「スラムドッグ$ミリオネア」


インドのスラム育ちの青年がTVのクイズ番組に出場、
いよいよ番組史上最高額の賞金が懸かった最後の問題を前にするが?


スラムドッグ$ミリオネア


インド。国民的な人気を誇るTVのクイズ番組に出場した青年ジャマールは、
次々と難問に正解し、いよいよ番組史上最高の賞金が懸かった
最後の問題を残すのみとなった。
だが、そこで初日の収録を終えたジャマールは、警察に逮捕されてしまう。
スラム育ちでまともな教育も受けてこなかった彼が、
これまでの難問に答えられるわけがないと不正を疑われたのだ。
ジャマールは無実を証明するため、彼が体験した波乱の過去を語り出す。


原題/Slumdog Millionaire
制作年/2008
制作国/イギリス
内容時間/121分

監督/ダニー・ボイル
共同監督/ラヴリーン・タンダン
製作/クリスチャン・コルソン
脚本/サイモン・ビューフォイ
撮影/アンソニー・ドッド・マントル
音楽/A・R・ラフマーン

(CAST)
ジャマール・マリク(青年期)/デヴ・パテル
ラティカ(青年期)/フリーダ・ピント
サリーム・マリク(青年期)/マドゥル・ミッタル
プレーム・クマール/アニル・カプール
警部/イルファン・カーン

“第81回アカデミー賞で8部門に輝いた傑作!”
第81回(2008)アカデミー賞作品賞
第81回(2008)アカデミー賞監督賞「ダニー・ボイル」
第81回(2008)アカデミー賞脚色賞「サイモン・ボーフォイ」
第81回(2008)アカデミー賞撮影賞
第81回(2008)アカデミー賞編集賞
第81回(2008)アカデミー賞録音賞
第81回(2008)アカデミー賞作曲賞「A・R・ラーマン」
第81回(2008)アカデミー賞歌曲賞「Gulzar、A・R・ラーマン」


当時、アカデミー賞の授賞式をTVで観て興味はあったのですが
衝撃的な内容なので映画館へは足を運べず・・・^^;
結局見る機会を逸してしまった作品

でも親子ほどの年の差がある友人Yさんに
『すごく面白くていい映画なので是非観てください!』と勧められ
今頃ですが…やっと観ました^^;

Yさんの言うとおり『面白かったです!』
もちろんスラムや子供を食い物にする大人達の描写など
衝撃的なシーンはありましたが
混沌とした中に溢れ出るエネルギーが凄い
映画の脚本、構成や映像、音楽、俳優陣も素晴らしく
特に心が痛くなるほど子役の子どもたちの演技がリアルで
アカデミー賞8部門受賞に価する素晴らしい作品でした

社会派イギリス映画を観る度に感じることは
そこまで描いて大丈夫!?
今回はインドからクレームがなかったのかな?と
インド社会の闇を正面から描いていた映画でした

本作「スラムドッグ$ミリオネア」も社会派映画だと思いましたが
『未来を花束にして』や『わたしは、ダニエル・ブレイク』など
社会派イギリス映画は一度見ると忘れることができない
後々まで印象に残る秀作が多いですね



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2021_05_11




「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」


世界的ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」をはじめとする
ダン・ブラウンの小説「ロバート・ラングドン」シリーズの
出版秘話をもとにしたミステリー映画。
シリーズ4作目「インフェルノ」出版時、違法流出防止のため
各国の翻訳家たちを秘密の地下室に隔離して
翻訳を行ったという前代未聞のエピソードを題材に描く。


9人の翻訳家 囚われたベストセラー


全世界が待望するミステリー小説の完結編を世界同時出版するため、
9カ国9人の翻訳家が一斉に翻訳を行なうことになった。
だが、隔離された屋敷に集められた9人が
完全監視下で作業するという厳重な漏洩防止策にもかかわらず、
ネット上に作品の冒頭が流出。
犯人は500万ユーロを払わなければさらに原稿を公開すると
出版社社長アングストロームを脅迫する。
アングストロームは翻訳家たちの中に犯人がいるのではと疑うが…。



