東野圭吾さんの「虚像の道化師 ガリレオ7」


テレビ版のガリレオシリーズが大ヒットしたことで
“ガリレオ=福山雅治さん!”と言えるほどイメージが定着し
本書を読んでいる最中も、湯川先生の顔が福山さんのお顔に(^^)
セリフも、“もちろん福山さんの声で聴こえてくる!”という
とても美味しい!?本でした。


『幻惑す』
 教祖の念力?その話は物理学とは関係がなさそうだな

『心聴る』
 人の意見に耳を傾けないのは、怠け者のやることだ

『偽装う』
 科学捜査は驚くほどに進んでいる。昭和の時代と違うのです。

『演技る』
 これが笑わずにいられるか。
 こんな単純なトリックに騙されていたとはね


湯川先生語録、福山さんの声で聴こえてきませんか?



虚像の道化師BOOK

内容

『幻惑(まどわ)す』
ビル5階にある新興宗教の道場から、信者の男が転落死した。
その場にいた者たちは、男が何かから逃れるように勝手に
窓から飛び降りたと証言し、
教祖は相手に指一本触れないものの、
自分が強い念を送って男を落としてしまったと自首してきた。
教祖の“念”は本物なのか?

『心聴(きこえ)る』
湯川は教団に赴きからくりを見破る。
突然暴れだした男を取り押さえようとして草薙が刺された。
逮捕された男は幻聴のせいだと供述した。
そして男が勤める会社では、
ノイローゼ気味だった部長が少し前に自殺し、
また幻聴に悩む女子社員もいた。
幻聴の正体は――。

『偽装(よそお)う』
大学時代の友人の結婚式のために、
山中のリゾートホテルにやって来た湯川と草薙。
その日は天候が荒れて道が崩れ、
麓の町との行き来が出来なくなる。
ところがホテルからさらに奥に行った別荘で、
夫婦が殺されていると通報が入る。
草薙は現場に入るが、草薙が撮影した現場写真を見た湯川は、
事件のおかしな点に気づく。

『演技(えんじ)る』
劇団の演出家が殺された。
凶器は芝居で使う予定だったナイフ。
だが劇団の関係者にはみなアリバイがあった。
湯川は、残された凶器の不可解さに着目する。

読み応え充分の4作を収録。
湯川のクールでスマートな推理が光る、ガリレオ短編集第4弾。



ドラマ版

ガリレオ ドラマ

ドラマの原作は以下の4冊です。
『ガリレオの苦悩』、『聖女の救済』
「虚像の道化師ガリレオ7」
『禁断の魔術ガリレオ8』


ドラマ版、凄く良く出来ていて、とても面白かった。

ドラマを見て原作を読みましたが、
原作をしっかりと再現されていたので面白いわけですね(^_-)-☆

ただこちらのドラマでは、
ヒロインが内海薫 (柴咲コウさん)から、
岸谷美砂(吉高由里子さん)に変更されています。
原作に岸谷美砂は登場しません。
そして相変わらず、
草薙刑事(北村一輝さん)は隅に追いやられています…
草薙刑事のキャラ好きなんですけどね…

華のあるヒロインが登場しないと視聴率に影響があるのかしら?





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_10_06



石田衣良さんの「うつくしい子ども」


タイトルに惹かれて手に取った本ですが…
読み始めて少し後悔…今のタイミングで読むのはちょっと…
でも結局最後まで読みました。

本書は1997年に神戸で起きた酒鬼薔薇事件と
内容が類似している。
もちろん偶然でなく、石田さんが意図的に行っている
解説にはそう記されていました。

本書の主人公は、犯人の14歳の兄・三村幹生

物語は、
犯人の身内の側から描いている、幹生の一人称での語りと、
事件を外側から描いている、
若手新聞記者・山崎の三人称での語りが交互に登場する。
そうすることで事件が立体的となり読者に迫ってくる。

後半にいくにつれ、幹生の占める割合が増え
物語の勢いも増していく。


とてもやりきれない物語ですが、
幹生は、苦しみ悩み、混乱や不安の中においても
仲間と共に、一歩一歩、ポジティブに行動していく。
その姿に僅かながら救いがあった。



うつくしい子ども

内容(「BOOK」データベースより)

緑豊かなニュータウンを騒然とさせた九歳の少女の殺人事件。

犯人として補導されたのは、ぼくの十三歳の弟だった!

