「家へ帰ろう」


第2次世界大戦中、自分を救ってくれた命の恩人に再会すべく、
88歳のユダヤ人の老人がアルゼンチンからポーランドまで
苦難の旅に出るさまを描いた感動のロードムービー。


家に帰ろう


第二の故国アルゼンチンで、
大勢の子どもたちや孫に囲まれながらも、
今一つ冴えない表情を浮かべる
88歳のユダヤ人の老仕立屋アブラハム。
老人ホームに明日入居する予定となっていた彼は、
しかし家族に黙って家出を決行。
実は彼は第2次世界大戦中、故国のポーランドで
ナチスによるユダヤ人狩りに遭ったものの、
奇跡的にホロコーストから生還。
その際、彼を救ってくれた命の恩人に再会すべく、
ポーランドへ向けて単身旅に出る。


原題/El ultimo traje
制作年/2017
制作国/スペイン/アルゼンチン
内容時間/93分

監督/パブロ・ソラルス
製作/ヘラルド・エレーロ
製作/アントニオ・サウラ
製作/マリエラ・ベスイェフシほか
脚本/パブロ・ソラルス
撮影/フアン・カルロス・ゴメス
音楽/フェデリコ・フシド

(CAST)
アブラハム/ミゲル・アンヘル・ソラ
マリア/アンヘラ・モリーナ
ゴーシャ/オルガ・ボラズ
クラウディア/ナタリア・ベルベケ
レオナルド/マルティン・ピロヤンスキー


映画の冒頭でのアブラハムと子ども達のやりとりで
子ども達にホームへ入れられることに不満を持った老人が
子どもへの抗議のため家出する話なのかなと
勝手に思い込んで観ていましたが
そんな単純な動機ではなかったです
アブラハムの旅の目的は正しく『家へ帰ろう』でしたね
映画を見終えた後にタイトルを見るとそれだけで泣けます(T_T)

旅の途中で様々な災難に見舞われ
無事ポーランドにたどり着けるの?と心配に・・・
でもその度にアブラハムを助けてくれる人があらわれ
心温まるラストへと導かれていく
とてもステキな映画でした。秀作です。


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_02_27




「女王陛下のお気に入り」


ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモスが監督を務めた
18世紀初頭のイングランドを舞台にした宮廷ドラマ

第91回(2018)アカデミー賞主演女優賞「オリヴィア・コールマン」


女王陛下のお気に入り


18世紀初頭。
アン女王が統治するイングランドは目下、フランスと交戦中。
病弱で気まぐれな女王を意のままに操り、
彼女に代わって王室の絶大な権力をほしいままにしていたのは、
女官長のサラだった。
そんなある日、没落貴族の娘のアビゲイルが
いとこのサラを頼って姿を見せ、宮廷で働くことに。
やがて侍女となり、アン女王の孤独な心をつかんだアビゲイルは、
女王陛下の新たなお気に入りとしてサラの地位を脅かすようになる。



原題/The Favourite
制作年/2018
制作国/アイルランド/イギリス/アメリカ
内容時間/120分

監督/ヨルゴス・ランティモス
製作/セシ・デンプシー
製作/エド・ギニー
製作/ヨルゴス・ランティモスほか
脚本/デボラ・デイヴィス
脚本/トニー・マクナマラ
撮影/ロビー・ライアン

(CAST)
アン女王/オリヴィア・コールマン
アビゲイル・ヒル/エマ・ストーン
レディ・サラ/レイチェル・ワイズ
ロバート・ハーリー/ニコラス・ホルト
サミュエル・マシャム/ジョー・アルウィン


映画を観た後のあとあじはあまりよくなかったです
でも映像が美しくそれだけでも観てよかったかな
そして3女優のドスのきいた演技にも拍手喝采!
アン王女役のオリヴィア・コールマンの万華鏡のような演技
アビゲイル役のエマ・ストーンとサラ役のレイチェル・ワイズ
女王の寵愛を奪い合う二人の火花が散るような攻防も凄かった!
3人の女優陣の迫力に飲まれた!?ハーリーとマシャム
2人は3人の女優陣にいいように振り回される道化師のようでした

