには、
火山を人工的に噴火させ、その熱で防ぐしかありません。

しかし、そのためには誰かが犠牲となって
火山局に残らなければなりません。

その時、ブドリは決心します。

両親が自分を生かしてくれ、工場長が自分を鍛えてくれ、
火山局の博士が自分に教えてくれたこと、
それは何のためだったのか。

そしてブドリはただ1人火山局に出かけて行きます。

それは大自然という神への挑戦であり、
神との和解の第一歩でもあったのです。



アニメーション映画


グスコードブリの伝記 アニメ

解説(「Yahoo!映画」より)

岩手出身の児童文学作家、宮沢賢治の童話
「グスコーブドリの伝記」を映画化したアニメーション。

擬人化した猫をキャラクター化し、
幼いころ、冷害で家族を失った主人公が成長し、
再び遭遇した冷害を必死に食い止めようとする姿に迫る。

以前も宮沢の名作「銀河鉄道の夜」を映画化した
杉井ギサブロー監督と、
キャラクター原案担当のますむら・ひろしのコンビが復活。

主要キャラクターのブドリと妹ネリの声を、
小栗旬と忽那汐里が務める。

キュートな猫たちが活躍する、
心温まる物語が感動を呼ぶ。




あらすじ(「Yahoo!映画」より)

イーハトーヴの森で家族と暮らしていたグスコーブドリは、
森を直撃した冷害のせいで両親と妹を一度に亡くしてしまう。

たった一人残された彼は懸命に働き、
長じて火山局で働き始めるが、
またしても大規模な冷害が発生する。

かつての惨事を二度と繰り返さないようにするため、
グスコーブドリは自分の身を呈して冷害の被害を防ごうとする。



原作と映画では多少違う部分もありましたが
映像・音楽がとても美しく、素敵な映画でした。
特に、小松亮太さんの音楽が
映画の世界観とすごくマッチしていて素晴らしかったです。
(バンドネオンの、もの悲しい音色がよかったですね♪)

そして主題歌、小田和正さんの
『生まれる子供たちのために』には、泣かされました(T_T)





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_06_19





宮沢賢治の不朽の名作「銀河鉄道の夜」


「銀河鉄道の夜」、子どもの頃から何度読んだことか。
原作はもちろんのこと、ますむらひろしさんの漫画版、
そして劇場アニメ版も見ました。


松本零士氏の『銀河鉄道999』が、
本作をヒントに書かれたことはあまりにも有名ですが
『銀河鉄道999』も大好きで、漫画&アニメ、見ましたよ~(^^)

原作「銀河鉄道の夜」は、
ファンタジーの中に、宗教的・哲学的な世界観を絡め
読む度に物語の奥深さに気付かされていく、そんな物語です。

カムパネルラ、ジョバンニと一緒に戻ってきて欲しかった…
最後のシーンは切なかったですね。



銀河鉄道の夜 BOOK


内容(「BOOK」データベースより)

貧しく孤独な少年ジョバンニが、親友カムパネルラと
銀河鉄道に乗って美しく悲しい夜空の旅をする、
永遠の未完成の傑作である表題作や、
「よだかの星」「オツベルと象」「セロ弾きのゴーシュ」など、
イーハトーヴォの切なく多彩な世界に、
「北守将軍と三人兄弟の医者」「饑餓陣営」
「ビジテリアン大祭」を加えた14編を収録。

賢治童話の豊饒な味わいをあますところなく披露する。



劇場アニメ版

銀河鉄道の夜 アニメ

内容紹介(「Yahoo!映画」より)

宮沢賢治の童話を、
「タッチ」の杉井ギサブロー監督がアニメーション映画化。

登場人物を擬人化した猫に置き換えた
ますむらひろしの漫画を原案に、
細野晴臣による幻想的な音楽にのせて描くファンタジー。

病気の母と暮らし、
帰らない父を待つ孤独な少年ジョバンニは、
星祭りの夜に丘の上でひとり空を眺めていた。

すると目の前に銀河鉄道が現れ、
導かれるように列車に乗ると、
そこには親友のカムパネルラがいた。

2人は銀河を旅し、さまざまな人々と出会い、
別れていくが、やがて旅の終わりの時が訪れ……。



登場人物を、ネコで描くことに賛否両論ありましたが
私にとっては、ネコで描かれていたからこそ
リアルとファンタジーの狭間の表現が心に残りました。
船の沈没のシーンの登場人物は、
ネコではなく人間で描かれていて
深い悲しみがより伝わり切なかったです…。

そして何と言っても音楽が素晴らしかったです!!
YMOの細野晴臣さんが音楽を担当したのですが
サントラ版CD、
しっかり細野音楽していて最高に面白かったですよ(^_-)-☆




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_06_18




09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.