三浦しをんさんの「風が強く吹いている」


読み終えて真っ先に感じたのは、
「箱根駅伝」走りたーい!!
→走れるわけないので、気持ちだけね(^_^;)


こんなに爽やかな物語にはなかなか出会えません!

寛政大学・陸上部、寄せ集めの10人で、
無謀にも「箱根駅伝」を目指すお話なんですが

登場人物のキャラがすごくいい!!

ハイジ・カケル・ニコちゃん・王子・キング・ユキ
神童・ジョージ・ジョータ・ムサ

10人みんなス・テ・キだけど、私の一番のお気に入りは、

イケメンキャラの「王子」!!
漫画大好きってとこもツボですね(^-^)


ストーリー設定や、テンポ感もよく、
どんどん物語の中に引き込まれていきます。



風が強く吹いている BOOK

あらすじ

才能に恵まれ、
走ることを愛しながらも走ることから見放されかけていた、
清瀬灰二と蔵原走。

奇跡のような出会いから、二人は無謀にも、
陸上とかけ離れていた者と箱根駅伝に挑む。

たった十人で。
それぞれの「頂点」をめざして…。 



陸上経験0の8人が、
箱根駅伝をめざす過程がまたいいんですよ~(^-^)



映画・舞台・ラジオ・漫画と、各メディアでもとりあげられています。



私は映画と舞台を見たのですが、どちらもよかったですよ。

風が強く吹いている 映画

映画では、ハイジを小出恵介さん、
カケルを林遣都さんが演じていました。

最初のうちは二人とも私が思っていたイメージではなかったのですが
(小出さん・林さんがカッコよすぎてね)
でも見ているうちに、ちゃんとハイジとカケルになっていました。

舞台では、王子役を、
劇団Stdio Lifeの松本慎也さんが演じていて嬉しかった~!
なんといつても「トーの心臓」で
エーリクとトーマを演じた役者さんですから(*゚▽゚*)




(追記)
ちなみに、「百夜行」の欄で紹介した岩﨑大さんもStdio Lifeの劇団員で、
私が観劇した際の「トーマの心臓」では、
怖かっこいいサイフリートと、トーマの母親役を美しく演じていました。


…「風が強く吹いている」とは、全く関係ないですね…(^_^;)




テーマ : 読んだ本の紹介    ジャンル : 本・雑誌
 2013_12_18




08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

検索フォーム

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

QRコード

QR




PAGE
TOP.