上田秀人さんの「維新始末」


天下総攬の危機、
頼れるのは己の剣一つ


「維新始末」


老中・水野忠邦による天保の改革から二十年。
黒船来航以降、恐慌を来す江戸の町を、
勤王の志士を騙る剣呑な浪人たちが跋扈するようになっていた。
さらにその黒幕には、薩摩藩の巨魁の影が…。
失われた秩序を取り戻すべく、我らが榊扇太郎が
江戸の顔役たちとともに立ち上がる!



NHKの大河ドラマ『西郷どん』と時代が重なるので
テレビとの違いを感じながら読みました
大河では西郷隆盛が主役なので
薩摩中心に物語が進みますが
本書「維新始末」では徳川幕府の貧乏御家人
元闕所物奉行榊扇太郎が主人公なので
薩摩藩士は幕府の敵として登場している
榊扇太郎視点で見ると薩摩は悪者に
維新のまっただ中の江戸の人々の暮らしが
いかに振り回され混乱していたかを
感じさせる物語でした。


ただ本書は『闕所物奉行 裏帳合シリーズ』の最終巻
私は一冊長編読み切りだと思い込み本書を読んだので
少々もったいなかったかな!?
前シリーズから通して読んでいたら
もっと登場人物への感情移入が出来たかも!?



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_12_24




恩田陸さんの「終りなき夜に生まれつく」


僕たちは、同じ種族だ。
永遠に終わらない夜を
生きていく種族。

のちに何件もの大規模テロ事件を起こし、
犯罪者たちの王として君臨する男、神山。
市民に紛れて生きていた彼を追う
雑誌記者が見たものとは―

強力な特殊能力を持って生まれてきた少年たちは、
いかにして残虐な殺人者となったのか。

『夜の底は柔らかな幻』で凄絶な殺し合いを演じた
男たちの過去が今、明らかになる。
~帯紙より~



終りなき夜に生まれつく


強力な特殊能力を持って生まれ、
少年期を共に過ごした三人の“在色者”。
彼らは別々の道を歩み、
やがて途鎖の山中で再会する。
ひとりは傭兵、ひとりは入国管理官、
そしてもう一人は稀代の犯罪者となって。


『砂の夜』
須藤みつきと軍勇司は
アフリカの紛争地帯で医療ボランティア活動中
ある閉鎖的な部族の集落に悪魔が現れたと言われ?
夜には出て行くとの約束でその集落を訪れたが
砂嵐が来て帰れなくなる・・・

『夜のふたつの貌』
軍勇司がまだ医学部1年生だった頃の話
勇司がボコボコにされた場所に葛城晃が通りがかり
そのことが切っ掛けで勇司は葛城晃に興味を持つ

『夜間飛行』
葛城晃が大学の最終学年を迎えた春休み
御手洗と真壁里子に出会い
入国管理局にスカウトされる
御手洗に誘われキャンプに参加した葛城は
キャンプの最終日にもう一人の参加者・神山と出会い・・・

『終りなき夜に生まれつく』
岩切和男がその男に目を留めたのは
人身事故で電車が止まったせいだった。
何が彼の視線をとどめさせたのか分からない。
が、和男はその男から目が離せなかった
その男(神山)は何者なのか・・・!?


本書「終りなき夜に生まれつく」は
『夜の底は柔らかな幻』に登場した葛城、神山、etcの若かりし頃の物語
『夜の底は柔らかな幻』は、まるでスプラッター映画を観ているようで・・・
出来るだけイメージを控えながら読んだ記憶が^_^;

両作品をこれから読まれる方は
出版順ではなく、時系列順の
「終りなき~」を先に読んで『夜の底は~』へ
の順で読む方が、物語を理解しやすいと思います。が
不気味さが漂う奇抜な面白さを楽しみたいのなら!?
断然出版順がお薦めですよ(^_-)-☆



テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_05_15




上田秀人さんの「金の価値」


江戸の「金」に正面から挑む
『日雇い浪人生活録シリーズ』の第1巻です。


金の価値


九代将軍家重の治世。
親の代からの浪人・諫山左馬介は、
馴染みの棟梁の紹介で割のいい仕事にありついた。
雇い主は、江戸屈指の両替屋・分銅屋仁左衛門。
夜逃げした貸し方の店の片付けという楽な仕事を
真面目にこなす左馬介を仁左衛門は高く評価するが、
空店から不審な帳面を見つけて以降ふたりの周りは騒がしくなる。
一方、若き田沼意次は亡き大御所・吉宗からの遺言に
頭を悩ませていた。
「幕政の中心を米から金にすべて移行せよ」。
しかし、既存の制度を壊して造りなおす大改革は、
武家からも札差からも猛反発必至。
江戸の「金」に正面から挑む新シリーズ、堂々の第一弾!
(解説/細谷正充)



久々に上田さんの新シリーズを読みましたが
父親の代からの浪人が主人公だからか
今までとは視点が違うので!?かなり面白いです!