原題/Les traducteurs
制作年/2019
制作国/フランス/ベルギー
内容時間/106分

監督/レジス・ロワンサル
製作/アラン・アタル
脚本/レジス・ロワンサル
脚本/ダニエル・プレスリー
脚本/ロマン・コンパン
撮影/ギヨーム・シフマン
音楽/三宅純

(CAST)
エリック・アングストローム/ランベール・ウィルソン
カテリーナ・アニシノバ/オルガ・キュリレンコ
ダリオ・ファレッリ/リッカルド・スカマルチョ
エレーヌ・トゥクセン/シセ・バベット・クヌッセン
ハビエル・カサル/エドゥアルド・ノリエガ
アレックス・グッドマン/アレックス・ロウザー
イングリット・コルベル/アンナ・マリア・シュトルム
チェン・ヤオ/フレデリック・チョー
テルマ・アルヴェス/マリア・レイチ
コンスタンティノス・ケドリノス/マノリス・マヴロマタキス
ローズマリー・ウエクス/サラ・ジロドー


面白い!映画を見終えた後、思わず出た言葉

冒頭のシーンがずっと気になっていたのでラストで納得
それにしても脚本&構成がお見事!
地下室だけの密室映画になるのかと思っていたら
時間や空間を巧みに使い登場人物だけではなく
観ている側をも翻弄する!?
ただあの人のあまりの変貌に、そこまでする!?

密室サスペンスだと思いながら観た映画でしたが
色々な意味でビックリさせられました
ラストは少し寂しかったですね

あちらこちらに散りばめられた伏線を
最後には見事に回収!
“ あっぱれ!!”



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2021_04_22




「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」


ドキュメンタリー映画界の巨匠F・ワイズマン監督が、
世界最大級の知の殿堂であるニューヨーク公共図書館を密着取材し、
その知られざる舞台裏を見つめたドキュメンタリー。


「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」


1911年、NYタイムズスクエアの間近に本館が竣工し、
今では4つの研究図書館と地域に密着した88の分館を合わせた
巨大なネットワークから成る世界最大級の知の殿堂、
ニューヨーク公共図書館。
NYに在住もしくは勤務する人なら誰でも利用でき、
あらゆる地域住民に開かれた同館の幅広い文化交流活動の様子を、
ワイズマン監督が密着取材。
R・ドーキンス博士ら著名人のトークショーや、
同館で働く人々の姿を多角的に見つめる



原題/Ex Libris: The New York Public Library
制作年/2017
制作国/アメリカ
内容時間/206分

監督/フレデリック・ワイズマン
製作/フレデリック・ワイズマン
撮影/ジョン・デイヴィー

(出演)
リチャード・ドーキンス
エルヴィス・コステロ
パティ・スミス


「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」
とても貴重なドキュメンタリー映画でした

図書館での日常を淡々と描いているのですが
本館以外の分館へもスポットをあて紹介しており
図書館での様々なサービスがどのように利用され活かされているのか
図書館スタッフによる会議の様子をみて
単なる図書館というよりは、公民館や児童館
障害を抱える方へのきめ細かなサービス
講演会やコンサートなど図書館の域を超えた多様なサービスが!
本当に凄すぎる!

206分というかなり長いドキュメンタリー映画でしたが
長さが気にならないほど最後まで興味深く観させてもらいました。
ただ何の脚色もされていないので地味ではありましたが内容は濃かったです
何より図書館を見ているだけでもワクワクしましたよ(^^)


余談ですが・・・
吉田秋生さんの漫画『BANANA FISH』のアッシュのラストシーンが
ニューヨーク公共図書館でした
英二からの手紙を読みながら・・・思い出すだけでも涙が(T_T)



テーマ : ドキュメンタリー映画    ジャンル : 映画
 2021_04_20




「パリに見出されたピアニスト」


パリ郊外の団地で暮らす不良青年と
彼のピアノの才能を見いだし
一流の演奏家に育てようとする大人たちが織り成す葛藤劇を
数々の名曲を織り交ぜて切なく描いた感動作

※ネタバレ注意!