ドロドロした権力争いの渦中で行われる欺し騙されの駆け引きは
まるで喜劇のように立場が入れ替わり
最終的にはアビゲイルの一人勝ちに!?
でも女王にウサギを虐待していることに気付かれ
ラストシーンはアビゲイルのその後をウサギになぞらえたようで
サラにしてみれば溜飲が下がるラストシーンになった!?
でもそのことをサラは知ることが出来ないので
結局3人とも何かを失う結末に・・・
あとあじのいい映画ではなかったのですが面白かったです(^^)



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_02_23




「ウィンストン・チャーチル/ヒットラーから世界を救った男」


戦時下、英国の首相になったチャーチルの苦悩を描く歴史ドラマ。

第90回(2017)アカデミー賞主演男優賞「ゲイリー・オールドマン」
第90回(2017)アカデミー賞メイク・ヘアスタイリング賞


ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男


1940年5月、イギリス。
野党の攻撃を受けて辞任したチェンバレン前首相に代わり、
新たに首相になったチャーチル。
西欧各国へのドイツ軍の侵攻は進み、
フランスのダンケルクに取り残された多数の英軍兵が
いつドイツ軍に全滅させられてもおかしくない事態に。
チャーチルは兵士たちをダンケルクから脱出させようと手を尽くすが、
ドイツに徹底抗戦する姿勢から、
イタリアを通じたドイツとの講和を主張する一部の閣僚と対立し…。



原題/Darkest Hour
制作年/2017
制作国/イギリス
内容時間/126分

監督/ジョー・ライト
製作/ティム・ビーヴァン
製作/エリック・フェルナー
製作/リサ・ブルースほか
脚本/アンソニー・マクカーテン
撮影/ブリュノ・デルボネル
音楽/ダリオ・マリアネッリ
特殊メイク/辻一弘ほか

(CAST)
ウィンストン・チャーチル/ゲイリー・オールドマン
クレメンティーン・チャーチル/クリスティン・スコット・トーマス
エリザベス・レイトン/リリー・ジェームズ
ハリファックス/スティーヴン・ディレイン
ネヴィル・チェンバレン/ロナルド・ピックアップ
ジョージ6世/ベン・メンデルソーン


映画はチャーチルが首相なったエピソードで始まり
首相就任後の約一ヶ月に焦点を当てて描かれている
ドイツとの講和条約問題やダンケルクの舞台裏等
結果は知っているけど経過は知らなかったので
とても興味深く最後まで観ることが出来ました

第二次世界大戦についてはもちろん知っていますが
チャーチルについて私が知っているのは
ナチスと徹底抗戦しイギリスを勝利に導いた
強靱な意志を持ち続けた偉大な首相!それくらい・・・^^;
なので映画で苦悩するチャーチル像に人間味を感じ
特にラストの地下鉄のシーン「never」
乗客達や少女のその一言を聞き涙したチャーチル
このシーンを観ながら私ももらい泣き(感涙)
心に沁みる良いシーンでしたね

「ウィンストン・チャーチル/ヒットラーから世界を救った男」
とても面白い映画でした (^^) 秀作です!



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_02_18




「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」


人種差別が根強く残った1960年代の米南部を舞台に、
アフリカ系女性のメイドたちの友情を描いた感動のドラマ。


ヘルプ


1960年代前半、米南部のミシシッピ州ジャクソン。
上流社会で生まれ、アフリカ系のメイドに育てられた
若い白人女性スキーターは作家志望だが、
地元新聞で家事に関するコラムを代筆することに。
家事に疎い彼女は友人の家で働くベテランのアフリカ系メイド、
エイビリーンに相談することに。
しかし、いまだに人種差別が残る土地でアフリカ系が
自分たちをめぐる境遇を明かせばそこでは生きていけないと、
取材を頑なに拒否され……。



原題/The Help
制作年/2011
制作国/アメリカ
内容時間/147分

監督/テイト・テイラー
製作/クリス・コロンバス
製作/ブランソン・グリーン
製作/マイケル・バーナサン
脚本/テイト・テイラー
撮影/スティーヴン・ゴールドブラット