崩壊する家族、変質する地域社会、沈黙を守る学校…。

殺人者のこころの深部と真実を求めて、
十四歳の兄は調査を始める。

少年の孤独な闘いと成長を痛ましくもみずみずしく描く、
感動のミステリー。



本書「うつくしい子ども」と、東野圭吾さんの「手紙」を
どうしても比べてしまう…
犯罪加害者の家族を真正面から描いているのは同じなのですが
「手紙」のほうがよりリアルに感じました。




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_10_02



東野圭吾さんの「白銀ジャック」


本書「白銀ジャック」
最近の東野作品には珍しく
登場人物にあまり感情移入することなく
淡々と読み進めました。

『スキー場に届いた脅迫状
 人質はスキー客…
 犯人の真の目的は!?』

ストーリーに惹き込まれ、頁を捲る手が止まらない
でもエンディングで、えっ?こうくるの?

私の推理はことごとく外れました…^_^;


スキー場の臨場感が伝わって、
まるでゲレンデにいる気分にさせてくれる
スキーやスノボを滑る疾走感
風を切る音まで聴こえてくるよう

スリリングで面白い作品でしたよ(^_-)-☆



白銀ジャック

内容(「BOOK」データベースより)

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。

年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。

警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、
山中でのトリッキーな身代金奪取。

雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。

すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。

今、犯人との命を賭けたレースが始まる。

圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス。



ドラマ化されました

白銀ジャック ドラマ

あらすじ(「TV ASAHI」より)

安比高原スキー場。

ゲレンデ統括マネージャーの倉田玲司は、
滑走禁止区域に侵入した
一人の暴走スノーボーダーを追っている。

その脳裏には、一年前に起きた悲惨な事故がよみがえっていた。

一年前、スキー場内の北月エリアで
正規コースを滑っていた女性客が、
滑走禁止区域から飛び出してきたスノーボーダーに激突され、
死亡するという痛ましい事故が起きていた。

夫と息子の三人でスキー旅行を楽しんでいた際の悲劇。

鮮血で赤く染まる雪面と、夫の悲痛な叫び、
呆然と立ち尽くす息子の姿は、
今も倉田の記憶に鮮明に残っていた。

逃走した犯人は今も捕まっておらず、
以来、北月エリアはクローズされたままだ――。
 
結局この日、倉田はスノーボーダーを取り逃がしてしまう。

倉田を振り切るとはよっぽどの腕前だ。

まさか、一年前の犯人だろうか…。



(CAST)
倉田玲司(渡辺謙)
     →安比高原スキー場ゲレンデ統括マネージャー。
根津昇平( 岡田将生)→スキー場パトロール隊員。
藤崎 絵留(広末涼子)→スキー場パトロール隊員。
辰巳 豊(鈴木浩介)→スキー場ゲレンデ整備主任。
桐林 祐介(庄野崎謙)→スキー場パトロール隊新人。
入江 義之(安田顕)→安比高原スキー場のスキー客。
増淵 英也(中尾明慶)
     →北月町町長の息子・北月町観光課勤務。
瀬利 千晶( 山下リオ)
     →スノーボードクロス・アマチュア選手。
日吉 浩三(平泉成)→安比高原スキー場のスキー客。
日吉 友恵(野際陽子)→浩三の妻。
筧 純一郎(國村隼)
 →安比高原ホテル&リゾート社長・広世観光株式会社取締役。



残念ながらドラマ版を見ていないのですが
原作を、“映画化されそうなストーリー展開だな?”と
思いながら読んでいたので
DVD化されていれば見てみたいですね。





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_09_24



東野圭吾さんの「手紙」


本書「手紙」は、かなり前に読み
映画も上映された当時に観たのですが
あまりのテーマの重さに、
本も、映画も、観た後にしばらく引き摺るほど…
でも、とても素晴らしい作品でした。

犯罪加害者の家族について、ここまで深く書かれた本は
今までに無かったのでは?

それで、何度かブログに載せようとトライしましたが
なかなか記事にすることが出来なかった作品です。
実は今でも簡単に感想を書くことが出来ないほど…
…テーマの重さを、まだ引き摺っている?