パリに見出されたピアニスト


パリ郊外の団地で暮らすマチュー。
実は彼は同じ団地に住むある老人から手ほどきを受け、
ピアノの才能を独自に磨いていた。
ある日、駅に置かれたピアノをマチューが弾くのを
偶然耳にしたパリ国立高等音楽院のディレクター、ピエールは、
彼の類いまれなる才能に思わず魅了される。
窃盗罪で警察に逮捕されたマチューは、
実刑を免れる代わりに音楽院での清掃奉仕をピエールに命じられ、
さらにはピアノの正式なレッスンも受けることに。



原題/Au bout des doigts
制作年/2018
制作国/フランス/ベルギー
内容時間/106分

監督/ルドヴィク・バーナード
製作/マティアス・ルバン
製作/エリック・ジュエラン
脚本/ルドヴィク・バーナード
脚本/ジョアン・ベルナール
撮影/トマス・ハードマイアー
音楽/アリー・アルーシュ

(CAST)
ピエール・ゲイトナー/ランベール・ウィルソン
女伯爵/クリスティン・スコット・トーマス
マチュー・マリンスキー/ジュール・ベンシェトリ
アンナ/カリジャ・トゥーレ
マティルド・ゲイトナー/エルザ・ルポワーヴル


観る前からストーリー展開が読める映画でしたが
それがかえってよかったのか!?
安心して最後まで映画を楽しむ事ができました

タイトルからして「パリに見出されたピアニスト」ですからね
主人公の成功は約束されている?
水戸黄門のようなノリで(ハッピーエンドのパターン化)
それはないでしょ!?と思えるシーンも多々ありましたが
先に印籠(タイトル)を出しているので許容範囲(笑)

パリが舞台なので景色や美しい建物を楽しむことができ
大好きなラフマニノフのピアノ協奏曲第2番がコンクールの課題曲(ラッキー♡)
中盤からずっと流れていて嬉しかったです♪



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2021_04_04




「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」


S・ローナン、E・ワトソン、T・シャラメら人気若手スターが結集し、
L・M・オルコットの名作文学「若草物語」を映画化。
原作に対する21世紀らしい新解釈も見ものに。


わたしの若草物語


1860年代。マサチューセッツ州で暮らすマーチ家の4姉妹は
南北戦争に出征中である父親の無事を祈るが、
作家を目指す次女ジョーはニューヨークに引っ越す。
四女エイミーはパリに行き、幼なじみのローリーと再会するが、
ローリーはジョーを相手に失恋した過去があった。
長女メグはローリーの家庭教師からのプロポーズを受け、彼と結婚。
やがて三女ベスの病気が悪化したと知ったジョーは、
急いでマサチューセッツに舞い戻り……。



原題/Little Women
制作年/2019
制作国/アメリカ
内容時間/135分

監督/グレタ・ガーウィグ
製作/デニース・ディ・ノヴィ
製作/エイミー・パスカル
製作/ロビン・スウィコード
脚本/グレタ・ガーウィグ
撮影/ヨリック・ルソー
音楽/アレクサンドル・デスプラ

(CAST)
ジョー/シアーシャ・ローナン
メグ/エマ・ワトソン
ローリー/ティモシー・シャラメ
エイミー/フローレンス・ピュー
ベス(エリザベス) /リザ・スカンレン
マーチ家の4姉妹の母親/ローラ・ダーン
伯母マーチ/メリル・ストリープ


かなり前の話ですが『若草物語』(1949)のTVを観たことがあり
もちろんオルコットの原作小説も読んでいたので内容は知っていて・・・
本作「ストーリー・オブ・マイライフ/私の若草物語」
実は、あまり期待せずに観ました(^^;)
でも見事にいい意味で期待を裏切られ!?
とても面白かったです(*^O^*)

キャストや映像が素晴らしく最初から最後まで見入ってしまい
特に途中からはエンディングにかけての描がき方が見事でした!
ラストもよかったです♡



テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2021_03_17




04  « 2021_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

SHION

Author:SHION

アクセスカウンター

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.