(CAST)
スキーター/エマ・ストーン
エイビリーン/ヴィオラ・デイヴィス
ミニー/オクタヴィア・スペンサー
シーリア/ジェシカ・チャステイン
ヒリー/ブライス・ダラス・ハワード
ウォルターズ夫人/シシー・スペイセク
シャーロット/アリソン・ジャネイ


今までに人種差別を描いた映画をかなりの数観てきましたが
「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」では
今までに観た中ではかなりソフトに描かれていました
もちろん人種差別がもたらす悲劇(惨劇)も描いていますが
映像ではなく過去の出来事を語る手法で描いているので
視覚的なショックはほとんどないです

黒人メイドとして差別の中で生きることしかできない女性達
でも彼女たちはある出来事がきっかけで
スキーターの取材を受けることを決意する
そのことで自らに危険が及ぶかもしれない
でもそれでも立ち上がった彼女たちの勇気に
心の中で“やったー!”と思わず叫んでいました
それでも人種差別がなくなることはないのですが
一瞬であってもスカッとできる瞬間を感じることができた
エイビリーンやミニーだけでなく
映画を観ている観客をもスッキリとさせてくれる秀作でした
とても面白かったです
様々な世代にお薦めできる貴重な映画ですね(^^)

スキーター役のエマ・ストーンさんや
ミニー役のオクタヴィア・スペンサーさん
他のキャストもとても素晴らしかったです!

エマ・ストーンさんの出演した映画『女王陛下のお気に入り』
前回放送を見逃してしまったので今度こそ忘れずに予約録画しなくては!




テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_01_27




「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」


ポール・マッカートニーやリンゴ・スターという存命のメンバーや、
ヨーコ・オノ・レノン、ジョージ・ハリスンの未亡人オリビア・ハリスンら
関係者の全面協力のもと製作された「ザ・ビートルズ」の公式ドキュメンタリー映画


ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK


初期のリバプール時代から、
1963年に始まった15カ国90都市166公演におよぶツアー、
そして観客の前での最後の演奏となった
66年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までの
ライブ映像を中心に、関係者などのインタビューを織り交ぜながら、
ビートルズの曲の変遷、半世紀以上も愛され続ける彼らの人気の理由を探る。
日本公開版は、66年の来日時のエピソードが長めに収めらた特別版となっており、
日本武道館でのライブシーンや、来日時のビートルズの撮影を担当した
カメラマン・浅井慎平のインタビューも盛り込まれている。



原題/The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years
製作年/2016年
制作国/イギリス
内容時間/140分

監督/ロン・ハワード
制作/ナイジェル・シンクレア スコット・パスクッチ
   ブライアン・グレイザー ロン・ハワード
制作総指揮/ジェフ・ジョーンズ ジョナサン・クライド
      マイケル・ローザンバーグ ガイ・イースト
      ニコラス・フェラル マーク・モンロー
      ポール・クラウダー
脚本/マーク・モンロー
編集/ポール・クラウダー
     
出演
ザ・ビートルズ/ポール・マッカートニー
        ジョン・レノン
        リンゴ・スター
        ジョージ・ハリスン
インタビュー/シガニー・ウィーバー
       ウーピー・ゴールドバーグ
       エルビス・コステロ
       浅井慎平


私とビートルズの出会いは小学生の頃に聴いた『Let It Be』
初めて聴いたときの感動は今でも忘れません
リアルタイムのビートルズは知らないけれど
ラジオやTVで流れるビートルズの番組は欠かさずチェック
大人になってビートルズの全アルバムを、正しく大人買い
と言うことでビートルズについては熟知しているつもりでいた
なので本映画はあまり期待せずに観ました・・・が!
見事に期待を裏切ってくれました(^^)

映像の荒さやアナログ音源が逆に当時を思い起こさせいいですね~
ビートルズについて詳しく知っていても充分に楽しめました



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2020_01_25




01  « 2020_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.