感想を書くとすれば
「手紙」、この本に出会えて良かった。



手紙BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。

弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。

しかし、進学、恋愛、就職と、
直貴が幸せをつかもうとするたびに、
「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。

人の絆とは何か。

いつか罪は償えるのだろうか。

犯罪加害者の家族を真正面から描き切り
感動を呼んだ不朽の名作。




映画化されました

手紙 MOVIE

解説(「YHOO!映画」より)

東野圭吾のロングセラー小説を映画化した社会派人間ドラマ。

殺人という大罪を犯した兄のせいで、
人生を狂わされる弟の受難の日々を追う。

『電車男』の山田孝之が不運な弟にふんし繊細な演技をみせる。

坊主頭で服役囚の兄役に挑んだ『逆境ナイン』玉山鉄二や、
健気なヒロイン役の『シュガー&スパイス 風味絶佳』の
沢尻エリカらの演技も素晴らしい。

重いテーマでありながらも、随所に笑いを盛り込んだ
見事な演出が光る。



あらすじ(「YHOO!映画」より)

直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)は
弟の学費欲しさに盗みに入った屋敷で
誤って人を殺し服役中だった。

大学進学もあきらめ、工場で働く直貴の夢は
幼なじみの祐輔(尾上寛之)と
お笑いでプロになることだったが
毎月刑務所から届く兄の手紙が彼を現実に引き戻す。

そんな彼を食堂で働く由美子(沢尻エリカ)が見ていて……。



人物描写を見事に描いたヒューマンストーリー「手紙」
東野圭吾さんの真骨頂作品でした。

映画も、とても面白かったです。
特に弟・直貴を演じた山田孝之さと
兄役の玉山鉄二さん、深みのある演技で
ホントに素晴らしかったです。




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_08_23




東野圭吾さんの「分身」


今から20年前に出版されたとは思えないような
斬新なサスペンス・ストーリーです。

生命工学の禁断の領域を描いている本書
読んだ当時は斬新で驚愕する内容だったけれど
時代がやっと、“東野圭吾に追いついた!”


本書を読んでいて思い浮かべたのは
吉田秋生さんの漫画『YASHA-夜叉-』

生命工学の禁断の領域という設定のみが同じで
こちらは、かなりハードボイルドなストーリーでしたが…

東野さんの「分身」もハードでしたが
『YASHA-夜叉-』ほどではなかったです^_^;


本書「分身」
鞠子と双葉の描き方が良かったです。
出生秘話がどうであれ
二人は青春真只中の夢見る女の子で
そして、自分の考えをしっかりと持っている女の子

過去からの追手、大人達の利己的な思惑に
そんな彼女たちが、否応無く巻き込まれていくことに…。

エンディングが早く知りたくて、一気読みでした(^_-)-☆



分身 BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

函館市生まれの氏家鞠子は18歳。

札幌の大学に通っている。

最近、自分にそっくりな女性がテレビ出演していたと聞いた―。

小林双葉は東京の女子大生で20歳。

アマチュアバンドの歌手だが、
なぜか母親からテレビ出演を禁止される。

鞠子と双葉、この二人を結ぶものは何か?

現代医学の危険な領域を描くサスペンス長篇。



ドラマ版「分身」

分身 WOWOW

概要(「WOWOW」より抜粋)
 
「分身」は、”ガリレオ”シリーズや「変身」などと同じく、
東野氏が最も得意とする理系、医科学系分野を扱った
ミステリーだ。

互いを知らずに生きてきた、姿、形がまったく同じ2人の女性。

なぜ、自分たちは存在するのか?そもそも人間とは?
生きていることとは?

2人の女性の揺れる心の旅はいつしか重なり合い、
やがて驚くべき生命の神秘が明らかになっていく…。

今回は連続ドラマW初登場で人気女優・長澤まさみが
一人二役に挑戦。

ほかにも勝地涼、臼田あさ美、鈴木砂羽、手塚理美、伊武雅刀、
佐野史郎ほか、豪華共演者がそろった。

そして、監督には女優を美しく撮ることにおいて
非常に高く評価されている永田琴を起用。

北海道と東京を舞台にした
優しくも切ないヒューマンサスペンスの登場だ。




ストーリー(「WOWOW」より抜粋)
 
札幌に住む女子大生・鞠子(長澤まさみ)は
母からなぜかあまり愛された記憶がなく
さらには、その母が火事で不審死した過去を持つ。

ある日、出生の秘密を探り始めた鞠子は
自分とまったく同じ顔、姿形をした女性
双葉(長澤まさみ[二役])の存在を知った。

彼女は、単なる「双子」という範疇を越え
まさに自分そのものであった。

鞠子は、その謎を解き明かすことを決意
行く先々に立ちはだかるさまざまな人々の思惑を乗り越えながら
真相に近づいていく。

一方、東京では、双葉も自分の存在に疑問を持ち始めていた。

そして、ついに鞠子と双葉が出会った時
生命工学の禁断の領域が姿を現わし始める…。




WOWOWドラマ版「分身」面白かったです!
主演の長澤まさみさん(一人二役)
鞠子と双葉の演じ分けお見事でした。
原作のイメージと合っていましたよ(^^)





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_08_14




10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.