田沼意次といえば『賄賂政治家』としてのイメージが強く
これまでの上田作品でもヒール役のイメージでしたが
新シリーズでは何やら違うようですね
浪人・諫山左馬介と若き田沼意次
二人がこれからどうなっていくのか楽しみです。




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_01_26




乾くるみさんの「イニシエーション・ラブ」


「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー

松田翔太さんと前田敦子さんが共演の
堤幸彦監督で映画化された話題作。

イニシエーション・ラブ BOOK

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。
やがて僕らは恋に落ちて…。
甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを
瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、
最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、
本書は全く違った物語に変貌する。



帯紙にあった「必ず二回読みたくなる」コメに(?_?)
わたしは二度は読まないかな…^_^;


contentsをレコードに見立てているのか
80年代の楽曲がタイトルに!洒落てます♪

side-A
1.揺れるまなざし
2.君は1000%
3.YES-NO
4Lucky Chanceをもう一度
5.愛のメモリー
6.君だけに

side-B
1.木綿のハンカチーフ
2.DANCE
3.夏をあきらめて
4.心の色
5.ルビーの指環
6.SHOW ME


本書はミステリーなの?
どちらかと言うとミステリーではなく
ラブストーリーなのでは?という印象です。

ラスト2行を読んで…私が期待し過ぎたのか
確かにパズルをはめこむような構成ではありましたが
80年代だから成り立つ物語かも



2015年に映画化


イニシエーション・ラブ MOVIE

1980年代後半、静岡。就職活動中の大学生・鈴木は友人に誘われ、
気乗りしないまま合コンに参加。
その席で彼は歯科助手のマユと運命的に出会い、交際を始める。
彼女にふさわしい男になろうと自分を磨き始める鈴木だったが…(Side−A)。
2人だけの時間もつかの間、就職した鈴木は東京本社へ異動となり、
静岡にマユを残して上京する。
やがて本社で新たな同僚・美弥子と出会った彼は心が揺れ動き…(Side−B)。



制作年/2015
制作国/日本
内容時間/110分

監督/堤幸彦
脚本/井上テテ
撮影/唐沢悟
音楽/ガブリエル・ロベルト


(CAST)
鈴木/松田翔太
成岡繭子(マユ)/前田敦子
石丸美弥子/木村文乃
海藤/三浦貴大
梵ちゃん/前野朋哉
桑島課長/山西惇
石丸詩穂/手塚理美
石丸広輝/片岡鶴太郎


映画はまだ観ていません
でも原作でのトリックを?映画ではどう描いているのか?
鈴木役が松田翔太さんとだけ記されているので
そこのところを確認の為?見てみたいですね

ラッキーなことに、来月WOWOWで放送されるので
(忘れないように)予約録画しなくては!





テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2018_01_13




小川糸さんの「ツバキ文具店」


言いたかったありがとう。
言いたかったごめんなさい。

伝えられなかった大切な人への想い。
あなたに代わって、お届けします。

ラブレター、絶縁状、天国からの手紙…。
鎌倉で代書屋を営む鳩子の元に、
今日も風変わりな依頼が舞い込みます。
~「帯紙」より~


ツバキ文具店 BOOK


雨宮家は代書お家業とし、女性が継いできた。
その十代目が先代で、その後を継いだ、
いや気がついたら継ぐことになっていたのが、
十一代目の私というわけである。

ただ、昔とは違い、命名書や看板、
社訓や為書きの類の文字を書くのが主な業務内容だ。
先代も、頼まれれば和食屋さんのお品書きなど、
とにかく書く仕事であればなんでもこなした。

早い話、文字に関するヨロズ屋というわけである。
表向きは、町の文具屋にすぎない。



NHKドラマ10 『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』


ツバキ文具店 ドラマ


雨宮鳩子は8年ぶりに故郷の鎌倉に戻ってきた。
「ツバキ文具店」を営んでいた祖母のカシ子が亡くなったのだ。
「ツバキ文具店」は、依頼者が書けない手紙を、
なり代わって書くことが生業という、一風変わった店だった。
幼いころ母に捨てられ、祖母に反抗して
飛び出した経緯のある鳩子には、店を継ぐ気はない。
しかしそこに、祖母が亡くなる直前に、
お悔やみ状の代書を依頼したという客「マダムサイダー」が。
鳩子は、その代書を無理やり引き受けさせられてしまう。
いわくつきのお悔み状に四苦八苦する鳩子。
ご近所さんのバーバラ婦人や白川らの言葉に、
鳩子の気持ちには次第に変化して...。



(全8話)
第一話 「奇妙なお悔やみ状」
第二話 「幸せの修了証書」
第三話 「けじめの断り状」
第四話 「最後のラブレター」
第五話 「母へ贈る文字」
第六話「愛するチーちゃんへ」
第七話「話せなかった思い」
最終話「解き放たれた言葉」


(CAST)
雨宮 鳩子 - 多部未華子
白川 清太郎 - 高橋克典
守景 蜜朗 - 上地雄輔
守景 陽菜 - 新津ちせ
楠 帆子 - 片瀬那奈
バーバラ婦人 - 江波杏子
男爵 - 奥田瑛二
雨宮 カシ子 - 倍賞美津子


主題歌 - 絢香「コトノハ」


NHKで放送された際、全話観ました。
多部未華子さんが主演だったこともあるのですが
小川糸さん原作だということで
ドラマの放送が始まる前からとても楽しみで
毎週録画設定で欠かさず観ていたドラマです。

原作はドラマを観る前に図書館で予約していたのですが
半年待ってやっと読むことが出来ました^_^;

ドラマと原作ではストーリー展開が少々違うのですが
全体としては原作のイメージ通りでしたね。
ドラマも原作も面白かったです。

本を読みながら鎌倉観光をしている気分になれましたよ(^_-)-☆
その上、手紙の書き方の作法や使用する道具の説明なども記されており
とても興味深い内容で勉強になりました。


余談ですが、
守景陽菜役を演じていた女の子がとても可愛いくて
演技が上手い子役さんだなと思っていたら
「君の名は。」の新海誠監督の娘・新津ちせちゃんでした♪




テーマ : 最近読んだ本    ジャンル : 本・雑誌
 2017_08_04




09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.