山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」



「沈まぬ太陽」、山崎豊子さんの渾身の作品です。
(山崎さんの書く本は、全てが渾身の作と言えるのですが)

「沈まぬ太陽」出版にあたって山崎さんは
本作は、あくまでもフィクションであると語っているのですが
本作を読んでどう判断するのかは、
読者に委ねているように感じました。

とても重いテーマの作品です。
巨大企業の(日本の)影の部分を描いている物語なので
映画も含め、多くの方に一度は見て(読んで)欲しい作品です。

長編小説ですが、読み始めると頁を捲る手を止められずに
あっと言う間に読み終えることが出来ました。

心にずっしりと重く響き、
様々なことを、深く考えさせられた作品でした。



沈まぬ太陽(一)アフリカ篇(上)
沈まぬ太陽1BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

広大なアフリカのサバンナで、巨象に狙いをさだめ、
猟銃を構える一人の男がいた。

恩地元、日本を代表する企業・国民航空社員。

エリートとして将来を嘱望されながら、
中近東からアフリカへと
内規を無視した「流刑」に耐える日々は
十年に及ぼうとしていた。

人命をあずかる企業の非情、
その不条理に不屈の闘いを挑んだ男の運命―。

人間の真実を問う壮大なドラマが、いま幕を開ける。




沈まぬ太陽(二)アフリカ篇(下)
沈まぬ太陽2BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

パキスタン駐在を終えた恩地を待ち受けていたのは、
さらなる報復人事だった。

イラン、そして路線の就航もないケニアへの赴任。

会社は帰国をちらつかせ、降伏を迫る一方で、
露骨な差別人事により組合の分断を図っていた。

共に闘った同期の友の裏切り。

そして、家族との別離―。

焦燥感と孤独とが、恩地をしだいに追いつめていく。

そんな折、国民航空の旅客機が連続事故を起こす…。




沈まぬ太陽(三)御巣鷹山篇
沈まぬ太陽3BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

十年におよぶ海外左遷に耐え、本社へ復帰をはたしたものの、
恩地への報復の手がゆるむことはなかった。

逆境の日々のなか、ついに「その日」はおとずれる。

航空史上最大のジャンボ機墜落事故、犠牲者は五百二十名―。

凄絶な遺体の検視、事故原因の究明、非情な補償交渉。

救援隊として現地に赴き、遺族係を命ぜられた恩地は、
想像を絶する悲劇に直面し、苦悩する。

慟哭を刻む第三巻。




沈まぬ太陽(四)会長室篇(上)
沈まぬ太陽4BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

「空の安全」をないがしろにし、利潤追求を第一とした経営。

御巣鷹山の墜落は、起こるべくして起きた事故だった。

政府は組織の建て直しを図るべく、
新会長に国見正之の就任を要請。

恩地は新設された会長室の部長に抜擢される。

「きみの力を借りたい」。

国見の真摯な説得が恩地を動かした。

次第に白日の下にさらされる腐敗の構造。

しかし、それは終わりなき暗闘の始まりでしかなかった…。




沈まぬ太陽(五)会長室篇(下)
沈まぬ太陽5BOOK

内容(「BOOK」データベースより)

会長室の調査により、次々と明るみに出る不正と乱脈。

国民航空は、いまや人の貌をした魑魅魍魎に
食いつくされつつあった。

会長の国見と恩地はひるまず闘いをつづけるが、
政・官・財が癒着する利権の闇は、
あまりに深く巧妙に張りめぐらされていた。

不正疑惑は閣議決定により闇に葬られ、
国見は突如更迭される―。

勇気とは、そして良心とは何かを問う壮大なドラマ、
いよいよ完結へ!。




映画版「沈まぬ太陽」

沈まぬ太陽MOVIE

あらすじ(「Movie Walker」より)

昭和30年代。
巨大企業・国民航空社員の恩地元(渡辺謙)は
労働組合委員長として職場環境の改善に取り組んでいた。
だがその結果、
恩地は懲罰人事ともいえる海外赴任命令を
会社から言い渡される。
カラチ、テヘラン、ケニア……。
終わりなき僻地への辞令が続く間、
会社は帰国をちらつかせ、
恩地に組合からの脱退を促すのだった。

そんな中、共に闘った同期の行天四郎(三浦友和)は、
早々に組合を抜け、エリートコースを歩み始めていた。
同僚でありながら行天の愛人の国際線客室乗務員
三井美樹(松雪泰子)は、
対照的な人生を歩む二人を冷静に見続ける。

行天の裏切り、更に妻・りつ子(鈴木京香)ら家族との
長年にわたる離れ離れの生活によって、
恩地は焦燥感と孤独感に襲われる日々を送っていた……。
十年に及ぶ僻地での不遇な海外勤務に耐え、
恩地は漸く帰国、本社への復帰を果たすが、
恩地への待遇が変わることはなかった。

そんな逆境の日々の中、
航空史上最大のジャンボ機墜落事故が起こる。

想像を絶する犠牲者の数。

現地対策本部に配属された恩地は、
救援隊として現場に赴き遺族係を命ぜられるが、
そこで様々な悲劇を目の当たりにする。

政府は組織の建て直しを図るべく、
国民航空新会長に国見正之(石坂浩二)の就任を要請。
恩地は、国見にかつての労働組合をまとめた手腕を買われ、
新設された会長室の部長に任命される。
事故によって失墜した会社の再建に尽力する国見と恩地。
しかし、その実直な姿勢は、
国民航空と政界との癒着構造を
浮き彫りにしていくのであった……。




「映画は全くのフィクション」であるとしているが

1985年(昭和60年)8月12日羽田発JAL123便が、
18時56分に群馬県多野郡上野村の御巣鷹の尾根に墜落。
乗員乗客524名のうち死亡者数は520名、
生存者は4名で、
死者数は日本国内で発生した航空機事故では最多であり、
単独機の航空事故としても死者数世界最多という
最悪の事故となった。

私は、史上最悪の事故をモデルとしているのだと
しっかりと心に留め、心して「沈まぬ太陽」を観賞しました。
上映途中に10分間の休憩が入るほど長い映画でしたが(202分)
その長さを感じさせない、密度の濃い映画でした。




[受賞歴]

第33回日本アカデミー賞
最優秀作品賞
優秀監督賞
優秀脚本賞
最優秀主演男優賞(渡辺謙)
優秀助演男優賞(三浦友和)
優秀助演女優賞(鈴木京香)
優秀音楽賞
優秀撮影賞
優秀照明賞
優秀美術賞
優秀録音賞
最優秀編集賞

第34回報知映画賞
作品賞・主演男優賞(渡辺謙)

第22回日刊スポーツ映画大賞
助演男優賞(三浦友和)
 
第64回毎日映画コンクール
日本映画大賞





テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2014_07_26




10  « 2019_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.